パートナーシップ会社

パートナーシップ形式のビジネスについて知っておく必要があるすべて。 パートナーシップ形式または組織の必要性は、個人事業主とヒンドゥー教の共同家族会社の制限から生じました。

事業の拡大に伴い、人のグループが手をつないで必要な資本とスキルを提供することが必要になりました。 人は例外的なビジネス能力を持っているかもしれませんが、資本を持っていません。 彼は融資パートナーを持つことができます。

1932年のインドパートナーシップ法のセクション4では、パートナーシップを「すべてまたはすべてのために行動するビジネスの利益を共有することに同意した人の間の関係」と定義しています。

パートナーシップ事業の所有者は個々にパートナーと呼ばれ、集合的に「ファーム」と呼ばれます。

以下について学習します。1.パートナーシップ会社の定義2.パートナーシップ会社の特性3.適合性4.利点5.欠点6.パートナーの種類7.パートナーの権利、義務、および責任8.パートナーシップ証書9.限定責任パートナーシップ。


パートナーシップ会社:定義、特性、パートナーの種類、適合性、パートナーシップの証書、利点と欠点

パートナーシップ 会社–定義、利点、欠点、適合性、パートナーの種類、パートナーシップの証書、 パートナーの義務、その他

独自のビジネス形態には多くの制限があることを理解しました。 ビジネスで実業家が投資できる金額には制限があります。 彼/彼女ができる戦略的思考の量も限られています。 そのため、単独の専有事業は通常小規模です。 ビジネスのパートナーシップ形式は、これらの制限を取り除き、ビジネスの成長を可能にします。

パートナーシップとは、共同所有者の能力のもとで事業を遂行するための2人以上の人の組合です。 そのような人はそれぞれパートナーと呼ばれます。 すべてのパートナーは、それぞれの所有権に比例して、または両者間で合意されたとおりに、利益と損失を共有します。

パートナーシップ会社がコミットできる金額ははるかに大きい。 これは、各パートナーが1人でお金を手配するのではなく、必要な資本の総額の一部を持ち込むことができるためです。 ビジネスのさまざまな機能(マーケティング、財務、生産など)を担当する人が増えています。 したがって、ビジネスをより適切に管理できます。 ただし、意思決定は集合的です。 決定を下す前に、他のパートナーを巻き込んで説得する必要があります。

パートナーシップは、口頭または書面で結成できます。 一緒にエンタープライズを開始できるパートナーの数には制限があります。

定義:

オックスフォードビジネスワールド辞書によると。 「パートナーとは、他の人の活動を共有または参加する人です。 パートナーシップとは、事業を遂行するために結成された2人以上の人々の団体です。」

LHヘイニー教授によると、「パートナーシップとは、個人的な利益を目的として、合法的なビジネスを共通して遂行することに同意する契約を結ぶ能力のある人の間の関係です」。

マクノートン教授の言葉を借りると、「パートナーシップは、補完的な能力を活用し、より多くの資本を調達したいというビジネスの願望から生まれたものです」

「パートナーシップとは、一部のビジネスで財産、労働、スキルを結合し、利益を共有することに同意した人の間で成り立つ関係です」-インド契約法、1872

「それは、すべてまたはすべてのために行動する誰かによって行われるビジネスの利益を共有することに同意した人々の間の関係です」。 – 1932年、インドパートナーシップ法のセクション4。

「パートナーシップとは、営利目的のビジネスを共同所有者として継続する2人以上の人々の協会です」–米国統一パートナーシップ法

パートナーシップの利点:

私。 形成の容易さ:

契約を締結できる2人であれば、パートナーシップを開始できます。 パートナーシップ証書は口頭でも書面でもかまいません。 登録は必須ではありません。 したがって、パートナーシップの形成は非常に簡単です。 ただし、ビジネス条件または要件により、書面によるパートナーシップ証書を通じてパートナーシップの形成が強制される場合があります。 たとえば、銀行は、書面によるパートナーシップ証書がない限り、パートナーシップ会社による銀行口座の開設を許可しない場合があります。

ii。 運用の柔軟性:

事業運営にはかなりの自由があります。 ビジネスの性質、範囲、または場所を変更するために、政府または他の当局から承認を取得する必要はありません。

iii。 優れた財務リソース:

パートナーの責任は共同で複数あるため、パートナーシップはすべてのパートナーの財務力を兼ね備えています。 資本に貢献する能力が大きくなるだけでなく、企業の借入能力も向上します。

iv。 より大きな経営資源:

パートナーシップは多くの場合、相乗効果の利点を探している人々によって正式です。 1人のパートナーが技術的な知識を持っている場合、他のパートナーはマーケティングまたは金融の専門家である可能性があります。 したがって、企業の経営資源が強化されます。 会社で利用可能な財源は、会社が専門的な方法でビジネスの世話をするために給与ベースで良いマネージャーを雇うことを可能にします。

v。信用度の向上:

貸し手がローンの提案を評価するとき、彼は借り手の信用力を見ます。 パートナーシップ会社には、定義上、ビジネスの責任者が複数います。 すべてのパートナーは、会社が負担した債務に対して共同で複数の責任を負います。 すべてのパートナーの個人資産は、ローンの返済に使用できます。 これはすべて、貸し手に大きな自信を与えます。 このように、パートナーシップ会社はより高い信用力を享受しており、したがってビジネスのためにより多くの負債を調達しています。

vi。 バランスの取れた判断:

パートナーシップでは、日々の管理は1人または数人のパートナーが担当します。 ただし、重大な問題が発生した場合、パートナーは状況について話し合い、バランスの取れた判断を下す可能性があります。 決定が急いだり、感情的になったりすることはほとんどありません。

vii。 専門分野:

パートナーシップは、分業の恩恵を受けることができます。 パートナーは、関心のある分野に特化することを選択できます。 パートナーは、責任と義務を明確に定義できます。 これにより、効率の向上とは別に、管理の専門知識が得られ、それによって利益が最大化されます。

viii。 秘密の維持:

パートナーシップ会社は、密接に保持されているビジネスです。 法律により、そのパフォーマンスと位置を他者と共有することは要求されていません。 したがって、会社に関するすべての知識は、会社のパートナーのみに制限されます。

ix。 スタッフおよび顧客との個人連絡先:

