フィッシャーの貨幣数量理論:方程式、例、仮定、批判

この記事では、以下について説明します。-フィッシャーの交換方程式2.フィッシャーの数量理論の仮定3.結論4.批判5.メリット6.含意7.例。

フィッシャーの交換方程式

貨幣の数量理論の取引バージョンは、彼の著書 『The Purchasing Power of Money(1911)』でアメリカの経済学者アーヴィング・フィッシャーによって提供されました。 フィッシャーによると、「流​​通しているお金の量が増えると、価格レベルも正比例して上昇し、お金の価値は低下し、逆もまた同様です」と変わりません。

フィッシャーの数量理論は、彼の有名な交換方程式の助けを借りて最もよく説明されます。

MV = PTまたはP = MV / T

他の商品と同様に、お金の価値や価格レベルもお金の需要と供給によって決まります。

私。 お金の供給:

お金の供給は、存在するお金の量(M)にこのお金が変わる回数、つまりお金の速度(V)を掛けたものです。 フィッシャーの方程式では、Vは貨幣の取引速度であり、これは、ある期間に貨幣の単位が反転するか、または取引を実行するために手を変える平均回数を意味します。

したがって、MVは、一定期間に流通している金銭の総量を指します。 お金は取引目的でのみ使用されるため、お金の合計供給は、一定期間における経済のすべての取引におけるお金の支出の合計値も形成します。

ii。 お金の需要:

お金はそれ自体のために(つまり、それを貯めるために)ではなく、取引目的のために要求されます。 お金の需要は、取引されるすべての商品とサービスの合計市場価値に等しくなります。 物の総量(T)に平均価格レベル(P)を掛けることで得られます。

したがって、フィッシャーの交換方程式は、すべてのトランザクションでのお金の供給またはお金の支出の合計値と、お金の需要または取引されたすべてのアイテムの合計値との間の平等を表します。

お金の供給=お金の需要

または

すべてのトランザクションでのお金の支出の合計値=処理されたすべてのアイテムの合計値

MV = PT

または

P = MV / T

どこ、

Mは金額

Vはトランザクション速度です

Pは価格レベルです。

Tは取引された商品とサービスの合計です。

交換式は恒等式です。つまり、MVはPTと同じです(またはMV = PT)。 つまり、事後または事実上の意味で、方程式は常に真でなければならないということです。 方程式は、すべてのお金の支出の実際の合計値(MV)が常にすべての販売アイテムの実際の合計値(PT)に等しいという事実を示しています。

購入に費やされたもの(MV)と販売に受けられたもの(PT)は常に同じです。 誰かが使ったものは誰かが受け取らなければなりません。 この意味で、交換の方程式は理論ではなく、むしろ真理です。

アーヴィング・フィッシャーは、交換の方程式を使用して、貨幣の古典的な量の理論、つまり貨幣供給と価格水準との因果関係を開発しました。 フィッシャーは、長期的には、完全雇用条件下で、総生産量(T)が変化せず、取引速度(V)が安定しているという前提で、マネーサプライと価格レベルの因果関係を実証することができました。 。

このように、フィッシャーは、「…価格のレベルは、流通する貨幣の量によって直接変化します。ただし、その貨幣の流通速度と実行する義務のある取引量は変わらない」。 このように、古典的な貨幣の数量理論では、VとTは変化せず、貨幣の変化が価格レベルの直接的かつ比例的な変化を引き起こすと述べています。

アーヴィング・フィッシャーは、貨幣の総供給に需要(銀行)預金(M ')とその速度(V')が含まれるように、交換方程式をさらに拡張しました。

したがって、交換方程式は次のようになります。

したがって、フィッシャーによると、一般価格(P)のレベルは、5つの明確な要因のみに依存します。

(a)流通しているお金の量(M);

(b)その循環速度(V);

(c)銀行預金の量(M ');

(d)循環速度(V '); そして

(e)取引量(T)。

貨幣の数量理論への取引アプローチは、他のものは同じままである、つまり、V、M '、V'、およびTが変わらない場合、MとPの間に直接比例関係が存在することを維持します。 お金の量が倍になると、価格レベルも倍になり、お金の価値は半分になります。 お金の量が半分になると、価格レベルも半分になり、お金の価値は倍になります。

