限界収益フォーミュラ| 売り手の収益

この記事では、売り手が商品を販売することによって獲得する限界収益を計算するための式と式について説明します。

任意の販売量における企業の限界収益(MR)は、企業がその数量の限界(または追加)ユニットを販売したときに得られる総収益(TR)の増分です。 言い換えれば、出力(q)での限界収益は、企業がその出力の限界(または追加)ユニットの販売から得る(余分な)収益です。

たとえば、販売数量(q)が9、10、および11ユニットの場合、会社のTRはそれぞれ50、55、58(R)であるとします。 ここで、q = 10で、限界単位または10番目の単位の販売から得られた企業のMR = 55 – 50 = 5(Rs)。 同様に、q = 11では、MR = 58 — 55 = 3(Rs)。

このMRの定義に基づいて、次のように記述できます。

(MR) q = n単位 =(TR) q = n –(TR) q = n-1 ……(3.5)

繰り返しますが、企業の販売量の増加(q)が複数のユニットである場合、定義により:

MR = ∆TR / ∆q…..(3.6)

ここで、∆qはqの増加、ATRは結果として生じるTRの増加です。 たとえば、企業のqが10単位から15単位に増加すると、TRがRs 100からRs 130に増加するとします。

この場合、

MR = ∆TR / ∆q = 30/6 = 6(Rs)。

ここで、MRは、追加(または追加)ユニットのそれぞれ(ここでは、追加5ユニットのそれぞれ)から得られる追加(または追加)収益です。

また、MRの定義から、MRはTR wrtqの変化率であることがわかります。

したがって、次のように記述できます。

 

コメントを残します