経済成長の古典理論(ダイアグラム付き)

古典的なモデルの基本的なテーマは、経済の進歩的な状態から定常状態への発展でした。 しかし、 「賃金が最低許容レベルに達し、低利益のために純投資が停止するであろう究極の到着は、生産性の高い発明の流れによって無期限に延期される可能性があります。」

古典理論は基本的に、アダムスミス、TRマルサス、デビッドリカルド、J。Sミルなどが提唱した教義の統合です。

これに関連して、次の古典的な命題に言及する価値があります。

1.古典主義者によると、進歩状態の中心的特徴の1つは、高レベルの蓄積であり、利用可能な生産的リソースを追加することにより、労働生産性(土地の生産性)を高めることでコミュニティの生産量を増加させることでした。 累積率は基本的に利益のレベルに依存していました。

2.総利益は、労働の総生産と賃金水準という2つの主要な要因に依存していました。 当然の結果として、それは労働の限界生産性にも依存していました。

3.労働の生産性は、採用された手法と同様に資本のストックに依存した。

4.短期的には、実際の賃金または市場賃金は、人口の増加を保証する自給水準を上回る可能性があります。 しかし長期的には、人口の増加により、賃金は生活水準に近づく傾向がありました。 そして、その結果、人口の増加は止まります。

古典的なモデルは、基本的なBaumolダイアグラムの観点から要約できます。 まず、古典経済の初期段階では、天然資源に比べて人口が少ないと仮定します。 その結果、累積率の利益が得られ、したがって、賃金はすべて比較的高くなります。 また、人口は市場賃金(実際に実際に支払われる賃金)のレベルの変化に比較的迅速に適応すると想定されています。

図5では、生計賃金が常に支払われている場合、総賃金支払いは、原点を通る直線OSによって与えられます。 したがって、OSの勾配(VWをOVで割った値)は、 「総生計賃金支払額を労働人口の規模、つまり1人を最低水準に保つために必要な賃金」で割ったものです。

ここで、OP曲線は、家賃支払い後の経済の総生産を示します。 この曲線は、二重の理由により、上に凸になっています。収益の減少と人口増加に伴う賃料支払いの増加の法則の運用です。

したがって、たとえば、人口が0からOR 1に増加すると、家賃支払い後の総製品はR 1 P 1増加します。 しかし、労働人口が人口の平等な増加よりも大きい場合、今回はOVからORへと、製品(ここではTU)のわずかな増加のみが許可されます。

母集団OR 1から始めましょう。 賃金が生計レベルで固定されている場合、賃金の合計支払額はR 1 S 1であり、金額はS 1 P 1であり、製品合計から家賃と合計の差は利益のために残されます。 これは資本の蓄積につながります。

その結果、経済は拡大する中で労働需要が高いため、賃金はR 1 P 1に引き上げられます。 しかし、この賃金に達すると、労働者は製品全体を食べてしまうため、資本主義者の余剰は完全に消滅します。 そして、蓄積が停止します。

したがって、これは一時的な均衡の位置です。 ただし、高賃金は人口増加を誘発します。 これは、賃金が再び自給レベルに引き下げられるまで続きます。つまり、人口はOR 2に上昇します。 ここでもS 2 P 2によって与えられる利益があるので、蓄積が再び始まります。

その後、賃金の支払いはR2P2に引き上げられ、人口はOR 2まで増加します。 ステップ線S ………によって表される一連のステップにおいて、これは、2つの曲線OPおよびOSが交差する点Wに徐々に近づく。

ポイントWでは、生活水準VWの賃金でも利益はありません。これらの賃金は、総生産から家賃を差し引くためです。 したがって、さらなる蓄積の動機はなく、人口はOVのままです。 古典的な定常状態に到達しているでしょう。

この状態では、人類の質量は一般的に悲惨です。 地主だけがより良いでしょう。 人口の増加により、土地は非常に少なくなり、賃料が大幅に引き上げられました。 技術的な変化や技術革新は、生産性曲線の変化を引き起こし(図のOPからOP 'に)、判断の日を延期するかもしれませんが、大した助けにはなりません。

 

コメントを残します