貧困と失業の軽減プログラム

インドの経済プランナーはマキシムに従いました。 「経済成長に注意すれば、貧困は自分自身で対処する」

5年間の計画では、手持ちのメモに多くの利点が与えられました。 しかし、これらの恩恵は貧困層には届きませんでした。

重要な貧困と失業緩和プログラムは次のとおりです。

1.統合農村開発プログラム(IRDP):

統合農村開発プログラム(IRDP)は、1976-77年に国内の20の選択された地区で開始されました。 1980年の後半、プログラムは国内のすべての地区に拡大されました。 スキームはセンターによって資金提供されました。 このスキームの資金は、センターと州政府によって共有されています。 平等に。

このスキームの目的は、貧困線以下の生活をしている農村地域の家族のために生産的な資産を創出することです。 自営業活動を引き受ける生産的な資産を作成するために、銀行ローンが提供されます。 農業園芸、畜産、家禽、織物などが含まれます。

このプログラムは、地方農村開発機関(DRDA)によって実施されていました。 このスキームは、1999年にSwarn Jayanti Gram Swarozgar Tagoreと呼ばれる1つの自営業プログラムと統合されました。

2.全国農村雇用プログラム(NREP):

このプログラムは1980年に開始されました。プログラムの主な目的は、村の道路、池、井戸などのコミュニティ資産を構築し、維持することで雇用機会を創出することでした。年間のマンデイズおよびコミュニティ資産の開発。 このプログラムでは、作業用に穀物が与えられます。 NREPは、1989年にJawahar Rozgar Yogana(JRY)と合併しました。

3.地方の土地なし雇用保証プログラム(RLEGP):

このプログラムは1983年に開始されました。その主な目的は、農村の土地なし労働者家族に1年間に100日間の確実な雇用を提供することでした。 それらは、コミュニティ資産を作成する-jで採用されることになっていました。 このスキームは、Union Govtが後援しています。 1989年、このJスキームはJRYに統合されました。

4.自営業のための地方青年の訓練(TRYSEM):

このスキームは1979年に開始されました。このスキームの目的は、18歳から35歳までの失業中の農村部の若者が自営業のスキルを身に付けることを支援することでした。 SC / STの若者と女性が優先されました。 訓練が完了した後、1996〜97年にTRYSEMの下で、3.6千万人の青年が訓練された独自のビジネスと貿易を設立するために、訓練された青年にクレジットが提供されました。

5. Jawahar Rozgar Yojana(JRY):

このスキームは1989年4月に誕生しました。以前のスキームNREPとRLEGPはこのスキームに統合されました。 JRYの主な目的は、地方の失業者と失業者に追加の雇用を創出することでした。

このプログラムの基本的な特徴は、資金が村のパンチャヤトに直接リリースされ、人々の地元のニーズに応じて雇用プログラムが開始されることでした。 それは中央政府でした。 後援プログラムと支出は、80:20の比率でセンターと州の間で共有されました。

DRDAは、センターのシェアと州のシェアを政府から直接受け取ります。 その後、DRDAは資金をさまざまなパンチャーに割り当てます。 請負業者はプロジェクトの実行を許可されていません。 1999年、JRYはJawahar Gram Samridhi Yojanaに改名されました。

6.雇用保証制度(EAS):

このスキームは、修正された公共配電システムが稼働していた1994 m 1752ブロックで開始されました。 これは、特にスラック農業シーズンの農村地域で、未熟練の肉体労働者に100日間の仕事を提供することを目的としています。 これは、季節的な失業を解消するためのスキームです。 スキームの資金は、80:20の比率に基づいて中央および州によって共有されます。 雇用は要求に応じて与えられます。

7.小規模およびコテージ産業:

政府は、貧困と失業をなくすことを目的として、小規模および家内工業を発展させるために特別な措置を講じています。 自営業を促進するために大量が費やされています。

8.最小必要プログラム(MNP):

貧困層の生活水準を上げるために、第5計画中に最低必要プログラムが開始されました。 このプログラムは、初等教育、成人教育、農村部の健康、農村部の給水、農村部の道路、農村部の電化、農村部の住宅および生態系の改善と都市のスラムを対象としています。

9.インディラ・アワス・ヨジャナ(LAY):

Indira Awas Yojanaは1985年から86年にかけて、SCとSTに無料で居住ユニットを提供し、拘束された拘束労働者を解放しました。 このスキームは、1993年から94年にかけて非SC / STカテゴリーに拡張されました。 1995年から96年にかけて、この計画に基づいて作戦中に殺害された軍隊および準軍隊の家族。 DRDAは調整機関です。

10.ミリオンウェルズスキーム(MWS):

この計画の主な目的は、灌漑施設を増やし、SC / STカーストに属する限界農家の土地の開発を支援することでした。 1999年に、このスキームはスワランジャヤンティグラムスワロズガルヨジャナと統合されました。

