違い:特定のVs。 独占に対するAD Valorem税| 経済

今後の議論では、独占に対する特定の税とADのバロレム税の違いについて更新します。

商品に売上税が課せられると、図14に示すように、市場供給曲線は税額だけ正確に左にシフトします。これは、競争市場が需要と供給曲線Dと平衡状態にあることを示しています。 SはE 0で交差し、p 0とq 0の均衡価格と出力を生成します 。 その場合、商品ごとにRs Tの税金が課税されます。

税が課されると、生産コストには固定費と変動費だけでなく政府に支払わなければならない税が含まれるため、新しい供給曲線S + Tは左にシフトします。 単位税が課される場合、供給曲線のすべてのポイントが税額だけ垂直方向に上方にシフトし、新しい供給曲線S + Tと元の需要曲線Dの交点は、新しい均衡量(q 1 )と価格をもたらします(p 1 )。

したがって、売上税は一般に企業の最適な生産レベルを変えることがわかります。 企業の供給曲線、ひいては市場の供給曲線も変化させます。 これにより、均衡価格と数量の組み合わせが変更されます。 同社は、あらゆる価格で以前よりも少ない供給を喜んで提供しています。 他のすべてのものは同じままで、均衡価格は直接変化し、均衡量は税率に反比例します。

消費者に渡される単位当たりの税金の割合が大きいことを確認できます。 需要曲線と供給曲線は非弾性的です。 現在、生産者の収益はOp 1 Fq 1であり、その一部(p 2 p 1 FG)は税の形で政府に放棄されなければなりません。 言い換えれば、生産者はユニットあたりp 2 (= p 1 – T)の収益を受け取り、q 1ユニットを販売します。 したがって、それらの総収益はp 2 xq 1 = op 2 Gq 1です。

したがって、図から明らかなことが1つあります。製品の価格の上昇は、税額よりも低くなります。 言い換えれば、税負担は買い手と売り手の間で分担されます。 次の図はポイントを明確にするかもしれません。

ここでは、ユニットあたり90ペイスの税金が課されていることがわかります。 その結果、価格はルピーから上昇します。 5からRs。 5.50。 価格の50ペイスの引き上げは、消費者に渡される単位税の一部を表します。 残りの40ペイズは、生産者(販売者)の負担です。

したがって、税引後、生産者が受け取った価格はルピーに下がります。 4.60、しかし消費者によって支払われる価格はルピーまで上がる。 5.50。 2つの違い、つまりRs。 5.50 – Rs。 4.60 = 90ペイズは、取引される商品の単位あたりの政府の収入です。

消費税や物品税などの間接税は、特定または付加価値のいずれかです。 特定のまたは単位あたりの税は、売り手が単位ごとに支払う必要があるが、広告バロレム税を販売するルピーの数の観点から述べられ、販売価格のパーセンテージの観点から表されます。

簡単な例でポイントを明確にできます。 電動ファンに20%の税金が課せられているとします。 工場出荷時の価格がRsの場合。 500の納税額はRsです。 100とその小売価格はRsです。 600.工場出荷時の価格がルピーまで上がる場合。 600、小売価格はルピーです。 720.一方、Rsの特定の税を想定します。 電動ファンには100が課されます。 したがって、単位あたりの税または特定の税が課される場合、小売価格はRsになります。 600とRs。 それぞれ2つのケースで700。

付加価値税が課せられると、図14(ii)に示すように、2つの供給曲線間のギャップは広がります。 商品の消費が増加すると、消費者の税負担も増加します。 生産者の税負担も増加します。 逆もまた真です。 したがって、アドバロレム税は社会福祉の大きな損失につながります。 これが、特定の税または単位当たりの税が常に広告バロレム税よりも優先される理由です。

独占:

一時金または利益税(20%の一定率)により、独占者の税引き後利益は減少しますが、最適な価格と数量の組み合わせは変更されません。

独占者が税を回避することはできません。 独占者は、総収入と総費用の物理的な量や価値に関係なく、それを支払わなければなりません。 利益税を回避する唯一の方法は、税引前の利益を減らすことです。 MCに単位税が含まれる場合、MRとMCを同等にすることで、税引後の利益を最大化します。 ただし、特定の消費税を課すと、販売数量が少なくなり、価格が高くなります。

消費税は、通常は本質的に付加価値です(つまり、販売数量または販売価格に基づくかどうか)は、彼の利益と生産レベルを下げ、製品の価格を引き上げます。 独占者の均衡生産が10単位で、価格がRsであると仮定します。 60および総利益はRsです。 350.今、政府がルピーの税を課していると仮定します。 独占者の出力に応じて、ユニットあたり8。

税売上の結果として1ユニット(10から9)だけ減少しますが、Rsから利益が減少することが観察されます。 350からRs 274(すなわち、Rs。76による)。 価格はユニットあたりの税額よりも高くなることはありませんが、総利益は350ルピーです。 274)。 価格の上昇は単位あたりの税額より少なく、独占者の総利益はRs以上減少します。 2政府の収入(つまり、9単位x Rs。8)。

あるいは、政府はルピーの一括税を課すことができます。 72独占者に。 この場合、同じ収益を受け取りますが、独占者の総利益はRsだけ減少します。 4、すなわちRsから。 76(付加価値税の場合のように)Rs.72に(一括税の場合のように)消費者は課税製品に対してより高い価格を支払う必要はありません。 この例では、一時金または単位あたりの税が、付加価値税(またはパーセンテージ)よりも望ましいことを明確にしています。

 

コメントを残します