パートナーシップの懸念は比較的小さな組織であり、その活動は人々のグループによって管理されます。 したがって、パートナーは顧客やスタッフと密接に連絡を取り合っています。 このように、彼らは変化する味と態度に注意し、そのような変化により速く反応することができます。

バツ。 管理の経済:

パートナーはビジネスの利益に関与しています。 無駄が最小限に抑えられるようにします。 すべての費用は厳重に管理されています。 したがって、管理の費用が抑制されます。

xi。 保守的な管理:

パートナーには無制限の責任があります。 無制限の責任は、パートナーが無謀な決定を下すことを防ぎます。 彼らは、彼らが下した決定がすべての人に受け入れられることを保証するだけでなく、他のパートナーが不必要に積極的に行動していないことも確認します。

xii。 少数株主利益の保護:

パートナーは、会社の行為に対して共同で複数の責任を負い、会社が会社の利益に反する行動をとることを止める権利を有します。 そのようなパートナーは、パートナーの大半がそうではないと感じても無視することはできません。 パートナーシップの決定には、すべてのパートナーの同意が必要です。

xiii。 ハードワークへのインセンティブ:

パートナーは会社の利益を共有しています。 パートナーは一生懸命働き、会社の利益を増加させようとします。 誠実で献身的な努力は、追加の報酬をもたらします。

xiv。 リスク削減:

利益と損失はすべてのパートナーによって共有されます。 同様に、会社が支払い義務を履行できない場合、すべてのパートナーが責任を負います。 このように、リスクはパートナー全体に広がるため、パートナーシップはリスクの削減を提供します。

xv。 拡張範囲の拡大:

パートナーの数が多いほど、企業はより迅速な拡張を計画できます。 また、パートナーはモバイルであり、新しい場所から組織活動を処理するのに十分な経験があるため、地理的な拡張も可能です。

xvi。 簡単な解散:

パートナーシップ会社の解散は非常に簡単です。 パートナーは、14日前に通知することにより、会社の解散を求めることができます。 会社は、パートナーの死亡、支払不能、または狂気により解散する可能性があります。 法的手続きは必要ありません。

xvii。 課税:

1961年の所得税法は、パートナーシップを個別の「人」として扱い、その税は個別に計算されます。 これにより、パートナーは税の計画を立て、未払いの税金を最小限に抑えることができます。

パートナーシップの欠点:

私。 無限責任:

パートナーは、会社に対するすべての請求について、無制限に完全に責任を負います。 パートナーは、ビジネスの損失またはミスのために、人生のすべての貯金を失う可能性があります。 これは、パートナーまたは同志のパートナーとの関係を選択することが、パートナーシップビジネスを形成する上で最も重要な理由の1つです。

ii。 利子の移転の制限:

投資の黄金律の1つは、簡単な出口がなければならないということです。 パートナーが金銭を必要とする場合、または他者と合意していない場合、彼は部外者の同意なしに会社に対する関心を部外者に譲渡することはできません。 パートナーは、パートナーシップへの出資を減らすことも増やすこともできません。

iii。 資本の不足:

会社のパートナーの数は最大20人に制限されています。 したがって、パートナーシップ会社は、その拡張計画の資金調達に必要な資本を調達する立場にない場合があります。 したがって、多額の資本を必要とする企業は、一般的に合資会社として組織されます。 たとえば、リライアンスインダストリーズリミテッドなどの石油精製ビジネスやタタモーターズリミテッドなどの自動車製造ビジネスは、パートナーシップ企業とは考えられません。

iv。 相互競合:

パートナーシップには、緊密な協力とパートナー間の多くの理解が必要です。 パートナー間で意見に重大な違いがあり、さまざまなパートナーがさまざまな目標を追求しようとしている場合、ビジネスの健全性には向いていません。 パートナー間の摩擦は、最終的にはビジネスの閉鎖につながります。

v。不確実な連続性:

パートナーシップは、いずれかのパートナーの死亡、支払不能、精神異常、または能力不足により解消される場合があります。 既存の形式では、ビジネスの継続性に対して常に深刻な脅威があります。 したがって、パートナーシップ企業は、長期的な資本と計画を必要とするビジネスには適していません。

vi。 意思決定の遅れ:

日々の管理は1つまたは複数のパートナーによって個別に処理されますが、大きな決定を下すにはすべてのパートナーの同意が必要です。 行われる決定についての議論とコンセンサスには時間がかかる場合があり、その結果、企業は迅速な行動を失うことになります。

vii。 暗黙の権限のリスク:

パートナーは、自分の行動によって会社の他のすべてのパートナーを拘束できます。 これは他のパートナーにとって大きなリスクです。急いで行動をとると、すべてのパートナーの命の節約がなくなる可能性があります。 管理パートナーによる不信および誤った決定は、通常、パートナーシップ会社の解散につながることが見られます。

viii。 国民の信頼の欠如:

会社の業務は公的な監視の対象ではありません。 会社の業績と地位は公表されていません。 したがって、会社は一般の信頼を享受していません。

ix。 リスクに対する嫌悪感:

すべてのパートナーの責任は無制限です。 また、パートナーは連帯して責任を負います。 言い換えれば、1人のパートナーが誤った措置を講じると、パートナーのすべてまたは一部が破産する可能性があります。 これを念頭に置いて、パートナーはリスクに対して非常に高い嫌悪感を持っています。

バツ。 拡張の限定範囲:

パートナーシップ会社は、限られた数のパートナーしか持つことができません。 これらのパートナーの責任は無制限です。 したがって、リスクを取る能力は限られています。 これにより、企業が拡大および成長する能力が制限されます。

xi。 責任の継続:

通常、ビジネスに関連する責任はビジネスの閉鎖で終わります。 ただし、パートナーシップ会社の場合、会社の責任が制限されていない限り(LLPまたはLimited Liability Partnership)、会社が閉鎖(解消)された後でもパートナーの責任は継続します。 これは、すべての部外者の主張が完全に解決されるまで続きます。

xii。 独立した法的地位なし:

