最適な通貨領域:利点と制限| 経済

この記事では、以下について説明します。-1.最適通貨領域の紹介2.最適通貨領域の利点3.欠点。

最適通貨領域の紹介:

最適通貨面積理論は、比較的最近の研究分野です。 この分野での先駆的な仕事は、1957-58年にJEミードとT.シトフスキーによって行われました。 ただし、この分析を開発した主な功績は、マンデル(1961)とマッキノン(1963)にあります。

マンデルによると、最適通貨圏は、失業とBOPの不均衡を完全に排除することにつながる地域です。 通貨エリアでは、共通通貨があるか、国グループの通貨が恒久的に固定された為替レートでリンクされています。

組合の加盟国の通貨は、非加盟国の通貨に関して共同で変動する可能性があります。 マンデルは、通貨圏の国々で内外の均衡が自動的に達成されることを指摘しました。柔軟な為替レートの政策も、金融および財政政策を通じた政府の介入もありません。通貨エリア。

マッキノンは、マンデルがコストと価格の調整に重点を置いているのとは対照的に、通貨領域の目的として内部価格の安定性に重点を置いた。 マッキノンは、通貨圏は閉鎖経済よりも開放経済に最も適していると信じていました。 貿易財と非貿易財の比率が高いほど、または対外貿易とGNPの比率が高いほど、通貨領域を形成する方が有利です。

彼によると、オープンエコノミーは、内外のバランスを達成するために、為替レートの変化ではなく、金融および財政政策の変化に依存すべきです。 一方、閉鎖経済は、内外の安定という目標を実現するために、金融および財政政策ではなく、為替レートの変化に依存すべきです。

ピーター・ケネンは、最適通貨圏理論の彼のバージョンにおいて、通貨圏を形成するには、開放性は低いが多様化した経済が最も適していると指摘した。 Magnifico(1971年8月)とFleming(1971年9月)は、インフレに似た傾向を持つ国が通貨圏を形成することに同意しました。

異なる国が異なるフィリップス型のインフレ-失業のトレードオフを持っている場合、それらによる通貨領域の形成は実行不可能です。 さまざまなインフレ率により、BOPの不均衡が生じ、為替レートの調整が必要になる場合があります。 したがって、最適通貨地域には、インフレ傾向が類似している国を含める必要があります。

GE Wood(1973)は、通貨統合の形成の問題を費用と便益の問題に関連付けました。 彼によると、組合からの利益が費用を上回る場合、通貨領域は実現可能です。 通貨領域の潜在的なコストは、BOP不均衡を修正するために為替レートを変更できないことで測定されます。

通貨同盟の形成からの利益には、銀行および外国為替取引の分野での資源節約からの利益、主に準備金のプールから生じる資源再配分からの利益、貿易の増加からの利益、不確実性の削減および効率的な機能からの利益が含まれます金融メカニズム。

通貨領域に関連する利点とコストを考えると、通貨領域のメンバー間の統合は最適であるかどうかを図23.8で判断できます。

図23.8では、通貨統合の加盟国間の統合の程度または程度が水平スケールに沿って測定されています。 通貨統合の費用と便益は、垂直スケールに沿って測定されます。 BBは利益曲線であり、CCはリソースモビリティのコスト曲線です。 統合の度合いがI 1の場合、利益B 1 I 1はコストC 1 l 1を上回り、加盟国間の統合の度合いを高める必要があります。

統合の程度がI 2の場合、利益B 2 I 2はコストC 2 l 2に達しません。 したがって、統合の程度を縮小する必要があります。 利益B 0 I 0がコストC 0 I 0と正確に等しくなる場合、加盟国間のI 0の統合度が最適です。

通貨領域の加盟国は、それらの間の統合の程度に変化をもたらす必要はありません。 上記の理論的アプローチに基づいて、最適な通貨領域がバランス上有益であると思われる特定の条件を定めることができます。

条件は次のとおりです。

(i)異なる加盟国間での資源の流動性を高める必要がある。

(ii)加盟国間で密接な構造的類似性があるはずです。

(iii)加盟国間でインフレとBOPの不均衡と同様の傾向があるはずです。

(iv)固定為替レートまたは共通為替レートを持つことの利益と費用の比率は、可能な限り最高でなければなりません。

(v)加盟国の間で、金融、財政、その他の政策を調整する意欲が高まるはずです。

最適な通貨領域の利点:

最適な通貨圏の形成は、加盟国にいくつかの利益をもたらす可能性があります。

第一に、通貨エリアの形成は、柔軟な、または継続的に変化する為替レートからしばしば生じる不確実性を排除します。

第二に、最適通貨地域は、生産の専門化と、加盟国間の貿易と投資の流れの拡大を促進します。

第三に、共通通貨または固定為替レートのある地域または地域全体が、単一の大きな市場として扱われます。

第4に、最適な通貨統合の形成は、規模の経済から生じる利益を保証します。

第五に、為替レートの安定は、加盟国の価格のより大きな安定につながります。

第6に、内部の価格の安定性は、価値の貯蔵として、また取引に影響を与えるためにお金の使用を促進します。 インフレ状況の下で生じる非効率的な物々交換は落胆します。

第七に、最適通貨地域の形成は、加盟国の通貨を含む外国為替市場への公式介入のコスト、ある通貨を別の通貨に交換するコスト、およびヘッジのコストを節約します。

最適な通貨領域の欠点:

批評家は、最適通貨地域の特定の欠点を指摘しています。 第一に、各加盟国は、独自の安定化、成長、および特別な状況において適切と考える他の政策を追求することはできません。 先進国が強調し、不況地域や下位加盟国が要求する政策には矛盾が生じる可能性があります。

このため、不況地域では通貨を分離したい場合や、極端な場合には地域や国から離脱し、独自の独立した経済的および政治的構造を通じてより良い結果を得たいと考えることもあります。

しかし、独立した通貨や主権国家を持つだけでは、貧困、失業、インフレ、BOP赤字を取り除くことはできません。 第二に、最適な通貨エリアから期待される一定の利益は、固定為替レートを介しても得られます。 これらの利点は、多くの国の組織がストレートジャケットの経済統合を完全に検証しているわけではありません。

欧州経済共同体(EEC)は、1970年代初頭から、最適な通貨圏を形成するという強いコミットメントを表明しています。 これには、加盟国間の為替レートの恒久的な固定、金融政策と財政政策の調整、EEC内の不況地域に対する地域政策の制定、最終的に共通通貨の確立が含まれます。

欧州連合(EU)に移行したEEC諸国は、1999年1月1日から「ユーロ」という名前の単一通貨を発効しました。現在、EUの27か国のうち21か国が受け入れています。

EUの4つの加盟国、英国、デンマーク、スウェーデン、およびギリシャは、当面の間それを受け入れませんでした。 したがって、EUは通貨領域の最も顕著な例です。

ユーロを採用した理由は次のとおりです。

第一に、単一通貨は、欧州内の円滑で拡大した貿易と投資の量を促進します。

第二に、単一の安定した強力な通貨は、世界経済において欧州により大きな声を与えるでしょう。

第三に、それはヨーロッパの政治統合のプロセスをスピードアップします。

 

コメントを残します