11.首相のロズガル・ヨハナ(PMRY):

首相のロイガル・ヨハナ(PMRY)は1993年に発足しました。これは、教育を受けた失業者向けの自営業スキームです。 これは、収入がRs未満の貧しい家庭向けです。 年間25, 000。 教育を受けた失業者はそれぞれ、ルピーの融資を受ける資格があります。 中小企業を始めるのに1万ルピー。 22:5%の予約がSC / ST候補に与えられ、27%の予約がOBCに与えられます。合計金額の15%が補助金として与えられます。

12.ジャワハルグラムサムリディヨジャナ(JGSY):

Jawahar Gram Samridhi Yojanaは、1999年4月1日に道路や橋などの農村インフラを構築するために開始されました。 DRDAは調整機関でした。 このスキームはCenter Govtが後援しました。 支出は、80:20の比率でセンターと州の間で共有されました。

13.サンポーマグラミンロイガーヨジャナ(SGRY):

この計画は2001年9月に首相によって開始されました。 このスキームの主な目的は、村人に有益な雇用と食料の安全を提供することでした。 Employment Assurance Scheme(EAS)とJawahar Gram Samridhi Yojana(JGSY)は、両方とも同じ目的を持つため、このスキームに統合されました。 DRDAはこのスキームのノード機関です。 このスキームの支出は、80:20の比率でセンターと州によって共有されます。

14. Swarna Jayanti Gram Swarozgar Yojana(SGSY):

Swarna Jayanti Gram Swarozgar Yojana(SGSY)は、1999年4月1日に開始されました。これは、地方の貧困層向けの単一の自営業プログラムです。

これは、以前の自営業プログラムを置き換えます。

(i)統合農村開発プログラム(IRDP)

(ii)自営業のための地方青年の訓練(TRYSEM)

(iii)農村地域の女性と子供のための開発(DWCRA)

(iv)地方の職人への改善されたツールキットの供給(SITRA)

(v)ガンガーカリヤンヨジャーナ(GKY)

(vi)ミリオンウェルズスキーム(MWS)。

これらのプログラムはSGSYに統合されています。

主な機能は次のとおりです。

(私) SGSYの目的は、地方の貧困層に自営業の機会を提供することです。

(ii) 農村部に多数の中小企業を設立することを目指しています。

これらの企業は、自営業のあらゆる側面をカバーします。

(a)農村部の貧困層を自助グループに組織化する。

(b)インフラストラクチャの構築。

(c)テクノロジー

(d)クレジット

(e)マーケティング

(iii) このプログラムの下で支援される人は、スワロズガリスと呼ばれます

(iv) スキームは、農村部の人々を自助グループ(SHG)に編成します。 各SHGで女性に代表権を与える必要があります。

(v)プログラムは銀行の信用と政府を提供します。 事業を開始するための補助金。

(vi)SGSYの下での補助金は均一になる

(a)個人の場合は30%であり、SC / STの場合は50%で、Rsの上限が適用されます。 7500とRs。 それぞれ10, 000のプロジェクトコスト。

(b)SHGの場合、補助金はRsの上限を条件としてプロジェクト費用の50%になります。 1.25 lakh。

(vii)SGSYの支出は、中央および州政府が負担します。 75:25の比率で。

(viii)SGSYはPanchayat Samitiを通じてDRDAによって実装されます。

(ix)このスキームの進捗は、関係銀行によって評価されます。

(x)今後5年間で、各ブロックの農村部の30%をカバーすることが提案されています。

15. 全国農村雇用保証制度(NREGS):

このスキームは、2006年2月に国内の200の地方地区で開始され、インド全土の600地区に拡張されます。 このスキームの主な目的は、州政府によって定められた最低賃金で、少なくとも100日間の未熟練の手作業を各農村家族の一人に提供することです。 手作業が15日以内に受益者に提供されない場合、失業手当が与えられます。

雨水貯留、田舎道、灌漑水路、伝統的な水域の改修、土壌保全、土地再生などの労働志向のタスクは、このスキームの下で行われます。 請負業者は作業を実行できません。 費用は、中央政府と州政府が負担します。 それぞれ90:10の比率で。 雇用されている総労働者のうち、3分の1は女性でなければなりません。 センター政府。 割り当てられたRs。 このスキームでは11, 000クローレ。

16. その他のプログラム:

センター政府。 他の雇用と貧困緩和プログラムを開始しました。

これらのいくつかを以下にリストします。

(i)Pradhan Mantri Gremodayo Yojana(PMGY)

(ii) プラダン・マントリ・グラモダヨ・ヨハナ(グラミン・アワス)

(iii)Pradhan Mantri Gramodaya Yojana-Rural飲料水プロジェクト。

(iv)Antyodya Anna Yojana。

(v)Valmiki Ambedkar Awas Yojana(VAM BAY)

 

コメントを残します