商品市場の均衡:IS曲線の導​​出

誘導、下降傾斜の理由、および商品市場の均衡におけるIS曲線のシフトについて、詳細に調べてみましょう。

IS曲線の導​​出:

IS-LM曲線モデルは、商品と金融市場の相互作用を強調しています。

総需要が収入に等しい場合、商品市場は均衡状態にあります。 総需要は、消費需要と投資需要によって決まります。

財市場均衡のケインズ型モデルでは、投資の重要な決定要因として金利も導入しています。 この投資の決定要因としての関心の導入により、後者はモデルの内生変数になりました。 金利が低下すると、投資のレベルは上昇し、逆も同様です。

したがって、金利の変化は、投資需要の変化を引き起こすことにより、総需要または総支出に影響します。 金利が下がると、投資プロジェクトのコストが下がり、投資の収益性が上がります。 したがって、ビジネスマンは、より低い金利でより大きな投資を引き受けます。

投資需要の増加は、総需要の増加をもたらし、それが所得の均衡レベルを上昇させます。 IS曲線の導​​出では、商品市場の均衡によって決定される国民所得の均衡レベルを、特定の利率によって決定される投資のレベルによって見つけようとします。

したがって、IS曲線は、国民所得のさまざまな均衡レベルをさまざまな金利と関連付けます。 金利の低下に伴い、計画された投資が増加し、総需要関数(C + I)が上方シフトし、より高いレベルの国民所得で商品市場が均衡します。

金利が低いほど、国民所得の均衡レベルは高くなります。 したがって、IS曲線は、利子率と財市場が均衡状態にある国民所得のレベルの組み合わせの軌跡です。 IS曲線の導​​出方法を図20.1に示します。 図20.1のパネル(a)では、金利と計画投資の関係が投資需要曲線IIで示されています。

パネル(a)から、利率Or 0で計画投資がOI 0に等しいことがわかります 。 OI 0を計画投資額とすると、総需要曲線はC + I 0になりますこれは、図20.1のパネル(b)に見られるように、国民所得のOY 0レベルでの総生産量に等しくなります。 したがって、図20.1の下のパネル(c)では、金利Or 0に対して 、OY 0に等しい収入レベルがプロットされています。 ここで、金利がOr 1に下がると、ビジネスマンによる計画投資はOI 0からOI 1に増加します[パネル(a)を参照]。

この計画投資の増加により、総需要曲線はパネル(b)の新しいポジションC + IIに上昇し、財市場は国民所得のOY 1レベルで均衡状態にあります。 したがって、図20.1の下部のパネル(c)では、国民所得のレベルOY 1が金利Or 1に対してプロットされています。 Or 2への金利をさらに下げると、計画投資はOI 2まで増加します[パネル(a)を参照]。

この計画投資のさらなる増加により、パネル(b)の総需要曲線は、OY 2レベルの収入で均衡している財市場に対応する新しいポジションC + I 2に上方にシフトします。 したがって、パネル(c)では、金利Or 2に対する均衡所得OY 2が示されています。

財市場が均衡状態にあるさまざまな利子所得の組み合わせを表すポイントA、B、Dを結合することにより、IS曲線を取得します。 図20.1から、IS曲線が下向きに傾斜している(つまり、負の勾配を持っている)ことがわかります。これは、金利が低下すると、国民所得の均衡レベルが上昇することを意味します。

ISカーブが下向きに傾斜するのはなぜですか?

IS曲線の下降傾斜性を説明するもの。 上記のように、金利の低下は、計画された投資支出の増加をもたらします。 投資支出の増加により、総需要曲線が上方にシフトし、したがって国民所得の均衡レベルが増加します。

したがって、利子率が低いほど国民所得のレベルが高くなり、逆も同様です。 これにより、収入のレベルと利子率を関連付けるIS曲線が下向きに傾斜します。

IS曲線の急峻さは次の要素に依存します。

(1)投資需要曲線の弾力性

(2)乗数のサイズ。

投資需要の弾力性は、利子率の変化に対する投資支出の反応の程度を意味します。 投資需要が非常に弾力的であるか、金利の変化に敏感であると仮定すると、金利の所与の低下は投資需要の大幅な増加を引き起こし、それが総需要曲線の大きな上方シフトを生じさせます。

総需要曲線の大幅な上方シフトは、国民所得レベルの大幅な拡大をもたらします。 したがって、投資需要が金利の変化に対してより弾力的である場合、投資需要曲線は比較的平坦(または緩やか)になります。 同様に、投資需要が金利の変化にあまり敏感でも弾力性もない場合、IS曲線は比較的急になります。

IS曲線の急峻さは、乗数の大きさにも依存します。 乗数の値は、消費する限界傾向(mpc)に依存します。 限界消費傾向が高いほど、総需要曲線(C + I)がより急になり、乗数の大きさが大きくなることに注意してください。

より高い限界消費傾向(mpc)の場合、したがって乗数の値がより高い場合、金利の特定の低下によって引き起こされる投資需要の特定の増加は、所得の均衡レベルのより大きな増加をもたらすのに役立ちます。 したがって、乗数の値が高いほど、金利の所定の低下によって生み出される均衡所得の上昇が大きくなり、IS曲線がより平坦になります。

一方、限界消費傾向が低いため乗数の値が小さいほど、金利の低下に起因する投資の一定の増加に続く所得の均衡レベルの増加は小さくなります。 したがって、乗数のサイズが小さい場合、ISカーブはより急勾配になります。

ISカーブのシフト:

IS曲線の位置を決定するものと、その変化の原因を理解することが重要です。 IS曲線の位置を決定するのは自律的支出のレベルであり、自律的支出の変化がその変化を引き起こします。 自立支出とは、投資支出、政府支出、消費支出のいずれであっても、収入のレベルと利率に依存しない支出を意味します。

政府支出は、重要なタイプの自治支出です。 いくつかの要因と政府の政策によって決定される政府支出は、収入のレベルと利率に依存しないことに注意してください。

同様に、個人が他人から借りたり、過去1年間に貯めたお金を使ったりしても生き残らなければならない場合は、いくらかの消費支出をしなければなりません。 このような消費支出は一種の自律的な支出であり、その変化は収入や利子率の変化に依存しません。 さらに、投資の自律的な変化も発生する可能性があります。

単純なケインジアンモデルの財市場均衡では、投資支出は自律的または所得レベルに依存しないものとして扱われるため、所得レベルが増加しても変化しません。 ただし、完全なケインジアンモデルでは、投資支出は、投資の限界効率とともに利率によって決定されると考えられています。

この完全なケインズモデルに従って、IS曲線の導​​出では、資本の限界効率とともに利子率によって決定される投資レベルとその変化を考慮します。 ただし、利子率や収入レベルの変化とは独立した、または独立した投資支出の変化が生じる可能性があります。

たとえば、人口の増加は、住宅建設、学校の建物、道路などにより多くの投資を必要としますが、これは収入や利子率の変化に依存しません。 さらに、新しいイノベーションが発生した場合、つまり、技術が進歩し、新しい技術を具体化する新しい機械、機器、ツールなどを構築する必要がある場合にも、投資支出の自律的な変更が発生します。

また、政府の支出は、経済への収入と利子率に依存しないため、自立型です。 よく知られているように、政府は社会福祉の促進と経済成長の加速を目的として支出を増やしています。 政府支出の増加は、IS曲線の右シフトを引き起こします。

 

コメントを残します