グローバリゼーションに関するエッセイ

このエッセイでは、グローバリゼーションについて説明します。 このエッセイを読んだ後、以下について学びます。1.グローバリゼーションの意味2.グローバリゼーションの特性3.利点4.欠点5.インド経済のグローバリゼーション6.影響。

内容:

  1. グローバリゼーションの意味に関するエッセイ
  2. グローバリゼーションの特性に関するエッセイ
  3. グローバリゼーションの利点に関するエッセイ
  4. グローバリゼーションの欠点に関するエッセイ
  5. インド経済のグローバル化に関するエッセイ
  6. グローバリゼーションとその影響に関するエッセイ


エッセイ#1.グローバリゼーションの意味:

グローバリゼーションという用語は、国際競争力を獲得することにより、世界市場に経済を開放することを意味します。 したがって、経済のグローバル化は、生産、貿易、金融取引に関連する国と世界の先進工業国との相互作用を単に示しています。

したがって、グローバリゼーションという用語には4つのパラメーターがあります。

(a)各国間の貿易障壁を除去または削減することにより、商品の自由な流れを許可し、

(b)国間の資本の流れのための環境の作成、

(c)技術移転の自由な流れを可能にし、

(d)世界の国々の間で労働の自由な移動のための環境を作成する。 したがって、世界全体をグローバルビレッジとして、4つのコンポーネントはすべて、グローバリゼーションの円滑な道を達成するために等しく重要です。

世界貿易機関(WTO)のテーマワークに国民国家を統合することによるグローバリゼーションの概念は、相互利益のために国間の無制限の商品の流れを仮定するために古典的な経済学者によって広められた「比較コスト優位の理論」の代替バージョンであり、特にイギリスから他の発展途上国やその植民地へ。 このようにして、帝国主​​義国家は、停滞と貧困の傷に苦しめなければならなかった植民地諸国を犠牲にして多くを得ました。

ただし、特に先進国からのグローバリゼーションの支持者は、意図的にグローバリゼーションの定義を3つのコンポーネント、すなわち、無制限の貿易フロー、資本フロー、および技術フローに限定しています。 彼らは、彼らが設定したグローバリゼーションのパラメーター内にフリーフロー労働を含めたくありません。

スティーグリッツ、ノーベル経済学賞受賞者(2001)および世界銀行の元チーフエコノミストによれば、 「グローバリゼーションは、輸送と通信のコストの大幅な削減によってもたらされた世界の国々と人々の密接な統合です。 、商品やサービスの流れ、資本、知識、国境を越えた(程度は低いが)人々に対する人為的な障壁の破壊。」

スティーグリッツはグローバリゼーションに対する強力な批判であり、したがって、グローバリゼーションの第4のパラメーター、すなわち先進国が提唱するグローバリゼーションの現在の形式における労働の自由な流れを含まないことを明確に指摘した。

ILOが設置したグローバリゼーションの社会的側面に関する世界委員会(WCSDG)も、グローバリゼーションに関するいくつかの重要な観察を行っています。 委員会は観察した。 「グローバリゼーションの現在のパスを変更する必要があります。 その利点があまりにも少ない。 デザインに声がなく、コースに影響を与えない人が多すぎます。」

「グローバリゼーションは、人間の幸福と自由を拡大し、人々が住んでいる地域社会に民主主義と発展をもたらす手段にすることを望んでいます。」しかし、グローバリゼーション政策の支持者は、グローバリゼーションが未開発の発展途上国を助けると主張しています競争力を高め、より高い成長率を達成します。 グローバリゼーションの道を将来採用することで、発展途上国がどれだけ利益を得ることができるのかがわかります。

それまでの間、世界のさまざまな国がグローバル化の方針を採用しています。 インドは1991年から同じ方針を採用しており、量的制限(QR)を段階的に廃止するとともに、貿易障壁を撤廃するプロセスを開始しました。

したがって、インド政府は、その後の予算で関税のピーク率を引き下げ、EXIMポリシー2001-2002の残りの715項目のQRを削除しました。 これらすべてが、国の新しい市場と新しい技術への開かれたアクセスをもたらしました。


