完全競争:完全競争の意味と特徴

市場における完璧な競争の詳細な研究を行いましょう:-

1.完全競争の意味と定義2.完全競争の特徴。

完全競争の意味と定義

完全競争市場とは、買い手と売り手の数が非常に多く、人為的な制限なしに均質な製品を売買し、一度に完全な市場知識を持っている市場のことです。

言い換えれば、「すべての潜在的な買い手と売り手が取引が行われる価格を即座に認識しているとき、市場は完全であると言われます。 そのような条件下では、商品の価格はどこでも等しくなる傾向があります。」

これに関連して、ジョアン・ロビンソン夫人は次のように述べています。「各プロデューサーの生産に対する需要が完全に弾力的である場合、完璧な競争が勝ちます。」

ボールディングによれば、「完全競争市場とは、同一の類似商品の売買に従事し、互いに密接に接触し、自由に売買できる多数の買い手と売り手として定義される場合があります。」

完全競争の特徴

完全競争の存在には、次の特性が不可欠です。

1. 多数の買い手と売り手:

最初の条件は、買い手と売り手の数が非常に多くなければならないことであり、それらのどれもが個別に業界全体の価格と生産に影響を与える立場にないことです。 市場では、購入者または販売者の位置は、まるで海の水滴のようです。

2. 製品の均質性:

各企業は均質な製品を生産および販売し、バイヤーが他のセラーよりも個々のセラーの製品を優先しないようにします。 商品が均質であれば、価格もどこでも均一になります。

3. 企業の自由な出入り:

会社は自由に入社または退社できなければなりません。 利益の希望がある場合、企業は事業に参入し、損失の収益性がある場合、企業は事業を離れます。

4. 市場の完全な知識:

買い手と売り手は、商品が売買される価格と、他の人が売買する準備ができている価格について完全な知識を持たなければなりません。 これは、価格の均一化に役立ちます。

5.生産および商品の要素の完全なモビリティ:

産業間の財と要因の完全な移動性があるはずです。 商品は、最高価格を取得できる場所に自由に移動できる必要があります。

6. 価格管理の不在:

商品の売買には完全な開放性が必要です。 ここでは、価格は需要と供給の状況に応じて自由に変化する傾向があります。

7. バイヤーとセラー間の完璧な競争:

この購入者と販売者には交渉の完全な自由があり、より多くの請求やより少ない請求に制限はなく、競争の感覚がそこになければなりません。

8. 輸送費の不在:

輸送費がないこと。 輸送コストがより少ないか、またはごくわずかであることで、価格の均一性を維持する上で市場全体を支援します。

9. 商品の1つの価格:

市場で入手可能な商品の価格は常に1つです。

10. バイヤーとセラー間の独立した関係:

市場の売り手と買い手の間には愛着があってはなりません。 ここで、売り手は商品の価格を受け入れる際に刺すような方法を選ぶべきではありません。 終わりから見ると、実生活では「完璧な競争は純粋な神話」であることがわかります

 

コメントを残します