原価計算のさまざまな方法

原価計算のさまざまな方法について知る必要があるすべて。 「原価計算の方法」という用語は、コストの決定と提示に使用されるさまざまなプロセスまたは手順を指すために使用できます。

仕事の性質に応じて、産業ごとに異なる原価計算方法があります。

原価計算の方法は、以下のヘッドの下で研究することができます。-1.雇用原価計算の原理に基づく方法2.プロセス原価計算の原理に基づく方法。

人件費の原則に基づいた方法の一部は次のとおりです。-1.人件費2.契約人件費3.バッチ費用。

プロセス原価計算の原則に基づく方法の一部は次のとおりです。-1.プロセス原価計算2.オペレーション原価計算3.部門原価計算4.単一または単位または出力原価計算5.運用または運用または作業またはサービス原価計算6.複数または複合原価計算。

さらに、他のいくつかの原価計算方法は次のとおりです。-均一原価計算2.複数または複合原価計算3.部門原価計算4.コストプラス方法5.ターゲット原価計算方法6.農場原価計算7.活動基準原価計算。


さまざまなタイプの原価計算方法:ジョブ原価計算、契約原価計算、バッチ原価計算、プロセス原価計算、操作原価計算

原価計算のさまざまな方法–ジョブ原価計算、契約原価計算、バッチ原価計算、プロセス原価計算、ユニット原価計算、運用原価計算、運用原価計算、および複数の原価計算

原価計算の方法は、原価確認と原価計算のシステムを指します。 産業は性質が異なり、生産する製品と提供するサービスが異なります。 したがって、さまざまな産業で異なる原価計算方法が使用されています。 たとえば、建築業者が採用する原価計算の方法は、運送会社のそれとは異なります。

ジョブ原価計算とプロセス原価計算は、原価計算の2つの基本的な方法です。 ジョブ原価計算は、顧客の仕様に従って作業を製造または実行する業界に適しています。 プロセス原価計算は、生産が連続しており、生産されるユニットが同一である産業に適しています。 他のすべての方法は、これらの基本的な方法の組み合わせ、拡張、または改良です。

原価計算の方法について詳しく説明します。

方法1の人件費

特定の注文原価計算とも呼ばれます。 標準製品がなく、各ジョブまたは作業オーダーが他と異なる業界で採用されています。 ジョブは、顧客が指定した仕様に従って厳密に実行され、通常、ジョブの完了には短時間しかかかりません。 人件費の目的は、各職務の費用を個別に確認することです。 人件費は、印刷機、自動車修理工場、自動車ガレージ、映画スタジオ、エンジニアリング産業などで使用されます。

方法#2 契約原価計算

これは、端末原価計算とも呼ばれます。 基本的に、この方法は人件費に似ています。 ただし、ジョブが大きく、長期間にわたって広がる場合に使用されます。 作業は顧客の仕様に従って行われます。

契約原価計算の目的は、各契約で発生した費用を個別に確認することです。 したがって、契約ごとに個別のアカウントが用意されます。 この方法は、造船、建物の建設、橋、ダム、道路に従事する企業によって使用されます。

方法#3 バッチ原価計算

これは、人件費の延長です。 バッチは、同一の製品のグループです。 特定のバッチのすべてのユニットは、性質とサイズが均一です。 したがって、各バッチは原価単位として扱われ、個別に原価計算されます。 バッチの合計コストが確認され、それをバッチ内のユニット数で割って、ユニットあたりのコストを決定します。 バッチ原価計算は、ビスケット、既製服、スペアパーツ医薬品などのメーカーによって採用されています。

方法#4 プロセス原価計算

継続的原価計算と呼ばれます。 特定の産業では、原材料は最終製品の形をとる前にさまざまなプロセスを通過します。 つまり、1つのプロセスの最終製品が後続のプロセスの原料になります。 このような産業ではプロセス原価計算が使用されます。

プロセスごとに個別のアカウントが開かれ、各プロセスの終了時に合計コストとユニットあたりのコストが算出されます。 プロセス原価計算は、化学薬品、繊維、紙、石鹸、泡などの連続プロセス産業に適用されます。

