国際貿易の技術的ギャップモデル| 経済

ヘックシャー・オーリンの理論は、以前の貿易理論と同様に、生産技術が与えられ、固定されていると仮定していました。 このような仮定は、静的システムでのみ有効です。 実際の動的な現実では、そのような仮定の場所はあり得ません。 技術的な変更は、生産と貿易に非常に大きな影響を及ぼします。 技術の変化は、既存の商品を生産する新しい方法、または新しい種類の商品を生産することで表現される場合があります。

技術の変化に基づいて国際貿易を説明しようとする2つの著名なモデルは次のとおりです。1.技術的ギャップまたは模倣ギャップモデル2.製品サイクルモデル。

1.技術的ギャップまたは模倣ギャップモデル:

技術的ギャップモデルは、1961年にMV Posnerによって開発されました。Posnerは、技術的変化は継続的なプロセスであると主張しています。 彼によると、たとえ国が同じような比率と好みを持っているとしても、発明と革新の継続的なプロセスは貿易を生む可能性がある。

このモデルによれば、企業が新製品を開発するとき、最初のテストは国内市場で行われます。 国内市場で成功していることが証明された後、海外市場に導入する努力がなされています。 新製品は、世界貿易において生産企業または輸出国に一時的な独占的地位を付与します。 この独占的な地位は、多くの場合、特許と著作権によって保護されています。 輸出国は、外国の生産者が新しい種類の製品を模倣するか、新しい生産プロセスを学ぶまで、世界の他の地域に比べて比較的有利です。

仮定:

ポズナーの理論における主な仮定は次のとおりです。

(i)AとBの2つの国があります。

(ii)ファクター基金は2つの国で類似しています。

(iii)両国の需要条件は類似しています。

(iv)両国の要素価格比は、取引前は類似しています。

(v)両国には異なる手法があります。

新製品の登場と外国生産者による代替製品の導入との間に存在する遅れは、技術的なギャップまたは模倣のギャップを明示します。 ポズナーは、技術的ギャップを3つの要素に分解しました。外国の反応ラグ、国内の反応ラグ、需要のラグです。

外国の反応の遅れは、最初の外国企業が新しい種類の製品を生産するのにかかる時間です。 国内の反応遅れは、国内市場での地位を確立し、外国市場でそれを維持するために、国内の生産者がさらに新しい品種を導入するのに必要な時間を意味します。 需要の遅れとは、国内消費者が新製品の嗜好を獲得するのにかかる時間を意味します。

ポズナーは、イノベーションと模倣の遅れの統合を「ダイナミズム」と呼んだ。 彼によると、国際貿易におけるダイナミックな国は、より速い速度で革新を行い、外国の革新をより速い速度で模倣する国です。 2つの貿易国の一方が他方よりも大きなダイナミズムを持っている場合、後者はその市場の浸食と貿易収支の結果としての赤字を見つけるでしょう。

ポズナーによると、両国が他の点で同一である場合、両国間の貿易が技術革新によって生み出されるかどうかは、需要と模倣の遅れの正味の影響に依存します。 需要の遅れが模倣の遅れよりも長い場合、模倣国の生産者は、国内市場の消費者が新しい商品を要求し始める前に新しい技術を採用します。 この場合、技術革新は貿易を生み出しません。

一方、模倣ラグが需要ラグよりも長い場合、国際貿易はイノベーションによって生み出される可能性があります。 したがって、両国間の貿易のパターンは、2つのラグの相対的な期間に依存します。

Posnerによって与えられた貿易理論は、図9.7で説明できます。 図9.7では、時間は水平スケールに沿って測定され、革新国であるA国の貿易収支は垂直スケールに沿って測定されます。 ポイントt 0までは、両国間で取引は行われません。 この時点で、革新国Aは新製品を導入します。 模倣国Bの消費者が製品に気付くと、消費し始めます。 したがって、A国は輸出を開始します。

B国が新しい技術を採用できなかった場合、A国からの輸出は、時間t 3で最大レベルに達するまで増加し続けます。

期間t 0 t 3は需要遅れとして識別できます。 時刻t 1までにB国が新しい技術を採用できる場合、市場での製品の輸入は、最大レベルに達する前に抑制される可能性があります。 その後、B国は、時間t 2で貿易を停止してそれらを逆転させました。 模倣ギャップがより長く、B国の生産者が時間t 4まで新しい技術を採用できなかった場合、A国からB国への輸出はt 4まで最大レベルで継続されていました。

B国が新しい技術を模倣し始めたとき、AからBへの輸出が減少し、これらは時間t 6でゼロに落ちたでしょう。 これに関連して、他の2つの可能性について説明できます。 国Aの生産者が時間t 6に新しいイノベーションを導入できず、国Bがさらなるイノベーションを行う場合、国Bは図の下の矢印で示される国Aの国内市場への浸透を開始します。国Aでは、時間t 6に新しいイノベーションが導入され、国Bへの輸出が増加する可能性があります。これは、図で上向きの矢印で示されています。

欠点:

このモデルにはいくつかの欠点があります。

(i)技術的ギャップまたは模倣ギャップを正確に説明していない。

(ii)技術的なギャップが発生する理由と、それらが時間の経過とともにどのように解消されるかを説明できない。

2.製品サイクルモデル

製品サイクルモデルは、もともとRaymond VernonとS. Hirschによって開発されました。 Louis T. WellsとGC Hufbauerによってサポートされています。

このモデルでは、製品は最初に革新的な国で生産および輸出されますが、最終的には同じ製品またはその製品の同じ差別化された品種の輸入国になります。

仮定:

ヴァーノンの製品サイクルモデルは、以下の前提に基づいています。

(i)資本の豊富な国の生産者は、最初に新製品を導入します。

(ii)革新企業には、実際のまたは想像上の独占的優位性があります。

(iii)国内市場の必要性と機会は、新製品の革新を刺激します。

(iv)革新企業には、外国市場に存在する条件に関する情報がほとんどありません。

(v)最初にイノベーションを起こす先進国の家庭環境は、他の先進国とは異なります。

(vi)ライバル生産者の出現のような引き金となる出来事があり、それが製品の輸出への転換につながる場合があります。

このモデルの基本的な議論は、製品の要素要件がその寿命にわたって異なるため、製品の生産にサイクルがあるということです。 新製品の革新には、比較的裕福な企業が負担できるリスクが伴います。 Hirschによれば、これらのリスクは、熟練した労働力と消費者の対応に関する情報の容易な流れを必要とする生産側の柔軟性によって低減することができます。 ヴァーノンは、市場への近接性により、情報の容易な流れが可能になると指摘しています。

これらの要因を考慮すると、新製品の生産は先進国に集中する可能性が高いと認識されています。 製品と製造プロセスの標準化により、他国の生産者は市場に参入することができます。ただし、自国の要素価格のパターンが先駆的な生産者に比べてコスト優位性を提供するような場合です。

その結果、他の先進国または開発途上国でさえ、これらの商品の生産を引き受けます。 また、最初に財を生産した企業が、より有利な要素価格の利点を活用するために、他の国に生産施設を設置する可能性もあります。 結果として、もともと財を生産している国は、輸出が減少し、同じまたは改良された品種の輸入者になることさえあります。

この理論によって分析された貿易のパターンは、電子製品、合成材料、映画、耐久消費財、オフィス機器などのいくつかの製品の場合に目撃されています。 製品サイクルモデルの古典的な例は、米国および日本のラジオメーカーの経験によって提供されます。 第二次世界大戦直後、米国の製造業者は、真空管に基づいた無線の世界市場を支配していました。

数年以内に、日本のメーカーは米国の技術をコピーし、世界市場の大部分を獲得しました。 その後、米国はトランジスタを導入しました。 再び日本はそれらをより低いコストで生産し、世界市場を奪還することができた。 米国の製造業者より導入されたプリント回路。 この場合でも、日本はこの技術に従い、輸出を拡大しました。 同様のことが、米国と日本が関係する自動車に関する貿易のパターンです。

この理論によると、製品は一般に以下で説明する4つの異なる段階を通過します。

(i)ステージI:

高所得および省力製品は、米国などの先進国の生産者によって導入されており、それらの製造に適しています。 最初に、製品は国内市場に導入されます。 国内市場で受け入れられた後、これらは好みや収入レベルが似ている国に輸出されます。 革新的な生産者は、しばらくの間、国内市場と海外市場の両方で仮想独占を楽しんでいます。

(ii)ステージII:

この段階で、新製品の外国市場は非常に大きくなり、外国の生産者はそれらまたはそれらの密接な代替品の製造を開始します。 その結果、世界市場における革新国のメーカーのシェアは低下し始めますが、それでもかなりの量の製品を世界市場に供給しています。

(iii)ステージIII:

外国の製造業者は、米国のような国の製造業者よりも大きな競争上の優位性を享受しています。 まず、人件費が安いという利点があります。 第二に、彼らは規模の経済の利点を享受し始めます。それは、当初は先進国によってのみ享受されていました。

(iv)ステージIV:

最後に、先進国から課せられた輸送費と関税にもかかわらず、外国の生産者は当初の革新国の市場に手を伸ばし、革新国は製品の純輸入国になります。 この状況が発生すると、米国のような国は、国内外の消費者の比較的裕福な消費者によって消費される新しい種類の製品を生産しなければなりません。

評価:

ヴァーノンの製品サイクルモデルは、技術的なギャップモデルを拡張したものです。 このモデルの全体構造は、米国の経験に基づいています。 いくつかの製品は、熟練した人材、一人当たりの高い収入、および大規模な国内市場の利点のために、資本の豊富な国によって革新されています。 新製品は最初に他の先進国によって開発され、後に製品が標準化されると後発開発途上国によって開発されるため、比較優位はその国によって失われます。

製品サイクルモデルは、比較コスト優位性と因子比例理論の従来の理論と矛盾しません。 新製品の革新は、その比較的豊富な科学的および技術的スキルのために、比較優位を確立しました。 その比較優位のために、革新国は比較的低コストで新製品を生産および輸出できるようになります。 HoffmeyerやHufbauerなどの作家が試みた研究は、Vernonの製品サイクルモデルをサポートしています。

ただし、このモデルは、誤った仮定のために批判されています。 第一に、革新企業が他の国に存在する条件について知識を持っていないと仮定することは間違っています。 第二に、革新国の先進国と他の先進国では、すべてが新製品を革新するためのインフラストラクチャを備えているため、国内環境に大きな違いはありません。 第三に、資本が豊富な国が最初にイノベーションを行うことは必須ではありません。

多くの先進国では、最近の技術革新は、労働力の節約を考慮するのではなく、資本と天然資源の節約を考慮することによって導かれています。 第4に、イノベーションの創出は先進国のみに限定されると考えるのは誤りです。

ブラジル、メキシコ、韓国、中国、インドのような後発開発途上国の一部でさえ、現地の状況に応じて製品を適合させ、イノベーションを促進しています。 第5に、イノベーションは必ずしも国内市場が提供する機会によって刺激されるのではなく、外国への輸出を最大化することの検討によっても刺激されます。

 

コメントを残します