企業と産業の均衡

会社の均衡:

均衡とは、そこで働くさまざまな力の完全な調整があり、変化への誘因がない状況を示します。

理想的な状態です。 それが、消費者が最大の満足を導き出しているとき、消費者が平衡状態にあると言われる理由です。 なぜ彼は何か変更を加える必要があるのですか?

企業は、生産を拡大または縮小するインセンティブがない場合、均衡状態にあると言われます。 企業は、最大の金銭的利益を獲得している場合にのみ、出力レベルを変更することを望みません。 したがって、最大の利益を上げるか、最小の損失を被ることは、企業の均衡の重要な条件です。 現在、企業の均衡の条件について完全に議論します。

通常、企業の均衡は限界費用と限界収益の観点から議論されます。 さて、企業の均衡状態を説明する前に、限界収益の概念と平均収益との関係を説明する必要があります。

平均収益と限界収益:

平均収益は、限界収益と慎重に区別する必要があります。 平均収益は、販売された商品の単位あたりの収益です。 これは、総収益を販売単位数で割ることにより求められます。 しかし、商品の異なるユニットは同じ価格で販売されるため、市場では、平均収益は商品が販売される価格に等しくなります。 したがって、平均収益は価格を意味します。 これは、売り手の収益と消費者の価格です。

ARカーブ:

需要曲線と同じです。 消費者の需要曲線は、価格と需要量のグラフ関係であるため、買い手の提示価格は売り手の観点からの収益であるため、商品のさまざまな金額が販売される平均収益または価格も表します。 したがって、企業の平均収益曲線は、消費者の需要曲線と実際に同じものです。

一方、企業のあらゆるレベルの生産における限界収益は、製品の別の(追加の)ユニットの販売によって得られる純収益です。 代数的には、1単位ではなくn単位の製品を販売することで得られる総収益への追加です(nは任意の数)。

最初の定義の「ネット」という言葉は重要です。 より多くの製品が販売されているときに製品の価格が下がった場合、それは以前のユニットの損失を伴い、以前はより高い価格で販売され、現在は追加の製品とともに割引価格で販売されます。 前のユニットでのこの損失は、追加ユニットで獲得した収益から差し引く必要があります。

たとえば、企業が7単位のアウトプットをRsの価格で販売している場合。 ユニットあたり16で、7ではなく8ユニットを販売したい場合、製品の価格はRsに下がります。 ユニットあたり15の場合、限界収益はRsと等しくなりません。 Rsの価格で販売された7つのユニットのため、8番目のユニットが販売される15。 16前も、Rsの割引価格で販売する必要があります。 15.それは、前の7ユニットのそれぞれで1ルピーの損失を意味します。

前のユニットの合計損失はRsに等しくなります。 7.したがって、この7ルピーの損失はRsの価格から差し引かれるべきです。 限界収益を考慮しながら、8番目のユニットの15。 したがって、この場合の限界収益はRsになります。 15 — Rs。 7 = Rs。 Rsではなく8。 15、これは平均収益です。

次のように、追加のユニットを販売する前と販売した後の合計収益の差を取り出すことにより、限界収益を直接見つけることもできます。

7ユニットがRsの価格で販売された場合の総収益。 16 = 7 X 16 = Rs。 112。

8ユニットがRsの価格で販売された場合の合計収益。 15 = 8 X 15 = Rs。 120。

したがって、限界収益または8番目のユニットで獲得した純収益= 120—112 = Rs。 8。

したがって、n番目のユニットの限界収益

= n— 1単位からn単位への合計収益の差。

= n番目のユニットの価格から、価格引き下げによる以前のユニットの収益の損失を差し引いたもの。

一般的に、限界収益は上記の式で示される価格よりも低くなります。 しかし、完全な競争では、企業が支配市場価格で任意の金額を販売できる場合、限界収益は前のユニットで損失が発生しないため、平均収益と等しくなります。 したがって、完全な競争の下では、MRとARは一致します(図26.2を参照)。

限界収益と平均収益の関係

以下の表を使用して、さまざまなレベルの出力での限界収益、平均収益、合計収益の関係をより完全に検討してみましょう。 この表は、仮想会社の状況を表しています。

総収入、平均収入、限界収入のスケジュール:

上記の表から明らかなように、平均収益と限界収益は異なるものであり、混同しないでください。 列2は平均収入を示し、列4は限界収入を示します。 限界収益は、表の総収益列から導出されています。 したがって、2ユニットから3ユニットに移行する場合、限界収益は18であり、これは60から42を引くことで求められます。 表はさらに、平均収益が低下している場合、限界収益が平均収益よりも少ないことを示しています。

ARおよびMR曲線の形状:

不完全な競争の下で:

上記の平均収益と限界収益のスケジュールを曲線に変換すると、2つの下向きの傾斜曲線が得られ、限界収益曲線は平均収益曲線を下回っています。 これを図26.1に示します。 ARは、平均収益曲線およびMRです。 点線の曲線は、限界収益曲線です。 図に示すように、平均収益と限界収益のこの乖離は、企業が独占または不完全な競争の条件下で働いているときに実際に見られます。

ARカーブの低下によって示されるように、価格が下落している場合、限界収益(MR)は常に平均収益(AR)よりも小さくなければならないことは明らかです。 。 そのため、MR曲線はAR曲線の下にあります。

上記で、平均収益曲線が下に下がると、限界収益曲線はその下(または左)にあると述べました。 ここで、左にどれだけ遠くにあるかという疑問が生じます。 図26.1に示すように、限界収益曲線と平均収益曲線の両方が直線で下向きに傾斜している場合、限界収益曲線はY軸に垂直に描かれたAR曲線から任意の線を二等分します。 つまり、Dが平均収益曲線のいずれかのポイントであり、DBからDからY軸に垂直線を引く場合、限界収益曲線MRはこの垂直線の中央、つまりBC = CDのCを通過する必要があります。

完全競争下:

完全な競争では(図25.1)、企業の平均収益曲線は水平直線です。 これは、完全な競争下にある個々の企業が独自の行動で価格に影響を与えることができないためです。 売り手は、完全な競争の下で、支配的な市場価格であらゆる量の商品を売ることができます。 この場合、平均収益曲線が水平線の場合、限界収益曲線は平均収益曲線と一致します。

これは、追加のユニットが以前と同じ価格で販売され、以前のユニットで損失が発生しないためです。これは、追加のユニットの販売が価格を押し下げた場合に発生します。 完全競争下にある企業の平均収益と限界収益曲線を図26.2に示します。

企業の均衡の条件:

私たちは現在、企業の均衡状態を議論する立場にあります。 ここでは、一般的な企業の均衡状態の分析のみを試み、特定の市場形態に関する分析は試みません。

仮定:

企業の均衡を説明する前に、起業家、つまり企業の所有者は合理的であると仮定します。 起業家の合理性は、彼がお金の利益を最大化しようとすることを意味します。 これは生産理論の基本的な仮定であり、これなしでは企業の均衡を簡単に説明することはできません。 さらに、会社は1つの製品のみを生産すると仮定します。

ただし、複数の製品を扱う会社の場合でも、当社の条件は引き続き有効です。 しかし、企業が2つ以上の商品を生産する場合、特定のその他の合併症が発生するため、この段階では回避したいと考えています。 企業の均衡は、限界収益曲線と限界費用曲線を使用して説明できます。

以下で説明する企業の均衡には2つの条件があります。

最初の条件:MRとMCの平等:

最大の利益を上げている企業は均衡状態にあります。

出力の追加ユニットの販売から生じる収益への追加が、その追加ユニットの生産によって引き起こされるコストへの追加よりも大きい限り、出力を拡大することによって総利益を増やすことができることは明らかです。 現在、追加の出力単位による総収益と総コストへの追加は、それぞれ限界収益と限界コストに他なりません。 したがって、企業は、限界収益が限界生産コストを超える限り、生産量を拡大し続けます。

いずれかの出力で、限界収益が限界費用に満たない場合、つまり、出力の追加単位が費用よりも収益に追加される量が少ない場合、企業は損失を回避して利益を増やすために出力を縮小します。 限界収益と限界費用が等しい出力のレベルは、最大利益のポイントです。

