国の経済発展に関するエッセイ

このエッセイでは、国の経済発展について議論します。 このエッセイを読んだ後、以下について学びます。1.経済成長と経済発展2.経済発展の決定要因3.障害または制約4.前提条件または必要性5.構造変化。

内容:

  1. 経済発展の意味に関するエッセイ
  2. 経済発展の決定要因に関するエッセイ
  3. 経済発展に関する障害または制約に関するエッセイ
  4. 経済発展の前提条件または必要性に関するエッセイ
  5. 経済発展中の構造変化に関するエッセイ

エッセイ#1.経済発展の意味:

英国のヒックス夫人は、「経済発展は先進国の問題を扱うのに対し、経済開発は未開発国の問題を扱う。 開発途上国では、問題は開発の開始と加速の問題です。」

マディソンによると、「所得水準の引き上げは一般に、豊かな国では経済成長と呼ばれ、貧しい国では経済成長と呼ばれます。」

経済発展のプロセスは、生産手段の増加または強化された手段を生み出すだけでなく、そのような資源の公平な分配の余地を作るべきです。 したがって、経済発展という用語は、公平な分配の範囲で一人当たりの生産量を引き上げるプロセスを意味します。

マイヤー教授は、「経済発展を、国の一人当たり所得が長期間にわたって増加するプロセスとして定義する」と正しく述べています。ここで、「プロセス」という言葉は、需要側の変化に関連する長期的な変化も示します因子供給の変化として。

需要側で生じる変化は、主に消費者、好みと好み、収入の分布、国の人口の規模と構成、およびその他の組織的および制度的な変化に関連しています。

他方、要因の供給で生じる変化は、資本蓄積、新しい資源の発見、新しくより効率的な生産技術の導入、人口の増加および組織の変化にも関連しています。 経済発展の原因と結果は、主にこれらの前述の変化の時間経路と速度によって決定されます。

ダイナミックな概念である経済発展とは、変化する時間の経過に伴う生産の継続的な増加を指します。 第二に、経済発展の達成は、時間とともに実質一人当たり所得の増加を示します。 ここで、国の実質一人当たり収入は、時間の経過に伴う価格レベルの変化に合わせて調整された総収入を単純に示しています

r = y / pここで、r =実質所得。 y =お金の収入、p =価格レベル。

第三に、経済発展という用語は、25〜30年以上の期間をカバーする、より長い期間にわたる実質国民所得のレベルの継続的な増加を意味します。

CP Kindlebergerは、経済発展と経済成長の違いを説明しながら、「経済成長は生産量の増加を意味し、経済発展は生産量の増加とそれを生み出す技術的および制度的取り決めの変化の両方を意味する」と述べた。

この見方によると、成長という用語は、経済変数の量の増加という観点からの成果だけでなく、より高いレベルの生産を意味します。 したがって、Kindlebergerはさらに、 「成長には身長または体重に焦点が当てられ、開発は機能的能力の変化に注意を向ける」と述べています。

一部のエコノミストは、経済発展と経済成長の間にわずかな違いを認めていますが、これらの違いはすべて想像上のものであり、非現実的であり、したがって実用的な価値はほとんどありません。 これに関連して、アーサー・ルイス教授は、「ほとんどの場合、「 成長」のみを参照しますが、時折、多様性のために「進行」および「開発」を参照します。


エッセイ#2.経済発展の決定要因:

経済発展とは、ほぼすべての部門で高いレベルの生産性を達成し、一般大衆の生活水準を向上させることを意味します。 未開発の経済における経済発展の道筋は、ハードルまたは障害に満ちています。

より高いレベルの経済発展を達成することは、技術レベルの関数です。 したがって、経済発展は、資本形成率、すなわち物理的資本と人的資本の両方を高めるプロセスです。

さらに、経済発展の課題は、経済、政治、社会、技術、自然、行政などの多くの要因の影響を受けます。WAルイス教授によると、経済発展には3つの主要な原因があります。

これらは:

(i)製品のコストを削減するか、特定の投入物やその他のリソースからの歩留まりを高めることにより、経済性を向上させるための努力、

(ii)知識とその適切な応用の増加

(iii)土地の資本またはその他の資源の量。

経済成長の決定要因を分析しながら、JJ Spengler教授とWW Rostow氏はこの点に関して誠実な試みを行ってきました。 Spengler教授は約19の決定要因をリストしましたが、Rostowは経済成長に大きな影響を与える6つの傾向について言及しました。

これらの傾向は次のとおりです。

(1)基本的なサービスを開発する傾向、

(2)科学を経済的目的に適用する傾向、

(3)技術革新を開始する傾向、

(4)物質的な進歩の傾向

(5)消費傾向と

(6)子どもを持つ傾向。

これらの傾向はすべて、非経済的要因を完全に無視した経済成長の決定要因の明確な画像を示しています。 経済成長の決定要因に関して、Ragnar Nurkse教授は、「経済発展は人間の寄付、社会的態度、政治的条件、歴史的事故に大きく関係している」と述べました。

また、PTバウアー教授は、「経済発展の主な決定要因は、適性、能力、資質、能力、施設です」と述べました。したがって、国の経済発展は、経済的要因と非経済的要因の両方に依存します。

以下は、国の経済発展のペースを決定する重要な経済的および非経済的要因の一部です。

A.経済的要因:

1. 人口と人材のリソース:

人口は経済成長の重要な決定要因と見なされます。 この点で、人口は刺激物としてだけでなく、経済成長への障害として働いています。 第一に、人口は重要な要素サービスとして労働と起業を提供します。