方法#5 単位原価計算

この方法は、単一原価計算または出力原価計算とも呼ばれます。 生産が連続しており、ユニットが同一である産業に適しています。 この方法の目的は、総コストとユニットあたりのコストを確認することです。 材料、労務費、諸経費を考慮して、コストシートを作成します。 ユニットコスティングは、鉱山、石油掘削ユニット、セメント工場、レンガ工場、ユニット製造サイクル、ラジオ、洗濯機などの場合に適用されます。

方法#6 営業原価計算

この方法の後には、サービスを提供する業界が続きます。 このようなサービスのコストを確認するには、コストを確認するために旅客キロやトーンキロなどの複合ユニットが使用されます。 たとえば、バス会社の場合、運営費は1キロメートルあたりの乗客の輸送費を示します。 運賃計算は、航空路線鉄道、道路輸送会社(商品と乗客)、ホテル、映画館、発電所などで採用されています。

方法#7 運用原価計算

これは、プロセス原価計算のより詳細なアプリケーションです。 これには、すべての操作による原価計算が含まれます。 この方法は、多数の操作を伴う反復性の大量生産がある場合に使用されます。 この方法の主な目的は、各操作のコストを確認することです。

たとえば、自転車のハンドルの製造には、鋼板を適切なストリップに切断する、成形する、機械加工する、最後に研磨するなどの多くの操作が含まれます。 これらの操作のコストは個別に判明する場合があります。 運用原価計算は、精度を達成するためのコストの詳細な分析を提供し、スペアパーツ、玩具製造、エンジニアリングなどの産業に適用されます。

方法#8 複数の原価計算

複合原価計算とも呼ばれます。 上記の原価計算方法の2つ以上の組み合わせを指します。 複数の部品が別々に製造され、単一の製品に組み立てられる業界で採用されています。


原価計算の さまざまな 方法–単一原価計算、ジョブ原価計算、 契約原価計算、 バッチ原価計算、プロセス原価計算、運用原価計算、運用原価計算など

「原価計算の方法」という用語は、コストの決定と提示に使用されるさまざまなプロセスまたは手順を指すために使用できます。 仕事の性質に応じて、産業ごとに異なる原価計算方法があります。 たとえば、化学産業は、原料がさまざまな段階で処理される連続生産プロセスに従います。 さまざまな種類の仕事を引き受ける他の産業があります。 たとえば、モーターワークショップはさまざまな仕事を受け入れます。

輸送、銀行、保険などの業界では、活動全体が特定のサービス業務に集中しています。 同様に、他の多くの産業は、1つの製品のみの生産を引き受ける場合があります。 生産プロセスと作業方法の本質は産業ごとに異なるため、異なる原価計算方法を使用することが不可欠になります。

ただし、原価計算には2つの基本的な方法があります。

(i)人件費、および

(ii)プロセス原価計算。

原価計算の他のすべての方法は、これら2つの基本的な方法のバリエーション、改善、拡張、または組み合わせです。

1.個別原価計算、個別計画、または出力原価計算:

生産が連続的で、サイズ、形状、品質のみが異なり、共通のユニットで出力を測定できる製品が1つまたは数種類しか生産されない場合、単一原価計算が採用されます。 この方法では、トン単位、バレル単位、キログラム単位、メートル単位、キンタル単位、バッグ単位などの出力単位あたりのコストが確認されます。 この原価計算方法が適用される産業は、鉱山採石場、炭鉱、醸造所、石油掘削会社、製鉄所、セメント工場、製紙工場、製粉工場、織物工場などです。

この方法では単一の製品のみが原価計算されるため、この方法は単一原価計算と呼ばれます。 製品の総生産量に対してコストが確認されるため、生産原価計算とも呼ばれます。 この方法では、総出力のコストだけでなく、出力の単位あたりのコストも確認されるため、単位原価計算とも呼ばれます。

2.人件費:

ジョブ原価計算は、実行された作業が異なるジョブに分析され、各ジョブが個別のコスト単位と見なされる場合に採用されます。 この方法では、各ジョブのコストと、実行された各ジョブで発生した利益または損失が個別に検出されます。 開始日から完了日まで、そのジョブで発生したすべての費用が引き落とされる各ジョブに対して個別の口座が開設されます。

これにより、懸念は各ジョブのコストを知ることができます。 各ジョブのコストを各ジョブに請求される価格と比較することにより、各ジョブで生じた利益または損失が確認されます。 この原価計算方法が適用される懸念は、印刷プロセス、モーターワークショップ、時計修理作業などです。