エッセイ#2.グローバリゼーションの特徴:

グローバリゼーションの主な機能は次のとおりです。

(i)自由化:

グローバリゼーションは、産業家/ビジネスマンが国内または海外で産業、貿易または商業を確立する自由をもたらします。 国間の資本財、サービス、技術の無料交換。

(ii)経済活動のグローバル化:

グローバル化のもう1つの特徴は、国内市場と国際市場による経済活動の管理です。 また、国民経済と世界経済の間の調整を確立しました。

(iii)自由貿易:

グローバル化の重要な特徴の1つは、郡間の自由貿易です。 また、貿易に対する政府の過度の管理がないことも意味します。

(iv)接続性:

グローバリゼーションの下では、地方は国境を越えて世界とつながっています。 知識、技術、アイデア、情報、文学、文化の国際的な伝達を通じて、ある社会と別の社会の間、およびある国と別の国の間のリンクを構築する。

(v)ボーダレスグローブ:

グローバリゼーションは、「国境のない地球」の確立に道を開き、その理想は大前健道によって明確にされました。 それは、国家の障壁を破り、相互連結性を生み出します。

(vi)複合プロセス:

グローバリゼーションは、共通の経済的、商業的、政治的、文化的、技術的な結びつきによって、世界中の国民国家の統合を可能にする複合プロセスです。 また、国境のない新しい世界秩序の創造につながります。

(vii)多次元プロセス:

グローバリゼーションは多次元プロセスです。 経済的には、単に国内市場の開放、国家間の自由貿易と商業、労働、資本と技術の自由な流れ、および国家経済と世界経済の統合を意味します。

政治的には、国家の権限と機能の制限、個人に与えられるより多くの権利と自由、および民間部門のエンパワーメントを文化的に意味し、社会間および国家間の文化的価値の交換を意味します。 そしてイデオロギー的に、それは自由主義と資本主義の促進と普及を意味します。

(viii)トップダウンプロセス:

グローバリゼーションは、先進国とそれらの国に拠点を置く多国籍企業から始まります。 技術、資本、製品、サービスは先進国から発展途上国への参入が許可されています。 変化する状況に適応し、より高いレベルの社会経済的発展を達成するための新しいアイデアを受け入れる必要があるのは、発展途上国です。

グローバリゼーションの上記の特徴は、現在の世界経済シナリオの下でのグローバル統合の大きな必要性を単に示唆しています。 現在の世界的な景気後退と金融危機を考慮すると、グローバル統合の最重要事項があります。


エッセイ#3.グローバリゼーションの利点:

以下は、インドのような発展途上国のグローバリゼーションの重要な利点の一部です。

(i)グローバリゼーションは、以下を介して国の経済の長期的な平均成長率を高めるのに役立ちます。

(a)リソースの割り当て効率の改善。

(b)労働生産性の向上。 そして

(c)資本産出比率の低下。

(ii)グローバリゼーションは、生産システムの非効率性を解消する道を開きます。 グローバリゼーションが存在しない場合の保護シナリオの長期化により、グローバリゼーションのポリシーに従うことで達成できる費用対効果について、生産システムが不注意になります。

(iii)グローバリゼーションは、生産の質を向上させる外国の最新技術とともに外国資本の参入を誘致します。

(iv)通常、グローバリゼーションは生産と貿易のパターンを再構築し、労働集約型の商品と労働集約型の技術、およびサービス貿易の拡大を支持します。

(v)グローバリゼーションにより、開発途上国の国内産業は、外国の競争に直面するために、製品の価格低下と品質改善について意識するようになります。

(vi)グローバリゼーションは、不経済な輸入代替を抑制し、資本財の安価な輸入を支持し、製造業の資本産出比率を低下させます。 製造された商品の費用対効果と価格引き下げは、農業に有利な貿易条件を改善します。

(vii)グローバリゼーションにより、消費財産業は、これらの消費財に対する需要の増大に対応するために、より急速に拡大し、一定期間にわたる雇用機会のより迅速な拡大をもたらします。 これは、貧困線以下で生活する人口の割合を減らすためのトリクルダウン効果をもたらすでしょう。

