政府と国民所得の循環モデル(図付き)

政府と国民所得の循環流モデルの詳細な研究を行いましょう。

国民所得と製品会計は、最終製品への支出が収入を生み出すことを示しています。

収入は、最終製品の購入を生み出し、プロセスが進むにつれてより多くの収入をもたらします。

私たちは、収入と支出の等価性を、世帯と企業とともに政府部門も含む拡張循環フロー図で説明します。 図2.3を参照してください。

1.図2.3の上の部分は最終製品への支出を表し、下の部分は購入によって生み出された収入の流れを表します。 この図は、収入を生み出す支出の種類を示しています。 また、世帯、企業、政府が収入をどのように使っているかも示しています。

2.最終製品の購入費用は収入を生み出し、消費者、投資家、政府によって消費されます。 上の図は、経済における支出と収入の循環経路を示しています。

3.図2.3の上部では、家計消費(C)が支出側からのGDPの大部分を占めています。 これに投資購入(I)を追加します。これは、国の金融システムからの資金としての支出の流れであり、機械、新しい構造、およびその他の投資財の買収の資金調達に使用されます。 政府による購入(G)は、支出の流れに追加されたものです。

最後に、上部に沿って「事業会社」とマークされたボックスに向かって下がっていくと、一部の支出は世界(ROW)からの輸入購入(M)であり、循環フローから削除されて受信されないことがわかります企業や世帯による収入として。

ただし、輸出(X)は、ROWから収入を生み出すのに役立つ国内製品の外国からの購入です。 差(X – M)は純輸出を表します。 ここで、「企業」とマークされたボックスに到達すると、総支出がC + I + G + XMの合計に成長していることがわかります。これは、GDPを支出要素の合計として表しています。

4.最終製品への支出は、事業会社の所有者と世帯員によって得られる総収入を生み出します。 収入は、従業員への補償、借りた資金と賃貸料の純利子として支払われ、一部は資本消費手当(減価償却)として事業会社によって確保(保存)されます。 残りは利益です。

5.これで図2.3に戻り、「世帯」とマークされたボックスに戻り、プロセスが再び始まります。 年度中の最終製品への支出は、消費に融資するために必要な収入を世帯に提供しました。

収入は、消費の購入(C)、家計と企業の貯蓄(5)、または税と政府の移転の差額の支払いに使用されます(純税=総税-移転= T)。 所得の使用の合計として表されるGDPは、GDP = C + S + Tです。

 

コメントを残します