コーポレートガバナンスとビジネスの社会的責任

コーポレートガバナンスとビジネスの社会的責任の概念について詳細に研究してみましょう。

コーポレートガバナンスの概念:

コーポレートガバナンスでは、従業員、消費者、貸し手などの他の利害関係者の利益を促進すると同時に、企業が株主に最良の結果をもたらすという問題に対処します。

事業組織の唯一の所有形態がある場合、唯一の所有者は懸念を管理し、標準的な経済理論に従って、彼は彼の利益または富を最大化する傾向があります。

この目標を達成するために、彼はリソースの使用効率を達成して、特定のレベルの出力のコストを最小化しようとします。 市場の力は、消費者の欲求を満たすための商品やサービスの生産を彼に強いるでしょう。 したがって、個人事業主には、個人間の利害の衝突はありません。

しかし、企業ビジネス企業では、経営と所有権の分離があります。つまり、経営を行い、さまざまなビジネス上の意思決定を行う取締役会および管理職からの企業の株主です。 理論的には、株主は取締役会と経営陣を管理し、彼らが最善の利益のために働いていないことがわかった場合、変更することができます。

ただし、現実はまったく異なります。 株主は広範囲に広がっており、通常、会社の総会に出席することはありません。 その結果、彼らは取締役会の働きと企業の経営を効果的にコントロールできません。

これはしばしば利害の衝突を引き起こします。 したがって、理論上、取締役会および経営陣の目的は利益または株主の価値と富を最大化することですが、実際にはこれは起こりません。 取締役会と経営陣は、所有権の分離の文脈で、例えば、非常にリスクのある、または不注意なプロジェクトを追求し、投資家から調達した不適切な資金を自分の利益の追求に使用することにより、自身の利益を追求します。 IshkanderとChamlouは、世界銀行の問題の調査で、こう書いています。

「企業を効果的に管理する人々の利益は、企業に外部資金を供給する人々の利益とは異なる可能性があります。 一般にプリンシパルエージェントの問題として知られる問題は、所有権と管理、企業の部外者と部内者の分離から生まれます。

同様に、第5回LAWASLAでのスピーチでのMr. Justice Arijit Pasayat。 ニューデリーのビジネス法会議は次のように述べています。「所有権がコントロールから分離されると、マネージャーの自己利益は、例えば、過度にリスクのあるまたは不注意なプロジェクトの追求を通じて、企業資産の悪用につながる可能性があります。 企業の資金調達者(個人または年金基金、ミューチュアルファンド、銀行、その他の金融機関、または政府であっても)は、投資が不正流用から保護され、合意された企業目標に使用されることを保証する必要があります。 これらの保証は、効果的なコーポレートガバナンスの核心です」。

前述のように、企業の目的は、他の利害関係者の利益の保護の対象となる株主価値の最大化です。 SEBIが設立し、Kumar Manglam Birlaが率いるコーポレートガバナンス委員会は、コーポレートガバナンスの目的は「長期株主の価値を高めると同時に、他の利害関係者の利益を保護すること」であると述べています。

企業の経営および長期的な株主価値の最大化による資金の不正流用から個人の投資を保護するという目的を達成するには、優れたコーポレートガバナンスの実践、すなわち、企業との取引の透明性が必要です。企業の目的を達成するためには、利害関係者、取られた決定に対する説明責任と責任、正確な会計の維持、治療の公平性を採用する必要があります。

コーポレートガバナンスは、ガバナンスシステムのさまざまな参加者間の関係によって影響を受けます。 株主、特に株式の大部分を保有し、支配的地位にある株主は企業の行動に影響を与える可能性があり、機関投資家(銀行、ミューチュアルファンドなど)は、一部の企業のコーポレートガバナンスにおいてますます大きな発言権を持ちます。 債権者はまた、企業統治において重要な役割を要求し、従業員は企業の良好な業績と長期目標の実現に貢献する上で重要な役割を果たすことができます。

優れたコーポレートガバナンスの焦点は、長期的な成功と業績のために企業のビジネス上の意思決定と金融取引における倫理的行動規範の自発的な採用にあり、政府は全体的な法的フレームワーク。

取締役会と経営陣は、コーポレートガバナンスの概念の中心であり、優れたコーポレートガバナンスの根底にあるのは、株主やその他の利害関係者との取引における説明責任と透明性です。

優れたコーポレートガバナンスの実践は、倫理的な行動規範として表されており、主に自主規制されており、法律や法律によって課されるものではありません。 もちろん、前述したように、政府は企業の企業が特許権のある腐敗行為にinし、株主と顧客を保護するように、全体的な制度的および法的枠組みを確立することができます。

2011年改正会社法に基づく企業の社会的責任(CSR)

新会社法案2011の重要な規定は、営利企業が純利益がRsの場合、過去3年間に平均純利益の2%を社会的責任活動に費やすことを要求することです。 5クロール以上、またはRs以上の純資産。 1年で500クローレまたは1000クローレの売上高。

CSR活動への支出は、地方でのみ費やさなければなりません。 このCSR活動への支出は必須ではありませんが、過去3年間の平均利益の2%を現地でのCSR活動に費やさない場合、取締役会はCSR活動への支出が不足した理由を説明する必要があります特定の年。

企業が純利益の2%をCSR活動に費やすというこの規定は、インドの企業がCSR活動に十分な額を費やすための画期的な手段です。 CSRの場合のインド企業の業績は、良き企業市民であるという役割に失敗したため、哀れなものでした。 彼らは、業務の領域内および周辺での実際のイニシアチブではなく、リップサービスの多くを行っていることがわかります。

ETインテリジェンスグループが行った推定によると、CSR支出の大部分–約5000クロールは、ボンベイ証券取引所のNifty 50インデックスによって使用されます。 これまで、社会的責任活動に費やしたインド企業の記録は悲惨です。 ITC企業のAmbuja Cementは、現在、純利益の2%をCSRに費やしている企業は2社のみです。 有名な企業でさえ、Infosysは純利益の1%だけをCSR活動に費やしています。 2010年から11年の一部の企業のCSR活動への支出を表3.1に示します。

企業によるCSR活動への支出は社会的目的のために費やされており、事業分野の地域社会との関わりのために生み出される善意から多大な利益を得るでしょう。 過去3年間に企業が平均利益の2%を使用するように企業が順守するためには、2011年の新しい改正会社法で規定されているCSR活動に必要な支出を政府が監視する必要があります。

 

コメントを残します