(viii)グローバル化は、外国資本、外国銀行、および保険会社にこれらの分野を開放することにより、銀行保険および金融セクターの効率を高めます。


エッセイ#4.グローバリゼーションの欠点:

グローバリゼーションには、多くの欠点もあります。 これらの欠点のいくつかを次に示します。

(i)グローバリゼーションは、世界レベルでの経済力の再分配の道を開き、貧困国に対する経済的に強力な国による支配につながる。

(ii)グローバリゼーションは通常、輸出の増加よりも輸入の大幅な増加をもたらし、貿易赤字の拡大と国際収支の問題につながります。

(iii)グローバリゼーションは、技術の変化と生産性の向上がより多くの仕事とより高い賃金につながるという考えを促進しますが、過去数年の間にいくつかの発展途上国で起こるそのような技術の変化は、彼らがもたらしたよりも多くの失業をもたらしました雇用成長率の低下。

(iv)グローバリゼーションは、村と小規模産業に警告を発し、よく組織化されたMNCから生じる競争に耐えられないため、それを死に追いやった。

(v)グローバリゼーションは、世界の一部の発展途上国および先進国の貧困削減プロセスを遅らせており、それによって不平等の問題を高めています。

(vi)グローバリゼーションは、世界の発展途上国および未開発国の農業に対する脅威としても機能しています。 WTOの取引規定と同様に、貧しい発展途上国の農産物市場は、多くの農民に打撃を与える先住民の農産物よりもはるかに低い率で国からの農産物が殺到するでしょう。

(vii)先進工業国の多くでグローバリゼーション原則の実施が困難になり、将来的に利益を得るために構造調整の苦痛と不確実性を国民に負わせるよう求める。 したがって、グローバリゼーションの人的および社会的コストは、通常、前例のない方法で民主主義の社会的構造をテストできる程度まで増加します。


エッセイ5.インド経済のグローバル化:

経済改革を導入する一方で、インド経済はグローバル化の道を真剣に進めています。

以下は、インド政府がグローバル化に向けて講じた措置の一部です。

(i)外国直接投資の自動承認は、以前の40パーセントから、幅広い産業をカバーする51パーセントの外国株式所有に引き上げられました。

(ii)国際市場へのアクセスを提供するために、主に輸出志向の活動に従事している商社に対して、最大51パーセントの株式の過半数の外国株式保有が許可されます。

(iii)政府は、国内販売の5%、輸出販売の8%、または1, 000万ルピーの一括払いのロイヤルティの支払いについて、外国技術契約の自動許可を与えることを決定しました。 必要に応じて外国為替を内部で発生させることができるプロジェクトに対するその他のすべてのロイヤルティ支払いについても、自動承認が与えられます。

(iv)政府は、政策の方向性を輸入代替から輸出促進に転換し、関税率を引き下げ、量的統制を撤廃した。 さらに、量的制限は価格ベースのシステムに置き換えられました。

この方向で導入された他の措置には、経済特区(SEZ)の設置、WTO規範の完全充足、EXIM手続きの調整、インセンティブの削除、輸入資格による輸出促進が含まれます。

過去20年間の輸出主導の成長戦略に従って、インド経済はその状態に多くの変化を経験しています。 その結果、GDPに占めるインドの輸出の割合は、1990-91年の5.8パーセントから2004-05年の11.1パーセント、2007-08年の15.2パーセントに増加しました。 同時に、インドの輸入もGDPの8.8%から13.8%に大幅に増加し、同じ期間に最終的に23.5%に増加しました。

さらに、1990-91年にはわずか9, 700万ドルであった海外直接投資フローは、2011-12年には46.55億ドルに増加しました。 グローバリゼーションのもう1つの大きな利点、つまり、目に見えない品目の輸出、特にソフトウェア輸出の急増という観点からも重要です。

グローバル化の顕著な成果は、2003-04年にインドのソフトウェア輸出純利益が234.1億ドルに増加したことです。 インドからのソフトウェアおよびITESの輸出量は、2000-01年度の28, 350クローネから2003-04年度の58, 240クローネ、2005-06年度の1, 03, 200クローネに増加し、前年比で32パーセントの成長を示しました。

