分布の限界生産性理論

分布の限界生産性理論:定義、仮定、説明!

因子価格設定の最も古く、最も重要な理論は、限界生産性理論です。 これは、ファクター価格設定のミクロ理論としても知られています。

それはドイツの経済学者フォン・トゥネンによって提唱されました。 しかし、後にカールマッケンガー、ワルラス、ウィックスキャド、エッジワース、クラークなどの多くの経済学者がこの理論の発展に貢献しました。

この理論によると、生産のキャッシュファクターの報酬は、その限界生産性に等しい傾向があります。

限界生産性は、要因の1つの余分な単位の使用が総生産に加える追加です。 要因の限界費用が限界生産性よりも低い限り、起業家はますます多くの要因を採用し続けます。 彼は、要因の限界生産性が要因の限界費用と等しくなるとすぐに、さらなる雇用の提供を停止します。

定義

「社会の収入の分配は自然の法則によって制御されます。もしそれが摩擦なく働いたなら、生産のすべての代理人にその代理人が生み出す富の量を与えるでしょう。」

「限界生産性理論は、均衡において、各生産因子は限界生産性に従って報われると主張している。」-Mark Blaug

「所得分布の限界生産性理論は、長期的には完全な競争の下で、生産要素は限界生産性とまったく等しい実質収益率を受け取る傾向があると述べている。」-Liebhafasky

理論の仮定

理論の主な仮定は次のとおりです。

1.完全な競争:

限界生産性理論は、完全な競争という基本的な前提に基づいています。 これは、買い手と売り手の間の不平等な交渉力を考慮できないためです。

2.同種の要因:

この理論は、生産要素の単位が同種であると仮定しています。 これは、生産要素の異なる単位の効率が同じであることを意味します。 したがって、特定のタイプの労働を提供するすべての労働者の生産性は同じです。

3.合理的な行動:

理論は、すべての生産者が最大の利益を享受することを望んでいると仮定しています。 これは、オーガナイザーが合理的な人であり、生産要素の限界生産性がすべての生産要素の場合に同じになるように、生産要素を組み合わせているためです。

4.完全な代替性:

この理論は、同じ要素の異なるユニット間だけでなく、生産のさまざまな要素の異なるユニット間でも完全な代替の仮定に基づいています。

5.完璧なモビリティ:

理論は、労働と資本の両方が産業と地域の間で完全に移動可能であると仮定しています。 この仮定がない場合、要素の報酬は、異なる地域間または雇用間で等しくなる傾向はありません。

6.互換性:

これは、因子のすべての単位が同等に効率的で交換可能であることを意味します。 これは、生産要素の異なる単位が同質であるためです。それらは同じ効率であり、交換可能に使用できるためです。たとえば、4人目または5人目を採用しても、生産性は同じです。

7.完全な適応性:

理論は、生産のさまざまな要因が異なる職業間で完全に適応可能であることを当然としています。

8.限界生産性に関する知識:

生産要素の生産者と所有者の両方が、要素の限界生産物の価値を知る手段を持っています。

9.完全雇用:

限界生産物の価値を上回る賃金を求める人々を除いて、生産のさまざまな要素が完全に採用されていると想定される。

10.変動比率の法則:

変動比率の法則は経済に適用されます。

11.生産要素の量は、変動することができる必要があります。

生産の要因の量は変化させることができる、すなわち、それらの単位は増加または減少させることができると想定される。 次に、要素の報酬は限界生産性に等しくなります。

12.限界収益の減少の法則:

これは、生産要素の単位が増加するにつれて、限界生産性が低下することを意味します。

13.長期分析:

分配の限界生産性理論は、長期にのみ要因の報酬の決定を説明しようとします。

理論の説明

限界生産性理論は、完全な競争の下では、生産の各要素の価格は限界生産性に等しいと述べています。 要因の価格は業界によって決定されます。 会社は、価格が限界生産性に等しい所定の要素の数を採用します。 したがって、産業にとっては、それはファクター価格設定の理論であり、企業にとっては、ファクター需要理論です。

産業の観点からの限界生産性理論の分析

完全な競争の条件下では、生産の各要素の価格は需要と供給の平等によって決定されます。 理論では、経済には完全雇用が存在すると仮定しているため、要素の供給は一定であると仮定されます。 したがって、要素価格は需要によって決定され、需要自体は限界生産性によって決定されます。 したがって、このような条件下では、業界の需要曲線または限界生産性曲線に光を当てることが不可欠になります。

業界は多くの企業のグループで構成されているため、したがって、その需要曲線は、業界内のすべての企業の需要曲線で描くことができます。 さらに、要因の限界収益生産性は需要曲線を構成します。 企業の需要や労働力が限界収益生産性に依存するのは、この理由だけです。 企業は、限界収益生産性が現在の賃金率に等しい労働者の数を採用します。

図2は、賃金率OP 1で、労働需要がON 1で 、限界収益生産性曲線がMRP 1であることを示しています。 賃金率がOPに下がった場合、企業はより多くの労働を要求することにより生産を増加させます。 このような状況では、商品の価格が低下し、限界収益生産性曲線もMRP 2にシフトします。

