インフレーションとデフレのギャップ(図付き)

インフレとデフレのギャップについて学びましょう。

インフレギャップ

これまでのところ、総需要の理論を使用して、経済におけるDPIの出現を説明してきました。 この理論を使用して、 「インフレギャップ」の概念を分析できます。これは、ケインズによって最初に導入された概念です。 この概念は、インフレの圧力を測定するために使用できます。

総需要が完全雇用レベルでの生産の総価値を超える場合、経済にインフレギャップが存在します。 総需要または総支出は、消費支出(C)、投資支出(I)、政府支出(G)、貿易収支または輸出額から輸入額を引いたもの(X – M)で構成されます。

Y fによる完全雇用時の生産高の総計を示しましょう。 このインフレギャップは、C + I + G +(X – M)> Y fによって与えられます。 そのようなギャップの結果は価格の上昇です。 このギャップが続く限り、価格は上昇し続けます。 したがって、インフレギャップは不均衡状況を表します。

したがって、インフレギャップは過剰需要の結果です。 これは、基本価格で利用可能なアウトプットを超える支出の計画レベルの超過として定義される場合があります。 例は、インフレギャップの概念の意味を明確にするのに役立ちます。

現在の価格での出力の総計値がRsであるとします。 600クロール。 政府は現在、Rsに相当する生産物を取り去っています。 独自の要件で100クローレ、したがってRsが残ります。 民間消費のための500億ルピー。 国民所得分析によると、貨幣収入の総額の価値は産出総額の正味の価値に等しい。

ここでも、人々の総金銭収入(500ルピー)は、総生産額の正味価値に等しい(つまり、600ルピー-100ルピー= 500ルピー)。 したがって、総支出は総生産に等しいため、価格は安定したままです。 さらに、コミュニティの金銭収入がRsに増加すると仮定します。 追加の購買力を作成することにより、800クロール。

政府にルピーを奪わせてください。 税金として50クロール。 収入の増加の一部は、Rsが言う。 100クロール、保存できるようになりました。 したがって、支出可能な純処分収入はRsになります。 (800 – 50 – 100 =)650クローレ。 古い価格での総需要はRsであるため。 500クロール、Rsの過剰。 150クロールが表示されます。

この過剰は、価格を引き上げるインフレギャップを表しています。 総生産に対応する増加がない場合、総生産が総支出に等しくなるまで価格は上昇し続けます。

ケインズの需要インフレは、インフレギャップの概念の観点からしばしば表現されます。 均衡国民所得の決定に関連して使用するケインズクロスの助けを借りて、このギャップを図で説明します。 図11.5では、総支出は縦軸で測定され、国民所得または総生産は横軸で測定されます。

Y fが国民所得の完全雇用レベルであると仮定しましょう。 C + I + G +(X – M)がポイントAで45°線を切る総需要(AD)曲線である場合、均衡収入はY fで決定されます。 総需要は総供給に等しいため、価格の上昇はありません。 AD曲線がAD 'にシフトしても、完全雇用レベルを超えて生産量を増やすことはできないため、均衡生産量は増加しません。

言い換えれば、完全雇用のため、生産量をY *に増やすことはできません。 したがって、完全雇用のY fレベルでは、ABの範囲でインフレギャップが生じます。 総需要と国民所得の完全雇用レベルでの45°線との間の垂直距離は、インフレギャップと呼ばれます。 または完全雇用では、価格を引き上げるABの過剰な需要があります。

インフレーションギャップを簡単な方法で説明するために、図11.6を使用します。 この図では、総需要(C + I + G + XM)と総供給を比較検討します。 前者は後者を上回っているため、インフレギャップが生じます。

インフレのギャップは、金融政策または財政政策手段を使用することで解消/最小化できます。 金融政策の下では、マネーサプライは減少し、金利は上昇します。 ただし、このギャップは、政府支出の削減により金銭収入を減らすか、商品やサービスの生産量を増やすか、税金を増やすことで削減できます。

デフレギャップ

所得の均衡レベルが所得の完全雇用レベルを下回ると推定される場合、デフレギャップが生じます。 経済の総需要が不十分な場合、完全な雇用所得(Y f )の左側で経済の均衡が生じます。

言い換えれば、デフレギャップは、所得の均衡レベルが完全雇用レベルまで増加するために、総需要を増加させなければならない量を示しています。 図11.7は、所得の均衡水準がOY *であるのに対し、完全雇用の生産高はY fであることを示しています。

したがって、経済は失業状態に直面しています。 完全雇用生産状況での45°線とAD線の間の距離は、デフレギャップと呼ばれます。 図11.7ではABです。 総需要は国の潜在生産量よりも少ないため、経済は労働力やその他の資源の失業に苦しんでいます。

したがって、総需要の不足により、価格レベルが低下します。 これは、1930年代にアメリカ、イギリスなどで起こったことです。 ケインズは当時、失業は総需要の不足の結果であると主張していました。 彼は、1930年代の大恐fromから出てくる需要管理政策(政府支出の増加、税金の削減など)を提案しました。

 

コメントを残します