パートナーシップ会社は、そのメンバーとは別個ではありません。 独自の独立した法人はありません。 パートナーはお互いに代わって契約を結びます。

パートナーシップ形態のビジネスの適合性

個人事業主は、比較的小規模で、少量の資本が必要で、リスクが高くなく、意思決定を迅速に行う必要がある企業に適しています。 ただし、ビジネスの規模が大きくなると、ビジネスではさまざまな機能を実行するためにさまざまな種類のスキルセットが必要になります。

より多くの資本が必要であり、複数のことを同時に行う必要があります。 たとえば、顧客が注意を払う必要があると同時に、銀行ローンの交渉が必要になる場合があります。 したがって、企業が大きくなるにつれて、パートナーシップ形式のビジネスは、中小企業により適している可能性があります。

パートナーシップ形式のビジネスには、長所と短所があります。 しかし、多くの場合、中小企業を運営するのに最適な形式です。

そのようなインスタンスの一部を以下にリストします。

a。 資本要件が中規模、つまり大きすぎたり小さすぎたりしないビジネスの場合。 小売業者や卸売業者、小規模製造ユニットなどのビジネスは、パートナーがうまく開始できます。

b。 さまざまな能力、管理能力、スキル、および専門知識を必要とするビジネスは、パートナーシップモードで実行するのが最適です。 たとえば、建設会社、法律事務所などの企業は、各パートナーが専門分野ごとに最高の貢献をするパートナーシップを好みます。

c。 家族経営は、夫と妻、親と子、兄弟と姉妹が会社のパートナーになることができるパートナーシップとして最もよく組織されています。

d。 複雑なコンプライアンス要件を回避したい運用の柔軟性を必要とするビジネスは、ビジネスのパートナーシップ形式を好むでしょう。

パートナーの種類

私。 アクティブまたはワーキングパートナー:

会社に資本を提供し、ビジネスの日常業務に積極的に参加するパートナーは、「アクティブ」または「ワーキング」パートナーと呼ばれます。 そのようなパートナーには、彼が行った仕事に対して「給与」の形で追加の報酬が支払われる可能性があります。 毎日のビジネス上の決定は、アクティブパートナーによって行われます。

ii。 休眠または睡眠パートナー:

休眠中のパートナーは、ビジネスの活動に参加しません。 彼は単にビジネスに資本を寄付し、会社が獲得した利益を共有するだけです。 しかし、彼はパートナーのすべての権利を得る権利があり、会社および他のパートナーのすべての行為に対して責任を負います。

iii。 ノミナルパートナー:

ノミナルパートナーは、パートナーシップに自分の名前と評判を与える人です。 彼は会社に資本を寄付したり、ビジネスの活動に積極的に参加したりしていません。 彼は、会社のパートナーに生じる利益を受ける権利はありません。 しかし、彼は会社に対する請求について外部の当事者に責任を負います。

iv。 利益のみのパートナー:

特定の理解でパートナーになり、会社の利益を共有するが、会社が被る損失を共有してはならない人。 ただし、そのようなパートナーでさえ、会社に対する請求に対して責任を負います。 通常、このようなパートナーは、ビジネスに対する評判と善意を提供します。 彼らは、ビジネスの日常業務に積極的に参加する場合としない場合があります。

v。Estoppelによるパートナーシップ:

「Partner by Estoppel」は会社の​​パートナーではありません。 しかし、彼の行動、話などによって、彼は部外者の心に彼が会社のパートナーであるという印象を与えます。 彼は、会社のパートナーに生じる可能性のある利益を受ける権利はありません。 しかし、彼は、部外者がそのような人が会社のパートナーであるという信念で会社の会社に信用を拡大したかもしれないので、会社に対する請求について部外者に責任を負います。

たとえば、A、B、Cは3人の兄弟です。 BとCは小企業を営んでいます。 DはAの親友であり、AはDにBとCのビジネスのパートナーであるという印象を与えます。Dは会社にローンを提供しますが、これは回収できません。 DはAがパートナーであるという印象の下でローンを与えたときに、Aからお金を請求できます。 Aがパートナーではないことを知っていれば、彼はローンを与えなかっただろう。 したがって、Aは「D」の責任を負い、パートナーではないという理由で責任を否定することを止められます(防止されます)。

vi。 手を差し伸べるパートナー:

人が会社のパートナーとして投影され、その人がそれを否定しない場合、彼は持ちこたえることによってパートナーになります。 「Partner by Holding Out」も会社のパートナーではありません。 しかし、彼は、第三者がそのような人がパートナーであるという信念で会社にクレジットを与えたかもしれないので、会社に対してなされたすべての請求に対しても責任を負います。

たとえば、X、Y、Zは3人の兄弟です。 Xは非常に成功したビジネスマンです。 YとZは協力して中小企業を営んでいます。 パーティーで、YはXをパートナーとしてMに紹介します。 Xはそれを否定しませんが、彼は自分がパートナーであることを明確に述べていません。 Mは会社にローンを提供しますが、それは回収できません。 MはXからローンを回収できます。Xは「差し押さえによるパートナー」です。

vii。 準パートナー:

準パートナーとは、もはや会社のパートナーではないが、彼が引き続き会社のパートナーであるという印象を与える人です。 彼は会社を退職したため、意思決定に参加したり、会社の利益を分け合ったりすることはありません。 彼は会社に資本を持っていません。 しかし、彼はパートナーとして継続しているという印象を与えるため、彼の責任は無制限です。

viii。 シークレットパートナー:

シークレットパートナーは会社のパートナーですが、部外者のパートナーとして知られたくないです。 しかし、彼はパートナーのすべての権利を受ける権利があり、会社に対するすべての請求に対して責任を負います。 部外者が彼がパートナーであることを知らずに会社に信用を拡大したという事実は、パートナーまたは会社のいずれかによる防御として使用することはできません。

ix。 リミテッドパートナー:

彼は、責任が資本への貢献に限定されているパートナーです。 したがって、損失が発生した場合、そのようなパートナーは彼が投資した資本のみを失います。 つまり、彼の個人資産は保護されています。

バツ。 サブパートナー:

サブパートナーは会社のパートナーではありません。 実際、彼は会社とは何の関係もありません。 会社にとって、そのような人は存在しません。 サブパートナーとは、パートナー企業の利益/損失をパートナー企業と共有することを会社のパートナーの1つと合意している人です。 これは、パートナーとサブパートナーとの間のプライベート契約です。

