パートナーシップ会社の特徴

パートナーシップ会社の特徴と特徴について知っておくべきことすべて。 パートナーシップは、個人事業主の短所のために生まれたビジネスの一形態です。

ビジネスが成長して繁栄すると、一人の人間が資本を調達し、日々の業務の面倒を見るだけでは不十分です。 このようなシナリオでは、より多くの人が手をつないで資金を提供し、ビジネスを運営するための他のスキルも提供します。 したがって、パートナーシップは個人事業主の延長であると言われています。

パートナーシップとは、共同で事業活動を行い、利益と損失を共有することを相互に決定した2人以上の人々の団体です。 パートナーシップ契約は書面または口頭で行うことができます。

パートナーシップの機能のいくつかは次のとおりです。

1. 2人以上2.契約3.合法的なビジネス4.登録5.利益の共有6.代理店関係7.無制限の責任8.別の法人ではない9.利子の移転

10.相互信頼と信頼11.パートナーの数12.利益の共有13.プリンシパルとエージェントの関係14.共同所有権15.所有権と管理16.登録17.期間18.資本と少数。


パートナーシップファームの特徴と特徴:合法的なビジネス、契約、利益共有、共同所有、その他

パートナーシップファームの機能:10の重要な機能

パートナーシップ会社の主な特徴は次のとおりです。

1. 2人以上:

パートナーシップ会社を設立するには、少なくとも2人がリソースをプールする必要があります。 パートナーシップ法、1932年には、パートナー数の上限は指定されていません。 ただし、1956年の会社法では、銀行業の場合は10人を超え、その他の業種の場合は20人を超えるパートナーシップまたは協会は、合資会社として登録されていない限り違法であると定めています。

2.契約:

パートナーシップは、契約を締結する能力のある人(例えば、未成年者、狂人、支払不能など資格のない人)の間の合意を通じて成立します。 契約は、口頭、書面、または黙示的です。 ただし、すべてを白黒で配置し、すべての節のある問題を取り巻く霧をクリアすることです。

3.合法的なビジネス:

パートナーは法的に祝福された活動のみを引き受けることができます。 パートナーが実施する違法行為は法的制裁を享受しません。

4.登録:

法律の下では、会社の登録は義務ではありません。 (インドのほとんどの州では、登録は任意です)。 ただし、会社が登録されていない場合、特定の法的利益を得ることができません。 未登録の効果は、(i)クレームの解決のために他の当事者に対して法廷で訴訟を起こすことはできず、(ii)パートナー間の紛争の場合、紛争を解決することはできません法廷を通じて。

5.利益の共有:

パートナーシップ契約では、パートナー間で利益と損失を共有する方法を指定する必要があります。 志を同じくする人々が共同で運営する慈善病院、教育機関は、利益または損失の分配がないため、パートナーシップとは見なされません。 ただし、単に利益を共有するだけでは、パートナーシップの決定的な証拠にはなりません。 この意味で、利益を共有する従業員または債権者は、パートナー間で合意がない限り、パートナーと呼ぶことはできません。

6.代理店関係:

一般的に、すべてのパートナーは、他のパートナーと同様に会社のエージェントであると見なされます。 パートナーは代理店関係にあります。 事業は、すべての代表者として指名された1人のパートナーが共同で実行することができます。 ノミネートされたパートナーが誠実にかつ会社に代わって行う行為は、会社だけでなく他のパートナーにも拘束力があります。

7.無制限の責任:

すべてのパートナーは、パートナーシップによって実行されるすべての活動に対して共同で複数の責任を負います。 言い換えれば、会社の資産が会社の債権者の義務を満たすのに十分でないすべての場合において、パートナーの私的資産も添付することができます。 債権者は、財政的に健全なパートナーを1人確保し、請求を満足させることができます。

8.別個の法人ではない:

同社には独自の個性はありません。 パートナーのいずれかが死亡、破産、または狂った場合、事業は終了します。

9.利子の移転:

パートナーは、他のすべてのパートナーが満場一致で同意しない限り、会社に対する関心を部外者に譲渡することはできません。 パートナーは会社の代理人であり、自分の利益を一方的に部外者に譲渡する資格がありません。

10.相互信頼と信頼:

パートナーシップは、パートナー間の相互信頼、信頼、理解の原則に基づいて構築されます。 各パートナーは、すべての利益のために行動することになっています。 信頼が破られ、パートナーが相互目的で働く場合、会社は自重で押しつぶされます。


パートナーシップ会社の特徴 –契約、パートナー数、合法的なビジネス、利益分配、プリンシパルとエージェントの関係、無制限の責任、その他

パートナーシップ企業の特徴または特徴は次のとおりです。

1.契約:

パートナーシップは、パートナー間またはパートナー間で締結された契約または契約の結果です。 出生、地位、相続、または継承からは発生しません。 個人間の契約または合意は、口頭または書面で行うことができます。 しかし、通常、契約は書面になっています。

2.パートナーの数:

1932年のインドパートナーシップ法のセクション11では、パートナー企業が銀行業を営む場合、企業が持つことができる最大人数は10人であると規定されています。 他の事業を営むパートナーシップ会社の場合、パートナーの数は20になります。パートナーの数が上記の制限を超えると、パートナーシップ会社は違法な団体になります。

3.合法的なビジネス:

パートナーシップ企業の目的は、合法的な事業活動のみを行うことで利益を上げることです。 パートナーシップ事業は、土地の法律に従う必要があります。 盗難、ブラックマーケティング、密輸などの違法行為を行うために結成された協会は、パートナーシップと呼ぶことはできません。

4.利益の共有:

パートナーシップの主な目的は、合意された比率に従って利益を上げ、利益を分配することです。 パートナーシップ契約に利益分配に関する条項が含まれていない場合、1932年のインドパートナーシップ法の規則に従って、パートナーは利益を平等に分配します。非営利団体はパートナーシップと呼ぶことはできません。

5.プリンシパルとエージェントの関係:

各パートナーは2つの能力で行動します。つまり、彼はプリンシパルでありエージェントでもあります。 エージェントとして、彼は彼の行為によって、そしてプリンシパルとして他のパートナーを縛ることができます。 彼は他のパートナーの行為に拘束されています。 各パートナーは、プリンシパルおよび他のパートナーの能力において部外者と取引する権利を有し、すべてのパートナーはエージェントです。

6.無制限の責任:

インドでは、すべてのパートナーシップ会社はゼネラルパートナーシップであり、すべてのパートナーの責任は無制限です。つまり、すべてのパートナーは会社の負債の支払いに対して共同で責任を負い、個人の財産でさえ会社の債務の回収に利用できます。

7.共同所有権:

各パートナーは会社の財産の共同所有者であるため、法律上、会社とパートナーは同一のものと見なされます。 パートナーシップは、それを構成するパートナーとは別に存在しません。

8.最大限の誠実さ:

それは、お互いのパートナーの信頼と信頼を意味します。 各パートナーは、会社の最善の利益のために働かなければなりません。 彼は、パートナーの誠実さを達成し、維持するよう努力しなければなりません。 パートナーは密かに利益を上げるべきではなく、事業に直接または間接的に関連するすべての情報を開示する必要があります。

9.利息の非譲渡性:

パートナーは、他のパートナーの同意なしに、会社に対する関心を部外者に譲渡することはできません。 パートナーの入場と退職には厳しい制限があります。 パートナーに関する変更は、契約に従って、またはすべてのパートナーの同意を得て行われます。


パートナーシップファームの特徴-12の特性:所有権、相互信頼と信頼、登録、期間、資本、個別の個性がない、その他

組織のパートナーシップ形式の特徴は、以下のとおりです。

1. 2人以上:

パートナーシップ形式の組織を開始するには、最低2人が必要です。 パートナーの最大数は、1932年のパートナーシップ法では規定されていませんが、会社法では、銀行業ではパートナーの最大数は10(10)であり、非銀行業では20パートナーに制限されています。

2.契約または契約:

パートナーシップ会社は、ビジネスを運営し、利益を上げるための2人以上の人の間の契約です。 この契約は、口頭、書面、表明、または黙示で行うことができます。

3.合法的なビジネス:

パートナーシップ契約の目的は、政府によって法的に許可されている事業を運営し、利益を上げることです。 慈善活動やソーシャルワーク、またはブラックマーケティングや密輸などの違法な活動を行うためのパートナーシップは含まれていません。

4.利益と損失の共有:

パートナーシップ組織では、パートナーはパートナーシップ契約に書かれた割合に従って利益を分配します。 ビジネスが損失に直面した場合、比例して共有されます。

5.責任:

パートナーの責任は、個人事業主の場合のように無制限です。 パートナーは、会社の債権者に対して個別および集合的に責任を負います。 したがって、債権者は、会社の資産が不足している場合、1つまたはすべてのパートナーの私有財産から会費を回収する権利を有します。

6.所有権と管理:

すべてのパートナーには、ビジネスの管理に参加する権利があります。 したがって、所有権と管理権はパートナーによって共同で保持されます。 主要な決定を下すには、すべてのパートナーの満場一致の同意が必要です。

7.相互信頼と信頼:

相互信頼と信頼は、パートナーシップ契約に必要な基盤を提供します。 すべてのパートナーは、他のパートナーと会社の利益のために行動することが期待されています。 彼は、彼の共同パートナーとのすべての取引に最大限の誠実さを守らなければなりません。 彼は真のアカウントを提供し、会社のビジネスから秘密の利益を得ないか、競争力のあるビジネスを立ち上げなければなりません。

8.利子の移転の制限:

パートナーが契約でシェアを譲渡したい場合、またはパートナーが契約から撤回したい場合、他のすべてのパートナーの承認を得てのみ、パートナーはそれを行うことができます。 したがって、パートナーは自分の意志で関心を移すことはできません。

9.登録:

パートナーシップ会社を設立するには、登録は必須ではありません。 ただし、パートナーがそのように決定した場合、会社の登録機関に登録される場合があります。

10.期間:

パートナーシップ会社は、パートナーの喜びに関して継続しています。 法的に、パートナーが死亡、退職、または支払不能になった場合、パートナーシップは終了します。 ただし、残りのパートナーが元の会社の名前で協力することに同意した場合、その会社は解散せず、退社するパートナーの請求を解決した後、事業を継続します。

11.資本金:

会社の財政または資本は、合意された割合でパートナーによって提供されます。 熟練した人は、資本の寄付なしでパートナーシップを結ぶことができます。

12.個別の個性はありません:

組織のパートナーシップ形式には、パートナーとは別のエンティティがありません。 すべての契約と契約は、パートナーと会社の両方に適用されます。


パートナーシップファームの特徴-形成、責任、リスク負担、意思決定、管理、継続性、メンバーシップ、相互エージェンシー

(i)形成

パートナーシップは、1932年のインドパートナーシップ法に準拠します。これは、パートナー間の関係、損益の共有、およびビジネスの実施方法を規定する条件が規定された法的合意を通じて成立します。 ビジネスは合法であり、利益を動機として運営されなければならないことに注意する必要があります。 したがって、慈善目的で一緒に来る2人はパートナーシップを構成しません。

(ii)責任

会社のパートナーには無制限の責任があります。 個人資産は、事業資産が不足している場合に借金を返済するために使用できます。 さらに、パートナーは負債の支払いに対して共同および個別に責任を負います。

共同で、すべてのパートナーは負債に対して責任があり、彼らはビジネスにおける彼らのシェアに比例して貢献するので、その範囲で責任があります。

個々に、各パートナーは、ビジネスの負債を返済する責任を負うことができます。 ただし、このようなパートナーは、後でパートナーシップ契約に従って定義された負債の株式に相当する金額を他のパートナーから回収できます。

(iii)リスク負担

パートナーは、チームとして事業を運営することに伴うリスクを負います。 報酬は、合意された比率でパートナーが共有する利益の形で提供されます。 ただし、企業が損失を被った場合にも、同じ割合で損失を共有します。

(iv)意思決定と管理

パートナーシップ会社の活動は、すべてのパートナーの共同の努力によって管理されています。 パートナーは、日々の活動の意思決定と管理の責任を共有しています。 通常、決定は相互の同意を得て行われます。

(v)連続性

パートナーシップは、パートナーの死亡、退職、破産、または狂気で終了します。 ただし、残りのパートナーは、新しい契約に基づいてビジネスを継続できます。

(vi)メンバーシップ

パートナーシップ会社を設立するのに必要なメンバーの最小数は2人ですが、銀行業界の場合は最大10人、他の企業の場合は最大20人です。

(vii)相互代理店

パートナーシップビジネスは、すべてまたはすべてのパートナーのいずれかによって実行されます。 つまり、すべてのパートナーはエージェントでありプリンシパルでもあります。 彼は他のパートナーの代理人であり、彼らを代表し、それによって彼の行為を通して彼らを拘束します。 彼は他のパートナーの行為に拘束される可能性があるため、彼は校長です。


パートナーシップ会社の特徴-形成、財務、管理、事務管理、パートナーシップ期間、課税および共同所有

1.形成:

パートナーシップはパートナー間の契約によって構成されますが、その形成に法的手続きは必要ありません。 口頭での契約で十分です。 ただし、書面による合意を減らし、パートナーシップの条件とパートナーの権利、義務、義務を定めた適切に作成されたパートナーシップ証書またはパートナーシップ条項を作成することをお勧めします。

パートナーシップ会社の登録は、当社の法律では義務付けられていません。また、未登録に対してペナルティが課されることもありません。 ただし、法律は特定の障害を導入しているため、一時的に登録が必要になります。 実際、法律は、強制的にすることなく企業の登録を効果的に保証しています。 最初の障害は、未登録の会社が契約から生じる権利を行使するために訴訟を起こしたり、他の法的手続きをとることができないことです。

第二に、パートナーは、契約の下で生じた、またはパートナーシップ法により授与された会社または他のパートナーを見ることができません。 しかし、部外者は未登録の会社とそのパートナーを訴えることができます。

2.ファイナンス:

通常、パートナーシップ会社の資本は、さまざまなパートナーから提供された金額で構成されます。 すべてのパートナーによる資本拠出は平等である必要はなく、1つまたは複数の資本がまったく資本に入れられない場合もあります。 これは、そのようなパートナーが特別なスキルと能力をもたらす場所で起こります。 企業の資産の安全性とパートナーの私有地の強さを借りることにより、初期資本を増強したり、ビジネスの拡大のためにそれ以上を獲得したりできます。

3.コントロール:

パートナーシップは契約から生じるため、コントロールはその条件に依存します。 すべてのパートナーがパートナーシップビジネスの実施に積極的に参加する場合、管理はすべてのパートナーに委ねられます。 すべての主要な決定は、すべてのパートナーの全員一致の同意によって行われなければなりません。 ただし、ビジネスの実施に積極的に参加しないパートナーが存在する場合があります。 彼らは、眠っている、眠っている、または秘密のパートナーとして知られています。 つまり、コントロールは通常、アクティブまたは表向きのパートナーによって共有されます。