フィッシャーの貨幣の数量理論は、例を使用して説明できます。 M = Rsと仮定します。 1000。M '= Rs。 500、V = 3、V '= 2、T = 4000商品。

したがって、マネーサプライが2倍になったとき、すなわちRsから増加したとき。 4000から8000の場合、価格レベルは2倍になります。 すなわち、Reから。 Rsに対して1グッド。 財ごとに2つ、お金の価値は半分、つまり1から1/2になります。

したがって、マネーサプライが半分になったとき、つまりRsから減少したとき。 4000から2000では、価格レベルは半分、つまり1から1/2になり、金額は2倍、つまり1から2になります。

お金の供給の変化が価格レベルと金額に与える影響を、それぞれ図1-AとBにグラフで示します。

(i)図1-Aでは、マネーサプライがOMからOM 1に2倍になると、価格レベルもOPからOP 1に 2倍になります。 マネーサプライがOMからOM 2に半分になると、価格レベルはOPからOP 2に半分になります。 価格曲線、P = f(M)は、マネーサプライと価格レベルの直接的な比例関係を示す45°の線です。

(ii)図1-Bで、マネーサプライがOMからOM 1に 2倍になった場合 お金の価値はO1 / PからO1 / P 1に半分になり、マネーサプライがOMからOM 2に半分になると、お金の価値はO1 / PからO1 / P 2に2倍になります。 マネーカーブの値、1 / P = f(M)は、マネーサプライとマネーの値の間の反比例関係を示す長方形の双曲線です。

フィッシャーの数量理論の仮定

金銭の量論に対するフィッシャーの取引アプローチは、次の仮定に基づいています。

1.一定のお金の速度:

フィッシャーによれば、貨幣の速度(V)は一定であり、貨幣の量の変化の影響を受けません。 お金の速度は、人口、貿易活動、人々の習慣、金利などの外因性要因に依存します。これらの要因は比較的安定しており、時間の経過とともに非常にゆっくりと変化します。 したがって、Vは一定のままになる傾向があるため、お金の供給(M)が変化してもお金の速度(V)には影響しません。

2.一定量の取引または取引:

取引または取引の総量(T)も一定であると想定され、金額の変化の影響を受けません。 Tは、天然資源、技術開発、人口などの要因によって独立して決定されると見なされます。これらの要因は、方程式の外側にあり、時間の経過とともにゆっくりと変化します。 したがって、マネーサプライ(M)の変更はTに影響を与えません。Tの不変性は、経済における資源の完全雇用も意味します。

3.価格レベルは受動的要因です。

フィッシャーによると、価格レベル(P)は受動的な要因であり、価格レベルは方程式の他の要因の影響を受けますが、影響はありません。 Pはフィッシャーの方程式の原因ではなく効果です。 MとVの増加は、価格レベルを上げます。 同様に、Tの増加は価格レベルを下げます。

4.お金は交換の媒体です。

貨幣の数量理論は、貨幣を交換の媒体としてのみ想定していました。 お金は取引を促進します。 投機目的で保管または保持されていません。

5. MとM 'の定数関係:

フィッシャーは、通貨マネー(M)と銀行マネー(M ')の比例関係を想定しています。 銀行マネーは、商業銀行による信用創出に依存しており、商業銀行は通貨マネー(M)の関数です。 したがって、M 'とM'の比率は一定のままであり、方程式にM 'を含めても、金額(M)と価格レベル(P)の間の量的関係を乱すことはありません。

6.長期:

理論は、長い期間の仮定に基づいています。 長期間にわたって、VとTは一定と見なされます。

したがって、式MV + M'Y '= PTのM'、V、V '、およびTが時間とともに一定であり、Pが受動的因子である場合、マネーサプライ(M)の変化は、価格レベル(P)の直接的で比例した変化に。