たとえば、AとBは利益と損失を等しく共有する会社のパートナーであるとしましょう(各パートナーは50%を取得します)。 Aと彼の妻であるA夫人は、Aがパートナーシップから得たすべての利益(および損失)を3:1の割合で彼女と共有することで合意します。 したがって、A夫人は、パートナーシップ会社でAが寄付した資本の25%を支払います。 Bも他の世界も、Aと彼の妻の間の合意を知りません。 A夫人はサブパートナーです。

サブパートナーは、会社に対して一切の責任を負いません。 彼または彼女は資本を寄付することさえできないかもしれません。 サブパートナーの権利と義務は、メインパートナーとの契約によって決まります。

xi。 パートナーとしてのマイナー:

未成年者とは、未成年である18歳に達していない人のことです。 「未成年者」は、自分で契約を結ぶ能力を享受していません。 パートナーシップは契約上の関係であるため、未成年者はパートナーになることはできません。

インド契約法によると、未成年者は契約を締結することができず、そのような契約が締結されている場合、そのような契約は無効になります。 ただし、彼は、会社のすべてのパートナーの同意を得て、パートナーシップの利点を認めることができます。

以下は、パートナーである未成年者の権利と責任です。

(a)未成年者は、パートナー間の合意に従って、利益とパートナーシップの財産を共有する権利を有します。

(b)彼は会社の会計帳簿を調べることができます。

(c)未成年者の責任は、会社における資本のシェアに限定されます。 彼は個人的に会社によるいかなる悪事に対しても責任を負わず、会社の負債を支払う間、彼の個人財産は付帯されません。

(d)未成年者は、会社の利益に対する自分の分担に関して、会費の支払いのために他のパートナーを訴えることはできません。 しかし、彼がパートナーシップを辞めることを決めた場合、彼は他のパートナーに彼のパートナーシップのシェアに関連する彼の会費の支払いと最終決済のために訴えることができます。

(e)未成年者は、過半数を獲得してから6か月以内に、ビジネスのパートナーとして継続するか、パートナーシップを辞めるかを決定します。 彼は、彼の決定に関して公告することによりこれを行う。 ただし、彼が自分の決定に関して公示を怠った場合、または過半数を達成してから6か月以内に決定しなかった場合、彼はパートナーになります。

(f)未成年者がパートナーになることを決定した場合、その未成年者は、会社のパートナーシップの利益を認めた日以降、会社のすべての行為、債務および義務について責任を負うものとします。 彼の個人資産は、必要に応じて会社の負債を返済するために使用されます。

(g)パートナーにならないことを決定した場合、通知の発行日以降、会社の行為に対して責任を負わないものとします。

パートナーシップの形成–パートナーシップ証書

パートナーシップは、ビジネスを継続するための契約を締結する2人以上の人によって形成されます。 この契約は、口頭または書面によるものです。 ただし、書面で同意することが常に望ましいので、将来誤解される可能性は回避されます。 パートナーシップ事業に関するすべての重要な条件が合意され、書面にされ、すべてのパートナーによって署名された場合、そのような契約は「パートナーシップ証書」と呼ばれます。

パートナーシップ証書に含まれる契約条件は、パートナーシップ条項と呼ばれます。 パートナーシップ証書には、主に内部管理と債務者や債権者などの外部関係者との関係に関する詳細が含まれています。 インド印紙法の規定に従ってすべての関係者が署名し、証書のコピーをすべてのパートナーが保管する必要があります。

パートナーの権利、義務、および負債は、「パートナーシップ証書」から推測できます。 「パートナーシップ証書」が問題に関して沈黙している場合にのみ、パートナーシップ法の規定が関係します。

パートナーシップ証書の内容:

通常、パートナーシップ証書には次の側面が含まれています。

私。 会社の名前

ii。 パートナーの名前、住所、資格、職業。

iii。 事業の性質と範囲は、会社が引き継ぐことを提案しました。

iv。 会社のオブジェクト。 (「オブジェクト」という言葉は、「目的」または目的を意味するために使用されます。)

v。パートナーシップの期間(ある場合)。

vi。 事業の継続が提案されている場所。

vii。 各パートナーが提供する資本の量。

viii。 パートナーがビジネスから引き出すことができる金額。

ix。 パートナーの資本に対して支払うべき利率。

バツ。 ビジネスの日々の管理に各パートナーが関与する範囲

xi。 事業からの資本の引き出し時にパートナーに請求される利率。

xii。 パートナーが利益または損失を共有する比率。

xiii。 会社に提供されたサービスに対してパートナーに支払う給与または手数料の額。

xiv。 さまざまなパートナー間でのビジネスの責任の割り当て。

xv。 パートナーシップ会社の帳簿の維持

xvi。 パートナーによる会計帳簿の監査および検査のプロセス。

xvii。 パートナーの入場または退職に関する事項。

xviii。 パートナーの入会/退職時ののれんの評価方法。

xix。 入学退職またはパートナーの死亡時に資産と負債を再評価する方法。

xx。 パートナーから会社に与えられたローンと前払い金、および支払われるべき利率。

xxi。 会社の解散手続きと解散後の決算方法。

xxii。 パートナー間の紛争の和解に関する仲裁条項(ある場合)。

xxiii。 パートナーの追放の条件と追放の手順。

xxiv。 パートナーが破産した場合の手配。

xxv​​。 パートナーの権利、義務、義務。

xxv​​i。 小切手およびその他の文書に署名するための銀行口座および権限の運用。

xxv​​ii。 パートナーが証書に含めることを希望する可能性のあるその他の条項。

パートナーの権利、義務、および責任:

パートナーシップ証書には、パートナーの権利、義務、および責任の詳細が含まれています。 パートナーシップ証書がない場合、または証書に何らかの側面がない場合、パートナーシップ法の規定が施行されます。

一般的に、パートナーの権利、義務、義務は次のとおりです。

パートナーの権利:

私。 会社の経営管理に参加する。

ii。 会社に関する問題についての彼の意見を表明すること。

iii。 少なくとも過半数のパートナーの同意を必要とする問題に投票するには

iv。 会社の会計帳簿のコピーにアクセスし、検査し、維持する。

v。契約に従って会社の利益を分配する。

vi。 パートナーから会社への前払いローンの利子を受け取る。 利率が固定されていない場合、6%paで計算されます

vii。 会社の適切な業務遂行に費やした金額を受け取ること。

viii。 会社の事業の遂行において生じた損失について補償を受ける。

ix。 パートナーシップ証書に従ってパートナーシップから追放されない限り、会社のパートナーとして留まること。 たとえば、他のパートナーの多数決だけでは、パートナーをパートナーシップから追放することはできません。

バツ。 合意された規範に従ってパートナーシップを終了する。

xi。 会社の財産を会社の目的専用に使用すること。

xii。 新しいパートナーの入場を承認または拒否します。

xiii。 会社のすべての資産の共同所有者になること。

xiv。 会社の解散に関する通知を発行する。

xv。 退職後、会社の事業と競合する事業を継続すること。

xvi。 パートナーが退職時に支払う金額について、全額が支払われるまで利益を分配する、または利息を6%で獲得する。

xvii。 緊急時に会社を損失から保護するために必要なすべてまたはすべての行為を行うこと。

パートナーの義務

私。 会社および他のパートナーに公正かつ忠実であること。

ii。 会社の完全かつ正確な情報と真のアカウントを互いに提供すること。

iii。 会社とすべてのパートナーの最大の利益のために会社のビジネスを続けること。

iv。 合意された条件に従って、会社の利益と損失を共有する。

v。企業を損失から最大限に保護すること。

vi。 彼の重大な過失、行為の違反、または通常の業務過程における故意の不正行為によって引き起こされた損失に対して会社を補償すること。

vii。 いかなる方法でも会社の事業と競合する事業を継続しないこと。

viii。 会社の事業と競合する事業から得られた利益を会社に引き渡すこと。

ix。 会社の資産を個人的な使用や会社の事業以外の事業での使用に使用しないこと。

バツ。 彼の権威の範囲内で行動すること。

xi。 他のパートナーの同意なしに、パートナーシップへの関心を他の人に譲渡または譲渡しないこと。

xii。 会社に代わって行われる取引において、販売または購入などのコミッションによって秘密の利益を獲得しないこと。

パートナーの責任

私。 すべてのパートナーは、会社のすべての行為に対して連帯して責任を負います。 会社の資産が部外者の請求を満たすのに十分でない場合、そのような請求は、いずれか、一部またはすべてのパートナーの個人資産から回収できます。

ii。 パートナーは、通常のビジネスの過程における彼の過失または不正行為に起因して会社に生じたいかなる損失も良好にする責任を負います。

iii。 パートナーは、その権限の範囲内で行動する他のパートナーの行為に対して責任を負います。

iv。 パートナーは、会社に代わって取引を行ったために行われた利益に対して責任を負います。

v。パートナーは、企業の事業と競合する企業が企業に対して行った利益に対して責任を負います。

vi。 パートナーは、会社の資産を個人的に使用することによって得られた利益に対して責任を負います。

vii。 また、パートナーは、そのようなパートナーまたは会社の他のパートナーによって行われた不正行為について、第三者に対して責任を負います。

viii。 パートナーは、パートナーが受け取った第三者の金銭の不正使用の責任を負います。

ix。 退職パートナーはまた、任期前に契約した会社のすべての行為に対して責任を負います。

有限責任パートナーシップ(LLP):

有限責任パートナーシップ(LLP)は、パートナー企業とは別の別個の法人である法人です。 永続的な継承と共通のシールがあります。 これは、通常のパートナーシップエンティティのように機能すると同時に、企業の利益を提供するように設計されています。

LLPは、特にサービス部門のブームの後、公認会計士、弁護士、建築家などの専門家に人気のある選択肢になりました。 LLPは、そのような専門家がパートナーシップを構築し、パートナー間の行為に完全に責任を負うことなく、両者間の相乗効果を享受するのを支援します。 LLPは米国、英国、その他の国に存在しますが、インドでは比較的新しい概念です。

LLPの基本機能:

私。 Body Corporate – LLPは、パートナーとは別個の法的存在を持つ法人です。

ii。 別の法人– LLPは別の法人です。 独自の名前でプロパティを所有および保持できます。 他人に訴えられ、訴えられる可能性があります。

iii。 限定責任– LLPのすべてのパートナーの責任は、パートナーシップのそれぞれの株式に限定されます。

iv。 パートナーの数-2人以上がLLPを開始できます。パートナーの数に上限はありません。

v。シンプルさ– LLPは、会議、決議などのさまざまな法的要件の対象ではありません。したがって、LLPの操作は非常に簡単です。

vi。 永続的な存在– LLPは、指定された期間、特定のジョブ、または永続性のいずれかで形成できます。 LLPの継続性は、パートナーの変更による影響を受けません。 パートナーの辞任または死亡により、LLPが解散することはありません。

vii。 永続的な継承-LLPは永続的な継承を行いますが、すべてのパートナーの同意が得られれば、巻き上げられる可能性があります。

viii。 柔軟性– LLPは、営利目的で行われるあらゆるビジネス活動に対して形成できます。 ただし、非営利のビジネスまたはアクティビティ用にLLPを作成することはできません

ix。 登録– LLPは、特定の州の会社の登録機関に登録する必要があります。 LLPの事業は、LLPが登録されている州に関係なく、インドのどの州でも実施できます。

バツ。 LLP契約–パートナーの相互の権利、義務、義務は、LLP契約に記載する必要があります。 個々のパートナーの資本および利益分配率は、LLP契約で言及する必要があります。 The rules and procedures regarding induction and removal of partners need to be specified in the LLP Agreement. In the absence of an agreement on some clauses, the clauses under the LLP Act and the associated rules and regulations shall apply.

Limitations of a Partnership Form of Organisation:

Traditionally, partnership form of organisation has been very popular in a country like India and the world over.

However, it suffers from the following limitations:

私。 The maximum number of partners cannot exceed 20.

ii。 The liability of the partners is unlimited.

iii。 Acts of a single partner binds both the partnership firm and other partners, irrespective of whether the acts are ratified by all the partners or not.

iv。 Challenges in raising capital from banks and other institutions.

v. Lack of transparency among partners.

While the Company form of organization can remove these hurdles, the reason for absence of corporate form the high compliance costs. The Limited Liability Partnership (LLP) form of organisation addresses the weakness of the partnership form of organisation by giving it a corporate structure similar to that of joint stock companies.

