独占と制限的取引慣行に関するエッセイ

このエッセイでは、独占および制限的取引慣行(MRTP)法について説明します。 このエッセイを読んだ後、あなたは以下について学びます:1. MRTP法の紹介2. MRTP法の相互接続および支配的取り組み 3.働き4. 独占的で制限的な不公正な取引慣行5.視野6. 自由化のプロセス7.産業ポリシー、1991年およびMRTP法。

内容:

  1. MRTP法の紹介に関するエッセイ
  2. MRTP法の相互接続および支配的事業に関するエッセイ
  3. MRTP法の実施に関するエッセイ
  4. MRTP法に基づく独占的で制限的な不公正な取引慣行に関するエッセイ
  5. MRTP法の範囲に関するエッセイ
  6. MRTP法における自由化のプロセスに関するエッセイ
  7. 産業政策に関するエッセイ、1991年およびMRTP法

1.独占および制限的取引慣行(MRTP)法の紹介に関するエッセイ

政府は1969年に独占および制限貿易慣行(MRTP)法を採用し、それに応じて1970年にMRTP委員会が設立されました。委員会は、そのような慣行の公益に対するケースバイケースの影響を調査し、推奨するために設立されました適切な是正措置。

MRTP法の前文は、「経済システムの運用が、独占的および制限的な取引慣行の禁止のために、独占の支配のための共通の不利益に経済力の集中をもたらさないことを規定する法律であり、それに関連する、またはそれに付随する問題。」

MRTP法は、独占的な取引慣行と制限的な取引慣行との間で意見の相違を生じさせました。 したがって、独占的取引慣行は「支配的な企業慣行」、すなわち、支配的な地位に達した後の「価格または生産の調整または競争の排除によって市場を制御することができる」企業または3つの企業のoligo占的なグループとして説明されました。

制限的な取引慣行には、市場シェアに関係なく市場からの競争を回避するために、複数の企業のグループが行う協調行動が含まれます。 これらのタイプの慣行は「公益に有害であるとみなされます」。

政府は、MRTP法の作業の必要なレビューを行い、その活動を合理化するために必要な勧告を行うために、1977年にSachar委員会を任命しました。この委員会によって行われた勧告に基づいて、政府は1980年と1984年。1991年に、独占に関する章(III)が削除された重要な修正が行われました。


2. MRTP法の相互接続および支配的事業に関するエッセイ:

MRTP法は、相互に関連する事業と支配的な事業の観点から事業所を分析します。 さらに、MRTP法は、2つのタイプの事業、すなわち国営企業または製品独占を広くカバーしていました。 すべての国家独占は、法のセクション20(a)でカバーされており、100ルピー(1985年以前の期間)の資産を持った「単一の大規模事業」または「相互接続事業のグループ」が含まれています。制限は20ルピーに固定されました)。

製品独占としても知られる支配的な事業は、セクション20(b)でカバーされており、製品の生産または市場の最低4分の1を管理し、資産が3ルピー以上であった事業を含む(以前はこの制限は1クローネでした)。

このように、多くの事業と相互に関連している大規模な産業住宅は通常、全国的に経済力と産業活動が集中しており、それによって国の資源を実質的に管理しています。 しかし、支配的な事業は、単一の業界内でほとんどが支配的です。

通常、MRTP法に基づく企業は、以下に関して政府の承認を得る必要があります。

(a)生産能力の大幅な拡大、

(b)既存の活動の多様化、

(c)相互に関連する事業の設立、

(d)他の事業との合併または合併。 そして

(e)他の事業の全部または一部の買収。

通常、MRTP委員会は、こうしたあらゆる提案を公益を正当化するために検討します。 1990年3月末までに、MRTP法に基づいて1, 854件の事業が登録されました。 このうち、1, 787の事業は大規模な工業住宅に属し、残りの67の事業は支配的な事業でした。

繰り返しますが、1991年の産業政策は、MRTP企業の資産制限を完全に廃止しました。

MRTP法に基づいて採択された「相互接続企業」の定義には、いくつかの抜け穴があり、それが一部の産業家が同法の範囲から逃れるのを助けました。 また、特定のケースで相互接続を確立することは困難であることがわかりました。

