製品の分類

製品の分類について知る必要があるすべて。 商品または製品は、消費財または工業製品に分類されます。

消費財は最終消費者の個人的な使用のために生産され、工業製品は産業目的で生産されます。 タイプライターや文房具などの多くの商品があり、産業用と消費財の両方に分類できます。

マーケティング担当者は伝統的に、耐久性、触知性、および使用という3つの特性に基づいて製品を分類してきました。

製品は次のように分類できます。-A.消費者製品B.工業製品。

消費財の種類には次のようなものがあります。-1.便利な商品2.ショッピング商品3.特殊商品4.衝動商品5.緊急商品。

工業製品の種類の一部は次のとおりです。-原材料2.材料および部品の製造3.設置4.付属機器5.備品6.サービス。


製品の分類:耐久性と有形性に基づいて、消費者のショッピング習慣と他のいくつかに基づいて

製品の分類– 2つの主要な分類:消費者製品と工業製品

製品は、製品のユーザー、製品を使用する消費者のタイプに基づいて分類される場合があります。

1.消費者向け製品

2.工業製品。

1.消費者向け製品

消費者製品とは、最終顧客が消費のために購入する製品です。

消費者製品には4つのタイプがあります。

私。 便利な製品、

ii。 ショッピング製品、

iii。 特殊製品、および

iv。 求められていない製品。

私。 便利な製品:

コンビニエンス製品は通常、顧客が頻繁に購入する低価格で簡単に入手できる製品であり、計画や検索の労力を必要とせず、比較と購入の労力を最小限に抑えます。 このような製品は、すべての小売店を通じて、広範な流通チャネルを通じて顧客に提供されます。 このカテゴリには、石鹸、歯磨き粉、洗剤、米、小麦粉、塩、砂糖、牛乳などの食品などの動きの速い消費財(FMCG)が含まれます。

ii。 ショッピング製品:

ショッピング製品は(コンビニエンス製品と比較して)高価格であり、購入頻度の低い消費者製品およびサービスです。 このような製品やサービスを購入する際、消費者は製品に関する情報の収集に多くの時間と労力を費やし、価格、品質、機能、スタイル、適合性を慎重に検討した上で製品を購入します。

そのような製品は、選択された少数の流通店を通じて流通します。 例には、テレビ、エアコン、車、家具、ホテルおよび航空会社のサービス、観光サービスが含まれます。

iii。 特産品:

特殊製品は、独自の機能を備えた高価格のブランド製品およびサービスであり、顧客は、この製品がその機能、品質に関して他のすべての競合ブランドよりも優れていると確信しているため、製品に高い価格を支払う意思があります。 これらの商品は頻繁に購入されることはなく、寿命が1回または2回である場合があり、1つまたは少数の専用販売店を通じて販売されます。 バイヤーは専門製品を比較しません。

iv。 求められていない製品:

求められていない製品とは、消費者が知らないかまたは知っているが、通常は購入を考えていない消費者製品です。 このような状況では、マーケティング担当者は積極的な広告、個人販売、その他のマーケティング努力を行います。 消費者が広告を通じてそれらを知るまで、製品は求められないままです。 そのような製品の価格は異なります。 求められていない製品の例は、墓地の区画、赤十字への献血、臍帯幹細胞バンキングサービスです。

2.工業製品

工業製品は、企業がさらに処理したり、ビジネスを行うために購入します。消費者製品と工業製品の区別は、製品の購入目的に基づいています。 消費者が購入した台所の煙突は消費者製品ですが、ホテルが購入した台所の煙突は工業製品です。

ビジネス製品が含まれます:

私。 材料と部品、

ii。 資本項目、

iii。 消耗品

iv。 サービス。

私。 材料と部品–材料と部品には、農産物、原油、鉄鉱石などの原材料が含まれ、製造材料には鉄、糸、セメント、ワイヤが含まれ、部品には小型モーター、タイヤ、鋳物が含まれます。

ii。 資本項目-資本項目は生産や運用に役立ち、工場、オフィス、発電機などの固定機器、コンピューターシステム、エレベーター、オフィス機器などの付属機器が含まれます。

iii。 消耗品-消耗品には、潤滑剤、石炭、紙、鉛筆、塗料、爪のほうきなどの修理メンテナンスが含まれます。

iv。 サービス–サービスには、コンピューター修理サービス、法律サービス、コンサルティングサービス、広告サービスなどの保守および修理サービスが含まれます。


製品の分類– 2つの重要なカテゴリ:消費者製品と工業製品

大まかに言えば、製品は2つのカテゴリーに分類されます-消費者製品と工業製品です。

1.消費者向け製品:

最終的な消費者またはユーザーが個人のニーズと欲求を満たすために購入した製品は、消費者製品と呼ばれます。 例は次のとおりです-冷たい飲み物、食べられるもの、飲み物、織物、歯磨き粉、靴、ペン、ファンなど。

消費者製品は、2つの重要な基準に基づいて分類されています。

私。 関係するショッピングの努力の範囲、および

ii。 製品の耐久性。

私。 関与するショッピング努力:

これは、購入者が製品の購入に喜んで費やす時間と努力を指します。

これに基づいて、製品は3つのカテゴリに分類されます。

a。 便利な製品

b。 ショッピング商品

c。 専門製品。

この分類はMT Copelandによって与えられました。

a。 便利な製品/グッズ:

これらは、頻繁に、すぐに、最小限の時間と労力で購入した商品です。 購入の利便性は、購入の主な基準です。たとえば、簡単かつ迅速な入手可能性、店舗の近さなどです。

重要な特徴は次のとおりです。

(1)定期的および継続的な需要。

(2)消費者にとって不可欠。

(3)小さな購入単位と低価格。

(4)ブランド化/標準化された製品。

(5)定期購入により、顧客がそれらについて知っているので、品質、価格に関する問い合わせはありません。

(6)生産者間の激しい競争。

(7)多数の広告。

(8)販売促進スキーム、割引オファー、ギフトオファーなどの役割の増加

便利グッズの種類:

(1)ステープル:

主食を購入するために、消費者はあまり時間をかけません。 これらのアイテムは、すぐに使用するために頻繁に購入されます。 たとえば、牛乳、パン、食料品。

(2)衝撃品:

そのような商品を買いたいという欲求は、買い物中に突然引き起こされます。 それらは、たとえば雑誌、ギフトアイテムなど、思いもよらない場所で購入されます。ウィンドウディスプレイは、消費者の注意を引くために作られています。

(3)緊急物品:

緊急かつ切実なニーズに応じて購入。 たとえば、旅行者によるハンカチ、突然の雨による傘、頭痛の鎮痛剤など。製品の価格/品質について悩む時間はあまりありません。

b。 ショッピング製品:

ショッピング商品とは、複数の店舗で品質、価格、適合性、スタイルを比較し、そのプロセスに多少の労力を費やし、急いで購入しない場合にのみ購入される商品です。 消費者は、製品のすべての代替品の長所と短所を分析および評価し、ブランドと店舗を比較した後にのみ、そのような商品を選択します。

多くの場合、サービスと保証作業も重要な考慮事項です。 例は次のとおりです-家具、衣類。 既製服、靴、サリー、主要な電化製品。 ショッピング用品は、本質的に耐久性があります。 購入頻度が低く、単価が高い。 製品を購入する決定が下された後、かなりの期間、ショッピング用品を購入できない場合があります。

主な特徴は次のとおりです。

(1)耐久性

(2)高い単価

(3)選択の比較

(4)購入決定と実際の購入のギャップ

(5)セールスマン/小売業者の説得効果。

c。 特産品:

消費者が製品を広範囲に検索し、その代替品を受け入れることに非常に消極的である場合、それは特殊品です。 これらは最高次のブランドロイヤルティを備えた製品です。例としては、高価なステレオグルメ食品が挙げられます。 これらの商品は非常に高い単価で購入されることはまれです。

d。 求められていない商品:

これらは通常、緊急の自動車修理、ポリオワクチン、癌治療など、特定の問題を解決する必要がある場合を除いて購入されない製品です。 消費者は一般に、これらの製品またはそれらの重要性に気付くまでそれを認識しません。

2.工業製品/製品:

工業製品は、主に他の商品を生産するための投入物として使用される商品です。 例としては、原材料、エンジン、潤滑油機械、工具などがあります。

主な特徴は次のとおりです。

(a)派生需要。つまり、それらの需要は他の製品の需要から派生しています。 たとえば、皮革の需要は、靴やその他の皮革製品の需要に由来しています。

(b)購入時の技術的考慮事項には、エンジニア、生産管理者、コスト会計士などの専門家からのアドバイスが含まれます。

(c)直接販売(メーカーによる、場合によってはバイヤーの仕様による)。

(d)限定バイヤー(消費者製品と比較)。

(e)地理的に集中している、つまり、同様の生産ユニットが特定の地域にある。

(f)相互購入–(石油、鉄鋼、ゴム、化学薬品などの基本産業の場合)。 たとえば、Ashok Leyの土地はCeatからタイヤとチューブを購入し、トラックを販売します。

(g)購入の代わりにリース(これは成長傾向です)。 たとえば、公共機関を完全に購入する代わりに、輸送機関はレンタルベースでそれらを利用します。

工業製品の主なカテゴリは次のとおりです。

(i)天然ゴム、綿、サトウキビと農産物、鉱山、林業などの原料。

(ii)構成部品と材料、例えば、車のタイヤとバッテリー。

(iii)小型機器などの付属品。

(iv)天井クレーン、建物、機械などの設置。

(v)燃料、石炭、洗浄剤、潤滑油、電力など、ナット、ボルトなどの供給。

(vi)コンサルタント、雇用広告代理店などのビジネスサービス。

別の分類:

(i)農産物、鉱山、森林などの原材料。

(ii)ある工業単位から別の工業単位に供給される半製品; これらの商品は、入庫ユニットによってさらに処理されます。

(iii)テレビのスピーカー/キャビネット、サイクルのタイヤとチューブ、タイヤ、チューブ、ライト、ホーン、スクーターのプラグなど、受信ユニットが処理せずに使用する商品の加工。

(iv)石炭、ガス、燃料、ディーゼルなどの工業用ユニットの運転に必要な生産供給

(v)生産設備および機器(例:建物、機械、機器、家具、備品など)

(vi)文房具、会計機、データ処理機など、企業の管理/管理に使用される管理資料。


製品の分類-消費財と工業製品

商品または製品は、消費財または工業製品に分類されます。 消費財は最終消費者の個人的な使用のために生産され、工業製品は産業目的で生産されます。 タイプライターや文房具などの多くの商品があり、産業用と消費財の両方に分類できます。

1.消費財

一般に、消費財は5つの異なるタイプに分類されます。

私。 便利グッズ

ii。 ショッピング用品

iii。 特産品

iv。 インパルスグッズ

v。緊急グッズ。

私。 便利グッズ:

最小限の買い物で便利な商品を購入できます。 これらの商品は、すぐに入手できること、即時の要件を満たすこと、標準品質、ほぼ均一な価格など、最大限の利便性で購入されます。 典型的な例は、タバコ、食料品、薬物、新聞などです。

便利グッズの特徴は次のとおりです。

(a)耐久性がありません。頻繁に必要です。

(b)彼らはしばしば手で買われます。

(c)多くの場合、それらは習慣によって購入され、あまり熟考されません。

(d)それらは安価であり、店から店へ行ったり交渉したりする価値はありません。

ショッピングの利便性が最も重要であるため、場所は重要な要素です。 顧客は、便利な商品を購入するために邪魔になりません。 多くの場合、購入は計画されていません。 マーケティングを成功させるには、できるだけ多くの店舗に便利グッズを配置する必要があります。

顧客はこれらの商品を検索せず、可能な限り商品の前に配置する必要があります。 便利な商品には、最小限の買い物努力と最大限の露出が必要です。 便利な商品には大きなプロモーション予算が必要です。

ii。 ショッピング用品:

ショッピング商品とは、買い物の後、消費者が購入する商品、つまり価格、品質、適合性について比較する商品です。 そのような商品を購入する前に、買い物客は通常いくつかの店を訪れます。 典型的なショッピング商品は、家具、車、家電製品、靴などです。

ショッピング商品の特徴は次のとおりです。

(a)比較的耐久性があり、長持ちします。

(b)それらは一般に高価なアイテムです。

(c)彼らは多くの買い物時間を必要とします。

(d)ブランド識別を保存しません。

ショッピング商品には、同種商品と異種商品の2種類があります。

同種の商品は同等の品質、適合性、スタイリングであると見なされ、競合商品との比較は価格に制限されます。 同種の商品の例は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機です。

異種商品とは、消費者が品質、適合性、およびスタイリングに関して比較する商品であり、価格は比較的重要ではありません。 家具、有名ブランドの衣類は、異種商品の例です。

買い物客は一般に、購入する商品のすべての特性を知らないため、買い物の努力の一部は商品について学ぶために費やされます。 たとえば、自動車の購入者は、営業担当者から特定のモデルの機能について学習します。 便利用品とは異なり、ショッピング用品は計画されており、製品を手に入れるのは急いではありません。

顧客は商品を購入するために複数のショップを訪れることをいとわないため、そのような商品は最大数のアウトレットを必要としません。 ただし、すべての消費者は、便利な商品を購入するのと同程度に買い物をするわけではないことに注意してください。 特に、裕福な消費者は有名な店に歩いて行き、そこから要件を購入するだけです。

多くの生産者は広告を通じてプロモーションを奨励していますが、同種および異種の両方のショッピング商品の広告は通常小売業者の責任です。

iii。 特産品:

特殊商品とは、消費者が特別な購入努力をwillわない商品です。 顧客が主張するブランド名または特性のため、代替は行われません。 ショッピング商品の場合、消費者は、価格、品質、またはスタイルに関して自分に合った特定のタイプの製品を知らないショップからショップへと移動します。

言い換えれば、彼らの心は選択に対して開かれています。 しかし、特産品は、消費者がその特定の製品を手に入れるために努力するほどのユニークな特性とブランド識別を持っています。 言い換えれば、彼らは彼らが望む特別なタイプの製品を知っています。

時間と労力を費やすだけで、利用可能なお店を見つけることができます。 タイタンの時計、マルティゼンの車、リードとテイラーのメンズスーツは、特産品の例です。

すべての生産者は、自分の製品を専門商品ラベルの下に分類したいと考えています。 そのような商品は最も人気があり、最高の利益を生み出します。

特殊品の特徴は、特定の製品に対する顧客の主張です。 場所に関して、この主張は購入をするためにかなりの距離を移動する意欲をもたらします。 その結果、一般的に、特産品は各地域の単一のアウトレットに制限されています。 仲買人は、特産品の流通経路でめったに見つかりません。 これにより、製造業者と小売業者は非常に緊密な関係を築くことができ、両者にとって有益です。

特産品の広告の多くは、小売業者が、しばしば生産者の協力を得て行います。 新聞や雑誌などのマスメディアが使用され、広告は製品をどこで購入できるかを一般に思い出させるだけです。

iv。 インパルスグッズ:

一部の著者は、衝動商品を特定の種類の便利商品と見なしています。 インパルス商品は、計画せずに購入した商品です。 消費者は購入について先入観を持たず、購入するために真剣に検討することもありません。 購入の決定はその場で行われ、一般的に魅力的なサインやシンボル、または特別なキャンバスによって誘導されます。

男は買い物リストを持って市場に行きます。 彼がリストにない新しい化粧品を購入した場合、その購入は衝動的です。 インパルス商品は、化粧品、食品、鉄道の屋台での読書用の本など、比較的低価格の商品です。

インパルス商品は非常に競争が激しく、価格差に敏感です。 1つの理由は、代替品が簡単に入手できることです。 インパルス商品は最大のメディアで大規模な広告を必要とし、それはプロデューサーの責任です。 店舗の場所は衝動性商品の成功に不可欠であるため、生産者は購入と展示のポイントに対して高い予算を立てます。

v。緊急グッズ:

緊急のニーズを満たすために、緊急商品がすぐに購入されます。 それらは、たとえば傘や麻薬の突然の必要性など、便利な商品またはショッピング商品である可能性があります。