At the same time, it provides the required flexibility in management similar to that of partnership organisations. Accordingly, the LLP form of business organisation was introduced in India by way of Limited Liability Partnership Act, 2008 (LLP Act 2008) which came into effect by way of notification dated 31st March 2009. It is applicable to the whole of India.


Partnership Firm – Definitions and Characteristics (With Scope for Sole Proprietorship and Partnership)

The individual proprietorship organisation with all its limitations, proved unequal to the requirements of expanding business. Expansion of business called for more capital, enhanced the risk, and required more managerial ability than could be expected of a single individual.

A wealthy man may lack of managerial capacity, and an able manager might not have money enough to finance a big concern. This made some kind of an association among individual businessmen necessary. Partnership organisation is one form of such association. It grew essentially out of the failures and limitations of the individual proprietorship and represents the second stage in the evolution of the forms of business organisation.

Generally, when a sole trader finds it hard to cope with the problems created by the expansion of business, he takes an able employee, or some other capable and well-to-do person, as his associate in business and converts his sole-proprietary business into a partnership.

定義

The formation and management of partnership organisation is governed by the provisions of the Indian Partnership Act of 1932. Section 4 of “the Act defines partnership as the relation between persons who have agreed to share profits of a business carried on by all or any of them acting for all.”

The following characteristics of partnership emerge from this definition:

1. Existence of business – An association of persons will become a partnership only when it is meant to do some kind of business. If the purpose is to carry on some charitable work, it will not be a partnership.

2. Plurality of persons – At least two persons must join together for business. One person cannot enter into partnership with himself.

3. Contractual relationship – The business is set up by an agreement between persons concerned called partners. Persons who are not competent to contract (eg, minors) cannot be partners. Moreover, a Hindu family business does not automatically become a partnership business.

4. Profit motive – The purpose of partnership should be to earn profits and there must be an agreement to share them.

5. Principal-agent relationship – The business must be carried on by all or one or more acting on behalf of all the partners. Thus, every partner is an agent of the other members of the firm.

All these conditions must be satisfied to constitute partnership. If the manager of a firm is given a share in profits, he is not be treated as a partner, because business is not carried on his behalf. The chief test of whether a person is a partner or not is whether the business is conducted on his behalf, ie, whether or not the element of agency exists. Every partner has the right to participate in the management of the firm's business though any of them may give up this right by agreement.

The minimum number of persons required to make a partnership is two. The Partnership Act does not mention the upper limit but under the Companies Act., 1956, a partnership consisting of more than 20 persons for a general business and 10 partners for a banking business would be illegal. Hence, these should be regarded as the maximum limits to the number of partners in a partnership firm.

Other Legal Characteristics :

It will be useful here to take notice of some other notable features of partnership organisation also:

1. Unlimited liability – Each partner has an unlimited liability in respect to the firm's debts. The creditors can recover their dues from the property of any or all partners in case the firm's assets are insufficient.

2. Utmost good faith – A partnership agreement rests on utmost good faith. The partners must, therefore, be just and honest to one another. They must disclose every information and present true accounts to one another.

3. Implied agency – Every partner has an implied authority to act on behalf of his fellow- partners and the firm in the ordinary course of business. Thus, he is an agent of the firm and the other partners.

4. Restriction on transfer of interest – A partner cannot transfer his share to an outsider without the consent of the other partners. This is so because partnership is a contract between individual partners and contract resting on utmost good faith at that.

Scope for Sole Proprietorship and Partnership:

Doubts are often expressed about the suitability of these forms of organisation in the face of keen competition offered by corporate enterprises which have certain important overriding advantages of economic viability, organisational and operational efficiency and freedom from the discouraging feature of unlimited liability.

These doubts are not justified in practice in view of the following factors:

1. Most often business is initially started as a sole proprietorship or partnership concern and converted into Joint Stock Company when it is economically viable and financially attractive for investment by the general public.

2. Barring production in most other fields like trading, wholesale and retail (with the exception of import and export trade), factors like economic viability, direct motivation, personal contact, need for servicing, etc., favour the organization of the business in the form of sole proprietorship or partnership.

In the field of distribution, these forms of organisation dominate the scene not only in India, but even in an advanced country like the United State of America where corporate form of organisation has made great progress.

3. Even in the field of production, despite rapid and great technological developments, there are a number of fields where the technical, managerial and marketing factors combine to keep the size of firms low and thus offer the best chance to sole proprietorship or partnership form of organisation to flourish.

4. Most of the service enterprises (like transport and warehousing services) are also organized as sole proprietorships or partnerships because of their small size. Further, in the case of professionals, like chartered accountants, lawyers, law requires that they should be organized only as sole proprietorship or partnership concerns.


Partnership Firm – Advantages and Disadvantages

The need for partnership form or organization arose from the limitations of sole proprietorship and Joint Hindu Family firm. With the expansion of business, it became necessary for a group of person to join hands together and supply necessary capital and skill. A person may possess exceptional business ability but no capital; he can have a financing partner.

A financier may need a managerial expert as well as a technical expert and all of them may combine to set up a business with common ownership and management. Thus partnership organization has grown out of necessity to arrange more capital, provide better management and control to take advantage of high degree of specialization and division of labor, and to share the risks.

Section 4 of Indian Partnership Act of 1932 defines partnership as “the relation between person who has agreed to share profits of a business carried on by all or any of them acting for all.” Owners of the partnership business are individually called partners can collectively called a “firm”.

The name under which the business is carried on is known as “firm's name”. The terms and conditions of partnership are contained in the partnership agreement known as “Partnership Deed”.

Advantages of Partnership :

(i) Easy Formation:

Formation of partnership is easier and no legal formalities are to be observed to establish it. At the same time, unlike a company, not much of expenses are incurred for its formation. However, as compared to sole trader's concern, it may involve certain difficulties, especially in selection and organization of partners etc.

(ii) Larger Financial Resources:

In a partnership, since several people pool their financial resources into a common business, the amount of capital accumulation becomes much higher than what can be contributed by one person in sole trader's concern. The scale of operations can be enlarged to reap the economies of scale. There is always scope for the introduction of new partners to augment resources.

