消費傾向または消費機能

消費 または消費機能の 傾向

ケインズが開発したマクロ経済モデルを構築するには、消費関数を明確に理解する必要があります。 実際、消費関数の概念は、ケインズ分析の「中心」です。

消費傾向(すなわち、消費意欲)またはいわゆる消費関数の概念は、 「基本的に心理的法則」に基づいており、 「基本的には、 男性は通常、彼らの収入は増加しますが、収入の増加ほどではありません。」

多くの要因が総消費に影響を及ぼしますが、可処分所得または国民所得の合計は、ケインズ理論の中で最も重要なものです。 したがって、ここでは、計画消費と収入の関係、つまり消費関数に焦点を当てます。

ケインズの消費関数には、次の属性があります。

私。 消費は、可処分所得の安定した関数です。つまり、C = f(Y)です。

ii。 消費は可処分所得によって直接変化すると想定されています。 可処分所得が増加すると、消費が増加します。

iii。 消費の増加率は、収入の増加率よりも小さい。 ケインズの用語では、限界消費傾向(MPC)の値は1未満です(つまり、MPC <1)。

iv。 MPCは、短期的には平均消費傾向(APC)よりも小さい(MPC <APC)。

ここで、消費支出は計画されたものですが、実際の支出ではありません。 したがって、消費関数では、可処分国民所得(つまり、納税後の所得)と計画消費支出との関係が確立されます。

ケインズの消費機能について詳しく説明する前に、APCとMPCの用語について説明しましょう。

(a)APCおよびMPC:

APCは、消費に対する収入の比率です。 消費されるのは収入の割合です。 これは、総消費支出(C)を総収入(Y)で割ることによって算出されます。

象徴的に、

APC = C / Y

MPCは、所得の変化に対する消費支出の反応を測定します。 これは、消費の変化と収入の変化の比率です。 これは、消費の変化を収入の変化で割ることによって計算されます。

象徴的に、

MPC = ∆C / ∆Y

Rsから可処分国民所得が増加するとします。 100ルピーをルピー。 200クロール。 その結果、消費支出はルピーから上昇します。 Rsに125クロール。 200クロール。

副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

MPC = 200-125 / 200-100

= 75/100 = 0.75 = 3/4

この例では、MPC = 3/4です。 経済的意味は、国民所得が4ルピー上昇した場合、消費支出は3ルピー増加し、残りは1ルピー節約されるということです。 この例では、MPCの値は正ですが1未満です(0> MPC <1)。

ゼロレベルの収入では消費がプラスになるため、MPCは常にプラスでなければなりません。 さらに、消費の増加は収入の増加よりも小さいため、MPCの値は1未満でなければなりません。

計画消費支出と可処分所得との関係を、仮想データの観点から表10.1に示します。

表10.1は、収入がゼロのとき、消費はプラスになることを示しています(50ルピー)。 しかし、収入が増加するにつれて、消費が増加します。 さらに、消費の増加は所得の増加よりも少ないため、APCは減少します。

ただし、消費の増加率は収入の増加率よりも小さいため、MPCの値は常に1未満です(ここでは0.75)。 同時に、収入がゼロであっても消費は正であるため、MPCは常に正です。 最後に、表はMPC <APCであることを示唆しています。

消費関数の方程式:

消費支出と収入の関係は、通常、方程式形式で説明されます。

C = a + bY(a> 0; 0 <b <1)

ここで、CとYはそれぞれ消費と国民所得を表します。 この方程式は、消費が直線の方程式であるため、消費が収入の線形関数であることを示しています。 方程式では、 「a」は自律的な消費、つまり国民所得の変化によって変化しない消費を表します。 消費支出のこの部分は、収入のレベルとは無関係です。

その値は、収入がゼロであっても消費が常に正であるという意味で正です。 「b」は行動係数またはMPCです。 消費のこの部分は「誘導」消費と呼ばれます。 ケインズによると、MPCは常にプラスですが1未満です。 ここで、 「b」は消費関数の勾配です。 したがって、MPCは消費ラインの勾配です。

(b)グラフィカル形式の消費関数:

消費関数の式は、図10.6で表すことができます。ここでは、横軸に収入を、縦軸に計画消費支出を測定しています。 45°線上のすべてのポイントは、2つの軸で測定された値が等しいことを示します(つまり、Y = C)。

線CC 'は、ある正のポイントで垂直軸を切る消費線です。 消費関数の正の垂直インターセプト(a> 0)は、計画された消費支出が非常に低い収入レベルで収入を上回ることを意味します。 ラインCC 'は上向きに上昇しています。