4.事務管理:

法律では、すべてのパートナーは、会社の事業の実施と管理に参加する権利を持っています。 実際には、パートナーシップ契約は、経験と知識に応じてさまざまなパートナー間で作業を分割することを規定しています。 そのうちの1人が最高経営責任者の地位にあり、全体的な監督を行うシニアパートナーになることは珍しくありません。

5.パートナーシップの期間:

パートナーは、パートナーシップの期間を修正するか、それについて何も言わないことができます。 彼らが一定期間ビジネスを続けることに同意する場合、それは一定期間のパートナーシップと呼ばれます。 契約期間が終了すると、パートナーシップは終了します。 ただし、当初の期間が終了した後も事業を継続する場合、更新されたパートナーシップは自由にパートナーシップになります。

特定の冒険のためにパートナーシップが形成される場合、それはおそらくビジネスが終了するまで続く特定のパートナーシップと呼ばれます。 パートナーが期間について何も言わない、または彼らがそうすることを望む限りビジネスを引き継ぐことに同意する場合、パートナーシップは意のままです。 パートナーの通知により、パートナーの意志で解散できます。 パートナーが会社の解散に同意できない場合、裁判所は、申請時に解散を命じることができます。

6.課税:

パートナーシップ会社は、個人が支払う義務があるため、所得税およびその他の税金を支払う義務があります。 しかし、会社が所得税法に基づいて登録されているかどうかによって、税率に関してわずかな違いがあります。 登録されている場合(パートナーシップ法に基づく登録を除く)、収入はパートナー間で分配され、各パートナーは個別に評価されます。 会社が登録されていない場合、会社は個々のパートナーの収入とは別に、その総利益に税金を支払う必要があります。

7.共同所有権:

すべてのパートナーは、パートナーシッププロパティの共同所有者であり、別の共有が合意によって提供されない限り、同等のシェアを持ちます。 会社の財産は、パートナーシップの目的にのみ使用する必要があります。


パートナーシップファームの特徴– 7つの主な特徴:2人以上、契約、合法的なビジネス、利益の共有、相互エージェンシー、その他

パートナーシップ会社の主な特徴は次のとおりです。

1. 2人以上

パートナーシップを形成するには、少なくとも2人必要です。 会社が銀行業を営んでいる場合、パートナーシップで認められる最大人員は20人と10人です。

2.契約:

パートナーシップ証書と呼ばれるパートナーシップを形成するための合意が必要です。 パートナーシップは、1872年のインド契約法に基づいて契約する能力のある2人以上の個人間の契約から生まれます。契約は、書面または口頭で行うことができます。 将来の紛争や相違を回避するために、書面による合意が望ましい。

3.合法的なビジネス

パートナーシップは、合法的なビジネス、貿易、または職業を続けて利益または利益を得るために形成されます。 したがって、パートナーシップは、法律、違法行為、および違法行為によって禁止されている事業を行うことはできません。

4.利益の共有:

パートナー間で、合意された比率でパートナーシップ会社の事業の利益と損失を共有するための合意が必要です。 これは、パートナーシップの基本的な要素の1つです。 2人以上が共同で何らかの財産を所有し、その収入を共有している場合、それはパートナーシップとして扱われません。 利益分配率は通常、契約で指定されています。 利益分配率がない場合、すべてのパートナーが利益と損失を等しく分配します。

5.相互エージェンシー (すなわち、主な代理人関係):

会社の事業は、すべてまたはすべてのために行動する1つ以上のパートナーによって継続されます。 すべてのパートナーは、会社の業務の管理に参加する資格があります。 あるパートナーは、他のパートナーに代わってビジネスの活動を管理することを許可される場合があります。 その場合、すべてのパートナーは彼の行為に拘束されます。 したがって、各パートナーはエージェントとプリンシパルの両方です。 パートナーは、他のパートナーの代理人であり、自分自身のプリンシパルです。

6.個別の法的存在なし

パートナーシップには、別個のまたは明確な法的人格や生活はありません。 会社とパートナーは互いに切り離せません。

7.無制限の責任

パートナーの責任は無制限です。 すべてのパートナーは、出資された資本に関係なく、共同で複数の責任を負います。 会社の所有物と個々のパートナーの所有物の間に区別はありません。つまり、パートナーの個人的な所有物は常に危険にさらされています。 損失が発生した場合、パートナーは、必要に応じて個人資産または個人資産から損失を支払う責任があります。


パートナーシップ会社の特徴–メンバー数、ビジネスの存在、契約関係、法的ビジネス、代理店関係、無制限の責任、その他

1.メンバー数/ 2人以上:

パートナーシップ会社を設立するには、最低2人が必要です。 パートナーの最大数には制限があります。 銀行会社は最大10のパートナーを持つことができますが、他の企業は最大20のパートナーを持つことができます。

2.ビジネスの存在:

パートナーは何らかのビジネスを続けなければなりません。 彼らが何らかの社会的、宗教的、または慈善的な仕事を遂行するために集まった場合、そのような人の協会はパートナーシップ会社とは言えません。

3.契約関係:

パートナー間の関係は、共同ヒンドゥー教の家族のようにステータスからではなく、契約から生じます。 口頭で、書面で、または暗示されるかもしれないパートナー間の合意がなければなりません。 契約の資格がある個人のみがパートナーシップ契約を締結できます。 未成年者、狂人、破産者、非常識者は、有効な契約を結ぶことはできません。

4.法律/法律ビジネス:

すべてのパートナーは、合法または合法的な事業のみを行うことに同意する必要があります。 パートナーシップ法1932では、違法なビジネスは許可されていません。

5.代理店関係:

すべてのパートナーには代理店関係があります。 パートナーシップの存在は、この代理店関係のみに基づいています。 パートナーシップのビジネスは、すべてのパートナーが一緒に実施することも、他のパートナーに代わっていずれかが実施することもできます。 これは、すべてのパートナーが会社の他のすべてのパートナーの代理人であることを意味します。

6.無制限の責任:

個人事業者の場合と同様、パートナーの責任は無制限です。 パートナーは、会社の負債に対して個人的に責任を負います。 会社のパートナー間の契約関係のため、それらはすべて、会社のすべての債務と義務に対して共同で、また複数の責任を負います。 企業の資産が企業の負債または負債を満たすのに十分でない場合、彼らの私有資産、私物、富、財産は企業の負債に対して責任を負います。

7.利益の共有:

すべてのパートナーシップ企業は、事業活動から生じる利益を共有する目的を持たなければなりません。 そして、このためには、会社のビジネスの利益と損失を共有するための合意がなければなりません。 利益の共有はパートナーシップの本当のテストではありません。従業員と債権者も利益を共有しますが、パートナーシップの合意がない限り、パートナーと呼ぶことはできません。

8.株式の譲渡:

パートナーは、他のパートナーの同意なしに自分の株式を部外者に売却または譲渡することはできません。 パートナーシップ会社では、株式の無料譲渡は不可能です。

9.プリンシパルとエージェントの役割:

パートナーは、同時にプリンシパルおよびエージェントとして行動しています。 第三者または部外者にとって、パートナーはプリンシパルであり、会社のパートナーにとっては彼は単なる代理人です。

10.高いチーム精神とモチベーション:

パートナーシップの本質は、高いチームスピリット、高いモチベーション、相互信頼、協力、お互いへの信頼です。 これらすべてがパートナーシップ企業に長生きをもたらし、団結も保証します。

11.法的地位:

パートナーシップ会社とパートナーは互いに切り離せません。 彼らは、会社の事業とは別の法人を持ちません。 パートナーシップ会社は、パートナーの死亡または破産により終了することができます。

12.課税:

所得税法は、パートナーシップ会社にいくつかの税金を課しています。 さまざまなタイプのパートナーシップ会社にさまざまな税金が課されます。 登録されている企業の場合、利益はパートナー間で分配され、税はパートナーの収入に対して個別に課税されます。 そして、会社が登録されていない場合、それによって得られた収入全体に対して税金が課されます。


パートナーシップ会社の特徴 - パートナーの数、無制限の責任、行為、利益と分配の獲得、および利子の移転の制限

(i)パートナーの数:

パートナーシップには、少なくとも2人のメンバーが必要です。 なんらかの事情により、メンバーシップが1になった場合、パートナーシップの強制終了になります。 その状況では、それは唯一のトレーダーシップになります。

1932年のインドパートナーシップ法は、最大数のパートナーについては言及していませんが、この病気は1956年のインド会社法によって削除されました。セクション11では、通常のビジネスの場合、最大20人のメンバーがいることが強調されています銀行および保険事業の場合、この数は10を超えることはできません。

(ii)無制限の責任:

唯一のトレーダーシップと同様、パートナーシップにおいても、パートナーの責任は無制限です。 したがって、彼らは投資された資本まで責任があるだけでなく、彼らの個人資産からも責任があります。

(iii)行為:

1932年のインドパートナーシップ法によると、パートナー間で何らかの契約または行為を行うことが不可欠です。 それは書面または口頭であるかもしれませんが、それが書かれている場合、それはより良いです。 パートナーシップのビジネスのすべての条件は、将来のあらゆる種類の紛争を避けるために、ビジネスの初めにこの行為で指定されます。

証書の内容には、一般的に以下に関連する文書が含まれています。

(a)他の既存の名前に似せてはならず、クラウン、皇帝、皇后、帝国、王、女王、王室または議会などの名前を付けてはならないことに留意すべき会社の名前と住所;

(b)パートナーの名前と住所。

(c)ビジネスの範囲。

(d)ビジネスの性質;

(e)パートナーシップの期間。

(f)パートナーが投資した資本。

(g)パートナーへの、およびパートナーによる融資。

(h)損益の割合。

(i)会計帳簿の検査。 そして

(j)パートナーシップの解消。

(iv)利益と分配の獲得:

パートナーシップの主な目的は、利益を獲得し、それをパートナー間で分配することです。 利益の動機以外の目的は、何らかの方法で社会に奉仕することを目的とするパートナーシップと呼ぶことはできません。

(v)利子の移転の制限:

パートナーは、他のパートナーの事前の同意なしに自分のシェアを誰にも譲渡することはできません。 この目的のために、コンセンサスの開発はパートナー間で行われなければなりません。

パートナーシップの特定の機能を知った後、パートナーになることができる人を教えてください。 みんなパートナーになれますか? いいえ。1932年インドパートナーシップ法(Sec。30)によると、(1)18歳未満ではない人(2)健全な精神を持つ人(3)破産宣告と(4)敵国の人であってはなりません。 未成年者もパートナーになることができますが、利益を共有するためだけであり、記録簿にアクセスすることはできません。

パートナーシップは、設立が容易なビジネス組織のような形態です。 パートナーシップでは、個人事業主とは異なり、巨大な資本を投資することができます。 多くの人々の共同の努力により相乗効果が生まれ、ビジネスの効率が向上します。

多くのパートナーが信用価値を高めているため、より多くのリスクを冒すことができます。 しかし、パートナーシップの位置は、会社と唯一のトレーダーシップの間にあります。 会社と比較すると、手段と情報源は限られ、相互の対立を恐れています。 唯一のトレーダー船のように、あなたの責任は無制限のままであり、許可なく株式を譲渡することにも制限があり、会社の場合のような種類の自由を提供しません。 これらすべての理由により、別の形態の事業組織、すなわち合資会社が誕生する道が開かれました。


パートナーシップ会社の特徴-形成、資金調達、管理、管理、期間、課税

特徴#1.形成:

パートナーシップは個人間の契約に基づいているため、その形成には特別な法的問題は含まれません。 一般的に、パートナーシップ契約は書面に限定され、パートナーシップの条件とパートナーの権利、義務、義務を定めたパートナーシップ証書が起草されます。

将来、パートナー間で悪血や意見の相違が生じる可能性があるため(お金は大きな区切り線です)、証書の起草において弁護士から法的支援を求めることができます。

法律はパートナーシップ会社の登録を義務付けているわけではありませんが、登録されていない場合、特定の障害が会社に付随するという事実を考慮して登録が必要になります。 これらの中で最も深刻なのは、未登録の会社が契約からそのような権利が生じた場合、外部の当事者に対する権利を行使する訴訟を起こすことができないことです。

同様に、パートナーは、パートナーシップ証書に基づいて会社および他のパートナーに対して権利を行使する訴訟を起こすことはできません。 これらの理由により、企業登記所への登録は、パートナーシップ組織の設立手続きの一部と見なされる可能性があります。

機能# 2.資金調達:

パートナーシップ会社の資本は、さまざまなパートナーからの寄付額で構成されています。 パートナーの資本拠出は、必ずしも利益分配率に比例する必要はありません。 場合によっては、パートナーが資本拠出なしでパートナーシップを認められる場合があります。

これは通常、パートナーシップ組織に特別なスキル、能力、またはコンタクトをもたらすパートナーに受け入れられます。 パートナーシップは、部外者から借りることによって初期の財政を強化するかもしれませんが、そのような借り入れは会社の財産とパートナーの私有地のセキュリティの強さになります。

機能# 3.コントロール:

すべてのパートナーが活動しているパートナーシップ会社では、すべてのパートナーでベストを管理します。 すべてのパートナーの全会一致の意志なしに、主要なビジネス上の決定を下すことはできません。 一部の企業では、1つまたは2つのパートナーのみがアクティブで、残りはスリープ状態または休止状態です。

睡眠中または休眠中のパートナーは、会社の運営に積極的に参加しません。 しかし、そのようなパートナーでさえ会社の機能をコントロールする権利は否定できません。 つまり、企業内のパートナーは管理を共有します。

機能# 4.管理:

法律は、すべてのパートナーに会社の業務管理に積極的に参加する権利を与えています。 各パートナーは、通常のビジネスの過程で彼の行為を通じて会社や他のパートナーを拘束する権限を持っています。 Each firm is free to choose a pattern of management according to agreement among partners. In many cases a managing partner looks after the work of the firm (and its departments, if any) as the chief executive.

In some others, the partners allocate areas of management among themselves, eg, one partner may look after the factory, the other may take care of purchases, the third may be put in charge of sales, and so forth. Where a firm has branches in the same or other towns, each partner may be put in charge of each branch. Of course, decision on major issues of objectives, policies and programmes will be taken by them jointly.

Feature # 5. Duration:

The partnership firm continues at the pleasure of the partners. Legally, a partnership comes to an end if any of the partners dies, retires or becomes insolvent. However, if the remaining partners agree to work together under the original firm name and style, the firm will not be dissolved and will continue its business after setting the claim of the outgoing partner.

The Indian Partnership Act lays down the circumstances in which a firm will be dissolved, eg, when the business becomes illegal or when all partners (or all except one) become insolvent. The Court is also empowered to order dissolution of the firm in certain circumstances, eg, when the business cannot be carried on except at a loss or partner becomes incapacitated etc.