国の天然資源は、人材資源で適切に活用できます。 適切な人的資本の形成、移動性の向上、分業化により、人材は経済発展に役立つサポートを提供できます。

一方、人口増加率が高いほど消費手段としての商品やサービスの需要が増加し、消費要件の増加、投資と輸出のバランスの低下、資本形成の減少、貿易の不均衡、社会的および経済的需要の増加につながりますインフラ施設と高い失業問題。

したがって、人口増加率が高いほど、経済発展の道に深刻なハードルがかかる可能性があります。さらに、人口増加率が高いと、通常、経済発展のすべてのメリットがなくなり、一人当たり所得の伸びが遅くなります。

しかし、一部の現代経済学者は、経済発展の勢いが増すにつれて、一般大衆の生活水準が向上し、最終的に人口増加を制御するためのより良い環境を作り出すと主張しています。 さらに、イースターリンは、人口圧力が個人のモチベーションに好影響を与える可能性があり、これが再び生産技術の変化につながる可能性があると主張した。

したがって、ある国で人口の増加が実際に経済成長を遅らせるのか、それとも経済の成長を決定する様々な他の要因の一般的な状況とバランスにのみ依存する経済成長に寄与するのか。

2. 天然資源とその利用:

天然資源の利用可能性とその適切な利用は、経済発展の重要な決定要因と考えられています。 国が天然資源に富んでおり、その利用に近代的な技術を採用している場合、国はより速いペースでより高いレベルの開発を達成できます。 天然資源の単なる所有は、経済発展の決定要因として機能することはできません。

膨大な種類の天然資源があるにもかかわらず、アジアとアフリカの国々は、その適切な利用が不足しているため、より高いレベルの開発を達成できませんでした。 しかし、英国やフランスのような国々は土地が不足しているにもかかわらず農業を近代化し、日本のような国は天然資源の不足にもかかわらず強固な産業基盤を発展させました。

同様に、英国は一部の鉱物と原材料を海外から輸入することで産業部門を発展させました。

しかし、天然資源が不足している経済は、その産業を運営するために鉱物やその他の原材料の供給を外国に依存せざるを得ません。 したがって、結論として、天然資源の利用可能性とその適切な利用は、経済成長の重要な決定要因として依然として機能していることが観察できます。

3. 資本形成と資本蓄積:

資本形成と資本蓄積は、国の経済発展の過程で重要な役割を果たしています。 ここで、資本とは、生産に必要な物理的に再現可能な要因のストックを意味します。 資本形成量の増加は、資本の蓄積につながります。

したがって、生産を加速するためにコミュニティが大量の機械、ツール、機器を蓄積するために、資本形成率を上げることが非常に重要です。

したがって、ラグナール・ヌルクセ教授は、「資本形成の意味は、社会が現在の活動全体を即時消費のニーズや欲求に当てはめるのではなく、その一部を資本財の製造に向けることである。計器、機械、輸送施設、プラントおよび機器。」

資本形成のプロセスには3つの段階があります。

(a)保存の生成、

(b)貯蓄の動員と

(c)投資量の増加。

さらに、資本形成には、生産性レベルを上げるために物理的な装置または機器を利用するための適切なスキル形成が必要です。

経済では、資本の蓄積は以下の方法でより速い経済発展を達成するのに役立ちます。

(a)資本は、生産の規模または技術の変更を通じて国家生産高を増加させる上で多様な役割を果たす。

(b)資本の蓄積は、生産量を増やすために必要なツールとインプットを提供し、また、増加する労働力の雇用機会を増やすために非常に重要です。

(c)より速い速度での資本蓄積の増加により、労働者1人あたりの工具と機械の供給が増加します。

日本のようなさまざまな先進国は、急速な経済成長を引き起こすために、より高い資本形成率を達成することができました。 通常、後進国の資本形成率は非常に低いです。 したがって、彼らは適切な措置を講じなければなりません。つまり、強制預金制度の導入、顕著な消費の削減、消費財の輸入の抑制、外資の流入などです。

急速な経済成長を達成するには、国内の貯蓄と投資の割合を20%に引き上げる必要があります。

当然のことながら、初期の期間では、国内貯蓄だけでは必要な比率で資本形成率を上げることはできません。 当初、経済への投資率を上げるには、ある程度の外資の流入が重要です。 しかし、その後の開発における国内貯蓄の漸進的な成長に伴い、外資への依存を徐々に減らす必要があります。

技術的に遅れた国であるインドは、現在の世界貿易および産業シナリオの下で国際競争力を達成するための先進技術を吸収するために、外国直接投資を許可することを決定しました。

GNPの成長率=(貯蓄率/資本産出比率)

4. 資本産出比率:

資本産出比率は、国の経済発展の重要な決定要因とも見なされます。 資本産出比率とは、産出単位当たりの生産に必要な資本の単位数を意味します。 また、特定の時点でのさまざまなセクターの資本の生産性も指します。

しかし、国の資本産出比率は、到達した経済発展の段階と投資パターンの司法構成によっても決定されます。 さらに、国民の貯蓄率とともに資本産出率が国民所得の成長率を決定することができます。

これは、Harrod-Domar Modelの簡易バージョンです。 この式は、GNPの成長率が貯蓄率に直接関連し、資本流出率に反比例することを示しています。

したがって、国民所得のより高い成長率を達成するには、国は次の2つのステップを踏む必要があります。

(a)投資率を高め、

(b)資本産出比率を低下させるために必要な力を生み出すこと。

5. 有利な投資パターン:

有利な投資パターンは、国の経済発展の重要な決定要因です。 これには、低い資本産出比率を実現し、最大の生産性を実現するために、投資の優先順位に従って産業を適切に選択し、生産技術を選択する必要があります。

したがって、適切なレートで経済発展を達成するために、国の政府は、経済の改善のために適切な投資基準を選択する必要があります。 適切な投資基準は、社会的限界生産性を最大化し、労働集約的手法と資本集約的手法のバランスをとるべきです。

6. 労働構造:

経済発展の別の決定要因は、国の労働人口の職業構造です。 農業部門への過度の依存は、経済発展にとって有望な状況ではありません。

農業やその他の主要な職業に対する労働人口の増加する圧力は、これらの部門の段階的な発展を通じて、二次および三次またはサービス部門に徐々にシフトされなければなりません。

インドでは、1991年の国勢調査によると、総労働人口の約66.0パーセントが農業に吸収されました。 1983年の世界開発報告書によると、先進国の労働力の約45〜66%は第三次セクターで雇用されていましたが、インドはこのセクターの総労働力の18%しか吸収できませんでした。

ますます多くの労働力が第一次産業から第二次および第三次産業にシフトするにつれて、経済発展の速度と一人当たり所得のレベルは増加します。

AGBフィッシャーが書いているように、 「すべての進歩的な経済において、不可欠な「主要活動」から、あらゆる種類の二次活動へと、雇用と投資が着実にシフトしていると言えるかもしれません。第三次生産までさらに拡大しました。」

したがって、高い経済発展率を達成するには、労働力の部門間移転が非常に必要です。 部門間での労働力の移転の程度とペースは、他の部門と比較した主要部門の生産性の増加率に大きく依存しています。

7. 市場の範囲:

市場の広がりも経済発展の重要な決定要因と見なされます。 生産規模の拡大とその多様化は、国内で普及している市場の規模に大きく依存しています。

さらに、外国で作られた市場は、その経済発展につながる国の一次、二次、三次セクターの拡大のための有用な刺激剤としても機能しています。 日本とイギリスは、製品の市場をさまざまな外国に拡大することに成功した国の一つです。

さらに、市場の不完全性を取り除くことは、発展途上国の経済発展の重要な決定要因でもあります。 したがって、これらの国の市場は、国の経済発展を妨げるあらゆる種類の欠陥から自由でなければなりません。

市場の不完全性を取り除くことで、生産性の低い職業から生産性の高い職業への資源の流れを確保することができますが、これは経済の発展にとって非常に重要です。

8. 技術の進歩:

技術の進歩は、経済成長の重要な決定要因と考えられています。 技術の進歩とは、技術的ノウハウとその広範なアプリケーションの改善を意味します。

以下が含まれます。

(a)経済的利益までの技術進歩の利用、

(b)革新と発明をもたらす応用科学の応用

(c)大規模なイノベーションの活用。

技術の進歩により、資本財はより生産的になりました。 したがって、サミュエルソン教授は、「高い発明国家」は通常、「高い投資国家」よりも速いペースで成長することを正しく観察しました。

技術の進歩には次の3つの形式があります。

(a)資本の節約

(b)省力化と

(c)ニュートラル。

ある国で技術の進歩を達成するには、次の条件を満たす必要があります。

(a)研究への大規模な投資の準備、

(b)商業目的および科学製品の市場の拡大と多様化のために科学的発明と革新を使用する可能性を実現する能力。

発展途上国はこれらの条件を満たしていないため、開発プロセスは自立的でも累積的でもありません。 したがって、より高い開発率を達成するために、開発途上国は、要件に適合することができるタイプの技術のみを適応させる必要があります。

メキシコ、ブラジル、インドなどの開発途上国は、先進国が独自の条件と要件に従って開発した技術を適用しています。 したがって、高度な経済発展を達成するために、開発途上国は、より速いペースで技術の進歩を達成するよう努めるべきです。

9. 開発計画:

近年、経済計画はさまざまな国の経済発展のペースを加速する上で重要な役割を果たしてきました。 経済開発は、農業、産業、サービス部門の両方のバランスの取れた開発とともに、さまざまな社会的および経済的なオーバーヘッドのインフラ施設を建設するための重要な戦略と考えられています。

資源の動員、資本形成、そして開発のペースを加速するために必要な投資の量を増やすためにも、計画は不可欠です。 旧ソ連、さらには米国や西ドイツのような国々でも、経済計画の採用により急速な発展を遂げてきました。

10. 外部要因:

世界経済の現在の状況では、未発達な経済で十分な経済成長率を維持するために、外部要因の積極的な支援が必要です。 さらに、国内の資源だけでは、経済発展に必要な資源の要件をすべて満たすことはできません。

したがって、特定のレベルでは、外国の資源の利用可能性が国の経済発展のレベルを広く決定します。

経済発展を維持する上で重要な役割を果たしている外部要因には次のものがあります。

(a)開発に必要な輸入法案の増加に融資するための輸出収益の増加、

(b)直接的な外国投資および自己資本への参加という形での外国資本の増加する流れ

(c)米国、日本などの先進国からの対外援助の流れを増やすという形での国際経済協力、およびIMF、IBRD(世界銀行)およびその他の経済に関する地域機関などの国際機関からの譲許的援助の量の増加ASEAN、OPEC、EECなどの協力