また、ソフトウェア輸出部門は、2003-04年の2.70千万人の専門家と比較して、2004-05年には3.45万万人のIT専門家を採用することができました。 したがって、グローバリゼーションの結果として、インドは生産性の国際標準に到達する戦略を採用し、それにより、評判と効果的にグローバル市場で競争しています。

さらに、インド経済の構造も過去10年間でかなりの変化を遂げています。 これらには、対外貿易と対外資本フローの重要性の増加が含まれます。 サービス部門はGDPの50%を超える割合で経済の主要部分となり、同国はITサービスを輸出するための重要なハブになっています。

GDPに対する商品貿易のシェアは、2003-04年に記録された23.7%から2007-08年には35%以上に大幅に増加しました。 サービスの貿易が含まれている場合、貿易比率は2007-08年のGDPの47パーセントです。 繰り返しになりますが、2003-04年から2007-08年のインド経済の急速な成長により、インドは2007-08年に1.9%であった外国資本流入および純資本流入の魅力的な目的地にもなりました。

また、外国のポートフォリオ投資は、インドの資本市場に浮力を加え、インド企業は海外での積極的な買収を開始しました。これは、大量のアウトバウンド直接投資フローに反映されました。

グローバル化のもう1つの重要な側面は、輸入エネルギー源、特に国内消費に占める輸入原油の割合が75%を超える原油への高い外部依存度です。

したがって、国際的な原油価格の大きな変化は、2008-09年初頭および2013-14年初頭に起こったように、インド経済に広範囲に影響を与えます。 したがって、インド経済のグローバリゼーションの現在の傾向は、将来の政策方向を最も合理的な方法で決定するためにあらゆる角度から真剣に分析しなければなりません。


エッセイ#6.グローバリゼーションとその影響:

インドでのグローバリゼーション政策の採用により、当初、経済に次のような複合的な影響が生じました。

(i)競争:

グローバル化の結果、インド企業は多国籍企業(MNC)によって生産された製品の自由な流れからの競争の激化に直面し始めました。 国内企業と強力なMNC間の不平等な競争により、大規模、中規模、小規模の両方のカテゴリで、弱い産業ユニットが閉鎖されました。

(ii)合併:

グローバリゼーションにより、インド企業とMNCまたはTNCとの合併およびコラボレーションが増加しています。

(iii) 輸出:

世界の輸出におけるインドのシェアは、1990年の0.55パーセントから1999年の0.75パーセント、そして2005年の1.1パーセントまでゆっくりと増加しています。現在のEXIM政策(2001-2002)では、政府は世界貿易の1%を獲得するために、2004年から2005年までに430億ドルの既存レベルから750億ドルを引き上げました。 ただし、これには、輸出が年間18%の割合で成長する必要があります。

(iv) サービスの貿易:

グローバル化の結果、インドはサービスの貿易に関して、特に情報技術産業に関して獲得することができました。 インドのソフトウェア専門家は、グローバル市場でブランドイメージを作成しました。

NASSOCAM(National Association of Software and Service Companies)Surveyによると、フォーチュン500社のうち185社以上、つまり、5社に約2社がインドからソフトウェア要件を外注しています。

インドのソフトウェア産業の能力は、2000年6月30日時点でインドの上場ソフトウェア企業の時価総額が550億米ドルと非常に高い資本化に反映されています。ドイツ、日本、オーストラリア。

さらに、インドのソフトウェア産業は、質の高いサービスを提供するという点で際立っています。 1999年12月の時点で、170のインドのソフトウェア企業が国際品質認証を取得しています。 情報技術の分野で活動している多国籍企業の大半は、インドにソフトウェア開発センターまたは研究開発センターを持っています。

