オープンエコノミーの名目および実質為替レート(フォーミュラあり)

名目為替レートと実質為替レートの詳細な調査を行いましょう。 この記事を読んだ後、以下について学習します。1. 名目為替レートと実質為替レートの紹介2. 名目為替レートの決定要因。

名目および実質為替レートの概要:

為替レートにはさまざまな種類があります。

通常の違いは、名目為替レートと実質為替レートです。

名目為替レート:

名目為替レート(NER)は、2か国の通貨の相対価格です。 たとえば、為替レートが£1 = $ 2の場合、英国人は世界市場で1ポンドを2ドルに交換できます。 同様に、アメリカ人は2ドルを交換して1ポンドを得ることができます。

実質為替レート:

実質為替レート(RER)は、英国と米国の商品の相対価格を指します。 これは、英国人が米国の商品と自分の商品を交換できるレートです。 実質レートは、P x / P mとして表される貿易条件の別名です。ここで、P xは輸出価格、P mは輸入価格です。

実際の為替レートは次のように表されます。

これは、英国人が外国と国内の商品を交換できるレートが2つの要因に依存することを意味します。

(i)現地通貨での財の価格。 そして

(ii)2つの通貨が交換されるレート。

象徴的に、RERは次のように表されます:e r = e n x(P / P *)

ここで、e rはRER、e nはNER、(P / P *)は母国の価格レベル(P)と外国の価格レベル(P *)の比率です。

RERの意味は何ですか?

RERが高い(低い)とは、外国製品が比較的安価(高価)であり、国内製品が比較的高価(安価)であることを意味します。

実質為替レートと貿易収支:

RERは単なる相対価格です。 これは、国内および海外の商品に対する相対的な需要が、2つの商品セットの相対価格の影響を受けることを意味します。

当初、RERが低い場合、国内居住者(英国のバイヤーなど)はほとんど輸入(米国)品を購入しません。 まったく同じ理由で、外国人(米国の買い手など)は国内(英国の商品)をもっと購入したいと思うでしょう。 両方の理由から、英国の純輸出の需要は高くなります。

逆もまた真です。 RERが高い場合、国内居住者(英国人)は多くの輸入品を購入し、外国人(米国人)は英国品をほとんど購入しません。 したがって、要求されるアメリカの純輸出量は非常に低い側になります。

したがって、RERとNXの機能的な関係は次のように記述できます。

NX = NX(e r

BOTとRERの逆の関係を図6.5に示します。 最初のRER(e r0 )では、取引のバランスが取れている、つまりX = Mであることがわかります。RERが高いe r2では、BOTに赤字があります。 また、RERが低いe r1では、BOTに余剰があります。

名目為替レートの決定要因

ずっと以前から、RERの決定と、それが貿易収支と社会福祉に与える影響に関心がありました。 次に、名目為替レート(NER)がどのように決定されるかを調べます。 2つの国間の「為替レート」を指す場合、通常はNERを意味します。

NERは次のように書かれています。

e = e r x(P * / P)

これは、2か国の通貨が交換されるレートです。

上記の方程式は、NERがRERと両国の価格レベルに依存することを示しています。 RERの値を考えると、国内価格レベルPが上昇すると、RERは低下します。 ポンドは価値が低いため、購入するドルは少なくなります。 ただし、米国の価格レベルP *が上昇すると、NERは上昇します。 これは、ドルの価値が低く、ポンドがより多くのドルを買うことを意味します。

外国為替市場は動的であるため、経済学者は、長期にわたる為替レートの動きを研究することを興味深いと感じています。

上記の式は、次のように表現できます。

eの変化率= e rの変化率+ Pの変化率%– Pの変化率

=%e rの変化+π*の変化%–πの変化%

= e r +(π* –π)の変化率。ここで、πは国内インフレ率、π*は外国のインフレ率です。

したがって、ポンドとドルの間のNERの変化率は、RERの変化率に両国のインフレ率の差を加えたものに等しくなります。

外国(米国)が英国(母国)よりも高い(低い)インフレ率を持っている場合、ポンドは時間とともにより大きな(より小さな)外貨(ドル)を買います。

したがって、NERは純粋に金銭的な現象であることがわかります。 国内インフレ率を決定する金融政策の影響を受けます。 第4章で研究した貨幣の数量理論は、貨幣供給の一定の割合の増加が総価格レベルの比例した増加につながることを示唆しています。

国内インフレ率とNERの間には反比例の関係があります。 英国の高インフレ(π)はポンドの減価、つまりeの下落につながります。 別の言い方をすれば、マネーサプライの増加が国内通貨で測定される商品の価格を上昇させるのと同様に、国内通貨(ポンド)で測定される外貨(ドル)の価格も上昇します。

 

コメントを残します