B.非経済的要因:

経済的要因だけでは、国の経済発展のプロセスを決定するには不十分です。 経済発展を達成するためには、適切な社会的および政治的風土が提供されなければなりません。

これに関連して、団結した国家の専門家は次のように述べています。 国の人々は進歩を望み、彼らの社会的、経済的、法的、政治的状況はそれに有利でなければなりません。」

非経済的要因の役割を強調し、ケアンクロス教授は次のように述べています。「開発はどの国でも経済力だけで支配されているわけではなく、国が後退するほど真実になります。 開発の鍵は、男性の心、彼らの思考が表現を見つける施設、そしてアイデアと制度の機会の遊びにあります。」

再度、マコード・ライト教授は次のように書いています。「経済成長を引き起こす基本的な要因は、非経済的で非物質的な性質です。 Ragnar Nurkse教授はさらに、「経済の発展は人間の寄付、社会的態度、政治的条件、歴史的事故に大きく関係している」と述べています。

発展途上国は、経済発展の道のりでさまざまな社会政治的ハードルに直面しています。 したがって、経済成長を達成するためには、投資のレベルを上げるだけでは十分ではなく、経済発展の道に障害をもたらす時代遅れの社会的、宗教的、政治的制度を徐々に変えることも同様に重要です。

したがって、以下は、国の経済発展のペースを決定する重要な非経済的要因の一部です。

a。 開発を促す:

経済発展のプロセスを開始し加速するための重要な決定要因を果たしているのは、一般の人々の発達に対する精神的な衝動です。 経済的進歩を達成するためには、人々は苦しみと便利さの両方を受け入れる用意ができていなければなりません。 経済発展に必要な実験的展望は、教育の普及とともに成長しなければなりません。

b。 教育の普及:

経済の進歩は、教育の普及と非常に関連しています。 クラウス教授は、「教育は経済発展のためのアイデアに革命をもたらす」と述べています。教育は、誠実さ、愛国心、冒険を教えて、経済成長を刺激します。 したがって、教育は経済発展のエンジンとして機能しています。

これに関連して、HWシンガー教授は、 「教育への投資は生産性が高いだけでなく、利益も増加します。 だから、教育は人的資本の創出と国の進歩を決定する社会的進歩のための先駆的な役割を果たしています。」

c。 社会的および制度的要因の変化:

共同家族制度、カースト制度、伝統的な生活価値、不合理な行動などの保守的で厳格な社会制度は、経済発展の道に深刻な障害をもたらし、そのペースを遅らせます。

したがって、環境の変化に応じて社会的および制度的な変化をもたらし、生活の現代的価値を実現することは、国の経済発展のペースを加速するために非常に重要です。

Meier教授とBaldwin教授は、「経済組織を変革するだけでなく、価値と動機の基本的な複合体が経済変化と文化変化により有利になるように、社会組織も修正しなければならない」と述べています。

d。 法と秩序の適切な維持:

適切な方法で法と秩序を維持することは、国がより速いペースで経済発展を達成するのにも役立ちます。 安定性、平和、外部からの攻撃からの保護、および法的保護は、一般的に道徳、イニシアチブ、および起業家精神を高めます。

効率的な政府による適切な金融および財政政策の策定は、投資の増加に必要な環境を提供し、国の資本形成を刺激することもできます。

したがって、経済発展のペースを加速するために、政府は法と秩序の維持、防衛、正義、財産の享受の安全、遺言権、ビジネス契約と契約の継続の保証、標準重量の規定、措置、通貨、および国の適切な金融および財政政策の策定。

しかし、低開発国の経済は現在、大規模な混乱、テロ、国境の混乱などから深刻な脅威に直面しています。これらはすべて、開発目的から非開発目的への資源とイニシアチブの転換につながりました。

さらに、このような混oticとした状況下では、資本形成プロセス、事業イニシアチブおよび民間企業の事業は深刻な被害を受け、歪曲され、これらの国々の経済の停滞につながります。

これに関連して、アーサー・ルイス教授は「インテリジェントな政府からの積極的な刺激なしに進歩を遂げた国はありません」と正しく述べています。

e。 管理効率:

ある国の経済発展は、政府の政策と開発プログラムの実施を成功させるために、強力で、正直で、効率的で有能な行政機関の存在も要求しています。 弱い腐敗した非効率的な管理機構の存在は、国を混乱と混乱に導きます。

ルイス教授は、「政府の行動は経済活動を刺激または阻止するのに重要な役割を果たしている」と正しく認めています。したがって、適切な行政体制の維持は、国の経済発展の決定要因です。


エッセイ#3.経済発展の障害または制約:

発展途上または発展途上の経済の開発プロセスは簡単なタスクではなく、これらの国には共通の特徴がないため、複雑なプロセスです。 このように、発展途上国または発展途上国は、経済発展への道へのいくつかの制約または障害に直面しています。

経済発展の経路に関するこれらの制約には、2つのタイプがあります。

(a)短期的な制約と

(b)長期的な制約。

これらの短期的な制約は、農業部門の過剰な集中と停滞、失業と不完全雇用、資本の生産性の低下、支払いポジションのバランスの赤字の増大などに関連しています。再び、長期的な制約には、インフラのボトルネック制約など

以下は、発展途上国の経済発展の道筋におけるいくつかの重要な障害または制約です。

(i) 植民地の搾取:

開発プロセスの最初の部分では、ほとんどの後進国が外国支配下にあり、それが外国の支配者による巨大な植民地の搾取につながっていました。

外国の支配者は、原材料の生産に従事する主要生産国としてこれらの経済を転換し、より安価な価格で支配国に供給され、支配国によって生産された製造製品の販売のための強力な市場にもなりました。

外国資本家は、主に資本を鉱業、石油掘削、プランテーション産業に投資し、そこで家事労働者を最大限に活用し、利益を親国に送金しました。

彼らはまた、農業、偽装失業、貧困に大きな圧力をかけている不​​公平な競争を採用することにより、コテージと小規模産業を破壊しました。 独立後、インドのようなこれらの発展途上国は、低レベルの均衡トラップというこの根深い行き詰まりを打開するために深刻な障害に直面しなければなりませんでした。

(ii) 市場の欠陥:

要因の不動、価格の硬直性、市場条件の無知、厳格な社会構造などの形での市場の不完全性は、後進国の経済発展の道に深刻な障害をもたらしました。 これらすべての欠陥により、労働者あたりの生産レベルが低く、生産性が低くなっています。

これらの市場の不完全性のために、これらの国の資源はほとんど利用されていないか利用されていないままであり、因子の不均衡につながっています。 これにより、これらの国の総生産量は潜在生産量を下回っています。 図1.1は状況を明確にします。

国が2つの商品AとBのみを生産していると仮定します。生産可能性曲線ABは、国が最大限に可能な限り最大限に配分して生産できる商品AとBのさまざまな組み合わせを示す生産フロンティアを表しますリソース。

したがって、ABは潜在的な生産曲線を表します。 しかし、ABで示される未開発国の実際の生産曲線は、国の資源の誤配分と不十分な利用をもたらす市場の不完全性のため、潜在的な生産曲線ABを大きく下回っています。

このように、市場の不完全性により、開発途上国は最適な資源配分の欠如により最適な生産機能に到達することができません。

(iii) 貯蓄と投資の不良率:

経済発展の道のりで発展途上国が直面している別の重要な障害または制約は、貯蓄と投資の低率です。 彼らの最善の試みにもかかわらず、これらの後進国の貯蓄率は非常に低く、先進国の15から22パーセントと比較して、国民所得の5から9パーセントの間で変化しました。

このような状況下では、これらの国への投資率は非常に低く、資本形成のレベルが低く、所得のレベルが低くなります。

(iv) 貧困の悪循環:

貧困の悪循環は、後進国の経済発展の道に対する主要な制約または障害の1つと考えられています。 生産性の低さに代表される低開発国の悪循環は、資本不足、市場の不完全さ、経済の後退、貧弱な開発に起因しています。

この悪循環は、需要側だけでなく、供給側でも機能します。

生産性が低いと、所得水準が低くなり、貯蓄率が低くなり、投資率が低くなりますが、これも生産性率の低下につながります。 したがって、貧困の悪循環は、資本の需要側と供給側に関連するさまざまな悪循環の結果です。 これらの貧困の悪循環は相互に悪化しており、そのような循環を断ち切ることは本当に困難です。

(v) デモンストレーション効果:

消費レベルへのデモンストレーション効果は、消費傾向を高め、それによって貯蓄と投資の割合を減らすため、低開発国の経済発展の経路に対する別の主要な障害または制約として機能します。

ここで、個人の消費レベルは、彼の隣人、友人、親relativeの生活水準または消費習慣に非常に影響されますが、その収入だけではありません。

Ragnar Nurkseはそれを「国際デモ効果」と呼んでいます。 He observed, “When people come into contact with superior goods or superior patterns of consumption, with new articles or new ways of meeting old wants, they are apt to feel after a while certain restlessness and dissatisfaction. Their knowledge is extended, their imagination is stimulated, new desires are aroused, the propensity to consume is shifted upward.”

Thus this international demonstration effect reduces the savings potential of the underdeveloped countries and thereby creates severe constraints on the path of their growth process.

(vi) Unsuitability in Adopting Modern Technology:

Underdeveloped countries are facing peculiar problem in respect of adopting modern and latest technology. Due to abundant labour supply and scarcity of capital, such technologies become unsuitable for these countries.

At the same time the existing poor technology of these underdeveloped countries fails to raise the rate of productivity and also to bring them out of the vicious circle of poverty and thereby makes it uncompetitive.

(vii) Rapidly Growing Population:

Most of the underdeveloped countries are facing the problem of rapidly growing population which hinders its path of economic development. In most of the over-populated countries of Asia and Africa, the rate of growth of population varies between 2 to 3 per cent which adversely affects their rate of economic growth and it is considered as the greatest obstacles to their path of economic development.

Jacob Viner has rightly observed, “Population increase hovers like a menacing cloud over all poor countries.”

Rapidly growing population slows down the rate and process of capital formation. Growing population increases the volume of consumption expenditure and thereby fails to increase the rate of savings and investment, so important for attaining higher level of economic growth.

Jacob Viner stated in this connection, “Population growth in a backward country does not induce capital widening investment or innovation. Instead it diminishes the rate of accumulation, raises costs in extractive industries, increases the amount of disguised unemployment and in large parts simply diverts capital to maintaining children who die before reaching a productive age. In short, resources go to the formation of population not capital.”

Moreover, rapidly rising population necessitates a higher rate of investment to maintain old standard of living and per capita income. Growing population also results food problem, unemployment problem which forced the country to divert its scarce resources to meet such crisis.

Thus, over-population results poverty, inefficiency, poor quality of population, lower productivity, low per capita income, unemployment and under-employment and finally leads the country toward under development.