さらに、米国のシリコンバレーで1999年に開始された電子商取引の30%はインド人によって開始されました。 インドでは毎月約500のポータルが開始されています。

輸出だけでなく、国内部門でも、コンピューターソフトウェアは推力分野であり、最も急速に成長している部門です。 インドからのソフトウェア輸出は、1998-99年に10, 940ルピーから2001-2002年に36, 500ルピーに急増し、約233.6%の成長率を示しました。 国内のソフトウェア産業は、1998-99年の4, 950千ルピーから2001-02年の11, 634千ルピーに事業を拡大しました。

(v) 取引条件:

グローバリゼーションは、農産物や織物、特にインドで生産された綿織物の貿易条件を改善しています。

(vi) 物品およびサービスの世界輸出におけるインドのシェア:

世界の商品輸出と世界のサービス輸出におけるインドのシェアを別々に研究する方がよいでしょう。 表15.13に位置が明確になります。

13年の期間、つまり1990年から2003年にかけて、インドの商品輸出は1797億ドルから5598億ドルに増加しました。つまり、年間成長率は9.1%であり、はるかに高い中国の16.2%、メキシコの11.4%、全世界のわずか6.1%。

インドは、グローバル化により輸出成長率のいくらかの増加を実現できましたが、世界の商品輸出におけるインドのシェアは、1990年の0.51%から2003年の0.73%までわずかにしか増加しませんでした。

ただし、サービス部門の輸出に関するインドのパフォーマンスは、同期間で比較的良好でした。 したがって、インドのサービス部門の輸出は、1990年の46億ドルから2003年の377億ドルに大幅に増加し、中国の17.4%の成長率と比較して17.5%の年間平均成長率を記録しました。

ただし、サービスの輸出の増加の主要な位置は、ソフトウェアの輸出から実現されました。 したがって、インドのサービス輸出全体に占めるソフトウェア輸出の割合は、1990年の42.7%から2003年の75.9%に増加しました。

繰り返しますが、商品とサービスの輸出を合計すると、インドの商品とサービスの総輸出は1990年の225億8000万ドルから2003年の937億ドルに増加し、年間平均成長率は11.6%となりました。 しかし、インドの輸出実績を中国、韓国、さらにはメキシコの輸出実績と比較すると、インドが達成した成果は重要とは見なされません。

表15.13は、世界の輸出における中国のシェアが、輸出量が714%増加した結果、1990年の1.59%から2003年の5.20%に増加したことを示しています。 同様に、1990年から2003年にかけて、韓国とメキシコの世界輸出シェアはそれぞれ1.74%から2.42%、1.13%から1.91%に大幅に改善されました。 しかし、世界の輸出におけるインドのシェアは、同時期に0.53パーセントから1.01パーセントにわずかに改善したことを示しました。

したがって、インドの輸出実績は中国のそれよりもはるかに遅れていたことがわかります。

現在の状況下で生じる疑問は、なぜ世界の輸出のインドのシェアが急増しないのかということです。 この質問に答えている間、インドの輸出努力は絶対的な意味である程度のプラスの結果を生み出し、それに応じてインドの輸出は1990-91年の181億米ドルから1994-95年の263億米ドルに増加し、その後350億米ドルに増加したことが観察できました1997年から98年、そして最後に2001年から2002年に438億米ドル。

しかし、インドの輸出(商品とサービスの両方)の総額は、1990年の225億米ドルから2003年には937億米ドルに増加しました。しかし、グローバライザーが政策に従わなければ、国の輸出実績はさらに改善されます。インドのスカートを米国が可燃性であると宣言する、アゾ染料を禁止する、反ダンピング義務を課すなど、いくつかの安価な口実を保護する。したがって、そのような保護主義の行為は、繊維産業にかなり打撃を与えている。

さらに、児童労働の使用を口実にした労働基準と米国などの先進国の貿易とのリンクも、インドの輸出問題を悪化させました。 インドの製品との競争に直面することができないため、先進国はインドの主張に打ち勝つために新しい用語「社会条項」を採用しました。 しかし、特に米国の多国籍企業(MNC)は、電気通信、保険セクターなどで有利な地位にあり、スムーズな参入のために国内市場の開放を主張しています。

(vii) 輸出の増加よりも輸入の増加:

グローバライザーは、インドの輸出が輸入よりも速いペースで増加すると見ていました。 残念ながら、物事はその方向に動いていません。 1991-92年にGDPの7.3%だったインドの輸出は、1995-96年にGDPの9.1%に上昇し、1999-2000年にGDPの8.4%に減少し、2006-07年にGDPの15.0%のレベルに達しました。 。

しかし、GDPの割合としてのインドの輸入量は、1991-92年の8.3%から1995-96年の12.3%、2006-07年の22.2%に増加しました。 これは、国内市場への外国人の参入と比較して、インド人による外国市場へのアクセスがどのように成長しているかを示しています。

1996-97年から2000-01年までの期間のインドの貿易赤字は、GDPの3.1%から4.0%の範囲であったことも観察されています。 しかし、同じ赤字は2001-02年と2002-03年にそれぞれGDPの2.6パーセントと2.5パーセントに減少しました。 しかし、2004-05年には、同じ貿易赤字が大幅に増加し、GDPの5.3%になりました。 これは単に、外国の生産者によるインド市場へのアクセスが増加していることを示しています。

(viii) GDP成長率の低下:

グローバル化は、輸出主導の成長を通じてより高いGDP成長率の達成を促進するだろうという高い期待にもかかわらず、その期待は実現していません。 グローバル化の最初の数年間では、GDP成長率は1992-93年の5.2%から1996-97年の小屋の8.2%に徐々に上昇しましたが、その後1997-98年には4.6%、1999年の6.2%に徐々に低下しました-2000年、2000-01年には4.2%、2001-02年には6.2%、2002-03年には3.5%になりました。

このように、インド経済が経験するGDP成長率の低迷は、GDP成長率を上げる際に同国に導入されたグローバリゼーション政策の失敗を反映しており、世界経済への依存負担も高めました。 しかし、インドのGDP成長率は近年増加傾向を示し始めました。つまり、2003-04年の8.8%から2005-06年の9.1%、そして2006-07年の9.2%に増加しました。

(ix) 外国投資フロー:

グローバリゼーションの支持者は、グローバリゼーションが外国投資のより大きな流入への道を開くと主張してきました。 しかし、物事は正しい方向に動いていません。 通常、外国投資は、外国直接投資と外国ポートフォリオ投資の2つの形式で行われます。

ただし、FDIは国の生産能力と投資を向上させますが、ポートフォリオ投資は投機活動を促進します。

1990-91年から1994-95年の期間中、FDIのシェアは24.2%で、ポートフォリオ(FPI)投資のシェアは75.8%でした。 その後の期間、つまり1995-96年から1999-00年の間に、ポートフォリオ投資のシェアは45.2%に減少し、FDIのシェアは54.8%に増加しました。

再び2000-01から2005-06の期間中、FDIのシェアは再び46.1%に低下し、FPIのシェアは53.9%に増加しました。 次の6年間、つまり2000年1月から2005年6月にかけて、FDIのシェアは再び46.1%に低下し、FPIのシェアは53.9%にさらに増加し​​ました。

さらに、表no。に示すような外国投資の年間データから。 15.11(a)は、外国のポートフォリオ投資のフローの変動が外国の直接投資よりもはるかに急激であることを明らかにしています。 表15.14から、インドへのFPIフローは1994-95年の3, 824百万ドルから1998-99年にはマイナスレベルの(-)6, 100万ドルに減少し、1999-00年には再び3026百万ドルに増加したことがわかります。

FPIのフローは2002-03年に再び979百万ドル(16.3%)に減少し、2003-04年に再び11, 377百万(72.5%)に増加し、2005-年に12, 492百万(61.8%)に増加しました。 06。 したがって、FPIのフローは不安定な動作を示します。

他方、FDIの流れは、1990-91年の9, 700万ドルから1997-98年の3, 557百万ドル、そして2001-02年の6, 130百万ドル、そして最後に7, 722ドルへと、ゆっくりではあるが漸進的な増加を示しています。 2005-06年には100万。 したがって、インドへの対外投資の合計フローは、1991-92年の133百万ドルから1996-97年には6, 133百万ドルに増加し、1998-99年には24億100万ドルに減少し、2002-03年には6014百万ドルに徐々に増加し、その後、2005-06年には20, 214百万ドルになりました。

