限界および平均製品曲線(図付き)

今後の議論では、限界と平均の製品曲線の関係について更新します。

図6.2(b)では、MP曲線がAP曲線の最大点でAP曲線を切断していることがわかります。

理由を知ることが重要です。 重要なのは、MP曲線が上にある限り、AP曲線が上向きに傾斜することです。 MP曲線自体が上向きまたは下向きのどちらに傾斜していても違いはありません。

常識的に、追加のワーカーがすべてのワーカーのAPを上げる場合、ワーカーの出力は既存のすべてのワーカーの平均出力よりも大きくなければならないことがわかります。 彼のアウトプットへの貢献が彼の直前に雇われた労働者の貢献よりも大きいか小さいかは重要ではありません。

APは上向きまたは下向きに傾斜するため、MPは最初に増加し、次に減少し、最終的に負になります。 収益の減少の法則は、変数入力の法則とも呼ばれます。これは、因子入力が使用される割合を変化させる結果を予測するためです。

APは、MPがAPを上回るか下回るかに応じて上向きまたは下向きに傾斜するため、MPはAP曲線の最高点でAPと等しくなければなりません。 APが下降すると、MPはAPを下回り、引き下げられます。

生産における長期的な変化

長期的には、すべての要因は変動します。 利益を最大化することを望む企業は、生産コストを最小化する資本、労働力、土地の組み合わせを採用することにより、選択した生産物を生産しようとします。 このコスト最小化の努力は、isoquantsとisocostラインを使用してグラフィカルに表示できます。 これらにより、企業が長期的に拡大できる道をたどることができます。

 

コメントを残します