3.契約原価計算またはターミナル原価計算:

契約原価計算は、ジョブが非常に大きく、完了するまでに時間がかかる場合に採用されます。 このコスト計算方法では、各契約のコストが個別に確認されます。 契約ベースで橋、道路、建物、工場などの建設に従事している企業に適しています。

4.バッチ原価計算:

同じ種類の小さなコンポーネントを大量に製造する必要がある場合、使用する原価計算方法はバッチ原価計算と呼ばれます。 この方法では、同様の製品のバッチがジョブとして扱われ、コストがバッチに関して累積されます。 自転車製造工場では、リムがそれぞれ5, 000個のバッチで製造される場合、5, 000リムのバッチに関連してコストが決定されます。

5.プロセス原価計算:

連続的な生産プロセスが行われ、製品が均質である産業では、製品のコストを確認する方法はプロセス原価計算と呼ばれます。 人件費とは異なり、これらの業界では、各プロセスのコストは一定期間決定されます。 製品は連続フローで製造されるため、個々のアイデンティティを失います。 通常、生産プロセスは標準化されており、非常に安定しています。

したがって、制御は比較的簡単です。 ユニットあたりのコストを決定するには、総生産コストを期間中に生産された総生産量で割ります。 この原価計算方法は、鉄鋼、砂糖、織物、化学薬品、石鹸、バナスパティ、製紙および塗料製造組織で広く使用されています。

6.運用原価計算:

運用原価計算は、プロセス原価計算のより詳細なアプリケーションです。 この方法では、プロセス全体のコストではなく、プロセスの個々の操作のコストが確認されます。 この方法により、コストの詳細な分析が可能になり、コストの精度と制御が向上します。 これは、製造プロセスが多数の個別の操作で構成される場合に採用されます。 玩具製造ユニット、エンジニアリング、産業、木材工場、皮なめし工場などがこの方法を採用しています。

7.営業原価計算:

サービスレンダリング事業で使用される原価計算の方法は、運用原価計算と呼ばれます。 たとえば、輸送、水道、電気事業、電話サービス、病院、養護施設などでは、この原価計算方法を使用しています。 営業原価計算の特別な機能は、原価の単位が一般に複合単位であることです。 たとえば、電力供給のコストの単位はキロワット時です。

8.均一原価計算:

同じ業界の同じ管理下または異なる管理下のさまざまな事業が原価計算の同じ原則または慣行を使用する場合、それらは均一原価計算の方法を使用していると言われます。 このような状況では、すべての原価計算情報が同様の方法で処理されます。 統一原価計算を使用すると、企業間比較が容易になります。

9.複数または複合原価計算:

このシステムは、さまざまな品物が生産され、価格、材料の使用プロセスなどがそれぞれ異なる、またはさまざまな原材料が1つまたは複数の完成品に組み立てられる前に非常に異なるプロセスを通過する事業に適用できます。

複数の原価計算方法が適用されているため、このような場合の方法は、複合または複数の原価計算方法という名前で知られています。 この方法は、使用する材料が同じでも、製造プロセスによって形状、サイズ、価値が大きく異なる商品が製造される場合にも適用できます。

10.部門原価計算:

このシステムは、部門またはコストセンターのコストを確認する必要がある場合に適用できます。 これは、営業原価計算に似ています。 このシステムは、工場が別個の部門に分割される場所に頼られており、生産される各物品のコストではなく、各部門の生産コストを確認することが望まれます。 この方法は、異なる部門の同一コストの比較研究に適しています。

この方法では、各部門の運営費用は、懸念により発生した総費用をさまざまな部門に割り当てることによって確認され、各部門で生産される製品の単位あたりの費用は、部門の合計費用をその部門で生産されたユニット。 この方法は、靴下製品の製造、化粧品の製造工場、履物製造の懸念などで採用されています。

11.コストプラス法:

ビジネスマンが、彼にとってまったく新しい仕事であり、他の人や請負業者にとってまったく新しい仕事を引用するのをためらうと感じ、実行のために彼に提供された仕事の費用を見積もることができない場合、請負業者は彼が仕事の総費用に加えて、総費用の一定の割合で彼の利益を支払った。 このようなタイプの作業は、コストプラスメソッドと呼ばれます。