(viii) Inefficient Agricultural Sector:

Another important obstacles or constraints to the path of development of underdeveloped countries are its inefficient agricultural structure. Agriculture dominates the economy of most of the underdeveloped countries like India as it is contributing the major share of their GDP.

Agricultural sector in these countries are suffering from primitive agricultural practices, lack of adequate inputs like fertilisers, HYV seeds and irrigation facilities, uneconomic holdings, defective land tenure and excessive dependence on agriculture.

Under such a poor structure, the agricultural productivity in these countries is very poor. Thus this poor performance of agricultural sector is another major obstacle in the path of economic development of these underdeveloped countries.

(ix) Inefficient Human Resources:

Inefficient and underdeveloped human resources are also considered another major obstacle towards economic development of underdeveloped countries. These countries suffer from surplus labour force but shortage of critical skills. Due to lack of adequate number of trained and skilled personnel, the production system remains thoroughly backward.

Thus this dearth of critical skills and knowledge in these countries has resulted under-utilisation and mis-utilisation of physical capital leading to lower productivity and higher cost structure of the production system. Due to lack of adoption of modern technique in agriculture, industry and trade, these underdeveloped countries fail to stand in the competition with developed countries.

(x) Shortage of Entrepreneurial Ability, Modern Enterprise and Innovation:

Underdeveloped countries are also suffering from lack of adequate number of entrepreneurial ability. Naturally there is absence of modern enterprise and proper managerial talent, Due to poor socio-cultural climate and weak environment, the managerial talent in these countries fails to reach its desirable level.

Moreover, due to the lack of spirit of experimentation and proper Research and Development (R&D) facilities, these underdeveloped countries fail to transform their production system to the desired level.

(xi) Inadequate Infrastructural Facilities:

Underdeveloped countries like India are facing serious obstacles due to inadequate infrastructural facilities. Thus the underdeveloped countries are suffering from lack of adequate transportation and communication facilities, shortage of power supply, inadequate banking and financial facilities and other social overheads which are considered very important for attaining economic development.

(xii) Adverse International Forces:

Certain adverse international forces are operating against the underdeveloped countries which are always going against the interest of the underdeveloped countries. International trade has forced the underdeveloped countries to become primary producing countries where the terms of trade as well as the gains from trade have always gone against these underdeveloped countries.

Prof. Raul Prebisch, Singer, Myrdal have formulated it “Theory of exploitation of poor countries”.

In this connection they observed, “During the last 150 years or so, the working of international forces through the media of trade and capital movement.” produced backwash effects on underdeveloped economies. There were certain disequalising forces operating in the world economy which made the gains from trade go mainly to developed countries.

(xiii) Political Instability:

Most of the underdeveloped countries are facing the problem of political instability resulting from frequent change of government, threats of external aggression and disturbed internal law and order conditions. This type of political instability creates uncertainty about its future steps and adversely affects the economic decisions of these underdeveloped countries relating to its investment.

Due to such uncertainty, flight of capital in considerable proportion takes place from these countries to advanced countries and also retards the chances of flow of foreign capital to these countries through foreign direct investment.

Moreover, weak and corrupt public administration in these countries has been resulting a huge leakage of public fund meant for investment in developmental activities.

(xiv) Inappropriate Social Structure:

Underdeveloped countries are suffering from backward social factors. Inappropriate social forces impeding the economic development of underdeveloped countries like India include prevalence of caste system, creating divergence between aptitudes, joint family system, peculiar law of inheritance, outdated religious beliefs, irrational attitudes towards number of children in a family etc.

All these social forces are obstructing the path of development of these underdeveloped countries.

Thus all these economic, political and social factors are equally responsible for the poor socio-economic set up of these underdeveloped countries and put serious obstacles for the path of economic development of these countries.


Essay # 4. Pre-Requisites or Need for Economic Development:

underdeveloped countries are very much concerned about their attainment of economic development. Attainment of economic development necessities a suitable environment for initiating, maintaining and accelerating the pace of economic development.

Prof. Lewis, in this connection, rightly observed, “The proximate causes of economic growth are: the effort to economise, the increase of knowledge or its application in production and increasing the amount of capital or other resources per head. these three causes, through clearly distinguishable conceptually are usually found together.”

Attainment of economic development in a country is very much related to social attitudes, political conditions, human resources, and also very much depending on psychological, social culture and political requirements of the country itself.

Prof. AK Cairncross has rightly observed that economic development “ is not just a matter of having plenty of money nor is it purely an economic phenomenon. It embraces all aspects of social behaviour, the establishment of law and order, scrupulousness in business dealing, including dealings with the revenue authorities, relationship between the family literacy, familiarity with mechanical gadgets and so on.”

Economic development of a country does not simply require removal of some of its basic obstacles like market imperfections, capital shortage, various circle of poverty etc. but it also requires a special attempt to identify some basic forces related to economic development. Following are some of the important pre-requisites for economic development of underdeveloped countries.

(i) Peoples' Desire for Economic Progress:

Peoples' desire for the attainment of economic progress is the most important requirement of economic development. In order to attain a self-generating growth of the economy, the people of the country must have a strong and positive willingness to attain such development. In order to arouse such peoples' desire, people of the country must be certain and well assured about the achievement of economic development:

(ii) Economic Organisation:

If the development strategy of the country is to be efficacious then it should be preceded by a proper economic organisation promoting such development and not hindering it any way. The economic organisation of the country should be of that type which can respond well to the requirements of planning for economic development.