これは、収入が増加するにつれて、消費が増加することを意味します。 このような消費は誘導消費と呼ばれます。 OY 0の収入レベルでは、CC 'ラインは45°ラインと一致します。 つまり、ポイントEでは、収入は消費と等しくなります。 このような収入と消費の平等は、損益分岐点と呼ばれます。

ポイントEの左側、たとえばOY 1の収入レベルでは、消費が収入を超えると、マイナスの貯蓄または貯蓄が発生します。 これは、人々が収入よりも多く消費すること、つまり過去の貯蓄を使うことを意味します。 実際には、ポイントEの左側で、CC '線は45°線より上にあり、図10.6で-S記号を使用して、省力化を決定しています。

一方、Eの右側、つまり所得レベルがOY 2の場合、所得は消費を超え(したがって、CC '線は45°線より下にあります)、プラスの貯蓄が発生します。 人々は収入全体を消費に費やさないため、残りは節約されます。

CC '線の位置または位置およびCC'線の傾斜から、それぞれAPCおよびMPCを決定できます。 収入がゼロの場合、APC =∞。 収入が増加すると、APCは減少しますが、ゼロになることはありません。 MPCの値を決定するために、線CC '上の2つの点fとdを選択しました。 fからdに移動すると、収入はft増加(AY)し、消費はdt増加(ΔC)します。

したがって、MPC = ∆C / ∆Y = dt / ft =直線CC 'の勾配。 消費の増加率(dt)は収入の増加率(ft)よりも小さいため、その値は1よりも小さくなります。 CC 'は直線であるため、MPCはすべての収入レベルで一定のままです。

MPCは収入が増加しても一定のままですが、APCは定額消費関数で継続的に減少します。 これは、図10.7を調べることで説明できます。 線CC '上の点Hを考えてみましょう。 この点に対応して、収入はOY、消費はOMです。

したがって、ポイントHでのAPCは次のとおりです。

APC = OM / OY

次に、原点から描かれた破線βとθを考えます。 このような線は光線と呼ばれます。 光線の傾きβは角度βの正接に等しいため、OM / OYに等しくなります。 したがって、点Hへの光線の傾きは、点HでのAPCです。

同様に、点H 1への光線の勾配はAPCです。 言い換えれば、破線OHおよびOH の勾配は、それぞれ点HおよびH でのAPCを表す。 光線OH 1の勾配は、光線OHの勾配よりも急峻ではないため、収入が増加するにつれてAPCは低下します。

MPCを計算するには、図10.7のfとdなどのポイント間の消費ラインCC 'の傾きを考慮する必要があります。 検査により、tanβまたはtanθがtanθ 'よりも大きいことがわかります。 これは、APC> MPCであることを示唆しています。 したがって、消費ライン上の任意のポイントの座標はAPCの値を提供し、任意の2つのポイント間の勾配はMPCの値を提供すると結論付けることができます。

図10.6をもう一度考えてください。 収入がゼロの場合、APC =∞; ポイントEの左側、APC> 1; ポイントEで、APC = 1; そして、ポイントEの右側、APC <1。

一方、0 <MPC MPC。 これは次の方法で証明できます。 線形消費ラインの式は、C = a + bYです。

この方程式から、次のものが得られます。

APC = C / Y = a / Y + b、

およびMPC = b。

したがって、APC> MPCはa / Yの量だけ増加します。 またはMPC <APCはb <a / Y + bを意味し、これは0 <a / Yを意味します

ケインズの消費関数は短期的なものであり、消費と収入の関係はMPC <APCという意味で非比例的なものであるとすでに述べました。

ただし、長期消費関数は、収入と消費の間に比例関係を示します。 この比例関係のため、MPC = APCです。 長期消費機能は、原点から始まります。 したがって、その関数形式はC = bYです。

関数の保存または 傾向の保存

消費傾向とは消費意欲を指し、保存傾向とは保存意欲を指します。 貯蓄とは、収入と計画消費量の差です。つまり、

S = Y – C

保存機能は、消費機能から派生します。 計画的貯蓄は、可処分所得の関数です。つまり、

S = f(Y)

ケインズの保存機能には次の特徴があります。

私。 貯蓄は可処分所得の安定した機能です。

ii。 貯蓄は可処分所得によって直接異なります。

iii。 貯蓄の増加率は、収入の増加率よりも小さい。 非常に低いレベルの収入とゼロ収入では、消費がプラスになるため、貯蓄はマイナスにならなければなりません。 収入が増えると、貯蓄はなくなり、貯蓄はプラスになります。 ケインズの用語では、この特徴は、限界貯蓄傾向(MPS)の値が正であるが1未満であることを示唆しています。