12.目標原価計算方法:

大企業では、作業の費用価格は、専門家や経験のある人によってかなり前に、または作業の開始前にさえ確認されます。 制作時には、懸念の目標が常に念頭に置かれます。 そのため、このシステムは「目標原価計算方法」と呼ばれています。 このシステムは、大規模な契約で主に使用されます。

13.農場原価計算:

原価計算のこの方法は、農業の対象となるさまざまな活動の総コストと単位コストの計算に役立ちます。 農業活動には、農業、園芸、畜産、養鶏、養魚、酪農、養iなどが含まれます。

農場原価計算は、生産慣行を改善して生産コストを削減し、経営陣によるより良い管理を保証する農業活動の各ラインで利益を確認し、適切に基づいて融資を行う銀行やその他の金融機関から融資を取得するのに役立ちます原価計算レコード。


原価計算の さまざまな 方法–ジョブ原価計算、契約原価計算、バッチ原価計算、プロセス原価計算、運用原価計算、運用原価計算、単位原価計算など

コストの確認に使用される方法は、業界の性質によって異なります。 提供される生産またはサービスのコストは、業界ごとに異なります。 ICMAに従って

用語のコスト計算方法は、次の2つのカテゴリに分類できます。

(i)特定の注文原価計算(またはジョブ/端末原価計算)、および

(ii)運用コスト(またはプロセスまたは期間のコスト)。

(i)特定の注文原価計算(またはジョブ/端末原価計算):

この原価計算方法は、作業が特定の注文またはジョブのバッチまたは契約で構成される場合に適用できます。 人件費、バッチ原価計算、および契約原価計算は、このカテゴリに分類されます。

(ii)運用原価計算(またはプロセスまたは期間の原価計算):

原価計算のこの方法は、標準化された商品またはサービスが一連の連続操作から生じる場合に適用できます。 プロセス原価計算、ユニット原価計算、運用原価計算、運用原価計算はこのカテゴリに分類されます。

原価計算のさまざまな方法について以下で簡単に説明します。

方法#1 人件費:

顧客からの個々の注文に対して商品が製造される業界に適用されます。 定義委員会の用語、ICMA、ロンドンでは、「特定の注文原価計算の形式で、顧客の特定の要件に応じて作業が行われる」と定義されています。 職務原価計算では、特定の職務または注文について直接費用が追跡されます。 各ジョブには異なる操作が含まれます。 原価計算の基本的な目的は、各ジョブのコストとその結果の損益を個別に確認することです。

方法#2 契約原価計算:

道路、橋、建物などの敷設など、建設作業に関係する懸念に適用されます。契約ごとに個別のアカウントが開設され、発生した総費用が特定されます。 契約の完了には時間がかかる場合があります。 これは、端末原価計算とも呼ばれます。

方法#3 バッチ原価計算:

同一の製品を便利なロットまたはバッチで注文する場合に適用されます。 ICMAは、「販売または事業内での使用のために類似の商品がバッチ生産される場合に適用される特定の注文原価計算の形式」と定義しています。 ほとんどの場合、原価計算は人件費に似ています」。 ユニットあたりのコストは、バッチの総コストをバッチのユニット数で割ることによって確認されます。

方法#4 プロセス原価計算:

このコスト確認方法は、入力がいくつかの別個のプロセスで処理され、最終製品に変換される場合に使用されます。 プロセスは連続的な順序で実行され、最初のプロセスで原料が導入され、各プロセスの最終製品が次のプロセスの原料になり、最終製品から最終在庫勘定に転送されます。 プロセス原価計算では、プロセスごとに個別のアカウントが維持されます。

方法#5営業原価計算:

この方法は、製品は生産されず、一部のサービスが提供されるサービス産業に適用できます。 例-輸送、宿泊、住宅、映画館、病院など

方法# 6 運用原価計算:

この方法は、大量生産があり、生産プロセスを完了するために実行されるさまざまな操作に複数のプロセスが関与する場合に適用できます。 これはプロセスの原価計算に似ていますが、1分ごとにコストの詳細が維持され、コストがより正確になります。

方法# 7 ユニットまたはアウトプットの原価計算:

この方法は、出力があらゆる点で均一であり、生産が連続している場合に適用できます。 この方法では、ユニットあたりのコストは、コストを生産ユニット数で割ることによって確認されます。

方法# 8 複数の原価計算:

これは、ジョブコスティングユニットコスティングやオペレーションコスティングなどの2つ以上のコスティング方法を適用して、生産コストを見つけるシステムです。 それは、行われた作業のコストを確認するために2つ以上の方法を組み合わせて適用することです。 さまざまな部品が別々に製造され、最終製品に組み立てられる産業で適用されます。

方法# 9 活動ベースの原価計算:

ABCは、製品やサービスではなく活動にコストを割り当てる会計方法論です。

コストは最初、リソースに基づいてアクティビティに割り当てられます。 次に、活動の使用に基づいて、製品とサービスがコストを吸収します。

CIMAは、ABCを「注文、設定、品質保証などの間接的な活動から得られる利益に基づいたコスト単位へのコスト属性」と定義しています。

Horngren、FosterおよびDatarによると、「ABCは、ジョブコストまたはプロセスコストの代替コストシステムではありません。 むしろ、ABCは、ジョブまたはプロセスのコスト計算システムで使用されるコスト数を開発するためのアプローチです。 ABCの特徴は、基本的なコストオブジェクトとしての活動に焦点を当てていることです。 ABCのアプローチは、従来のアプローチよりも高価です。 ただし、ABCには、管理者が原価計算の目的に役立つ情報を提供する可能性があります。」

製品コストを確認するためのABCアプローチを開発したHarward Business SchoolのKaplanとCooperは、コストを「短期変動費」と「長期変動費」に分類しました。 このアプローチは、オーバーヘッドコストを、「コストドライバー」と呼ばれる背後の力に関連付けます。 したがって、「コストドライブ」は、コストの重要な決定要因となるアクティビティまたはトランザクションです。

ABCシステムは、アクティビティによってコストが発生するという信念に基づいているため、アクティビティごとの個々の製品の需要に基づいて、アクティビティのコストを製品に割り当てることにより、アクティビティと製品をリンクする必要があります。


原価計算のさまざまな方法-契約原価計算とジョブ原価計算:数式を使用

契約原価計算:

契約は、法律で強制できる契約です。 請負業者は作業を完了し、契約価格として知られる価格に言及することに同意します。 契約原価計算は、契約のコストを確認する手法です。

別のアカウントが開かれる契約台帳が保持されます。

契約アカウントの形式は次のとおりです。

作業の認定–作業は契約者によって認定され、請負業者に前渡金が与えられます。 全額の支払いは行われませんが、お金は留保金として知られています。 契約が不完全であり、利益が契約に基づいて確認される場合。

完了したが認定されていない作業–請負業者によって行われたが、契約者によって認定されていない作業は、完了したが認定されていない作業として知られています。

契約価格–契約の満足な完了時に請負業者に支払われることに合意した契約の価値です。 契約が完了すると、契約A / Cに契約価格が貸方記入されます。

契約上の利益の確認:

会計基準に従って、2つの方法で発行されたAS7契約は、請負業者が行った契約の利益を決定するために使用されます。

(i)年ごと

(ii)契約の完了時。

契約の完了時–契約A / Cの借方側に対する過剰なクレジットは、利益として知られています。 紛失した場合、全額がP / LA / Cに転送されます。

不完全な契約の場合–契約の完了に1年以上かかる場合、利益の一部は損益勘定に振り替えられます。

契約が不完全な場合に借方項目を超えるクレジットは、真の利益として扱われません。 契約が完了するまで、見えない将来のために準備金を作成する必要があります。

利益の一般的な規則は次のとおりです。

(1)認定作品の価値が契約価格の1/4未満の場合、利益は考慮されません。 契約A / cの残高は、進行中のA / Cに転送されます。

(2)認定作品が契約価格の1/4を超え、契約価格の1/2未満の場合、計算された利益の1/3のみがP / LA / Cに入金されます。

計算された利益の残高は準備金であり、仕掛品A / Cに振り替えられます。

(3)認定作品の価値が契約価格の1/2または1/2以上の場合、計算された利益の2/3がP / LA / Cに加算されます。

(4)契約作業が十分に進んだ場合、利益は以下のように確認されます–

コストプラス契約

請負業者と請負業者が取引に新しい場合、彼らは支払いが総作業費に総費用の割合を加えたものとして行われることに同意するかもしれません。 このような契約は、費用と契約として知られています。