緊急事態で販売される商品のほとんどは、便利な商品です。 緊急商品の市場戦略は、主に顧客が期待する場所に商品を届けることに関係しています。

多くの小売業者は、顧客のニーズを見越して緊急商品を保管しています。 便利な商品を宣伝するプロデューサーは、異なる条件で販売される同一の商品であるため、同時に緊急商品を宣伝しています。 このような商品の宣伝は、近隣の顧客に店舗の場所と労働時間を知らせること以外に何も必要ありません。

vi。 FMCG:

動きの速い消費財とは、食料品、トイレタリー、化粧品などの耐久性のない製品を指します。一般に、消費者はそれらを保護するために最小限の労力を費やします。 FMCGはさらに3つのクラスに分類できます-コンビニエンスグッズ、ショッピンググッズ、スペシャルティグッズ。

FMCGには次の特性があります。

(a)頻繁な購入:

これらの商品は、消費者によって頻繁に購入されます。 石鹸のような製品は非常に頻繁に購入されます。 それは安価な製品であり、ほぼどこでも入手可能です。

(b)低関与:

FMCGは、関与の少ない商品です。 顧客が店に足を運んで塩のパケットを購入するとき、彼はめったにアイテムを選択する努力をしません。 このルールには例外があります。 たばこのような製品は、FMCG製品ではありますが、ブランドロイヤルティのレベルが高いことがわかっています。 消費者は、特定のブランドのタバコに慣れると、他のブランドを受け入れます。

(c)低価格:

FMCGは通常、低価格の製品です。 製品の低価格は、これらの製品を低関与カテゴリーに入れます。

(d)大容量:

FMCGの市場は、大量生産が特徴です。 小さな家族は1か月に3〜4個の石鹸を使用します。 その数に全国のそのような家族の数を掛けると、膨大な数になります。

(e)低マージン:

激烈な競争のために、これらの製品は生産コストに非常に近い価格で販売されており、販売業者に提供されるマージンはかなり低くなっています。

(f)広範な流通ネットワーク:

FMCG製品に対する消費者の好みは厳格ではありません。 一般的に、買い手は製品を要求しますが、店主から与えられたブランドを受け入れます。 ブランドロイヤルティの概念は、市場の大部分で一般的ではありません。 消費者は、店主が彼のために決めることを許可します。 このような顧客の行動を考慮すると、企業は自社製品が十分に流通していることを確認する必要があります。

(g)高い在庫回転率:

FMCGの在庫回転率は非常に高くなっています。 これは、これらの製品が頻繁に定期的に購入されるためです。 言い換えれば、これらの商品の保存期間は短いです。

動きの速い消費財の基本的な特性。 次に、FMCG企業が従うさまざまな成長戦略を検討します。

FMCGの成功は、マーケティング戦略に大きく依存します。 マーケティング担当者は、戦略の幅広い組み合わせに従います。

より重要なものを以下に説明します。

(1)マルチブランド戦略:

企業は、多くの場合、同じカテゴリの多くのブランドを育成します。 これを行うためのさまざまな動機があります。 この戦略の背後にある理論的根拠は、1つのブランドが市場全体に応えることが不可能な限り多くのセグメントをカバーすることを試みることにより、市場シェアを可能な限り獲得することです。 Hindustan Leverが採用した戦略を検討してください。

彼らは石鹸市場に多くのブランドを導入しているので、手付かずのセグメントはありません。 プレミアムセグメントにはDove、エコノミーセグメントにはLifebuoy、介在セグメントにはRexona、Liril、Luxなどのブランドがあります。 このように、同社は競争に対して自らをカバーし、あらゆる可能なセグメントで市場シェアを獲得しました。

(2)製品の側面:

製品の側面は、できるだけ多くの市場セグメントをカバーするために、異なる価格で製品の異なる組み合わせを導入することを指します。 基本的に、さまざまな市場機会を活用するために、同じ製品を異なるサイズと価格の組み合わせで提供しています。

(3)製品ラインの構築:

一部の企業は、関連する新しい製品ラインを追加して、消費者が購入したいすべての製品を1つの傘の下で提供しています。 ブリタニアは同様の戦略を正確に採用しています。 過去数年間で多種多様なビスケットを導入しています。

(4)新製品の開発:

ほとんどの製品間の激しい競争により、新製品の開発に失敗した企業は大きなリスクにさらされています。 企業は、既存の類似の製品またはサービスと競合するため、または確立された製品またはサービスを改善するために、新製品を開発します。

企業は、他の企業の買収を通じて、または新製品開発に自らの努力を捧げることにより、新製品を追加できます。 企業は新製品の助けを借りて、拡大する市場に初めて参入し、既存の製品ラインを補完することができます。

(5)主要製品の革新:

FMCG市場では、製品の寿命は短いです。 したがって、マーケティング担当者は、常に新しいブランドを導入して、新しいものを提供し、顧客の変化するニーズに対応するよう努める必要があります。

(6)広告およびメディアの報道:

市場で入手可能なFMCGについての認知度を高めるために広告が必要ですが、多くの人が知っているとは限りません。 有益な広告は製品の先駆的な段階で重要であり、説得力のある広告は競争的な段階で重要になります。 ほとんどの広告はこのカテゴリに分類されます。 リマインダー広告は、成熟した製品では非常に一般的です。

2.工業製品

多くの場合、同じ商品は工業用または消費財として分類されますが、2つの流通に必要な市場戦略はまったく異なるため、分類は重要です。

工業製品は、次のカテゴリに分類できます。

私。 原材料:

他の商品の生産に使用される原材料は工業製品と呼ばれます。 そのような商品は、自然な状態で販売されるか、処理される場合があります。

(a)鉄鉱石、原油、木材などの天然物。

(b)家畜や農産物、果物、綿、野菜などの農産物

自然状態の原料は、供給が限られていることと、少数の大規模生産者によって特徴付けられています。 採掘産業は製品のある場所に配置する必要があるため、輸送コストは製品の総コストの大部分を占めます。 マーケティング戦略は、輸送コストを削減する必要があります。 ブランドの識別は、低価格と供給の確実性をより重視する産業ユーザーにとって重要ではありません。

農産物は、産業市場でレストラン、ホテル、パッカーなどの企業に販売されています。 そのような商品は等級付けおよび標準化する必要があります。 彼らは一般的に小さな農家によって生産されています。 これは、商品が大量の取り扱いを必要とすることを意味し、これは長い流通経路を通じて行うことができます。 多くの仲買人は、農民から産業ユーザーに商品を届けるために必要です。 産業向けの農産物の宣伝にはほとんど注意が払われていません。

ii。 材料および部品の製造:

多くのメーカーは、製品の構成部品の一部を構築するのではなく購入します。 これらの部品は製品の一部になります。 自動車産業は、材料を製造する産業市場の典型的な例です。 主要な生産者は、本質的には、タイヤやバッテリーなどの部品を組み立てる組立工場であり、内部生産ではなく関連会社から購入しています。

材料や部品の製造業者は通常、重要な顧客の近くにいます。 そのような商品の販売は通常、契約によるものであり、長期間にわたって行われるため、マーケティングは最小限に抑えられます。

iii。 インストール:

工業生産者の機械および設備は長期使用により減価償却され、新しいものが設置されます。 例としては、高炉、機関車、工場の建物などがあります。中間業者が設備の購入に使用されることはほとんどなく、流通経路は短く、生産者から産業ユーザーに直接つながります。 そのような製品のマーケティングは、販売の訓練を受けたエンジニアのみに委ねるべきです。

iv。 付属機器:

付属機器は、製造プラントの基本的な操作を実行するよりも容易にします。 小型モーター、コンピューター、オフィス家具は、付属機器の例です。 広告やその他の販売促進戦略は、アクセサリー商品のマーケティングに使用されます。

アクセサリ製品が高価なほど、流通経路は短くなります。 これは、価格の高い記事ほど市場が小さく、売り上げがプロデューサーが見込み客にセールスマンを送るのに十分なほど大きいためです。

v。消耗品:

サプライ品は、ビジネスの運営に使用される材料であり、完成品の一部にはなりません。 潤滑油、石炭、文房具は消耗品の例です。 消耗品は、産業市場の便利な製品です。 それらは比較的低価格で、通常少量で購入されます。 これらの商品の流通経路は短く、商品は頻繁に経営幹部によって大規模な契約ロットで交渉されます。

低コストの産業用品には、広範な流通経路が必要です。 卸売業者は、多くのメーカーのラインを運ぶことで、セールスマンに多くのユーザーに電話をかけ、さまざまな生産者の商品を大量に販売して、利益を上げることができます。

vi。 サービス:

すべての消費支出のほぼ半分はサービスのためです。 産業サービスには大きな市場があります。 これを実現するために、多くの大規模組織がサービスセクターに移行しています。 たとえば、米国では、ベビーフード会社のガーバーが保育園を所有しており、コカコーラが教育市場に参入しています。

ビジネスの複雑さの増大は、最大の製造業者でさえ社内ですべてのニーズを満たすことができない点に達しました。 問題に直面すると、彼らは非常に専門的なサービス会社に助けを求めます。 これらは、訓練を受けたエンジニア、管理コンサルタント、またはプログラマーです。

一般に、セルフサービスのコストがサービスの購入コストよりも高い場合、外部サービス会社が使用されます。

サービスは、販売、または商品の販売に関連して提供される活動、利益、または満足度として定義されます。

サービスは次のとおりです。

a。 無形

b。 腐りやすい

c。 非標準化

d。 バイヤーの関与に基づきます。

サービスを見る、触れる、味わう、嗅ぐ、聞くことはできません。 それらを表示、実証、または説明することは困難です。 このため、通常のプロモーションでは販売できませんが、特別で想像力豊かなプログラムが必要です。

サービスの生鮮性は明らかです。 ほとんどのサービスは、ジョブが完了するとすぐに使用されます。 移動が完了すると、サービスは完了します。 サービスを後で使用するために保存することはできません。

サービスの標準化は困難です。 美容師が異なれば、結果も異なります。 バイヤーはサービス製品に非常に深く関わっています。 税務の専門家は、各顧客の特定の問題について助言を行います。

サービスの販売は基本的に1対1の取引であるため、個人販売は最も重要なマーケティング機能であり、サービス業界はトレーニングプログラムに大きく依存しています。 一部のマーケティング担当者は、潜在的な顧客を念頭に置いて、具体的な製品の作成を提唱しています。 サービス会社は多くの場合、コストプラスを請求し、他の会社はトラフィックが負担するものを請求します。

サービス会社の成功における最も重要な要素は、スピードと満足度です。 そのためには、顧客の近くに配置し、部品の適切な在庫を維持し、十分な数の熟練したサービス担当者が必要です。 サービスが仲介業者を通じて販売されることはほとんどありません。 通常の流通チャネルは、サービス会社からユーザーに直接です。


製品の分類–例付き

製品を分類するためにマーケティング担当者が使用する基礎は次のとおりです。

1.製品の耐久性と具体性に基づいて。

2.消費者のショッピング習慣に基づきます。

3.業界での使用に基づいて。

1.耐久性と有形性に基づいて:

製品は、耐久性と具体性に基づいて、非耐久財、耐久財およびサービスに分類されます。

私。 非耐久財–これらは、1回または数回の使用で消費される有形財を表します。

例–石鹸、塩、コークスなど

ii。 耐久財–多くの用途で継続する、または生き残る有形の財。

例–冷蔵庫、衣類、テレビなど

iii。 サービス–本質的に無形のものであり、通常は同時に製造および消費される、ある当事者が別の当事者に提供する行為です。 例–医療サービス、輸送サービスなど

2.消費者のショッピング習慣に基づいて:

ここで、製品は、消費者が製品を購入する際に採用したショッピング習慣に応じて分類されます。

それらは次のように分類されます。

私。 便利グッズ、

ii。 ショッピング用品、

iii。 特産品、および

iv。 求められていない商品。

私。 便利グッズ:

消費者の便宜のために購入される商品。

さらに次のように分類されます。

a。 ステープル–これらは定期的に購入される商品であり、消費者の日常の食料とライフスタイルの要件の一部を形成します–米、小麦、砂糖、歯磨き粉など。

b。 インパルス-消費者がこれらの商品を購入するつもりがなかったときに購入する商品。 主に、彼らは彼が事前に決めた買い物リストの一部ではありません。 それらは衝動的に購入されます。

例–チョコレート、アイスクリーム、シャツなど

c。 緊急–状況に応じて購入する必要のある必需品。

例–傘、履物、医薬品。

ii。 ショッピング用品:

消費者が特に買い物に行く商品は買い物商品です。

さらに次のように分類されます。

a。 Homogenous Goods – In homogenous goods, product features are more or less the same, only price difference is noticeable, eg, Salt, Soap etc.

b。 Heterogeneous – In these types of goods, product features vary and they are compared while buying.

Example – Television, Music System.

iii。 Specialty Goods:

These are goods which have unique characteristics and Brand identity. These generally hold a “snob appeal” for the buyer.

Example – Mercedes Car, Nakshatra Diamonds.

iv。 Unsought Goods:

Not known to consumers or known but not sought.

Example – Burglar Alarms, Smoke detectors.

3. Product Classification Based on Use in the Industry:

Under this classification the Products are classified depending upon their application in the Industry as – Materials and parts, Capital Items, Supplies and Services.

Materials and parts are further classified into raw materials and manufactured materials. Raw materials are further classified into Farm Products and Natural Products and manufactured materials are further classified into Component Materials and Component parts.

Similarly Capital items are classified into Installations and into Equipment's and Supplies and Services are classified into Operating Supplies and maintenance and Repairs.

Raw materials are materials that are processed to make the finished products. They are further classified as – materials that are natural and extracted from the nature and farm products that are grown in the farm.

Example – Natural raw material – iron ore, Lumber

Farm produced raw material – Wheat, Cotton.

Manufactured Materials are materials that are manufactured in the manufacturing unit using some raw material. They are classified into Component Material and Component Parts. The difference between component material and component parts is that while component material goes into a finished product it forms an undistinguishable part of the product, whereas a component part is usually a distinguishable part of the finished product.

Example – Component material – Cement, Yarn

Component part – Tyres, Small Motors.

Capital Items – Capital items are those items whose purchase amount to a capital expenditure for the organisation. These are further classified into Installations and Equipment's.

Example – Installations – Buildings, Factories, Elevators.

Equipment's – Trucks, Forklifts, Cranes.

Supplies and Services – Supplies and services are allied products that though not a part of the end product or finished product, they aid in the manufacturing of the product. These are classified into Operating Supplies and Maintenance and repairs.

Example – Operating Supplies – Lubricants, Oils, Paints etc.

Maintenance and Repairs -Consultancy, Annual maintenance Contracts.


Classification of Products – On the Basis of Durability, Tangibility and Use

Marketers have traditionally classified products on the basis of three characteristics- durability, tangibility and use.

1. Durability and Tangibility Classification:

(a) Non-durable goods- Non-durable goods are tangible goods normally consumed in one or a few uses. For example, soaps, salt and biscuits.

(b) Durable goods- Durable goods are tangible goods that can normally be used for many years. For example, colour TV, refrigerators, washing machines and vacuum cleaners.

(c) Services- Services rate intangible, inseparable, variable and perishable products. For example, airline and banking services.

2. Consumer Goods Classification:

(a) Convenience goods- These are goods that the customer usually purchases frequently, immediately and with a minimum of effort. Examples include soaps and newspapers.

Convenience goods can be further classified into three categories:

(i) Stable goods- Consumer purchases on regular basis.

(ii) Impulse goods- Consumer purchases without any planning or search effort.

(iii) Emergency goods- Consumer purchases on urgent need.

(b) Shopping goods- These are goods that the customer, in the process of selection and purchase, characteristically compares on such bases as suitability and quality. Examples- Furniture, Electrical Appliances, etc.

(c) Special goods- These are goods with unique characteristics or brand identification for which a sufficient number of buyers are willing to make a special purchasing effort. Examples- Cars.

(d) Unsought goods- These are goods the consumer does not know about or does not normally think of buying. The classic examples of known but unsought goods are life insurance.

3. Industrial Goods Classification:

(a) Materials and Parts- These are goods that enter the manufacturer's product completely. They fall into two classes- raw materials and manufactured materials and parts.

(b) Capital items- These are long-lasting goods that facilitate developing or managing the finished product. They include two groups- Installations and equipment.