(a)APSおよびMPS:

ケインズの保存機能を説明する前に、平均保存傾向(APS)とMPSの概念を身に付けた方がよいでしょう。

APCとMPCの補完的な概念は、それぞれAPSとMPSです。 APSは、貯蓄に充てられる収入の割合です。 これは、総貯蓄を総収入で割ることによって得られます。つまり、

APS = S / Y

または、APS = Y – C / Y(S = Y – C)

表10.1は、消費が収入を超えるとマイナスの貯蓄が発生し、APSの価値も低下することを示唆しています。 収入と消費が等しい場合、APSはゼロになります。 現在、収入が増加すると、APSは上昇する傾向があります。

MPSは、所得の変化に伴う貯蓄の変化です。 これは、貯蓄に使用される収入への追加の割合です。 象徴的に、

MPS = ∆S / ∆Y

MPSの値は常に1未満です。 表10.1では、MPSは0.25、つまり1/4と想定されています。 これは、ルピーの可処分国民所得の増加を意味します。 4は、1ルピーの節約につながります。 ここで、MPSは収入のすべてのレベルで一定です。

関数方程式の保存:

消費関数の式は線形なので、保存関数は線形でなければなりません:

S = Y – C = Y-(a + bY)[ ... C = a + bY]

または、S = – a +(1 – b)Y [0 <(1- b)<1]

これは線形形式の保存式です「-a」は、図10.8に示すように、垂直(負)切片で表される負の保存を示します。 この図から、保存関数SS 'は負の象限から始まることがわかります。 ここ(1 – b)はMPSです。 MPC(つまり、b)を知っている場合、MPS(つまり、1 – b)を取得できます。

グラフィックフォームでの関数の保存:

図10.8は線形保存関数SS 'を示しています。 この機能は、上昇保存機能です。 収入ゼロのレベルでマイナスの節約を示すために(つまり、[-a]で表されるマイナスの節約)、保存機能は原点の下の垂直軸から上昇し始めます。 今、収入が増加すると、貯蓄が増加し、したがって、貯蓄が減少します。

OY 0レベルの収入では、(収入は消費に等しいため)貯蓄はゼロです。 そのため、そのレベルの収入でラインを節約すると、横軸が短くなります。 OY 0レベルの収入の左側では、貯蓄がマイナスであるため、SS '線は水平線の下にあります。 OY 0レベルの収入の右側では、貯蓄がプラスであるため、SS 'の線は水平線の上にあります。

保存機能の勾配はMPSによって指定されます。 MPSを計算するために、線SS '上の2つの点rとhを選択しました。 rからhに移動すると、国民所得(ΔY)はrn量増加し、貯蓄(ΔS)はnh量増加します。

副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

MPS = ∆S / ∆Y = nh / rn = SS 'ラインの勾配。

MPSの値は常に正ですが、1未満です。

(a)APCとAPSおよびMPCとMPSの関係:

収入の一部は消費されますが、収入の別の部分は人々によって節約されます。 したがって、APCまたはMPCの価値がわかれば、APSまたはMPSの価値を簡単に見つけることができます。

APCからのAPSの計算方法:

APC = C / Y

APS = S / Y = Y – C / Y = 1 – C / Y

... S = Y – C)

または、APS = 1 – APC

APCとAPSは補完的な用語であるため、それらの合計は1に等しくなければなりません。

私達はことを知っています

Y = C + S

この方程式の両側をYで割ると、次のようになります。

Y / Y = C / Y + S / Y

1 = APC + APS

または、APS = 1 – APC

APCが上昇(または下降)すると、APSは下降(または上昇)します。 APC = 1の場合、APSはゼロに等しく、APC = 0の場合、APS = 1である必要があります。ただし、APCがゼロになることはないため、APSが1に等しくなることはありません。 1未満でなければなりません。

MPCからMPSを計算します。 そのためには、まずMPCとMPSの合計が1に等しく、MPSが(1 – MPC)でなければならないことを示します。 これは、収入が常に消費量と節約量に等しいためです。 または

Y = C + S

ここで、所得が∆ Yに変化するとします。その結果、消費と貯蓄の両方がそれぞれ∆Cと∆Sに変化します。

∆Y = ∆C + ∆S

この方程式の両側を∆ Yで除算すると、

∆Y / ∆Y = ∆C / ∆Y + ∆S / ∆Y

または、1 = MPC + MPS

または、MPS = 1 – MPC

MPCが上昇(下降)した場合、MPSは合計が1になるように下降(上昇)する必要があります。

 

コメントを残します