発展途上国:定義の意味と分類

内容:

  1. 発展途上国の意味
  2. 発展途上国の定義の分類

この記事では、開発途上国について説明します。 この記事を読んだ後、以下について学習します。1.発展途上国の意味2.発展途上国の定義の分類。

発展途上国の意味

ユージン・ステイリーは、 「(i)慢性的で一時的な不幸の結果ではない大量の貧困、および(ii)生産と社会組織の時代遅れの方法によって特徴付けられる国。貧困は貧困によるものではないことを意味する」天然資源、したがって他の国ですでに証明されている方法によっておそらく減少する可能性がある」。

この未開発の定義は非常に満足のいくものです。 国連の専門家グループは、「私たちは「開発途上国」という用語の解釈に多少の困難を抱えています。 アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、西ヨーロッパの1人当たり実質所得と比較した場合、1人当たり実質所得が低い国を意味します。 この意味で、適切な同義語は貧しい国でしょう」。

インドの計画委員会は、開発途上国を「多かれ少なかれ、一方では未利用または未利用の人材、他方では未開発の天然資源が共存することを特徴とする」と定義しています。 。

ジェイコブ・ヴィナー教授は、開発途上国は「現在の人口をより高いレベルの生活で、または一人当たりの所得レベルはすでにかなり高く、少なからず生活レベルの大人口をサポートしています。」

したがって、この定義は、発展途上の国がより多くの資源を使用して国の全人口により高いレベルの生活を提供する大きな可能性を持っていることを強調しています。

Ragner Nurkse教授は、開発途上国は「先進国と比較して、人口と天然資源に関して資本が不足している」国であるという意見でした。

バウアーとヤミーによると、「開発途上国という用語は、通常、人口の一人当たりの実質所得と資本のレベルが北米、西ヨーロッパ、オーストラリアの基準で低い国または地域を大まかに指す」

繰り返しになりますが、MP Todaroは、「低開発経済とは、低レベルの生活、絶対的な貧困、一人当たり所得、低消費レベル、貧弱な医療サービス、高死亡率、高出生率、外国。"

同様に、グンナーミュルダール教授は次のように述べています。「発展途上国とは、仕事や生活の多くの望ましくない状況の星座がある国です。 生産、収入、生活水準が低い。 生産、態度、行動のパターンの多くは不利であり、不利な制度があります。 これらすべての条件の間には、一般的な因果関係があります。」

サイモン・クズネッツによると、「開発途上国とは、現代の素材と社会技術によってもたらされる機会を活用できず、最低限の自給自足と物質的な快適さを国民に提供できなかった国を意味します。」

オスカー・ランゲ博士は、「未発達の経済とは、資本財の利用可能な在庫が、現代の生産技術に基づいて利用可能な労働力を雇用するのに十分でない経済です」と述べました。

したがって、これらの定義は、開発不足の主な原因を次のように強調しています。

(i)一人当たり所得が低い、

(ii)資本不足、

(iii)未利用の成長の可能性、

(iv)十分に活用されていない人材と天然資源、

(v)開発の社会経済的決定要因の不十分な基盤、

(vi)正統的で非効率的で伝統的な生産技術と

(vii)不十分な人間開発指標。

したがって、「開発途上国」という用語を定義することは簡単な作業であることがわかります。 しかし、「開発途上」という用語は、「国の貧困」を表し、これは時間の経過とともにかなり変化しています。 繰り返しますが、国民は一人当たりの実質所得に基づいて貧富に分類されました。

再び「当初」と呼ばれていた貧しい国々ですが、徐々に「未開発」と呼ばれ、「未発達」、そして「第三世界諸国」と発展途上国と呼ばれています。

発展途上国の定義の分類:

前述の未開発の定義は、大きく分類できます。

(i)貧困と低所得に基づく、

(ii)十分に活用されていないリソースベースおよび

(iii)資本不足に基づく。

ユージンステイリー、サミュエルソン、バウアー、ヤミー、トダロ、グンナーミュルダール、国連の定義は貧困と低所得に基づいていますが、ジェイコブビナーと計画委員会の定義は十分に活用されていないリソースに基づいています。 再び、ラグナール・ヌルクセ、サイモン・クズネッツ、オスカー・ランゲの定義は資本不足に基づいています。