(c) Supplies and Business Services- These are short-listing goods and services that facilitate developing or managing the finished product.


Classification of Product – Durability and Tangibility Classification and Consumer Goods

Product has many tangible as well as intangible attributes. With this view in mind, it is appropriate to consider products in identifiable groups. This can be done formally using a classification system which aids market planning.

Producers and marketers have traditionally classified products on the basis of characteristics such as durability, tangibility and use. Each product type has an appropriate marketing – mix strategies.

Products can be classified as follows:

1. Durability and Tangibility Classification :

私。 Tangible Products:

These are the products that can be touched, felt or seen.

These products can be further classified as:

a。 Durable Goods – These are goods that are used or consumed over a long period of time, usually at least 3 years. For example – Television, Clothing, Washing Machine etc. Durable products normally require more personal selling and service, command a higher margin and require more seller guarantees.

b。 Non- Durable Goods – These are goods that are used or consumed over a short period of time, say one or few uses. For example – Soap, Tooth Paste, etc. The appropriate strategy for these goods is to make them available in many locations, charge only a small markup and advertise heavily to induce trial etc.

ii。 Intangible Products / Services:

These are goods that cannot be touched, felt or seen.

These products are considered as services. Services are intangible, inseparable, variable and perishable products. As a result, they normally require more quality control, supplier credibility and adaptability. For example haircuts, transportation, repairs, etc.

2. Consumer Goods :

The vast array of consumer goods can be classified on the basis of shopping habits and variables like time, effort and risk.

Consumer goods can be sub-categorized into the following:

私。 Convenience Goods:

These products are relatively inexpensive products that buyer or users choose frequently with a minimum of thought and effort. Examples includes soaps, tooth paste, newspaper etc. The decision process is complicated by the existence of brands, which force the consumer to make comparison and choices.

Convenience goods can be further classified into:

a。 Staple Convenience Goods – Staple goods are those goods that are consumed by most people every or on regular basis. For example milk, bread, vegetables etc. Product differentiation for staple items tends to be minimal.

b。 Impulse convenience Goods – As the name implies there is no preplanning involved with the purchase of impulse convenience goods. For example – chocolates, magazines etc. The decision to make an impulse purchase is made on the spot.

c。 Emergency Convenience Goods – These goods are purchased when a need is urgent. Examples include umbrellas during a rain storm, medicines etc. Manufacturers of emergency goods will place them in many outlets to capture the sale.

ii。 Shopping Goods:

These goods are more costly and involve more risk than convenience goods, thereby causing buyers and users to invest more time and effort when making the selection. In the process of selection and purchase, characteristically compares on such bases as suitability, quality, price and style. For example furniture, clothing, appliances etc.

Shopping Goods can be further divided as:

a。 Homogeneous Shopping Goods- These goods are similar in quality but different enough in price to justify shopping comparisons.

b。 Heterogeneous Shopping Goods- These goods differ in product features and services that may be more important than price.

c。 Speciality Goods- These are the unique or specialized products that are most costly and that are unique or so specialized that buyers and users are willing to expand great effort to seek out and acquire them. The market for such goods is small but prices and profits are high. Consumers of specialty goods pay for prestige as well as the product itself. Examples include cars, stereo, cameras etc.

d。 Unsought Goods- These goods are those the consumer does not know about or does not normally think of buying like life insurance. These goods require advertising and personal selling support.

e。 Industrial Goods- Industrial goods can be classified in terms of how they enter the production process and their relative costliness.

They fall into the following classes:

(1) Materials and Parts:

They are goods that enter the manufacturer's production completely.

They fall into two categories:

(i) Raw Material – Raw Materials fall into two major classes- Farm Products (eg, wheat, cotton, Livestock, fruits & vegetables) and Natural Products (eg – fish, crude oil, petroleum, iron ore)

(ii) Manufactured Materials and Parts – They fall into two categories – Component materials (eg, iron, yarn, cement, wires) and Component parts (eg, small motors, tyres, castings)

(2) Capital Items:

These are long lasting goods that facilitate developing or managing the finished product.

They include two groups:

(i) Installations – Installations consists of buildings such as – factories, offices etc. They are major purchases. They are usually bought directly from the producer, with the typical sale preceded by a long negotiation period.

(ii) Equipment – It compromises portable factory equipment and tools hand tools (drills, lift trucks etc) and office equipments (personal computers, desks etc.). These types of equipment do not become part of a finished product. They have a shorter life than installations but a longer life than operating supplies.

(iii) Supplies – Supplies are short lasting goods and services that facilitate developing or managing the finished product.

Supplies are of two kinds:

(a) Maintenance and repair items – It includes paint, nails, brooms etc.

(b) Operating supplies – It includes lubricants, coal, writing paper, pencils etc.

(iv) Business Services – Business Services include maintenance and repair services (window cleaning, copier repair) and business advisory services (legal, management consulting, advertising). Maintenance and repair services are usually supplied under contract by small producers and business advisory services are usually produced on the basis of the supplier's reputation and staff.


Classification of Products – On the Basis of Durability, Tangibility and Types of Consumers

Product can be defined as something which can be manufactured to satisfy a need. On a broader level “Product” might include a physical component, an event, a service, a person, an organization or include any of these combinations. You can say product as something in which you invest, which might be in terms of money, time or energy and expect return. Thus a phone, refrigerator, a vehicle, an under construction building, a catering service at an event or a sports event like IPL, can be termed as a “Product”. So basically Product is anything that is offered to market to satisfy a need or want.

