8統計の主な制限–説明!

1. 無視される定性的側面:

統計的手法は、量的に表現できない現象の性質を研究しません。

そのような現象は統計学の研究の一部にはなり得ません。 これらには、健康、富、知性などが含まれます。定性データを定量データに変換する必要があります。

そのため、データを通じて人間の反応を測定する実験が行われています。 現在、日々の統計は、生活のあらゆる側面と普遍的な活動で使用されています。

2.個々のアイテムを処理しません。

Horace Sacrist教授の定義から明らかです。「統計とは、事実の集合を意味します…。 その統計は事実またはアイテムの集計のみを扱い、個々のアイテムを認識しません。 したがって、事故で6人が死亡したという個々の用語、特定の年の学校のクラスの85%の結果は、同様の項目のグループに配置されないため、統計値になりません。 ただし、個々のアイテムは扱いませんが、重要な場合があります。

3. 現象のストーリー全体を描写していません。

現象が起こる場合でも、それは多くの原因によるものですが、これらすべての原因をデータの観点から表現することはできません。 したがって、正しい結論に達することはできません。 グループの発展は、両親の経済状況、教育、文化、地域、政府による管理など、多くの社会的要因に依存します。しかし、これらすべての要因をデータに含めることはできません。 そのため、定性的ではなく定量的に見つけたデータのみを分析します。 そのため、多くの側面が無視されるため、結果または結論は100%正確ではありません。

4.誤解される可能性があります。

WIキングが指摘するように、「統計の欠点の1つは、その質のラベルを表に出さないことです。」そのため、結論に近づくためのデータと手順を確認できると言えます。 しかし、これらのデータは経験の浅い人によって収集された可能性があります。 それは繊細な科学であり、悪徳な人によって簡単に悪用される可能性があるからです。 そのため、データは注意して使用する必要があります。 そうしないと、結果が悲惨なものになることがあります。

5. 法律は厳密ではありません:

2つの基本法則が統計に関する限り:

(i)多数の慣性の法則と

(ii)統計的規則性の法則は、科学の法則ほど良くありません。

それらは確率に基づいています。 したがって、これらの結果は科学法のように常に良いとは限りません。 確率または補間に基づいて、2008年の水田の生産量を推定することはできますが、それが正確に100%であると主張することはできません。 ここでは近似のみが行われます。

6. 結果は平均してのみ真です。

上記で説明したように、ここでは、時系列または回帰または確率を使用できる結果が補間されます。 これらは絶対に真実ではありません。 統計の学生の2つのセクションの平均が同じである場合、50人の学生全員がセクションAがBと同じ点数を持っていることを意味するわけではありません。 したがって、平均的な結果が得られます。

「統計は主に平均を扱っており、これらの平均は互いに根本的に異なる個々の項目で構成されている場合があります。」—WLキング

7. 問題を研究する多くの方法へ:

このテーマでは、1つの結果を見つけるために非常に多くの方法を使用します。 変動は、四分位偏差、平均偏差、または標準偏差によって見つけることができ、結果はそれぞれ異なります。

「統計が研究で使用する唯一の方法であると想定してはなりません。この方法が問題に対する最善の攻撃と見なされるべきではありません。」—Croxten and Cowden

8.統計結果は常に疑いの余地はありません。

「統計学は物事の測定可能な側面のみを扱っているため、問題の完全な解決策を提供することはめったにありません。 彼らは判断の基礎を提供しますが、全体の判断ではありません。」—教授 LRコナー

統計では多くの法則や公式を使用していますが、それでも達成された結果は最終的なものではありません。 問題を完全に解決することはできないため、結果を取得して、多くの知恵で使用する必要があります。

 

コメントを残します