MNCに関する論争–議論!

MNCに関する論争の詳細な調査を行いましょう。

貧しいLDCの外部依存は、FDIの大部分がMNC / TNCによって行われるために発生します。

MNCの定義に関しては論争があります。 通常、MNCは、少なくとも2か国で管理権と管理を享受している企業と定義されています。

また、少なくとも6か国で資産を管理している企業の数をMNCと呼びます。 重要なのは、管理権と管理を享受するFDIプロジェクトを少なくとも1つ引き受ける企業のみがMNCと呼ばれることです。

FDIは以下を含む投資です。

(i)グリーンフィールド投資—海外での新しい生産施設の設立。 そして

(ii)株式および株式の購入による既存の外国企業の支配持分の合併および買収。

このような支配権は、外国企業の株式の量に依存し、国によっても異なることに注意してください。 外国の関連会社は、少数所有(10〜50%の自己資本)、過半数所有(50個から100個未満)、および完全所有(100個)の関連会社です。

国連は、MNCよりも多国籍企業(TNC)という用語を好んでいます。なぜなら、単一の母国からの企業の事業活動は、国境を越えて拡張されているからです。

この定義に基づいて、国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2002年には8万70, 000以上の関連会社を持つ50, 000に対して、約64, 000のMNC企業があると推定しました。 General Motors、Wal-Mart、Exxon-Mobil、Mitsubishi、Siemensなどの企業は、世界の産業生産の半分以上を占める200の最大のMNCに属しています。 これらの企業はすべて、北米、ヨーロッパ、日本、および韓国に本社を置いています。

最大のMNCの1つであるオランダのロイヤルダッチシェルは、116か国に子会社を持っています。 売上に関しては、最大のMNCはゼネラルモーターズであり、2000年には、ゼネラルモーターズの売上高はデンマークのその年のGDPを上回りました。 表4.1は、売上と国のGDPの観点から測定したMNCの強さを比較したものです。

LDCで生産された農産物の生産と輸出に対するMNCの力と影響に関する限り、世界のバナナ貿易の半分以上を支配しているのは米国に本拠を置く3つのMNC企業のみであり、先進国。 とにかく、2002年に1500億ドル近くを構成したFDIフローの合計は、2005年には開発途上国に3, 340億ドルに達しました。 この総FDIのうち、南米と東南アジアの10か国が80パーセントもの高額の投資を受けました。

MB Stegerの言葉でこのセクションを締めくくります。

「間違いなく、TNCの成長する力は、国際経済の構造と機能を大きく変えました。 これらの巨大企業とそのグローバル戦略は、貿易の流れ、産業の立地、その他世界中の経済活動の主要な決定要因となっています。 その結果、TNCは多くの国の経済的、政治的、社会的福祉に影響を与える非常に重要なプレーヤーになりました。」

 

コメントを残します