Products are classified on the basis of durability, tangibility and the types of consumers that use these products.

According to Durability and Tangibility:

Each product has its own durability, that is how long a product can be used or how many times a product can be used. Tangible products are products that are not physical but require more precision, control and credibility.

Based on durability and tangibility products fall into three groups:

1. Non-Durable Products:

Are the products which have one or very few uses such as soft drinks, shampoos etc. Because these products are purchased and consumed quickly appropriate strategy must be in place so the supply is not affected and require heavy advertising to induce consumer liking and preference.

2. Durable Products:

These are the products that comparatively have longer use than non-durable products. Examples of durable products include refrigerators, phones, cars etc. As these products are more durable, they require higher customer trust, heavy margin on the product and many times personalized selling.

3. Services:

Services are the intangible products that normally require higher credibility, higher quality and a greater adaptability. Examples of services include a legal advice or a counseling service.

Products can also be classified based on types of consumers that use them.

They are consumer products and industrial products:

私。 Consumer Products:

These are the products bought by customers for personal use. They are classified based on how customers go about buying them. Consumer products include convenience products, shopping products, specialty products and unsought products.

a。 Convenience Products:

These are the products which are needed for daily use and consumers buy them without much comparison and they buy them very frequently. Toothpaste, soaps, newspapers are the few examples. These are products which might have become part of the routine for a customer like using a particular soap, eating a particular brand of biscuits etc.

b。 Shopping Products:

These are the products which are less frequently bought by the consumer and which consumer compares the prices, quality, ability and price of these products. Some good examples include furniture, clothing and home appliances.

c。 Specialty Products:

These products have some unique capability and the buyer is ready to take some extra efforts to buy these products. Mostly these products have very good brand identification. Classic examples are luxury cars or Apple products.

d。 Unsought Products:

These are the products which are less known and consumer is likely to not think of buying them. Hence such products require heavy support and advertising. Some of the examples are charity donations or blood donations.

ii。 Industrial Products:

These are the products which might be purchased for further processing or for use in running some other business. Thus purpose for which the product is bought makes it consumer or industrial.

They are three groups of industrial products:

a。 Material and Parts:

These include raw materials and manufactured ones. Again raw materials fall into two major groups, farm products and natural products. Farm Products are fruits, vegetables or wheat etc. and natural products include crude oil, fish ores etc. Manufactured materials are again classified as component materials (cement, wires) and component parts (small motors, tires etc.).

b。 Capital Items:

These products aid the consumers in their own production or operations. Examples include elevators, generators and accessory equipment such as hand tools and office equipment such as fax machine, desks etc.

c。 Supplies and Services:

These are short-term products and services that help in developing or managing the finished product. Supplies are of two kinds. Maintenance and Repair items and Operating Supplies. Business services include maintenance and repair services (window, doors repair) and business advisory services (legal, advertising).

Product Levels:

When a product is to be introduced to the market, the product planners need to think about products and services on different levels, where each levees adds more customer value and constitutes customer- value hierarchy.

1. Fundamental Level is the core benefit – What service or benefit the customer is really buying the product for.

2. On the second level the product makers must turn core benefit into a basic product.

3. On the third level marketer must prepare an Expected Product with all the expectations of the buyer satisfied.

4. On the fourth level marketer must exceed customer expectations and prepare an augmented product.

5. On the fifth level is the potential product. It encompasses all transformations the product might undergo in future. On this level where the companies continue to innovate to satisfy customers and distinguish their product in the market.


Classification of Products – Durability and Tangibility, Consumer-Goods Classification and Industrial Goods Classification

Marketers have classified products on the basis of characteristics- durability, tangibility and use (consumer or industrial)

Durability and Tangibility:

Products can be classified into three groups according to durability and tangibility:

(a) Non-durable goods – these are tangible goods. Because these goods are consumed quickly and purchased frequently the appropriate strategy is to make them available in as many locations as possible.

(b) Durable goods – these are also tangible goods and survive longer durations. Washing machines, refrigerators are examples of durable products.

(c) Services – these are intangible, inseparable, variable and perishable products. As a result they require more quality control, supplier credibility and adaptability.

Consumer-Goods Classification :

The goods consumers buy can be classified on the basis of shopping habits.

(a) Convenience goods – These are the ones consumers usually purchase frequently, immediately and with a minimum effort.

私。 Staple – these fall under buyers' regular shopping list.

ii。 Impulse goods – are purchased without any planning – cold drinks, candy.

iii。 Emergency goods – purchased when a need is urgent – umbrella for rainy season.

(b) Shopping goods – These are the goods that the customer in the process of selection and purchase characteristically compares on such bases as suitability, quality, price and style. Here the purchasers' involvement in the purchase process is higher and this will take more of his time and money.

(c) Speciality goods – These goods have unique characteristics or brand identifications for which a sufficient number of buyers are willing to make a special purchase effort. Speciality goods do not involve making comparisons, buyers invest time to get to specific dealers handing such products – special branded products such as designer suits.

(d) Unsought goods – These goods the consumers does not know about or does not normally think of buying, like smoke detectors, life insurance policies etc.

Industrial Goods Classification:

Industrial goods can be classified in terms of how they enter the production process and their relative costliness.

(a) Materials and parts – Industrial products that enter the manufacturer's product completely, including raw materials and manufactured materials and parts.

(b) Capital items – Industrial products that partly enter the finished product, including installation and accessory equipment.

(c) Supplies and services – Industrial product that does not enter finished product at all.


 

コメントを残します