請負業者は、総費用の利率として利率を得るため、可能な限り費用を増やすことに興味を抱くかもしれません。

それを回避するために、請負業者と請負業者は、総コストの到着に以下の項目を含めないことに同意する場合があります

1.自己所有の建物の家賃。

2.慈善寄付。

3.契約に関連しない費用。

4.自己資本に対する関心。

5.請負業者の給与。

6.罰金および罰則。

人件費

ジョブ原価計算は、実行される非標準ジョブのコストを決定するために使用される原価計算の方法です。 この方法では、コスト単位が識別されます。 会社への各注文の下では、他の注文とはまったく異なるままです。 ジョブコスティングは、ジョブプリンター、ビルダー、請負業者などに適用されます。

人件費の手順:

人件費の手順は次のとおりです。

(1)見積もり–各ジョブのコストを個別に見積もり、価格を個別に見積もる必要があります。

(2)製造指図–製造指図は、ジョブに関する作業を進めるために発行されます。 この注文には、関連するすべての生産情報が含まれています。 各製造指図には番号が付けられています。 3つのコピーで準備されます。

(3)会計–すべてのジョブのコストは、このアカウントにクレジットされたジョブの完了時に仕掛品に書き込まれます。

(4)計画–注文を受け入れると、計画部門は仕事に適した設計を準備し、材料、労働などの要件を準備します。

(5)ジョブコストシート–原価計算部門は各ジョブのジョブコストシートを準備します。 これは、ジョブのコストなどの詳細が記載されたドキュメントです。特定のジョブのために準備されます。

(6)ジョブの完了–ジョブの完了時に、レポートが送信されます。 このレポートは、さらに費用がクローズされたことを示しています。

費用の記録

材料費と間接費は、記録の原則に従って記録されます。 材料費、労務費、諸経費などが記載されています。

原価管理:

コストのコスト管理は、実際のコストと推定値との比較によって使用される場合があります。 同じジョブの前期間のコストシートは、変動の検出に役立つ場合があります。 一般的な仕事のために用意された予算は、コストの管理に役立ちます。


原価計算の さまざまな 方法–ジョブ原価計算とプロセス原価計算

原価計算は、コストを確認または推定するプロセスです。 したがって、製品とサービスのコストを決定して提示する一連の方法と手法で構成されています。 これらは、会計士のツールとみなすことができます。

原価計算の方法は、原価要素を原価対象に割り当てるために使用されるシステムを示します。 これらは、製品コストを累積する手順です。 企業はその性質と生産する製品またはサービスの種類が異なるため、さまざまなコスト発見方法が使用されます。 実際のコストに基づいた2つの主なタイプの原価計算システム/方法があります。

これらは:

1.人件費

2.プロセス原価計算

1.人件費:

人件費は、原価計算の2つの基本システムの1つです。 特定の注文に対して商品を生産する製造会社のコストデータを蓄積するように設計されています。

人件費の特徴は次のとおりです。

(i)各ジョブの期間は比較的短く、

(ii)作業は顧客の特別な要件に基づいて行われ、

(iii)各ジョブは、識別可能な単位として段階を移動します。 例は、ガレージでの修理作業、印刷機での注文の印刷です。

人件費の重要なバリアントは次のとおりです。

(a)契約原価計算; そして

(b)バッチ原価計算。

(a)契約(端末)原価計算:

これは、コストの確認と制御を目的として、各契約を個別の原価計算単位とする原価計算の方法です。 目的は、各契約の損益を個別に調べることです。 契約の条件は、通常、建設中の進捗の支払いを考慮しています。 この方法は、造船、道路の土木、橋、ダム、工業団地、重工業、工場建設などに従事する企業によって採用されています。

(b)バッチ原価計算:

これは、同一の製品のバッチをコスト単位とするジョブコスティングの形式です。 木製の鉛筆の製造はバッチで行うことができるため、バッチには異なる色、サイズ、または柔らかさの鉛筆が含まれます。 他の例には、薬物、タバコ、履物、衣類、印刷、エンジニアリング機器などが含まれます。