したがって、近年、外国投資全体に占めるFPIの割合は依然として非常に高い。 再び1995-96年から2000-01年にかけてのインドへの外国投資の合計平均流入額は、目標の100億ドルに対してわずか48億5, 000万ドルでした。 したがって、グローバル化の結果としての外国投資の参入に関する国の期待は満たされていません。

さらに、承認された外国投資のレベルと実際の流入との間に大きなギャップが残るという独特の傾向があります。

(x) 貧困削減と成長する不平等のプロセスの減速:

貧困の削減は、開発の重要な目的の1つです。 しかし、現代では、貧困削減のペースは徐々に減速しています。 Gaurav Dutt、Valerie Kozel、Martin Ravallionが作成した「1990年代の貧困削減におけるモデルの評価」というタイトルの世界銀行の論文は、州レベルでの貧困削減率の主要な決定要因は農業生産量、成長非農業部門、開発支出およびインフレ率の。

このモデルの主な発見は、1990年代の貧困削減率は1980年代のそれよりわずかに低いことです。 貧困削減のペースが遅いこの理由は、政策の自由化、民営化、グローバリゼーションに続いて達成された成長のパターンです。

このような成長パターンは、地理的分布に影響を与えています。 グローバル化は、工業化が進んだ州を、工業化が進んでいない州よりもはるかに助け、農業部門を軽視して、この改革後の期間に分布のゆがんだパターンをもたらしました。

したがって、GDPのより高い成長率と貧困削減のより低い率を達成するというパラドックスは、人口のより豊かな部分と疎外された部分との間の収入の不均等な分配にほとんど起因しています。 その上、この貧困削減の緩やかな低下は、主に、自由化、民営化、グローバル化の政策によって促進された地理的な成長パターンに起因しています。

グローバリゼーションの結果、先進国は、先進国や農業を基盤とする州と比較して、このポストグローバリゼーション期間中に達成された地理的に歪んだ成長パターンにつながり、より多くの利益を得ています。

さらに、グローバル化により、全国の農村部と都市部の不平等が大幅に増加し、都市部と農村部の賃金/給与収入の差が急激に増加しています。 したがって、グローバリゼーションは、不平等の拡大、富の集中の拡大、国の貧困削減率の低下をもたらしています。

(xi) 雇用成長率の低下:

グローバル化により、雇用成長率が低下しました。 1983年から94年の期間中の雇用の年間成長率は2.04%でしたが、1994年から2000年の期間中の同じ成長率は0.98%に低下しました。

その結果、失業率は1993-94年の5.99%から1999-2000年の7.32%に増加しました。 これは、1983年から1994年の2.43%から1993年から2000年の1.31%への労働力の成長率の低下にもかかわらずでした。

このような状況は、主に農業とコミュニティおよび個人サービスの雇用成長率の低下に起因しています。 これら2つのセクターは、雇用全体の約70%を共同で貢献しましたが、雇用の増加を記録することは事実上できませんでした。

したがって、グローバリゼーションの導入後10年間、経済のパフォーマンスのレビューを行った後、グローバリゼーションの政策は、GDPなどの基本的なマクロ指標に関して、一般に人々に必要な利益をもたらすことができなかったことが観察されています成長率、雇用創出、貧困の削減、投資の増加、商品の輸出の増加。

それはサービス輸出に関してのみです。インドは、その安価な人的資源のために限界利益を記録することができました。

さらに、グローバリゼーションの結果として、これらの産業ユニットに従事する多数の労働者の雇用の喪失につながる不平等な競争のために、かなりの数の中小企業が閉鎖に直面しなければなりませんでした。

World Commission on Social Dimension of Globalisation (2004) unambiguously observed, “The goal of full employment and achieving decent work for all receives low priority in current international policies.”……… “There is no point to a globalisation that reduces the price of child's shoes but costs the father his job.”

Thus globalisation has also failed to look fairly at the small enterprises, rural and informal sectors from where majority of people earn their livelihood. Thus under the present scenario, important steps need to be taken for integrating the growth objective with that of employment objective.