たとえば、TELCOはTata社と相互接続していないと主張し、Gwalior RayonはBirla社と相互接続していないと主張しました。

これに関連して、NKチャンドラ氏は、「インドの状況下では、2つの企業が「合法的に」相互接続されていない可能性がありますが、実際には1つのビジネスファミリによって制御されています。 さまざまな理由で事実上の所有者が親relativeや後継者の名前で株式を記録するというベナミの株主の広範な慣行は、この空白を強調するのに役立ちます。

ダット委員会は、1966年のデータによると、国内にそれぞれ21ルピー以上の資産を有する48の大きな産業住宅があったと推定していました。 彼らは、4, 000ルピーの資産を合わせて1, 500社を一緒に管理しました。 しかし、これらのうち、1, 000ルピー相当の総資産を持つ450社のみがMRTP委員会に登録しました。

同様に、ダット委員会は、ビルラ家の傘下にある280社をリストアップしましたが、そのうち登録したのは29社のみでした。 委員会は再びタタ(トップビジネスハウス)の下に84社をリストアップしましたが、そのうち14社だけが登録されました。


3. MRTP法の仕組みに関するエッセイ:

MRTP法の有効性を研究するには、MRTP委員会の機能を評価する方が良いでしょう。 産業開発規制法に基づいて政府が受け取った申請書が何であれ、MRTP委員会に照会されたのはわずか10%でした。 参照されたこれらの申請のうち、承認された申請はわずか87%でした。

相互に関連する事業を行う大企業を特定することに関して、MRTP法はあまり前進できませんでした。 これらの相互に関連する事業のうち、ごく少数のみがMRTP委員会に登録しました。

政府による「コアセクター」の自由な定義の採用により、人工繊維や合成洗剤などの低優先度で収益性の高い産業でさえ、コアセクターに含まれています。 これに関連して、AN Ozaは、「大企業の成長を抑制し、経済力の集中をチェックするという目的は、優先順位のスキームにおいて必然的に低位に位置しなければならない」と述べた。

1995年に、産業および民間用品省が実施した調査により、約203の品目があり、完全な単一企業の独占が優勢であることが明らかになりました。 さらに、単一企業の独占に関しては、独占委員会とMRTP法に基づく政府の権限の両方が無効であることが判明した。

競合しない起業家の場合、委員会の介入の問題は無関係になります。 制限的な取引慣行に関して、欧州委員会は罰則を科すことのできない準司法裁判所として働き、暫定的差止命令を発行する権限はありません。

MRTP委員会の元メンバーの1人であるHK Paranjapeは、政党とその指導者(特に与党)と大企業の間の密接な結びつきが存在し、その結果、いくつかの中途半端さとソフトなペダリングが発生することを観察しましたMRTP委員会によって提案された措置。

Paranjapeはまた、大きな家を解体するために組み込まれたセクション27は、法の開始以来ほとんど適用されていないと主張した。 現在の文脈では、MRTP法の実施により、同法に対する政府側のコミットメントの欠如が明らかになりました。 現在の経済自由化のテンポのもと、政府は鉱工業生産の増加に重点を置いています。

経済的集中と独占を制御する問題は、この目的がより高い産業成長を達成するという目的によって抑制されるため、二次的な考慮事項を得ました。 政府は現在、このMRTPの制限が国の産業成長に与える影響が有害になっていると感じています。

したがって、1991年の新しい産業政策では、いわゆるMRTP企業による投資決定の事前審査が不要になると述べています。 しかし、新しい政策は、MRTP委員会が独占的、制限的かつ不公正な取引慣行に関して適切な行動をとることを可能にするために、MRTP法の規定が強化されると述べた。


