独占:意味、定義、特徴、批判

独占:意味、定義、特徴、批判!

意味:

モノポリという言葉は、「モノ」と「ポリ」という2つの言葉の組み合わせから派生しています。 モノは、制御する単一およびポリを指します。

このように、独占とは、商品の売り手が一人しかいない市場の状況を指します。

生産する商品に代わるものはなく、参入障壁もあります。 単一の生産者は、個人所有者、単一のパートナーシップ、または合資会社の形をとることがあります。 つまり、独占下では、企業と産業の間に違いはありません。

独占者は、商品の供給を完全に制御できます。 商品の供給を管理し、価格を設定する市場の力を持っています。 したがって、単一の売り手として、独占者は冠のない王であるかもしれません。 独占が存在する場合、独占者の製品と他の売り手の製品との間の需要の相互弾力性は非常に小さくなければなりません。

定義

「純粋な独占は、代替品がない製品の単一の売り手が存在する市場状況によって表されます。 この単一の売り手は、経済で販売されている他の製品の価格と生産量の影響を受けず、影響も受けません。」Bilas

「独占は、単一の売り手がいる市場の状況です。 生産する商品の密接な代替品はなく、参入障壁があります。」 -Koutsoyiannis

「純粋な独占下では、市場に単一の売り手がいます。 独占的な需要は市場の需要です。 独占者は価格決定者です。 純粋な独占は代替状況を示唆していない」。 -AJブラフ

「純粋な独占は、市場に生産者が1人しかいないときに存在します。 激しい競争はありません。」-ファーガソン

「単一の企業が、密接な代替品がない製品の唯一の生産者である場合、純粋または絶対的な独占が存在します。」-McConnel

特徴

独占の特徴は次のように述べることができます。

1. 1人の売り手と多数の買い手:

独占者の会社は唯一の会社です。 それは産業です。 しかし、バイヤーの数は多いと想定されています。

2.近い代替なし:

独占者によって販売された製品の代替品は一切ありません。 独占者の製品と他の製品との間の需要の相互弾力性は、無視できるかゼロでなければなりません。

3.新規企業の参入の難しさ:

企業が異常な利益を上げている場合でも、企業の産業への参入には自然的または人工的な制限があります。

4.独占も産業です。

独占下では、業界を構成する企業は1つだけです。 企業と産業の違いは終わりを告げます。

5.価格メーカー:

独占下では、独占者は商品の供給を完全に制御できます。 しかし、多数の買い手がいるため、1人の買い手の需要は総需要の無限に小さな部分を占めています。 したがって、買い手は独占者によって固定された価格を支払わなければなりません。

独占下の需要と収益の性質

独占下では、独占者が直面する需要曲線の性質を理解することが不可欠になります。 独占状況では、企業と産業に違いはありません。 したがって、独占下では、企業の需要曲線は業界の需要曲線を構成します。 消費者の需要曲線は左から右に下向きに傾斜しているため、独占者は下向きに傾斜した需要曲線に直面しています。 つまり、独占者が製品の価格を引き下げると、その製品の需要は増加し、逆も同様です。 (図1)。

図1では、独占企業の平均収益曲線は左から右へ下向きに傾斜しています。 限界収益(MR)も低下し、左から右に下向きに傾斜します。 MR曲線はAR曲線を下回り、OQ出力での平均収益(=価格)はPQであり、限界収益はMQであることを示しています。 そのようにAR> MRまたはPQ> MQ。

独占下の費用

独占下では、コスト曲線の形状は完全競争下の形状に似ています。 固定費曲線はOX軸に平行ですが、平均固定費は長方形の双曲線です。 さらに、平均変動費、限界費用、および平均費用曲線はU字型です。 独占下では、限界費用曲線は供給曲線ではありません。 価格は限界費用よりも高い。 ここでは、独占者が特定の価格で特定の量の商品を販売する義務を負わないことを引用することは非常に有用です。

独占均衡 と費用の法則:

長期的な均衡価格の決定に関する決定は、需要の弾力性と独占価格決定に対するコストの法則の効果に依存します。

1.需要の弾力性の性質:

需要に弾力性がない場合、独占者は製品の高価格を修正します。 非弾性需要とは、価格がいくらであっても、消費者が商品を購入しなければならない状況を指します。 一方、需要に弾力性がある場合、独占者はユニットあたりの低価格を修正します。

2.費用の法則の影響:

独占者は、価格を決定する際にコストの法則も考慮します。 長い目で見れば、出力はコストの削減、コストの増加、および一定のコストの法則の下で生成される可能性があります。

これらの法律の簡単な説明は以下のとおりです。

コストの増加

独占者が収益の減少または費用の増加の法則に基づいて商品を生産する場合、限界収益が限界費用に等しいポイントEで最大利益を獲得します。 これは図7に示されています。ここで、彼は商品のOM単位を生産し、価格としてPMを取得します。 彼の独占利益は、影付きの領域PQRSで表されます。 彼にこれほどの利益をもたらす他の選択肢はありません。したがって、彼がコスト増加の法則の下で商品を生産する限り、これは彼にとって最高のポジションです。

コストの削減

図8で説明したように、同じアプローチが、収益の増加またはコストの削減の法則の下で適用されます。ここで、ACとMCは低下しています。 MCとMRは、ポイントEで等しくなります。 独占者はOM単位の商品を生産し、PM価格で販売します。 彼の純独占収入は、網掛け部分で示されるPQRSになります。

固定費

一定のコストの下での独占価格の決定は、図9の助けを借りて示すことができます。図では、AC曲線はOXに平行に走る水平線になり、出力ACのすべてのレベルでMCに等しくなります。 ARとMRはそれぞれ平均収益曲線と限界収益曲線を表します。 MCとMRの間の平衡は、出力がOMであるポイントEでもたらされます。 したがって、独占者はOMを生産し、PM価格で販売します。 したがって、独占利益は、網掛け部分で表されるPERSと等しくなります。

独占価格設定に関する誤解

私たちの分析は、独占の行動に関するいくつかの一般的な誤fallを爆発させます。

1.独占者は最大価格ではなく最大利益に関心があります。

独占者は生産量と価格を操作できるため、独占者は「獲得できる最高価格を請求する」とよく言われます。 一般に、自由競争下の価格は独占下の価格よりも低いと考えられています。 これは明らかに誤った主張です。 特定の条件下では、物事はまったく異なる場合があります。 前の表と図で説明したように、彼が請求する価格よりも多くの価格がありますが、独占者はそれらが最大利益よりも小さいという単純な理由でそれらを避けます。

2. ユニットごとの最大利益ではなく、最大合計利益:

独占者は、単位利益あたりの最大額ではなく、最大合計利益を求めます。 ユニットあたりの利益は価格が高いほど高くなる可能性がありますが、総利益は価格が低いほど高くなります。 それは; したがって、高い価格で売るよりも低い価格で売る方が良い。

3. 規模の経済:

独占者は、自由競争下よりも、副産物のより良いより安価な利用、より安価な原材料、より良くより安価な生産方法、より低い広告費用などの特定の経済を享受するかもしれません。 明らかに、独占者は自由競争下よりも低い価格を請求できる可能性があります。

4. 収益増加の法則:

商品が返品増加法に基づいて生産されている場合、独占者はより低いコストでより多く生産し、より低い価格で販売している可能性があります。 このポリシーは、彼がより高い総収入を得るのに役立つかもしれません。 消費者は、より多くの生産物を低価格で購入することもできます。

乗算された植物の独占

独占下では、複数の植物は、独占者が2つ以上の植物で生産する状況です。 各プラントには異なるコスト構造があります。 この状況では、複数工場の独占は2つの決定を下します。

彼らです:

(i)利益を最大化するために、生産される生産量と販売価格を決定する。

(ii)異なるプラント間の生産の配分を決定する。

仮定

複数工場の独占は、次の前提に基づいています。

(i)2つの植物XとYがあります。

(ii)プラントXはYプラントよりも効率的です

(iii)両方のプラントのコスト構造は異なります。

(iv)独占者は市場需要曲線と対応するMR曲線を知っています。

複数植物の独占は、図14の助けを借りて説明することができます。

図14では、次の結果が得られます。

SMC = MQとMC 2の水平方向の合計、つまりSMC = MC 1 +ポイントEでのMC 2 = MR = SMC。

ここでは、独占者は最大の利益を得るために価格OPでOX出力を販売します。 ポイントe 1およびe 2 =ポイントEを左方向に延長してe1でMQを、e 2でMC 2を切断することにより、生産者はプラント1とプラント2の間のOXユニットの生産の割り当てを決定します。 X軸に垂直に描画します。 プラント1によって生成される出力のレベルとしてO 1を与えます。再びOX 2はプラント2によって生成される出力のレベルであり、OX = OX 1 + OX 2

。 '。 総利益=総利益は、aおよびn 2で示される2つの影付き長方形の合計です。

独占下の労働搾取

労働の独占的搾取は、以下で議論できます。

(i)独占企業による労働力の搾取、および

(ii)独占的競争下での労働力の搾取。

(1)独占企業による労働力の搾取:

製品市場の独占企業による労働の市場需要曲線は、VMP LではなくMRP Cに基づいているという事実は、労働の独占的搾取につながります。 労働者にはVRPよりも低いMRPに等しい賃金が支払われるため、搾取があります。

ジョーン・ロビンソンによると、限界製品(VMP)の価値よりも低い価格が支払われた場合、生産的要因が悪用されます。 個々の独占企業による労働の独占的搾取(変動要因)に関するロビンソンの分析を図15に示します。

図15のMRP 1およびS 1曲線に示されているように、利益を最大化する独占者は、ポイントEと賃金OW(= EL 1 )によって決定されるOL)労働単位を採用します。 しかし、製品市場での完全な競争の下では、VMP 1は関連する労働需要曲線です。 したがって、OL 1の労働単位は賃金FL 1で要求され、そうでなければ、雇用はOL 2になります。

したがって、独占賃金率(FL 1 )と競争賃金率(EL 1 )の差、すなわちFL 1 – EL 1 = EF)は、労働の独占的搾取の程度です。 独占者は、完全に競争力のある会社がOL 2単位の労働者を雇用するOL 1単位に労働者の雇用を制限しています。 独占者による雇用レベルの低下も、生産の損失をもたらします。

(ii)独占的競争下での労働力の搾取:

図16は、市場レベルでの独占的競争下での労働力の搾取を示しています。 この図では、曲線D 1は独占企業による労働の市場需要曲線を表しています。 曲線D 0は完全競争企業による労働の市場需要曲線を表し、曲線S 1は労働の市場供給曲線を表します。 独占下では、労働市場はE m賃金率がOW 1になる時点で均衡状態になります。

独占的競争の下では、平衡賃金率はOW 2であり、雇用OL 1労働単位になります。 明らかに、製品市場の不完全な競争は、完全に競争の激しい製品市場の場合のように、賃金率が限界製品(VMP L )の値より低くなる原因になります。 したがって、Joan Robinsonによれば、OW 2 – OW 1 = W 2 – W 1は、独占的な競争の下での搾取の範囲です。

批判:

この労働の独占的搾取は、MRP LとVMP Lの相違のために賃金の低額化が避けられないという理由で批判される可能性があります。 MRPLはVMP 1よりも低くなっています(すべての雇用レベルで)。独占的な売り手の独占力のためではなく、製品の差別化のためです。 製品の差別化によりブランドロイヤルティが生まれ、需要曲線が右下がりになります。

需要曲線が下向きに傾斜している場合、価格(AR)と限界収益(MR)の間には転換があり、限界収益は価格よりも低くなります。 すべての企業は、完全であろうと不完全な市場であろうと、利益の最大化を試みるため、独占的企業はMRP Lに等しい賃金率を労働者に支払わなければなりません。

したがって、OW 2とOW 1の違いを活用と見なすことはできません。 違いは、市況により発生します。 しかし、製品の差別化が過度であり、独占的な売り手によって商品が消費者に課せられている場合、独占的な搾取の議論は受け入れられるかもしれません。

 

コメントを残します