(xii) Growth of Trans-National Corporations (TNCs):

In its study on the progress of the corporate sector in recent years, the Institute for Studies of Industrial Development (ISID) has reported the impact of growth of 100 (top) TNCs in the post-reform period. It is further observed that the annual growth rate of profits before tax of these top 100 TNCs during the period 1991-92 to 1995-96 was 23.8 per cent.

Such enormous profits earned by TNCs will create an adverse impact on the balance of payments. While the exports to turn over ratio of these companies grow slowly from 8.1 per cent to 8.6 per cent during the period under reference but the import to turn-over ratio of these TNCs increase considerably from 6.9 per cent to, 12.9 per cent during the same period.

Accordingly, such workings of the TNCs has converted a net export position of Rs 270 crore in 1991-92 to a net import position of Rs 1, 587 crore in 1995-96.

(xiii) Globalisation and its Threat to Indian Agriculture and Industry:

In respect of agriculture, there is also a threat to the Indian farmers from the trading provisions of WTO. Here the main fear is that with the implementation of WTO agreement and trading provisions, Indian market will be flooded with different farm goods from foreign countries at a rate much lower than that indigenous farm products leading to a death-blow to Indian farmers. Here the apprehension of Indian farmers cannot be ignored.

Countries like Australia, Canada, USA and New Zealand which have a large farm potential along with necessary resources to provide subsidies and improved farm management, will be in a advantageous position to market their farm products in a developing country like India, which are maintaining lesser efficiency and lower productivity at their farm activities.

This would naturally result unequal competition for the Indian farmers in respect of both price and quality. The other area of concern of farmers related to patenting and sale of seeds and conditionality of self- grown seeds are met satisfactorily. Accordingly, plant breeders' right, farmers' privilege and researchers' privileges are also adequately safeguarded under the system of 'Sui generis' form of protection adopted by the Government of India.

We have seen that there are still some active threats to Indian agriculture and indigenous industrial units from the WTO commitments implemented by the Government.

In this connection, Mr. S. Venkatesh has rightly observed, “It would be unrealistic to say that opening up almost the entire Indian economy to global competition would not have an adverse impact on indigenous enterprises. Obviously, competition between a developing country and developed countries can hardly be on a level-playing field, whatever the so called safeguards and assurances. How much damage will be caused and the consequences of global competition will be known when all the provisions of the treaty obligations are fulfilled.”

Moreover, as a part of their combined strategy, the OECD countries and the USA recently have devised the Multilateral Agreement on Investment (MAI) and are trying to get the MAI incorporated in WTO provision. But adoption of MAI by WTO will provide unrestricted power to MNCs for exploiting resources of developing countries so as to extend their hegemony in various developing countries.

They also want to invade the economies of developing countries by adopting the path of globalisation. Thus such draft on MAI completely demolishes the concept of economic sovereignty of nations and extended the concept of neo-imperialism.

In this connection, Romesh Diwan observed, “Capital's need is to move towards exploitable resources now available in materially poor countries. The ruling RNI type elite are already mesmerized by the “necessity and efficiency of foreign capital and the global markets”. The road to colonisation is paved with such 'progress'. If MAI comes, can colonialism be far behind”.

Considering the present trend of threat appearing out of globalisation, Indian industrial firms, who initially welcomed the multi-nationals, have now started to develop second thoughts on unrestricted entry of foreign capital. The CII and ASSOCHAM have also become worried about the activities of multinationals in swallowing up Indian firms on some pretext.

Thus a consensus is now being emerged that free and whole sale globalisation should be replaced by a selective path of globalisation, giving due weightage to the national interest.

In this connection, former Prime Minister IK Gujaral while speaking at a Conference of Confederation of Indian Industry (CII) held on 16th August, 1997 observed, “The days of 19th century capitalism where any outsider could come and overwhelm you are over. Outsiders are welcome. But they will not be allowed to drown us and take over Indian Companies. They will be allowed to invest in sectors where we need them…….. Indian trade and industry will get all benefits of paternity and it will not be allowed to face unfair competition”.


 

コメントを残します