一定収益の法則:研究ノート

下記の記事は、一定収益の法則に関する研究ノートを提供します。

一定収益の法則は、労働と資本の追加投資が以前と同じ収益をもたらす場合に機能すると言われています。

それは、投資からの収益が、事業が拡大または縮小されても変わらないことを意味します。

言い換えれば、「生産規模がどうであれ、ユニットあたりの製品のコストは同じままである」と言うことができます。

スティグラーによると-「すべての生産的なサービスが特定の割合で増加すると、製品は同じ割合で増加します。」

一定のリターンの法則はしばらくの間アクティブのままです。 リターンの増加の法則の有効性が終了する場所から、そこから一定のリターンの法則が開始され、このリターンの減少の法則の有効性の終了後に操作が開始されます。

言い換えれば、ビジネスが最適に向かって移動すると、リターンが増加し、最適を超えるとリターンが減少すると言うことができます。 しかし、最適なポイントに達した後、産業界がアウトプットのレベルで安定した場合、リターンは同じままです。 そして、それらは一定であると言われています。

この法則は、次の例で説明できます。

この表から、労働と資本の単位の増加により、総生産は増加するが、限界生産は一定のままであることが明らかである。すなわち、30は一定の数字である。 そして、この図は定数リターンの法則です。

ダイアグラム表現:

この定数リターンの法則は、図で次のように表すことができます。

OX軸の労働と資本の単位、およびOY軸のファンの限界生産が示されています。 ABラインは、ファンの労働単位と資本の限界生産の増加にもかかわらず同じであるため、一定収益率の法則です。 言い換えれば、ここでABラインは定数リターンの法則です。

なぜ一定の利益の法則なのか?

すべての業界で、人間と自然の影響を見つけます。 自然が原材料の供給を制御し、人間が製造側を指揮します。 原材料のコストと製造コストが半分になる業界がある場合、人間と自然の両方が等しく影響していると言えます。 そのような産業は、一定の収益の法則の対象となります。 例-毛布製織業。 ここで、ウールのコストは、製造に費やされる他の製造コストと同じくらいのコストになると想定されています。

さらに、製糖業やサトウキビ栽培などの採掘産業と製造業が統合されている場合、製鋼業と鉄鉱石採掘は一定収益の法則が機能する可能性があります。 ここでは、業界の2つの側面、つまり、収益の減少の法則に従う農業の側面と、収益の増加の法則に従う製造の側面が組み合わされています。

これらの2つの傾向が互いに相殺し、その結果、一定収益の法則が機能する可能性があります。 このように、すべての業界には2つの傾向があり、常に稼働していることがわかります。1つは収益の減少、もう1つは収益の増加です。 この生産規模が拡大するたびに、原材料およびその他の要因のコストは、需要の増加により上昇する可能性があります。

これは、単位当たりの生産コストを引き上げる傾向があるか、収益減少法の運用をもたらす傾向があります。 しかし、規模が大きいほど、機械の使用、分業、売買、研究、宣伝などの経済が大きくなります。

ただし、実際の生活では、収益が減少する傾向が強いか、収益が増加する傾向が強いかのどちらかです。 したがって、一定収益率の法則の運用はかなりまれであり、たとえそれが運用されても、短期間しか持続しません。

主に、スケールに応じて収益を増加させる法則を生み出す2つの要因があります。

1.生産要素の不可分性。

2.生産要素の専門化。

 

コメントを残します