国内総生産の構成要素(4つの構成要素)

GDPの4つの主要な要素は次のとおりです。1.個人消費支出(C)2.投資支出(I)3.政府による財とサービスの購入(G)4.純輸出(X – M)!

一部のエコノミストは、GDPを支出の合計として測定する別のアプローチを提案しています。

国内総生産(GDP)は、経済の会計期間中に行われたすべての最終支出を考慮に入れることで測定できます。

1. 個人消費支出(C):

(家計による消費支出)—このコンポーネントは、会計期間中に現在の使用のために家計および非営利団体によって購入された消費財およびサービスの金銭的価値を測定します。 これらは、耐久消費財、半耐久財、非耐久財、およびサービスに分類されます。 (セクション6.6パート3(1)を参照)概して、この消費財の分類は、消費財が使用されている期間に基づいています。 個人消費支出には、これらすべてのカテゴリの商品およびサービスに対する支出が含まれます。

2. 投資支出(I):

投資とは、一定期間における資本の物理的ストックへの追加を意味します。総民間国内投資は、この点に関する総額を示します。 投資には、機械住宅の建設、工場やオフィスの建設、企業の商品目録への追加が含まれます。

中間財は他の財を製造する過程で使い果たされるが、資本財(機械、建物など)は他の財やサービスの生産で部分的に使い果たされる。 これは、固定資本財の減価償却と呼ばれます。

減価償却とは、生産物を生産する過程で消費または使い果たされた既存の資本ストックの価値の低下です。{セクション6.6パート14を参照]投資は総額でも純額でもかまいません。 総投資には減価償却費が含まれますが、純投資は総投資額から減価償却費を差し引いて得られます。

投資は、さらに次の4つのカテゴリに分類されます。

(a)事業設備投資:

これは、工場や設備などの新たに生産された資本財の購入にビジネスユニットが費やす金額です。 総事業固定投資は、新しく生産された固定資本財に費やされた総額です。 減価償却費がそこから差し引かれると、純事業固定投資が得られます。 減価償却は固定資本財でのみ発生することに留意してください。

(b)在庫投資(または在庫の変更):

これは、完成品、半完成品、および原材料の販売を待っている最終製品の在庫(在庫)の正味の変化です。 これらは、最終生産物の現在の販売に含まれていない現在生産されている商品を表すため、含まれています。

(c)住宅建設投資:

これは、アパートや住宅の建設に費やされた金額です。 減価償却が差し引かれない場合、投資は総額と言われます。 純投資は、総投資から減価償却を差し引いたものです。

(d)公共投資:

これには、道路、橋、運河、学校、病院などの建物の形での政府による資本の形成が含まれます。

3. 商品およびサービスの政府による購入(G):

このコンポーネントは、商品とサービスに対する政府の支出をまとめたものです。 これには、(i)中間財の購入、および(ii)政府が支払う賃金および給与が含まれます。 政府による購入はすべて、政府の生産物の代理測定です。

そのような政府による購入は、最終製品の一部として扱われます。 政府が家庭や企業に行う振替の支払いはGDRの一部としてカウントされません。これは、振替の支払いの受取人による消費または投資がCおよびIでカウントされるため、二重カウントを避けるためです。

4. 純輸出(X – M):

外国財に対する国内支出(すなわち輸入)と国内財に対する外国支出(すなわち輸出)の違いを示しています。 したがって、国の輸出(X)と輸入(M)の違いは、純輸出(X- M)と呼ばれます。

要約すると、国内総生産(GDP)は、家計による消費支出(C)、企業による投資支出(1)、政府購入(G)および純輸出の合計値です。 (X- M)。 象徴的に:

GDP = C + I + G +(XM)

 

コメントを残します