OP賃金では、労働需要がONに増加します。 DD 1は、企業の労働需要曲線です。 すべての企業の需要の合計は、産業の需要曲線を示しています。 完全に競争の激しい市場では企業数が一定ではないため、すべての企業の需要曲線の合計を推定することはできません。 ただし、1つ確かなことは、産業の需要曲線も左から右に下向きに傾斜していることです。 因子の需要と供給が等しくなる点が、業界の因子価格を決定します。 この理論は、因子の供給が固定されることを前提としています。

したがって、ファクター価格はファクターの需要によって決まります。つまり、ファクター価格は限界収益生産性に等しくなります。 図3に示されています。図3では、OX軸で労働数が取られ、OY軸で賃金とMRPが取られています。 DD 1は、業界の労働需要曲線です。 これは、限界収益生産性曲線でもあります。

ファクター価格(OW)=限界収益生産性MRP。

したがって、完全な競争の下では、要素価格は業界によって決定され、企業はこの価格で要素の単位を要求します。

企業の観点からの限界生産性理論の分析

完全な競争の下では、企業の数は非常に多い。 単一の企業が生産要素の市場価格に影響を与えることはできません。 すべての企業は、価格決定者ではなく価格決定者として機能します。 したがって、実勢価格を受け入れる必要があります。 雇用主は、他の人が払っている額以上の額を支払うことを望みません。 言い換えれば、企業は、その価格が限界生産性の価値と等しくなる要因の数を採用します。 したがって、企業の観点から見ると、理論はそれが要求する要因の単位がいくつあるかを示しています。

このため、ファクターデマンドの理論とも呼ばれます。 他の事柄は同じままです。より多くの労働者が企業に雇われると、その限界の物理的生産性は低下します。 完全競争下での価格は一定のままであるため、労働の限界物理的生産性が低下すると、限界収益生産性も低下します。 したがって、均衡の位置を得るために、企業はそれぞれの限界収益生産性が賃金率に等しくなるまで労働者を雇用します。

表2は、労働賃金率がRsであることを示しています。 労働者あたり55。 労働者によって生産された製品の価格はルピーです。 ユニットあたり5。 現在、企業が1人の労働者を雇用している場合、彼の限界物理的生産性は20ユニットです。 MPPに製品の価格を掛けることにより、わずかな収益生産性が得られます。 ここでは、Rsです。 最初の労働では100。 2人目の労働者の限界収益生産性はRsです。 85人目と3番目の労働者のRsです。 70。

4人目の労働者の限界収益生産性はRsです。 55これは賃金率に等しい。 4人目までの労働者を雇用すれば、会社は最大の利益を得ることができます。 会社が5人目の労働者を雇用する場合、Rsの損失を被る必要があります。 15.したがって、最大の利益を得るために、企業はMRPが価格に等しいポイントまで係数を使用します。

図4では、労働者の数がOX軸で、賃金率がY軸で測定されています。 MRPは限界収益生産性曲線であり、WWは市場で一般的な賃金率です。 完璧な競争の下では、賃金率は一定のままであるため、WW賃金線はOX軸と平行です。

MRP曲線は下向きに傾斜しています。 Rsの平衡賃金率であるE点でWWをカットします。 55.ポイントEでは、会社は4人の労働者のみを要求します。 したがって、上記から、限界生産性が実勢価格に等しい限界まで因子が要求されると結論付けることができます。

完璧な競争のもとで、均衡状態の長期において、企業の限界賃金は限界収益生産性に等しいだけでなく、企業の平均賃金でさえ図5に示すように平均純収益生産性に等しい。図 図5は、ポイント「E」で限界労働賃金が限界収益生産性に等しく、会社がOM数の労働者を雇用していることを示しています。 この時点で、平均純収入生産性でさえ平均賃金に等しい。 したがって、企業は通常の利益のみを獲得します。 賃金ラインがNNからN [N]にシフトすると、労働需要はOMからOM 1に増加します。

不完全な競争の下での要因価格の決定

限界生産性理論は、完全な競争の条件に適用されます。 しかし、実際には、不完全な競争に直面しています。 そのため、ロビンソンやチェンバリンなどの経済学者は、不完全な競争の下でファクターの価格を分析しています。 不完全な競争下にあるさまざまな企業があります。 ただし、ここではMonopsonyのみを分析します。 独占のもとでは、製品市場には完全な競争があります。 したがって、MRPはVMPと同じです。 因子市場には不完全な競争があります。

要因の買い手は1人だけであることを示しています。 したがって、モノプソニーとは、単一の企業のみが要因に雇用を提供する市場の状況を指します。 企業がより多くの要因を要求する場合、要因価格は上昇し、その逆も同様です。 しかし、モノプソニーの下での要因価格の決定は、図6を使用して説明できます。

図6では、労働者の数がX軸に、賃金がY軸に示されています。 MWは限界賃金曲線であり、ARPは平均賃金曲線です。 MRPは限界収益生産性曲線であり、AWは平均収益生産性曲線です。

図では 6独占は、限界賃金がMRPに等しい労働者の数を採用します。 図では 6企業はE点で均衡状態にあります。ここでは、企業はON労働者を雇用し、NFに等しい賃金が支払われます。 このようにして、ON労働者は彼らのMRPすなわちENよりも低い賃金を得るでしょう。 Monopsony会社は、労働者の搾取により生じる労働者1人あたりのEF利益を得ます。 総利益SFWW 'は、労働力の搾取によるものです。

 

コメントを残します