しかし、近年、アマルティア・セン、ジャン・ドレーズなどの経済学者は、識字率の低さ、幼児の死亡率の高さ、一人当たりの電力消費の低さ、社会福祉、貧弱な平均カロリー摂取など。

国連と世界銀行の分類

最近、国連の出版物は開発途上国を「発展途上経済」と記述しており、これはこれらの経済で開発プロセスが開始されたことを意味します。 このように、国連の出版物は世界経済を「先進国と未開発国」に分類しています。

世界の総GNIの数値は、さまざまなコンポーネントに加算されません。GNIは、世界銀行が以前に使用したGNP(Gross National Product)と同じです。

括弧内の数字は、それぞれの列の世界合計の割合です。

出典:World Bank(2007)のWorld Development Reportから編集。

世界銀行のWorld Development Report(2007)は、一人当たりの国民総生産(GNP)に基づいて、世界のさまざまな国を分類しています。

したがって、発展途上国は以下に分類されます。

(a)2005年に一人当たりGNPが875ドル以下の低所得国および

(b)一人当たりGNPが876ドルから10, 725ドルの中間所得国。

一方、経済協力開発機構(OECD)のほとんどのメンバーである他の国は、一人当たりGNPが10.725ドルを超える高所得国のグループに属しています。 表1.1は、この分類を明確にします。

表1.1は、2005年の低所得国の総人口が23億5300万人であり、世界の総人口のほぼ36.5%を占めていることを示しています。 しかし同じように、これらの低所得国のGDPの合計は、世界のGNI全体の2.7%近くを占めています。

中所得国は、低所得国よりも少し発展しているため、世界人口のほぼ48.0%に避難所を提供していますが、同時に、その総生産は世界GNIの16.5%を占めています。

これら2つのグループを両方とも「開発途上国または未開発経済」と一般にブランド化することで、これらの国は世界人口のほぼ84.0%を占めるが、世界GNIの19%しか占めていないことがわかります。 アフリカ、アジア、ラテンアメリカのほとんどの国とヨーロッパのいくつかの国がこのグループに含まれます。

一方、高所得経済には世界人口の16%近くが含まれていますが、大部分、つまり世界GNIの79.0%を占めています。 したがって、世界の人口の大部分は最悪の経済的困難に直面しているのに対し、高所得経済圏に住んでいる人口のわずかな割合が大きな割合を占めています。

表1.1はさらに、インドが世界の総人口の17.0%に避難所を提供し、世界GNIのわずか1.8%のシェアを持つ世界で最も貧しい国の1つであることを明らかにしています。 2005年、インドの1人当たりのGNIは720ドルで、中所得国では2640ドル、高所得国では35, 131ドル、全世界では6, 987ドルでした。

これらの国連および世界銀行の発展途上国および先進国の分類の分析から、次の点を観察できます。

第一に、これらの豊かな国と貧しい国の間には、所得に大きな不平等が存在します。

第二に、一人当たり所得に関する富裕国と貧困国の格差は徐々に拡大しています。

第三に、高所得国のグループ内の異なる国は必ずしも先進国ではありません。

たとえば、高所得国の石油輸出国は、すべて先進国ではありませんが、非常に高い価格で石油を輸出しているため、一人当たりの所得が高い状態を維持しています。

したがって、上記のすべての後進国の定義を考慮すると、次のことがわかります

(a)未開発経済の特徴は、一人当たりの所得が低いことです。

(b)発展途上国における「大量貧困」のvalence延は、低レベルの開発に起因している。

(c)これらの経済における大量貧困は、貧困層と

(d)これらの経済における大量貧困は、時代遅れの生産方法から生じているが、貧しい天然資源や社会的搾取からではない。

 

コメントを残します