(iii) Flexibility:

It's a highly flexible organisation. Changes can be introduced easily. The necessary additional capital can be raised, new partners can be introduced, and the pace and other object of the firm can be changed. Business of the firm can also be expanded or contracted according the requirement of the business.

(iv) Combined Abilities and Balanced Judgment:

In a partnership firm, better management of the business is ensured; because capital and brain of two or more persons are pooled. Combined abilities and balanced judgment produce appreciable results, two heads are better than one is an old saying.

(v) Direct Motivation:

Since the partners themselves manage the business, they are likely to manage it with great care, caution and interest. Moreover, partnership provides a fair correlation between rewards and efforts on the part of owners, and as such partners are motivated to apply the best of their energy and capacity fort the success of the business.

(vi) Division of Risks:

In sole proprietorship, the risks of business are to be shouldered by one person alone; but in partnership, the risks are to be shared by all the partners. Thus, partnership is more useful for a risky business.

(vii) Business Secrecy:

The annual accounts and reports of a partnership firm do not require circulation and publicity and, therefore, secrecy can be maintained about the business.

(viii) Protection of Minority Interest:

The Partnership Act provides equal rights and powers for all the partners irrespective of their capital contribution. Every partner has a right to participate in the management of the business. All important decisions are to be taken by the consent of all the partners. If a majority decision is enforced on minority, affected partners can get the business dissolved.

(ix) Encouragement of Mutual Trust and Interdependence:

Each partner is an agent for the others. Therefore, all the partners act with utmost mutual trust. They also develop a sense of interdependence and team spirit. At the same time each partners develops his individuality through his responsibility for others and the firm as a whole.

(バツ) Easy Dissolution:

A partnership firm can easily be dissolved: It is a kind of voluntary association for carrying on business operations, therefore, it can be dissolved by the partner merely by expressing to each other their intention to do so. In the case of partnership-at-will, it can be dissolved by giving 14 days' notice to other partners.

Disadvantages of Partnership :

(私) Unlimited Liability:

The partners, like a sole proprietor but unlike shareholders of a joint stock company, may be personally held liable for the debts of the firm. Their private property also remains at stake. Due to the danger associated with unlimited liability, partners are overcautious and play safe. This restricts the expansion and growth of the business.

(ii) Limited Resources:

There is an upper limit to the number of partners in a partnership firm-20 in a general business and 10 in a banking business. Due to this, in spite of the pooling of the resources by all the partners, it becomes difficult for a partnership to manage the increasing requirement of capital and managerial skills of expanding business. This limitation limits the growth of business beyond a certain size.

(iii) Instability:

A partnership firm suffers from the uncertainty of duration; because it can be dissolved at the time of death, lunacy or insolvency of a partner. Sometime petty quarrels among the partners may also bring the partnership to an end. This discontinuity of the business is not only inconvenient to the consumers and works but is also a social loss.

(iv) Non-Transfer Ability of Interest:

Partners cannot transfer their interest in the partnership for to outsiders without the consent of all other partners. This non-transferability is a drawback of the partnership firm and dissuades many persons from investment in such a firm. On the other hand, shares of a joint stock company are easily transferable and, thus, provide liquidity to the investment.

(v) Lack of Public Confidence:

Since there is no publicity of the working of partnership through its published periodical accounts and there is absence of legal control over it, the general public may not have full confidence in them.

(vi) Risk of Implied Authority:

A partner, being an agent of the firm and his co-partners can make deals and contracts that would be binding on other partners. Therefore, when a partner is negligent or commits a wrong, or is guilty of a fraud, with the scope of his authority, other partners are equally liable financially without any limit. Thus, the honest and efficient partner may have to pay the penalty for follies and vices of other partners.

(vii) Lace of Central Authority:

The power of management is vested in all the partners; there is absence of a supreme central authority. Consequently, many problems crop up, particularly when there is absence of mutual understanding and cooperation. Constant opposition and disagreements on the part of partners hamper the growth of the partnership business at every stage and, ultimately, may even put an end to the existence of the partnership, after a short span of life.

結論:

When moderate amounts of capital, diversified managerial talents are needed, the partnership is an ideal choice of the form of business ownership. In general, partnerships work well in those areas where sole proprietorships work well, but a partnership is usually somewhat larger than a sole proprietorship, because there are more mouths to feed.

Partnership works out particularly well in the profession of law, medicine and accountancy. By sharing office and clerical expense, the partners effect considerable savings. Wholesale trade, retail trade, commercial farming, small scale industries, warehousing, transport service etc. are usually conducted through partnerships.

A partnership, however, will not function well in a very small business that cannot provide enough income to make association worthwhile. Nor is a partnership really adequate for very large enterprise, where the corporate form of ownership is more suitable.


Partnership Firm – Kinds of Partners, Advantages and Disadvantages

Like the sole proprietorship has centuries old history. The limitations and deficiencies of sole proprietorship and Joint Hindu Family Business led to the emergence of partnership as a form of business organisation. A partnership firm may be defined as “an association of two or more persons carrying business to share its profit.”

The Indian partnership Act, 1932 defines partnership as “the relation between two or more persons who have agreed to share profit of a business carried on by all or any of them acting for all.”

A partnership firm is an association of two or more persons to carry on a business as co-owners for profit.

A partnership firm is formed to combine capital, labour, managerial, technical and specialised skills or abilities to be used jointly with agreement to share profits or losses of the firm's business. The person or individual entering into partnership agreement is known as 'Partner' and collectively as 'Firm' or 'Partnership Firm'.

The name under which the business is to be carried on is called “Firm Name”. The terms and conditions of partnership are usually mentioned in the “Partnership Agreement .” known as the “Partnership Deed” A partnership firm does not have separate legal entity from its partners and has unlimited liability.