Feature # 6. Taxation:

Like an individual's income, the income of a partnership is taxed on slab system. The rate of tax rises progressively as the income goes up. If the firm is registered under the Income Tax Act (as distinct from registration under the Indian Partnership Act), the income of the firm will be divided among partners and each partner will be assessed to income-tax separately. But if the firm is not registered, the firm will have to pay tax on its profits as distinct from the incomes of partners.


Features of Partnership Firm – Multiplicity of Persons, Contractual Relationship, No Separate Legal Entity, Unlimited Liability, Existence of Business and a Few Others

(i) Multiplicity of Persons:

A partnership is an association of two or more persons. The limit of maximum number differs from country to country. In India there is no upper limit provided under the Partnership Act; but The Companies Act, 1956 has put the limit indirectly. Accordingly the maximum membership for a trading concern is 20; while for banking business it is 10.

(ii) Contractual Relationship:

Partnership is the result of contractual relationship between two or more persons. Accordingly, the relation of partnership arises from contract and not from the status. The contract may be oral or written but, in practice, written agreement is made because it helps to settle the disputes if they arise later on.

(iii) No Separate Legal Entity:

A partnership firm has no separate legal entity. Firm and partners are inseparable from one another. The liability of the firm becomes the personal liability of the partners. At the same time, death, retirement or insolvency of partners affects the partnership firm immediately.

(iv) Unlimited Liability:

The partners are liable to an unlimited extent jointly as well as severally for all the debts and obligations of the firm. That is, the creditors can recover their dues from the property of any or all partners in case the assets of the firms are insufficient to meet the obligations. However, after a partner has paid dues from his personal assets, he can claim rateable contribution from all other partners.

(v) Existence of Business:

Partnership implies business and where there is no business there is no partnership. It must be clearly noted that a partnership is not a club or a charitable association and its main purpose is to carry on some lawful and profit seeking business.

(vi) Sharing of Profit:

A partnership is formed to carry on business with the object of making profits and sharing it among all the partners. Profits unless otherwise agreed are to be shared equally by all the partners. It may be noted that the sharing of losses by the partner is implied However, a partner may join a firm with the condition that he shall not share any loss; but this does not mean that he shall not have unlimited personal liability.

(vii) System of General Agency:

There exists a system of general agency in partnership. Every partner is a general agent of the firm as well as of his co-partners. It follows, therefore, that a partner can act simultaneously as a principal and an agent of the firm. To the third parties, the partner is a principal while to other partners he is an agent.

(viii) Common Management:

Legally, every partner has a right to take part in the running of the business. Practically, however, it is not necessary for all the partners to participate in day to day activities of the business. If partnership business is run by some partners; the consent of all the partners is necessary for taking important decisions.

(ix) Restriction on Transfer of Interest:

No partner can transfer his share in the partnership to anybody else without the consent of the other partners. This restriction on transferability of interest is based on the legal principle which prohibits a delegated agenda from delegating his authority. Being an agent himself a partner of the firm cannot delegate his authority to the outsider.

(バツ) Utmost Good Faith:

The survival of a partnership firm depends on utmost good faith and selflessness. The essence of partnership is team spirit and cooperation. All the partners must be just and faithful to one another and they must render true accounts full information relating to the operation of partnership business. A partner acts as a trustee of other partners. He is morally and legally bound to be honest and sincere in his dealing with other partners.


Features of Partnership Firm – Plurality of Persons, Restriction on Number of Partners, Contractual Relationship, Only Individuals can Become Partner and a Few Others

1. Plurality of Persons:

One person cannot have a partnership. It is a joint effort of at least two persons to start a partnership. A partnership is essentially a contract between one or more persons with respect to a business venture. The two persons entering into partnership should be competent to enter into a contract. For example, a father and his minor son cannot start a partnership.

2. Restriction on Number of Partners:

Unlike a Joint Hindu Family or a Cooperative Society, there is a restriction on the maximum number of people who can start a partnership. The number of partners cannot exceed 20 persons, and in case of banking business, the maximum number of partners is restricted to 10 persons.

3. Contractual Relationship:

The relationship of partners is bound by the legal agreement or contract entered into by each of them. This agreement is called a 'Partnership Deed'. The partnership can be formed either by agreeing to the terms orally or in writing. There is no legal requirement to register a partnership deed but it is in the interest of the partners to register the deed.

In case of any disputes among the partners, in future, oral agreements cannot be enforced in the courts of law. Hence, a written partnership deed would serve the interest of all the partners.

4. Only Individuals can Become Partner:

Although this looks obvious, we will understand later that in other forms of organizations, non-individuals can also become owners of the business. In case of partnership, only natural individual persons can become partner. Artificial entities such as Banks, Cooperative Society, other partnership firms, etc. cannot become “Partner”.