2.プロセス原価計算:

これは、選択された期間の単一プロセスによってコストが累積される原価計算の方法です。

プロセス原価計算の機能は次のとおりです。

(i)製造活動は継続的に行われます。

(ii)1つのプロセスの出力は、次のプロセスの入力になります。

(iii)複数のプロセスがある場合、コストは1つのプロセスから他のプロセスに流れます。

(iv)特定のロットの出力の識別を特定のロットの入力に追跡することはできません。

(v)最終製品は通常単位です。

(vi)共同製品/副産物がプロセスで発生します。

各プロセスはコストセンターとして扱われ、個別のアカウントが開かれます。 各プロセスに関連するすべての費用は、それぞれのプロセスアカウントに借方記入されます。 プロセスを通過する出力も記録されます。 期間の総コストをその期間に処理されたユニットで割ると、そのプロセスのユニットあたりのコストが得られます。 この方法は、化学工場、砂糖、塗料メーカー、石油精製所、ボトリング会社、醸造所、ゴム、日焼け産業に適しています。

プロセス原価計算の重要なバリアントは次のとおりです。

(a)単一または出力の原価計算、

(b)運用コストと

(c)サービス原価計算。

(d)複数(複合)原価計算。

(a)単一または出力または単位原価計算:

これは、継続的な製造活動によって判明した便利な製品単位でコストを確認する原価計算の方法です。 原価計算の単位は、製品の性質に応じて選択されます。

生産される商品の数が少ない場合、各生産単位、たとえば組立工場の自動車のコストが累積されます。 大量生産の場合、コスト単位は便利に固定されます。たとえば、1トンの石炭、1ガロンの油、1メートルの織物、綿のベール、1000のレンガ、1000のタバコなどです。この方法が適用されます自動車、冷蔵庫、タイプライター、テレビやラジオ、鉱山や採石場、製鉄所、レンガ工場、製紙などの場合

(b)運用原価計算:

ここでは、原価単位はプロセス全体ではなく作業です(プロセスは一連の作業で構成されています)。 糸紡績はプロセスですが、一連の操作が含まれます。 これは、標準化された商品またはサービスが一連の反復的で多かれ少なかれ継続的な操作から生産されるという懸念によって採用されています。 懸念事項は、自転車、天井ファン、計量機などの製造に従事している人々です。

(c)営業原価計算:

サービス原価計算とも呼ばれ、製造された商品ではなく、サービスが提供される別個のタイプの原価計算です。 ここでのコストはある期間に対して計算されるため、プロセスコストのバリアントとして扱われます。 この方法は、輸送、電気、ガス、病院、ホテル、教育機関などの事業で採用されています。当然、コスト単位は提供されるサービスに依存します。たとえば、トンキロ、乗客キロ、患者日、学生時間、等

(d)複数(複合)原価計算:

現実の世界では、企業は純粋な職務原価計算または純粋なプロセス原価計算をほとんど使用しません。 ハイブリッドまたは2つのシステムの混合を採用しています。 一般的なのは、両方の要素を組み合わせた2つのシステムのブレンドです。 たとえば、FavrelubaやCitizensの企業は、間違いなく、幅広い規模の紳士や婦人向けの時計を大量生産しています。

But within these watches, they make wide distinctions on the basis of jewels, gold plating, quartz, digital, etc. The same holds good in respect of soft drinks, television sets, automobiles, and the like.


Different Methods of Costing – According to CIMA Terminology: Specific Order Costing and Operation Costing

The various methods may be used in costing which depend upon the nature of industry. In different industries, Nature of products, manufacturing process and output measurement are different.

According to CIMA Terminology, there are mainly two methods of costing:

(A) Specific Order costing (Job costing)

(B) Operation costing (Process costing)

In the (a) category – Job costing, batch costing and contract costing are included where work is done on the basis of specific order.

In the (b) category – Comes process costing where there is continuous flow of production.

All other methods of costing come under these two categories:

(A) Specific Order Costing:

1. Job Costing – In Job costing each job is treated as cost unit and costs are accumulated and calculated for each job separately. It is applied in those industries where production is done on the basis of specific order. For example, engineering or construction industries.