フィッシャーの数量理論の幅広い結論

(i)国の一般的な価格レベルは、お金の供給と需要によって決定されます。

(ii)お金の需要を考えると、お金の供給の変化は、価格レベルの比例した変化につながります。

(iii)貨幣は交換の媒体にすぎないため、貨幣供給の変化は絶対(名目)であり、相対(実質)価格ではなく、雇用や産出などの実際の変数は変更されません。 お金は中立です。

(iv)完全雇用の均衡条件下では、金融(または財政)政策の役割は限られています。

(v)調整の一時的な不均衡期間中、適切な金融政策は経済を安定させることができます。

(vi)通貨当局は、お金の供給を変更することにより、国の価格水準と経済活動の水準に影響を与え、制御することができます。

貨幣の数量理論に対する批判

フィッシャーによって開発されたお金の量論は、次の理由で批判されてきました。

1.変数の相互依存関係:

トランザクションの方程式のさまざまな変数は、数量理論家が想定しているように独立ではありません。

(i)Mの影響V –マネーサプライが増加すると、価格は上昇します。 将来の価格のさらなる上昇を恐れて、人々は商品やサービスの購入を増やします。 したがって、マネーの速度(V)は、マネーサプライ(M)の増加とともに増加します。

(ii)MがV 'に影響を与える–マネーサプライ(M)が増加すると、クレジットマネー(V')の速度も増加します。 マネーサプライの増加により価格が上昇すると、クレジットマネーの使用も増加します。 これにより、クレジットマネー(V ')の速度が向上します。

(iii)Pの影響T –フィッシャーは、価格レベル(P)を貿易に影響を与えない受動的要因(T)とみなします。 しかし、実際には、価格の上昇は利益を増やし、ビジネスと貿易を促進します。

(iv)Pの影響M –貨幣の量論によると、貨幣供給(M)の変化が原因であり、価格水準(P)の変化が影響です。 しかし、批評家は、価格レベルの変化は独立して発生し、これは後にマネーサプライに影響を与えると主張しています。

(v)TがVに影響を与える–取引量(T)が増加すると、お金の速度(V)が確実に増加します。

(vi)TがMに影響を与える–繁栄期には、取引量(T)の増加により、価格を変更することなく、マネーサプライ(M)が増加する可能性があります。

(vii)MとTは独立していない-ケインズによると、生産は完全雇用の条件下でのみ一定です。 しかし、実際には、完全ではない雇用が優勢であり、マネーサプライの増加は生産量(T)と雇用を増加させます。

2.長期の非現実的な仮定:

貨幣の量論は、貨幣価値の長期分析を提供するという理由で批判されてきました。 短期的な問題に光を投げかけません。 ケインズは、「長期的には私たちは皆死んでいる」と適切に述べています。 実際の問題は短期的な問題です。 したがって、量論には実用的な価値はありません。

3.完全雇用の非現実的な仮定:

ケインズの貨幣の量論に対する基本的な批判は、秋の雇用という非現実的な仮定に基づいていた。 完全雇用は、実際の世界ではまれな現象です。 現代の資本主義経済では、完全雇用ではなく完全雇用ではないことが通常の特徴です。 ケインズによると、失業がある限り、マネーサプライの増加は生産量の比例した増加につながり、したがって価格水準は影響を受けません。

4.静的理論:

数量理論は、V、V '、M'、およびTの値が一定のままであることを前提としています。 しかし、実際には、これらの変数は一定のままではありません。 これらの要因の恒常性の仮定は、理論を静的な理論にし、動的な世界では適用できないようにします。

5.単純な真実:

交換の方程式(MV = PT)は単なる自明であり、何も証明しません。 これは、商品およびサービスと引き換えに支払われる金額(MV)が、受け取った商品およびサービスの市場価値(PT)に等しいこと、つまり、商品の買い手は、商品の売り手の総収入と等しくなります。 この式は、お金と価格の因果関係については何も伝えていません。 原因がどれであり、どの結果であるかは示されません。

6.技術的に矛盾:

ハルム教授は交換方程式を技術的に矛盾していると考えています。 方程式のMは株式の概念です。 ある時点でのお金の在庫を指します。 一方、Vはフローの概念であり、一定期間のお金の流通速度を指します。MとVは比較できない要因であり、一緒に乗算することはできません。 したがって、式MV = PTの左辺には一貫性がありません。