限界収益と限界費用の平等がこの点に達する前に、企業は、費用よりも収益に多くを追加しているため、より多く生産することによって総利益を増やします。 しかし、生産がこの平等のポイントを超えて運ばれると、追加収益が生産単位の生産の追加コストよりも小さくなるため、利益は減少し始めます。

議論全体は、MCが限界費用曲線、MRが限界収益曲線である図26.3の助けを借りて説明できます。 ACとARはそれぞれ平均コストと平均収益曲線です。 出力OMでは、限界費用は限界収益に等しくなります。 これは最大利益のポイントを表し、したがって均衡のポイントを表します。

OMよりも小さいアウトプットでは、限界収益が限界コストを上回っているため、生産量を増やすことで利益を増やす余地があります。 たとえば、出力OLでは、限界収益はLG、限界費用はLH、LGはLHを超えています。 これは、L番目のユニットを生産することにより、企業はコストよりも収益を増やすことになるため、L番目のユニットを生産することで利益を上げることを意味します。

同様に、M番目のユニットを埋める他のすべてのユニットについて、限界収益は限界コストを超えます。したがって、企業はOM出力まで生産することにより、総利益を増やすことができます。 会社がOLでの生産を停止した場合、企業の収益にコストよりも多くのお金を追加する可能性のある生産単位は生産されず、利益は生産OMで得られる可能性よりもGHEの面積だけ小さくなります。 したがって、a。 会社は、OMレベルまでのアウトプットを生み出すインセンティブを持っています。

出力がOMを超えて増加した場合。 限界費用は限界収入を超え、OMアウトプットを超える各追加ユニットの生産は、収入よりも10多いコストを追加します。 たとえば、ON出力では、限界費用はKNであり、限界収益はSNであり、KNはSNより大きいです。 したがって、OMを超える追加ユニットの生産には損失が伴うため、総利益が減少します。 したがって、会社はOMを超えて生産することを望みません。

したがって、限界費用=限界収益の場合、利益は最大であり、企業は均衡状態にあると結論付けます。 ただし、これは1つの条件にすぎません。つまり、必要な条件ですが、十分な条件ではありません。

図26.3では、均衡ポジションにある企業が獲得した総利益を簡単に見つけることができます。 出力OMでは、平均コストはDM、平均収益はQMです。 したがって、ユニットあたりの利益はQDに等しくなり、合計利益は長方形のQDRTに等しくなります。 2番目の条件:MCがMRを下からカットする。

企業の均衡の2番目の条件は、限界費用曲線が限界収益曲線を下からカットしなければならないということです。 企業が均衡限界費用にあるという条件は、限界収益と等しくなければならないことは疑いの余地がないが、十分な均衡条件ではない。 平衡を達成するには、2番目の条件も満たす必要があります。

これは、MCが平衡点でMRを下からカットする必要があるということです。 言い換えれば、均衡生産を超えて、限界費用は限界収入よりも大きくなければならない。 この条件が満たされない場合、企業は最大の利益を得られないため、均衡状態になりません。

図26.4では、MC曲線がPでMR曲線を下からカットするため、ポイントP(つまり出力OMで)もこの2番目の条件を満たします。ポイントを超えると、P、MCはMRより大きくなり、明らかにOMを超えて出力を拡大することは有益ではありません。

ただし、MCがMRに等しいという第1の条件は満たすが、下からMR曲線をカットするMCの第2の条件は満たさない、コストと収益の状況があります。 これを図26.4に示します。 この図では、MRは直線の限界収益曲線です(すでに見たように、直線の限界収益曲線は実際には完全な競争下にある企業が直面しています)。 MCは、企業の限界費用を表します。 ポイントTでは、2つの曲線が交差するため、限界費用は限界収益に等しくなります。 しかし、図から、Tでは限界費用曲線であることが明らかです。

MCは限界収益曲線MRを上からカットしているため、限界費用はポイントTを超える限界収益よりも小さくなります。明らかに、T限界費用は限界収益よりも小さいため、Tは均衡の位置にはなりません。企業が生産量を拡大するのに有益です。 Tまたはアウトプットがオンの場合、企業は最大利益を得る代わりに最大損失を出します。