A proper balance between the private and public sector initiatives is considered very important for evolving such an effective economic organisation. Thus in order to achieve fast economic progress, an underdeveloped country must attempt to introduce a rational reorganisation of its entire economy.

(iii) Removing Market Imperfections:

Removal of market imperfections is considered a very important pre-requisities for economic development as such imperfections create a lot of obstacles in the path of economic development of underdeveloped countries.

Market imperfection is largely responsible for wide spread poverty in such economies. Moreover, market imperfections results factor immobility, under-utilisation of resources and thereby abstract sectoral expansion and the process of development.

Removal of market imperfections can accelerate the pace of capital formation and can also widen the scope of capital and money market in these countries. The country should arrange cheap and larger volume of credit facilities readily available for its industrialists, cultivators, businessmen, small traders and new entrepreneurs.

Knowledge of these investors about market opportunities and new techniques of production should also be enhanced to the reasonable level. A whole hearted effort should be made to utilise its available limited resources in a most efficient and dynamic manner to its maximum extent.

In this connection, Prof. Schultz has rightly observed, “To achieve economic growth of major importance in such countries, it is necessary to allocate effort and capital to do three things: increase the quantity of reproducible goods, improve the quality of the people as productive agents and raise the level of productive arts.”

Thus the removal of market imperfections leads to an efficient allocation of resources which finally leads to advancement of industrial and agricultural production and also to expansion of foreign trade resulting an successful effort to break the vicious circle of poverty.

(iv) Reasonable Equality of Income:

Another pre-requisite for economic development of an underdeveloped country is the attainment of reasonable equality of income. Because this will generate adequate enthusiasm among, the general masses toward economic development of the country as well as for the successful working of the economic plan.

Growing concentration of income and wealth in the hands of few and political influence generally protects the richer section from higher rates of taxation and thereby the tax burden ultimately falls much on the middle class and poorer sections of the society.

Underdeveloped countries like India usually face this type of problem. Therefore, it is quite necessary mat proper steps be taken to check such concentration of wealth and they should attain reasonable equality in the distribution of income and wealth.

(v) Attaining Administrative Efficiency:

Existence of a stable strong, efficient and honest government machinery is considered another pre-requisite for economic development. In order to formulate and implement economic planning along with a specific policy for economic growth, the government must be strong and efficient one, capable of maintaining internal law and order and defending the country against any external aggression.

(vi) Indigenous Base:

The development process of underdeveloped countries must have a domestic or indigenous base and it is considered another major prerequisite for economic development. Whatever initiative is to be taken for the economic development, that should come from within the economy of these underdeveloped countries but not from outside.

Plan for economic progress and social betterment cannot be initiated from outside of a country. Some developmental projects may be developed out of foreign aid but it should be maintained, with indigenous motivation.

But too much dependence on external capital and external forces may dampen the spirit and initiative for development and paves the way for exploitation of natural resources of the underdeveloped countries by foreign investors. Thus to attain indigenous base in developmental framework is considered as an important pre-requisite for economic development.

(vii) Capital Formation:

In order to attain economic development in an underdeveloped economy, capital formation is considered as an important pre-requisite for development. In these countries, the rate of savings is low due to low per capita income and higher marginal propensity to consume. Thus immediate steps be taken to raise the rate of capital formation of the country.

These require:

(a) An increase in the volume of real savings,

(b) Establishment of proper credit and financial institutions for mobilising and channelising these savings into investible fund and

(c) Utilisation of these savings for the purpose of investment in capital goods.

Prof. Lewis has rightly observed, “No nation is so poor that it could not save 12 per cent of its national income if it wanted to, poverty has never prevented nations from launching upon wars or from wasting their substance in other ways.”

(viii) Determining suitable Investment Criterion:

To determine suitable investment criteria is also another major pre-requisite for economic development of underdeveloped countries. Here the idea is not only to determine the rate of investment but also the composition of investment. In order to determine an optimum investment pattern, it is essential to consider various fruitful avenues of investment available in these countries.

As social marginal productivity of investment differs thus investment should be made in those directions where its social marginal productivity is the highest.

The attainment of such higher social marginal productivity of investment requires—minimising the capital-output ratio, promoting greater external economies, investment in labour-intensive projects, use of domestic raw materials, reducing pressure on balance of payments and improving the pattern of distribution of income and wealth so as to reduce the gap between the rich and poor.

Moreover, investment in these countries should be channelised to build adequate social and economic overheads. Again the investment should be made to attain a balanced growth of different sectors of the economy. Finally, considering the structural environment in the country, proper choice of techniques be made for various investment projects of the country.

(ix) Absorption of Capital:

Another pre-requisite for economic development is to raise the capital absorption capacity of underdeveloped countries as they mostly suffer from lack of such capacity due to non-availability of co-operant factors. Such problems of low capital absorption capacity arise due to lack of technology, shortage of skilled personnel and poor geographical mobility of labour.

Thus with the increase in capital accumulation in such countries, the supply of other co-operant factors should be increased so as to enhance the capital absorption capacity of such countries.

(x) Maintaining Stability:

Underdeveloped countries are facing a peculiar problem of instability arising due to inflationary rise in price level. Inflation in these countries is influenced by the factors like monetary expansion, deficit financing, misdirection of savings in unproductive speculative activities, market imperfection: etc.

Therefore, another requirement of economic development is to maintain stability by avoiding inflationary rise in the price level so as to check mis-allocation of resources along with its other evils.