2. Batch Costing – Batch means extension of job work. Batch costing is the method of costing in which each batch is treated as a cost unit and costs are accumulated and ascertained for each batch separately. For example, Biscuit manufacturing unit, Readymade Garment Industry, Manufacturing, Drug Industries.

3. Contract Costing – Contract is actually a big job work. Contract costing is the method of costing where each contract is treated as cost unit and cost are accumulated and ascertained for each contract. For example, Construction of Road, Bridges etc.

(B) Operation Costing:

1. Process Costing – This method is used where production is done on continuous basis. The finished product (output) of one process becomes the input of (Subsequent) next process. In process costing costs are accumulated for each stage or process of production and cost per unit is ascertained for each process separately. A separate account is opened for each process.

2. Unit (Single Output/Operation) Costing – Unit costing is also used in those industries where production is continuous and units are identical. In Unit costing costs are accumulated and ascertained for each element of cost and cost per unit is calculated by dividing the total cost by the number of units produced. For example, steel manufacturing, Brick making, Cement Industry, etc.

3. Operating (Service) Costing – This method is used in industries where service is provided in place of manufacturing goods. For example, Power supply, Railways, Hotels, Hospitals etc. In this method cost of providing service is ascertained.

4. Multiple/Composite Costing – It means the application of more than one method of costing in respect of same product. This type of costing is used in industries where a number of component part are separately produced and then assembled into a final product. For example, Bicycle, Television and Cars etc.


Different Methods of Costing – Based on the Principles of Job Costing Process of Costing

Methods of Costing (Types) :

I. Based on the Principles of Job Costing :

(a) Job costing

(b) Contract costing

(c) Batch costing

II。 Based on the Principles of Process Costing :

(a) Process costing

(b) Operation costing

(c) Departmental costing

(d) Output, Single or Unit costing

(e) Operating or operative or working or service costing

(f) Multiple or composite costing

I. Based on the Principles of Job Costing:

(a) Job Costing:

It is adopted in concerns where the work done is analysed into different jobs, each job being considered as a separate unit of cost. Under this method, the cost of each job and the profit or loss made on each job undertaken is found out separately. A separate account is opened for each job to which all expenses incurred on that job, from the date of commencement till the date of completion are debited.

(b) Contract Costing:

It is also known as Terminal costing which is adopted by concerns undertaking big construction works or jobs called contracts. Under this system, the cost of each contract undertaken and the profit or loss on each contract is ascertained separately. A separate account is opened for each contract to which all the expenses incurred on that contract are debited.

(c) Batch Costing:

Business concerns which undertake the production of components or parts in batches adopt batch costing. Under this system, the cost of each batch is ascertained separately. (Batch means of group of similar products/ identical products). The cost per unit of each batch is ascertained by dividing the cost of each batch by the number of units produced in that batch. Shoe factories, Drug factories, Biscuit factories, readymade garments toy manufacturing concerns etc. adopt this method.

II。 Based on the Principles of Process Costing:

(a) Process Costing:

It is adopted in industries where the products pass through different processes or stages before completion. Under this method, the cost of a product at each process is ascertained. This method is adopted by automobile industries, Soap factories, chemical works, oil refineries, Sugar mills etc.

(b) Operation Costing:

Operation costing is a mere detailed application of process costing. Under this method, the cost of each different operations of a process is ascertained. It is adopted in concerns where the manufacturing process consists of a number of different operations.

For example- Timber works, Toy making units, engineering industries etc.

(c) Departmental Costing:

It is adopted where a concern or factory is divided into many departments. Under this method, the cost of the product come from each department or the cost of operating each department is ascertained separately.

(d) Single or Unit or Output Costing:

Under this method, the cost per unit or output like per ton, per barrel, per kg, per meter, per quintal etc., is ascertained. The cost per unit of output is ascertained by dividing the total costs incurred on a product during a given period of time. This method is applied in mines, queries, beverages, steel works, cement factories etc.

(e) Operating or Operative or Working or Service Costing:

It is adopted in concerns providing services. Under this method, the cost per unit of service rendered by a concern is ascertained.

For example- Transport undertaking ascertains the cost per tonne-kilometer, Electricity Supply Company ascertains the cost per kilowatt hour.

(f) Multiple or Composite Costing:

Multiple costing represents the application of more than one method of costing for ascertaining the cost of the same product.


 

コメントを残します