4. MRTP法に基づく独占的で制限的な不公正な取引慣行に関するエッセイ

MRTP法は、独占的、制限的、不公正な取引慣行を定義しています。

MRTP法により、独占的取引慣行(MTP)は一種の取引慣行であり、以下の効果があります。

(a)不合理なレベルの価格を維持し、

(b)競争を不当に防止または削減する、

(c)共通の利益に有害な技術開発の制限、または

(d)品質劣化を許容する

(e)1984年の改正により、生産コストと商品およびサービスの価格が不当に増加した。

再度、MRTP法に従って、制限的取引慣行(RTP)は、生産ストリームへの資本の流れを妨害し、価格または配送条件の操作をもたらすか、影響を与える方法で競争を防止、歪曲、または制限する効果がある取引慣行を示します市場での供給の流れ。不当なコストや消費者の制限につながります。

1984年のMRTP法の改正は、以下を含む不公正な取引慣行に拡大しました。

(a)目に見えるデモンストレーションによる口頭または書面による声明の発行。

(b)バーゲン価格で販売する広告事項の公開。

(c)贈答品またはコンテストによる誘惑を許可する。

(d)標準以下の商品の販売または供給、および

(e)物品の貯蔵または破壊を引き起こし、製品の販売を拒否する。


5. MRTP法の範囲に関するエッセイ

MRTP法の範囲内で、多数の異なるタイプの契約が特定されました。 このような各契約は、契約に関係する当事者の名前とともに、制限的取引慣行の登録機関に正式に登録する必要がありました。

これらの登録されたすべての事業は、それぞれの産業活動に対する次の種類の管理の対象となりました。

(a)新規資本の発行または新しい機械の設置により事業の活動を大幅に拡大することを提案する一方で、承認を得るために中央政府への通知が必要でした(セクション21)。

(b)新しい事業を設立することを提案している間、中央政府の事前許可を取得する必要がありました(セクション22)。 そして

(c)他の事業との買収、合併、または合併を提案している間、中央政府の制裁はそのような提案の実行前に行われなければなりません(セクション23)。

共通の不利益に対する経済力の集中の発生を管理する全責任は政府にありました。 必要に応じて、MRTP委員会に問い合わせて照会することができます。 しかし、MRTP委員会は、最終的な命令として諮問の役割を与えられており、その提案はその日の政府によって可決されなければなりません。

MRTP法は、次の目的で策定されました。

(a)経済システムの運用が、国のcommon民の不利益に対する経済力の集中を引き起こさないことを注意深く監視すること。

(b)国内で支配的な独占を管理する。 そして

(c)国内の独占的、制限的、不公正な取引慣行をチェックすること。

したがって、これらの目的を達成するために、MRTP法は大企業の活動と国の支配的な事業を管理しようとしています。


6. MRTP法の自由化プロセスに関するエッセイ

政府はさまざまな時期にMRTP法を自由化してきました。 法律の段階的な自由化により、大企業は以前はそのような家のために閉鎖されていた多くの産業分野に参入することが許可されました。最初のステップとして、政府は大企業が国の90の「ゼロ産業」地区の産業を、輸送補助金と費用の補償措置の利点とともに強化します。

政府は、1981年11月にMRTP法の最初の改正を、1982年8月にその後の2回目の改正を導入しました。最初の改正は、それによって生産される商品を意味するように事業の期間生産の定義とともに支配的な事業の定義を修正しました国内市場向け。

1982年の改正では、産業開発規制法の対象となる主要な事業を、認可された能力を持つものと認可されていないものに分類しました。

MRTP法のもう1つの重要な変更は、大幅な拡張とMRTP法の範囲からの新しいユニットに関する特定の提案に関して完全な免除を認めるように政府に与えられた権限に関連していました。

これらの免除はほとんどの提案に関連しています

(a)国家優先度の高い産業、

(b)輸出専用に生産を上げる

(c)自由貿易圏で設立または設立が提案されている産業。

1984年のMRTP(改正)法は、政府が収集した経験に基づいて、またSachar委員会が行った勧告に従って、MRTP法にいくつかの変更を導入しました。 この改正は、以前に明らかにされていない特定のカテゴリーを含めるための特定の定義を明確にする試みを行った。