7.貿易サイクルの説明を怠る:

数量理論は、価格の周期的な変動を説明していません。 不況期に貨幣の量が増えても価格が下落する理由はわかりません。好況期には、緊密な貨幣と信用政策の採用にもかかわらず、価格はより速い速度で上昇し続けます。

不況時の価格の下落についての適切な説明は、貨幣の速度の低下であり、好況期における価格の上昇については、貨幣の速度の増加である。 したがって、貨幣の数量理論は貿易サイクルを説明できません。 クラウザーは、「量論はせいぜい、サイクルの原因に対する不完全なガイドです」と述べています。

8.価格レベルの他の決定要因を無視します。

数量理論では、価格レベルは交換方程式に含まれる要因、つまりM、V、Tによって決定され、非現実的にお金の量と価格レベルとの間に直接の比例関係を確立します。 収入、支出、投資、貯蓄、消費、人口など、価格の他の多くの決定要因の重要性を無視します。

9.貨幣理論と価格理論を統合できない:

古典的数量理論は、価値理論とお金の理論を誤って分離しています。 マネーは中立と見なされ、マネーサプライの変化は相対価格ではなく絶対価格に影響すると考えられています。 ケインズはこの見解を批判し、お金が積極的な役割を果たし、お金の理論と価値の理論の両方が生産、雇用、およびお金の一般理論の不可欠な部分であると主張します。 彼は、利子率を通じて2つの理論を統合しました。

10.無視される価値の蓄積としてのお金:

貨幣の数量理論は、貨幣を交換の媒体としてのみ考慮し、価値の貯蔵庫としてのその重要性を完全に無視しています。 ケインズは、貨幣の価値関数のストアを認識し、取引と貨幣への予​​防的需要に対する古典的な強調とは対照的に、投機目的の貨幣需要に重点を置いた。

11.お金の速度に関する議論なし:

貨幣の量論は、貨幣の流通速度の概念を論じておらず、貨幣に影響を与える要因に光を投げかけていません。 貨幣の速度は一定であると見なし、したがって、長期間に発生するはずの貨幣の速度の変動を無視します。

12.片側理論:

フィッシャーの取引アプローチは一方的です。 お金の供給とその効果のみを考慮し、お金の需要は一定であると仮定します。 それは、お金の価値の変化を引き起こすお金の需要の役割を無視します。

13. MとPの間に直接および比例関係はありません:

ケインズは、お金の量(M)と価格レベル(P)の間に直接的かつ比例的な関係がないという理由で、お金の古典的な量論を批判しました。 お金の量の変化は、金利、投資、および産出量への影響を通じて間接的に価格に影響を与えます。

価格への影響も予測できず、比例していません。 それはすべて、流動性選好機能、投資機能、消費機能の性質に依存します。 数量理論は、MとPの間の因果関係のプロセスを説明しません。

14.冗長理論:

批評家は量論を冗長で不必要だと考えています。 実際、別のお金の理論は必要ありません。 他のすべての商品と同様に、お金の価値もお金の需要と供給の力によって決まります。 したがって、商品の価値決定を説明する価値の一般理論も、お金の価値を説明するために拡張できます。

15.クラウザーの批判:

クロウザー教授は、お金の価値の変動の「仕組み」のみを説明し、これらの変動の「仕組み」を説明していないという理由で、お金の量論を批判しています。 彼が言うように、「量論はお金の価値の変動の「それがどのように機能するか」を説明することができます...しかし、それは長い期間を除いて「なぜそれが機能するか」を説明できません」

お金の量論のメリット

多くの欠点にもかかわらず、お金の数量理論にはメリットがあります。

1.広義の修正:

厳密な数学的意味(つまり、マネーサプライの変化が価格の直接的かつ比例的な変化を引き起こす)では、量論が間違っている可能性があり、理論的および経験的に拒否されています。 しかし、より広い意味で、この理論は価格の変動に対する重要な手がかりを提供します。 商品の価格の変化のほとんどがお金の量の変化によるものであるという事実を誰も否定できません。

2.理論の妥当性:

1930年代まで、経済学者と政策立案者は、一般的な物価水準の変化を説明し、金融政策の基礎を形成するために、貨幣の量論を使用しました。 1923-24年のドイツおよび1947-48年の中国での超インフレのような多くの歴史的事例は、理論の妥当性を証明しています。 これらの場合、お金の大きな問題が価格を押し上げました。

3.金融政策の基礎:

この理論は、金融政策の基礎を形成します。 銀行レートや公開市場操作などのさまざまな信用管理手段は、大量のお金の供給が価格の上昇につながると考えています。 低価格政策は、価格を上げるために、不況時に支持されます。

4.数量理論の復活:

最近、マネタリストは金の古典的な量論を復活させました。 主要なマネタリストであるミルトン・フリードマンは、量論が大恐depression1929-33と戦う完全な機会を与えられていなかったという見方です。 クレジットやお金、あるいはその両方の拡大があったはずです。

彼は、世界のほとんどの国における現在のインフレ率の上昇は、実質所得の拡大よりもマネーサプライの拡大によるものだと考えています。 適切な金融政策は、国の産出の成長に合わせてマネーサプライを成長させることです。

貨幣の数量理論の意味

貨幣の数量理論のさまざまな理論的および政策的意味を以下に示します。

1.お金と価格の比例:

貨幣の数量理論は、一般的な価格水準が貨幣の在庫に直接比例して変化するという結論につながります。つまり、貨幣在庫のすべてのパーセンテージの増加に対して、価格レベルの等しいパーセンテージの増加があります。 これは経済において可能です-(a)内部メカニズムが完全雇用レベルの生産を生み出すことができ、(b)個人が自分のお金の保有と取引のお金の価値の間の固定比率を維持します。

2.お金の中立性:

貨幣の数量理論は、貨幣は中立である、または「貨幣はベールである」、または「貨幣は重要ではない」という古典的な信念を正当化します。 マネーサプライの変化は、相対価格ではなく絶対価格に影響するという意味で中立であることを意味します。 消費者支出と企業支出の決定は相対的な価格に依存するため、 マネーサプライの変化は、雇用や産出などの実際の変数には影響しません。 したがって、お金は中立です。

3.価格プロセスの二分法:

数量理論はまた、古典経済学者による価格プロセスの二分法をその現実的および金銭的側面に正当化します。 相対(または実際の)価格は商品市場で決定され、絶対(または名目)価格は金融市場で決定されます。 貨幣は中立であり、貨幣供給の変化は貨幣のみに影響し、実際の現象には影響しないため、古典経済学者は雇用と生産の理論を完全に実質的に開発し、絶対価格の貨幣理論から分離しました。

4.価格の貨幣理論:

貨幣の量論は、価格の一般的なレベルは主に金融現象であるという見解を支持しています。 税金、輸入品の価格、産業構造などの非貨幣的要因は、価格レベルに永続的な影響を与えません。 これらの要因は短期的には価格を上昇させる可能性がありますが、この価格上昇は実際のお金のバランスを望ましいレベル以下に低下させます。 これにより、元の価格が回復するまで、お金の出費が減少し、結果として価格レベルが低下します。

5.金融政策の役割:

マネーサプライの変化が雇用と生産の実際のマクロ変数に影響を与えない自己調整型自由市場経済では、金融政策の余地はほとんどありません。 しかし、古典的な経済学者は、一時的な不均衡状態を表す摩擦失業の存在を認識していました。

このような状況は、賃金と価格が下方硬直である場合に発生します。 このような失業の状況に対して、古典的な経済学者たちは、マネーサプライを増やすという安定した金融政策を提唱しました。 マネーサプライの増加は、総支出と一般的な価格レベルを増加させます。

労働余剰地域では賃金の急激な上昇が抑えられ(または相対的賃金が低下する)、それにより失業が減少する。したがって、金融政策を慎重に使用することにより、不均衡と調整の間のタイムラグを短縮できる。 または、摩擦による失業の場合、失業期間を短縮できます。 このように、古典的な経済学者は、不均衡な状況に対処するために金融政策にささやかな安定化の役割を割り当てました。

 

コメントを残します