5. Definite Name:

The partnership business should have a name by which it is recognized. For example, if A and B start a partnership firm, they may want to call it AB and Company. Similarly, if two brothers, Ram Sharma and Shyam Sharma start a partnership, they may wish to call it as Sharma Brothers. This is the name with which the partnership will be registered with the Registrar of firms.

6. Business:

A Partnership is started with the intention of doing business. The activities undertaken should have the characteristics of a business.

Two or more people coming together for the purpose of carrying out charitable acts cannot be considered as partnership. Moreover, the business must be in present and not sometime in future. The objectives of doing the business may be varied. However, the business being carried on should be lawful.

7. Sharing of Profits:

The intention of partners is to earn profit through collective effort. The profits earned are shared by partners as per the terms agreed upon by them. Any loss arising out of business transactions is also shared by the partners. It is not necessary that profit or loss is to be shared on the basis of capital contributed by partners. The profit and loss sharing ratio among the partners can be different from the capital contribution ratio depending on the mutual agreement among the partners.

8. Collective Management:

Partnership is an agreement to carry on business in common. Thus, each partner is entitled to take part in day to day management of the business. Decisions are taken by consensus. In other words, no major business decision can be taken without the unanimous will of all the partners. However, responsibilities are divided amongst partners. One person may manage the business on behalf of others.

9. Principal Agent Relationship:

Each partner is both an agent and a principal of the partnership firm. The partner is a principal because he is responsible for his own acts and the acts of other partners. He is an agent of the firm as he can act on behalf of other partners and bind them with his acts. It is possible that some partners might not actively involve themselves in the business, while other might manage the business actively.

10. Joint and Several Liability:

Each partner is liable for all the obligations of the firm. If the assets of the firm are not sufficient to satisfy the claims of creditors of the firm, the personal property of one, all or few partners can be used for the purpose. It does not matter that the partner whose personal property is being attached, had nothing to do with the management of the firm and the decision resulting in the claim. Thus, each partner is jointly and severally liable.

For example, let us say X, Y and Z enter into partnership by contributing Rs.100, 000 each. X and Y are wealthy businessmen, while Z is from a middle class family. Z is the person who is having lot of ideas for making profit. Z goes to a bank and borrows Rs.500, 000 for the business. Unfortunately, the business suffers a huge loss.

The Bank has the right to claim its money from all the 3 partners. This is what we understand as Joint Liability. X and Y cannot say that Z did not consult them or that they did not sign the loan document.

It is also possible that the Bank may decide to collect all the money from X and Y, as it finds that Z does not have any assets and it is futile to chase him for money. X and Y cannot say that they are liable only to the extent of 2/3rd of the loan and that the bank should recover the balance from Z. X and Y are liable to repay the entire loan. This is what we mean by “Several” liability.

11. Restriction on Transfer of Interest:

A partner is not free to transfer his interest in the firm to anybody. In other words, if a partner wants to quit the partnership firm and wants his friend to take his place in the partnership firm, he cannot do so unilaterally. He has to take the consent of other partners before such transfer, as partnership is a contract between individual partners.

If any partner does not want to continue to be a partner then he can either sell his partnership interest to existing partners or to third parties only after obtaining the consent from other partners. If no partner or any third party is willing to purchase his partnership interest then he may give a notice of dissolution of the partnership.

12. Utmost Good Faith:

Partners can bind each other by their action. Hence, each partner must be true to all other partners and disclose all the information in his possession to the other partners. Thus, utmost good faith is very crucial as the business cannot be run without mutual trust.

13. Flexibility:

Partnership is governed by the 'Partnership Deed', which allows sufficient flexibility in operations to the partners. The deed can also be altered to suit the requirement of changing business conditions. The nature and scope of business can be changed in a short span of time. No approvals are required from any authority.

14. Limited Life:

Partnership is a relationship between partners. It gets dissolved every time there is a death, insolvency or retirement of a partner. A new partnership deed has to be prepared. Thus, partnership firms do not have very long lives.

15. No Separate Legal Entity:

Partnership firm is not separate or distinct from its members. It does not have a separate legal entity of its own. Partners enter into contracts on behalf of each other.

16. Capital Contribution by Partners:

Normally, partners come together to run a business, contribute Capital for the business and share profits earned by the business in the ratio of capital contributed. However, this need not be the case always. A person may be offered a partnership even if that person is not contributing any Capital. The profit sharing ratio and the capital contribution ratio need not be same.

For example, A, B and C decide to start a business of building various Apps (Mobile applications) for Smart phones. While A and B bring in Rs.100, 000 each, C does not bring in any money. However, C is the person who has a better understanding of the business and will actually help the firm build the technology platforms.

A and B merely follow what C says, as they are not very well versed with mobile technology. Thus, all 3 of them share profits, although C does not bring in any capital.

17. Dissolution:

A partnership firm can be dissolved at any time. This can be done voluntarily when all partners agree to so. Events such as death or insolvency of a partner can also result in dissolution of the partnership firm. A partnership firm can also be dissolved by the court.

18. Taxation:

The Income Tax Act, 1961 has separate provisions for calculation of tax on income earned by the firm. It distinguishes the income of the firm against income of partners.


 

コメントを残します