定義のこれらの変更は、主に次のものに関連していました

(a)1930年の商品法の販売による商品の定義。

(b)同じ管理下にある企業を含めるためのグループの概念の変更。

(c)投票力の制御を投票力の3分の1の制御から25パーセントに減らすことにより、相互接続された事業を再定義する。

(d)認可された容量の25%の範囲までの容量拡張の制限の免除。

(e)相互接続の切断のために中央政府に権限を与える。 そして

(f)誤解を招く広告のような不公正な取引慣行を含む。 MRTP法の範囲内でのバーゲンセールなど。

さらに、Sachar委員会の勧告によると、公共部門の独占は、政府によってMRTP法の範囲内に含まれています。

その上、MRTP法の範囲から企業を自由化するために、政府によって多くの緩和が発表されました。

これらの緩和には以下が含まれます。

(i)1973年の産業政策声明による、多数の産業の大規模住宅への開放。

(ii)国の優先度が高い産業の生産に生産を提供するため、および輸出のために、MRTP法のセクション22-Aを導入する。

(iii)輸出志向型産業において、年間5%の自動成長を可能にし、

(iv)工作機械産業、電気機器産業、鋼鍛造および鋼塊産業により生産される他の関連品目に対して、MRTPクリアランスなしで既存の能力の使用を許可する;

(v)1985年の政府による産業ライセンス政策の自由化。 大規模な工業用住宅およびFERA企業の別の21のハイテク製品への無制限の参入を許可します。

(vi)病気の産業会社(特別規定)法案、1985年の規定に基づき、MRTP法の範囲から病気の産業会社を排除する。

(vii)1986年3月に、後方地域の開発を促進するために、付録Iの20の産業(後に47の産業に拡張される)に関するMRTP / FERA企業にライセンス解除のスキームを拡張する。

(viii)1988年と1990年の間に達成された最高レベルの生産における能力の自動是認。

(ix)MRTP法に基づいて適用される産業ライセンスポリシーの制限から支配的な事業を解放する。 そして

(ix)MRTP Actの目的で資産の制限を20クローネから100クローネに引き上げ、最後に 1991年の新産業政策は、MRTP企業の資産制限を完全に廃止しました。


7. 1991年産業政策およびMRTP法に関するエッセイ:

MRTP法によると、一定の規模(1985年以降100ルピー)を超える資産を持つ企業はMRTP企業として分類され、そのような企業はケースの承認により、選択された産業のみを開始することが許可されました。

1991年の産業政策は、MRTP法に関して次のように述べています。「大企業の投資決定におけるMRTP法を通じた政府の干渉は、インドの産業成長への影響において有害になっています。 したがって、いわゆるMRTP企業による投資決定の事前審査は不要になります。 代わりに、独占の制御と規制に重点が置かれます。 独占家が、拡大、新規事業の設立、合併、合併、買収、特定の取締役の選任および選任のためのセンターの事前承認を必要とするのではなく、制限的かつ不公正な取引慣行。 ポリシーの推進力は、不公正または制限的なビジネス慣行の制御にあります。」

さらに、新たに権限を与えられたMRTP委員会は、独占的、制限的かつ不公正な取引慣行に関して調査suomotoまたは個々の消費者または消費者のクラスから受け取った苦情を開始する権限を与えられます。

同時に、MRTP委員会が独占的、制限的かつ不公正な取引慣行に関して適切な行動をとることを可能にするために、修正によりMRTP法の規定が政府によって強化される。

MRTPの方針に関して、政府は大企業の資産に縁石や天井を課すのではなく、大企業による投資を奨励するための考慮事項にほとんど導かれています。 現状では、政府がそのような独占的、制限的、不公正な取引慣行を管理する立場にあるかどうかは疑わしいようです。

この点での過去の経験は、政府が大規模住宅のそのような慣行を管理する能力について疑わしい状況を投げかけました。

大企業は、強力な組織を形成し、協調的な取り決めを行うことにより、供給を人工的に不足させ、供給を制御し、製品価格の上昇傾向を維持しようとします。

この点での政府の政策の成功は、生産システムへの競争要素の注入と、それに気づいた独占的傾向の制御にかかっています。


 

コメントを残します