しかし、ポイントPでは、同じ図で、限界費用曲線は限界収益曲線を下からカットしており、ポイントPを超える限界費用は限界収益よりも大きいため、企業がPを超えて出力を拡大すると、コストがさらに増加し​​ます収益よりも、明らかに不採算な動きです。 したがって、図26.4では、ポイントTではなくポイントPが利益最大化ポイントです。 この均衡位置では、企業は均衡生産OMを生み出しています。

したがって、企業が均衡の位置にあるためには、完全な競争の下で2つの条件が満たされる必要があると結論付けます。

(i)MC = MR; そして

(ii)MC曲線は、平衡出力でMR曲線を下からカットする必要があります。

これら2つの平衡状態は、短期的にも長期的にも良好です。 期間が短いか長いかにかかわらず、企業は利益の最大化を目指しており、利益は上記の2つの条件が満たされた場合にのみ最大化されます。 しかし、1つの違いが残っています。 短期的には短期的な限界費用曲線であり、長期的には限界収益曲線との比較に関連するのは長期的な限界費用曲線です。

繰り返しますが、限界費用が限界収益に等しいというこれら2つの基本的な条件、およびMR曲線を下からカットするMC曲線は、企業が完全競争、独占または不完全競争の下で働いているかどうかに関係なく有効です。 違いは、限界収益と限界費用曲線の形にのみあります。

産業の均衡:

産業均衡の意味:

産業の均衡の概念は、価格決定の分析、特に製品価格決定において非常に重要です。 産出量が増加または減少する傾向がない場合、産業は均衡状態にあると言われます。 現在、産業の生産量は、まず個々の企業による生産量の拡大または縮小によって、次に企業の参入または退出によって変化する可能性があります。 したがって、個々の企業が生産量を変更するインセンティブを持たず、新しい企業が参入する傾向も既存の企業がそれを離れる傾向もない場合、産業は均衡状態にあります。

均衡の条件:

産業が均衡するためには、次の2つの条件が満たされる必要があります。

(a)業界のすべての企業は均衡状態にあるべきです。 これは、限界費用が限界収益に等しく、限界費用曲線が均衡点で限界収益曲線を下からカットする企業の出力で発生します。

(b)2番目の条件は、産業全体が均衡状態にあること、つまり、企業が産業に出入りする傾向がないことです。 これは、すべての起業家、つまり業界の企業の所有者が「通常の利益」、つまり業界にとどまるよう誘導するのに十分なだけの利益を稼いでいるとき、および業界外の起業家が考えていないときに起こります彼はそれを入力する場合、彼は少なくとも彼の通常の利益を稼ぐことができること。

価格(AR)が平均コスト(AC)に等しい場合、業界は通常の利益を得ています。 価格が高ければ、明らかに通常以上の利益が得られており、新しい企業が業界に引き付けられます。 一方、価格が平均コストよりも低い場合、利益は通常よりも少なくなり、一部の企業は業界を去ります。 どちらの場合も、明らかに業界は均衡状態にありません。 AR = ACの場合、平衡状態になります。

したがって、産業の均衡には2つの条件が必要です。

(i)MR =すべての企業のMCおよび

(ii)AR = AC。

産業内の個々の企業がMR = MCの場合に短期的には均衡状態にあるかもしれないが、彼らが超正常利益を獲得している可能性があるため、産業が短期的に完全な均衡を達成できることはめったにない業界に参入する外部企業。 または場合によっては、企業は均衡状態にあり、まだ損失を被っている可能性があるため、それらの一部は業界を去る傾向があります。

したがって、短期的には、業界のすべての企業が均衡状態にある可能性がありますが、業界が均衡状態にある可能性はほとんどありません。 業界内の個々の企業がすべて均衡状態になることはめったにありませんが、同時に、短期的には多かれ少なかれ正常な利益を上げることはほとんどありません。 このようなまれな状況でのみ、業界は短期的に均衡を達成できます。 この種の状況は理論的にのみ可能であり、現実の世界とは無関係です。

したがって、長期的には、経済的要因が自由で完全な調整の範囲を持つことができるため、長期的にのみ産業は均衡を達成できます。 必要な調整がすべて行われると、産業は完全な均衡状態になります。つまり、産業内の個々の企業はすべて均衡状態になり、産業自体も均衡状態になります。

 

コメントを残します