Kinds of Partners:

私。 Active or Actual Partners:

A partner who takes an active part in the affairs of the firm's business is called active, actual or ostensible partner. Such partner must give public notice of his retirement from the firm in order to free himself from liability for acts of the firm after retirement.

ii。 Sleeping or Dormant Partner:

A sleeping or dormant partner merely invests his capital in the firm and does not take active part in the conduct of the partnership firm's business affairs. He voluntarily surrenders this right and has no voice in its management. The firm generally does not disclose the existence of sleeping partners to the public in general. Such partner is not directly liable for any act of the firm and is not required to give public notice of his retirement from the firm.

iii。 Nominal Partner:

A nominal partner does not give his contribution in capital. That means, no capital is contributed by him in firm's business. He only lends his name or reputations of goodwill and credit to the firm. Because of his name, reputation and goodwill a partnership firm can attract additional business and fresh capital. Nominal partner never takes an active part in the management of the business, profit of the firm may or may not be given to the nominal partner. He is known to the outsiders as a partner of the firm. He is held liable to the third parties.

iv。 Minor Partner:

A minor person can be admitted as a partner only to the benefits of the partnership firm. He can act as a partner even if he is a minor but he is incompetent to enter into a contract. Minor partner has limited liability to the extent of capital contribution. Within six month of attaining the age of majority, he has to give public notice of his desire to continue with the partnership firm or otherwise, he desires to continue he will be regarded as full- fledged partner with unlimited liability.

v. Holding Out Partner:

A person who represents himself or knowingly permit himself as a partner of the firm to the outside world by expressly or impliedly is called as holding out partner. Such a person shall be liable as a partner for the obligations created on the misrepresentation. He is not at all entitled to any rights of partnership. A holdings out partner is also called 'Quasi Partner' for he is not a partner in the full implications of the term. Only in the eyes of outside world, he is considered as a partner.

Basically such a person is not a partner in the firm, where exists no agreement, no sharing in profit and losses, no say in the management even not knowing the place of business but as he holds himself out to be partner he is liable to outsider for the firms act.

Advantages or Merits:

私。 Larger Financial Resources:

Partnership firm enable to raise larger capital than sole proprietorship, because of more number of owners or partners. Their credit worthiness can also be used for borrowing larger sums of money. Because of higher capital investment the size of business operations of the firm is larger than sole proprietorship.

ii。 Simple and Easy Formation:

Like the sole proprietorship the partnership firm can also be easily formed. Only formality is drafting and finalising partnership deed. Registration of the firm is not compulsory. Even, when desired, the procedure of registration is simple and inexpensive. Like sole proprietorship the partnership is also relatively free from legal formalities at the time of its formation.

iii。 Integrated Ability and Judgment:

It is possible in partnership firm to integrate or combines the abilities, skills and judgment capacity of partners in the interest of the firm business. The affairs of the business can be managed effectively and efficiently, ultimately resulting in higher profits.

iv。 柔軟性:

Flexibility is possible even in partnership as in sole proprietorship. According to changes taking place within and outside the firm, a partnership firm can easily be adjusted. Partnership firm ranks second in flexibility.

v. Quick Decision and its Implementation:

A partnership firm is able to take quick decision and can implement the same without delay because number of partners is small.

vi。 Business Secrecy:

The business affairs and books of account of the partnership do not require publicity by law as is required in joint stock Company under the Companies Act 1956. The annual accounts need not be maintained in any prescribed form and auditing of accounts is also not required by law. Therefore, business secrecy can be maintained highly.

vii。 Better Public Relation:

In a partnership firm every partner develops healthy and harmonious relationships with their employees, customers, suppliers, creditors, government authorities, auditors, etc. This relationship directly reflects in its accomplishment of objectives and higher profits.

viii。 Survival Capacity:

Partnership firm can survive for a longer period or has long life in comparison to sole proprietorship. Partnership business need not come to an end on the death of a partner if the deed of partnership provides so. The same firm can undertake more than one line of businesses. Therefore, profits and losses in all these business can be adjusted.

ix。 Assignment of Duties:

It is possible in partnership firm to assign duties to the partners according to the ability and interest of the partners. Partnership firm business may ultimately result in higher profits.

バツ。 Simple and Easy Dissolution:

A partnership business can be dissolved as easily as it can be formed. It is a voluntary association. Therefore, it is simple to dissolve. A partnership-at-will can be dissolved by a partner giving 14 days' notice to other partners.

Demerits or Disadvantages:

私。 Unlimited Liability:

Partnership form of business organisation is unsuitable for carrying on a large scale business or trading activity. Not only the business property of the partners is liable for the debts of the firm but private property of the partners is also liable to the extent of his private property not only for his own mistake and lapses but also for the mistakes, lapses and even dishonesty of his partner or partners. All the partners are jointly and severely liable.

ii。 Limited Financial Resources:

The Partnership form of business organisation is incapable of providing the required capital because of maximum number of members cannot exceed 20 in ordinary business and 10 in banking business. When the partnership business grows in size and importance, further expansion becomes difficult for lack of fresh capital. This form of business organisation is not suitable for large size business which requires huge capital investment.

iii。 Limited Organising Power and Technical Skill:

There are drastic changes in production and distribution system. Higher organising power and technical skills are required to cope with these changes. The partnership firms fail to provide both because of limitations on the organizing power as well as technical skills of the partners.

iv。 No Separate Legal Status:

The partners of partnership firm do not have separate legal entity from the firms business. Partnership firm and partners are inseparable from each other. A partnership firms is terminable by death or insolvency of a partner. It has no stability whereas, a company enjoys stability since it has separate legal existence.

v. Non-Transferability of Interest in Firm:

The partnership share is not freely transferable. No partner is allowed to transfer his interest to an outsider without the unanimous consent of all other partners. But in public company shares are freely transferable from one person to another and they can be sold or purchased in the open market or stock exchange.

vi。 Lack of Public Confidence:

In the absence of publication of account and in the absence of any strict legal control over the affair of partnership, it is said that, there is much less public confidence in partnership.

vii。 Risk of Implied Authority:

The acts of reckless and incompetent partner are binding on other partner. A dangerous situation can be created when a partner becomes bankrupt because of the fault of other partner. A partner has implied authority to bind the firm by his acts of commission and omission. The firm may come into difficulty at any moment.

viii。 Possibilities of Differences of Opinion:

Areas of disagreement among partners, are more than the chances of co-operations and mutual understanding. Many times there is a difference of opinion resulting in disputes amongst them. Jealousy and suspicion can arise which is not good for the well- being of partnership.

ix。 Some Social Losses:

If a partnership firm is dissolved on any account, there is definite loss to the society both in terms of supply of goods and services and in terms of source of employment.


 

コメントを残します