(xi) People's Participation and Co-Operation:

Finally, people's participation and public co-operation in all developmental projects are considered as an important pre-requisite and a principal force behind all planned developmental schemes of the under-developed countries. In the absence of public co-operation and participation, this development strategy cannot function properly.

Prof. WA Lewis observed, “Popular enthusiasm is both the lubricating oil of planning and the petrol of economic development—a dynamic force that makes all things possible.”

Therefore, planners should make an endeavour to enlist public co-operation and to arouse popular enthusiasm for implementing their plan for development. Moreover, in order to implement any developmental projects to the fullest extent and also to restrict the leakages involved in it, peoples' participation and public co-operation are considered very important, especially in these under-developed countries.


Essay # 5. Structural Changes during Economic Development:

Attaining structural changes in the economy is considered as one of the pre-conditions for economic development.in most of the developed countries, economic growth is characterised by structural transformations of the economy.

The process of growth is connected with both fuller use of existing resources and expanding resources. Here the problem has to be tackled in two ways. Firstly, the productive opportunities available within the existing resouirce and necessary known-how have to be utilised to the maximum extent through optimum allocation of the resources of the country.

Secondly, the production frontier, ie, the various productive sectors, has to be widened through sizable changes to the maximum extent.

Again the Chances of achieving higher rate of development through better allocation of existing resources is very much limited. TW Schultz has aptly observed, “in most poor countries there is not much economic growth to be had by merely taking up whatever slack may exist in the way of the available resources being utilised.” Therefore, in order to provide all outward push to the production frontier, the productive has to be expanded.

Moreover, the structural transformation of the economy indicates a shift away from agriculture to non-agriculture activities and from industry to services along with a change in the scale of productive units, and necessary shift from personal enterprises to impersonal organization of economic firms along with a change in the occupational status of labour.

Following are some of the important structural changes arising out of economic development:

(i) Shift in Economic Activities:

In most of the underdeveloped agricultural countries, the structural change may be initiated through reduction in proportion of population engaged in agriculture and thereby increase in the number of persons engaged in non-agricultural occupations.

HW Singer observed that, “The speed or rate of economic development may then be described by the rate of which 70 : 30 ratio in economic structure is approximated to the 20 : 80 ratio which represents ultimate equilibrium at a high level of development.”

Therefore, the transfer of population from agricultural sector to non-agricultural sector must be supported by an increase in agricultural production so as to provide necessary food and raw materials to the non-agricultural sector as well as to meet the requirement of increasing population in both of these sectors.

In order to meet such requirement, there should be sufficient transformation in the agricultural sector in the form of introduction of land reform measures, raising the supply of productive inputs or factors in agriculture, promoting new credit institutions, introducing dynamic market structure, providing additional incentives, arranging changes in socio-economic relationships, introducing intensive cultivation process.

The development experience in various countries shows that the share of agricultural sector in GDP of all developing countries has declined excepting Australia. In respect of changes in the contribution of services sector, the result is not so marked or consistent among the various countries.

(ii) Changes in Sectoral Distribution of Labour Force:

Movements in structural transformations in economic growth can also be analysed in the form of changes in the distribution of labour force among three major sectors. The share of total labour force engaged in industrial sector varied between 40 to 58 per cent for almost all the countries excepting erstwhile USSR and Japan, as these countries entered lately in the field of industrialisation.

On the other hand, the share of total labour force engaged in the services sector remained almost constant and relatively poor in the countries like Australia, Great Britain, Sweden and Belgium. But the same share recorded an absolute and relative increase in the countries like USA, Canada, Italy, Japan, Switzerland and erstwhile USSR.

(iii) Changes in Sectoral Share in GDP:

Prof. Simon Kuznets has rightly observed that during the period of modern economic growth, the share of agriculture and agro-based industries in aggregate output (GDP) has recorded a sharp decline, while the shares of manufacturing industries, public utilities and certain service groups like professional, government etc. have recorded a manifold increase.

Such changes have resulted corresponding shifts in the sectoral allocation of labour force of the country. Moreover, the rapid change in the size and form of business organisations has also resulted a major structural change in the economy. Modern economic growth has resulted a fall in the domination of sole trading small farms.

Moreover, the shift away from agriculture to non-agricultural activities has also resulted a significant fall in the share of small business units. Again, the modern economic growth has also paved the way for the emergence of joint stock companies and giant corporations in modern industrial set-up.

(iv) Changes in Social Structure:

Finally, social system has much impact on the economic phenomenon of the country. Social institutions, habits and attitudes are influencing the productive activities and expenditure patterns substantially, especially in the underdeveloped countries. Savings and investment patterns are considerably influenced by cultural and social considerations.

Therefore, in order to attain structural change in the economy, there is the necessity of change in the social structure of its society. Setting a dynamic economy in a static social set up is almost impossible as they cannot pull together.

In this connection, Meir and Baldwin aptly observed, “New wants, new motivations, new ways of production, new institutions are to be created if national income is to rise more rapidly. Where there are religious obstacles to modern economic progress, the religion may have to be taken less seriously or its character altered.”

Thus necessary change in the social structure is very important for attaining economic development in a country. Prof. Gadgil also observed,

“All attitudes, habits of mind, patterns of behaviour, are born out of chiefly historical institutional modes of living. These modes of living in most under-developed countries have had in the past little direct connection with economic development. If now rapid economic development is to become the main objective of these societies, their attitudes and habits of mind must change correspondingly.”


 

コメントを残します