経済学の方法論:経済統計学と力学

経済学の方法論では、経済の静力学と力学の技法が重要な場所を占めています。

経済理論の大部分は、経済統計の手法を用いて定式化されています。

ただし、過去80年間(1925年以降)に、動的手法は経済理論のさまざまな分野にますます適用されてきました。 JMクラークの加速原理と、以前の資本形成に対するアウトプットの遅れた過剰反応から生じるビジネス変動のアフタリオン理論は、1925年以前に登場した動的モデルの例です。

しかし、1925年以前は、動的分析は主に、いくつかの例外を除いて、ビジネスサイクルの説明に限定されていました。 1925年以降、動的分析は、ビジネスの変動の説明だけでなく、収入の決定、成長、価格の理論にも広く使用されています。 R. Frisch、CF Roos、J。Tinbergen、M。Kalecki、Paul Samuelsonなどのエコノミストは、さまざまな周期性と振幅のサイクルを引き起こす動的モデルを定式化しています。

ロバートソン、ケインズ、ハーバーラー、カーンなどの英国の作家、およびミュルダール、オーリン、リンダール、ランバーグなどのスウェーデンのエコノミストは、所得分析の分野で経済力学に大きなストレスをかけています。 最近では、サミュエルソン、グッドウィン、スミシーズ、ドマール、メッツラー、ハーヴェルモ、クライン、ヒックス、ランゲ、クープマンズ、ティンターなどのエコノミストが、均衡点または経路周辺の安定性と変動に関する動的モデルをさらに拡張および開発し、4つの重要な経済理論の分野、すなわち、サイクル、所得決定、経済成長、価格理論。

経済統計、力学、比較統計の意味と性質を以下で説明し、それらの区別を明らかにします。 彼らの真の意味と性質、特に経済のダイナミクスについて多くの論争がありました。

経済統計の性質

上記のように、経済理論の大部分はその助けによって定式化されているため、経済統計の方法は非常に重要です。 また、経済力学の概念は、静力学の意味を明確にしないと理解できません。なぜなら、経済力学について確かなことは、それが「静力学ではない」ということです。 JRヒックスは、「経済力学の定義は、経済統計の定義に従う必要があります。 一方を定義したら、もう一方を定義します。

経済の静力学と力学の性質の違いを明確にするためには、定常と変化という2種類の現象の区別を明らかにすることが不可欠です。 経済変数は、変数の値が経時的に変化しない場合、つまりその値が経時的に一定である場合、定常的であると言われます。 たとえば、商品の価格が時間の経過とともに変化しない場合、価格は固定と呼ばれます。

同様に、国民所得は、その大きさが時間の経過とともに変化しない場合、固定的です。 一方、変数の値が時間を通じて一定に保たれない場合、変数は変化している(非定常)と言われます。 したがって、すべての重要な変数の値が時間を通じて一定である(変化する可能性がある)場合、経済全体は静止している(変化している)と言えます。

経時的な挙動が調査されるさまざまな経済変数は、商品の価格、供給量、需要量、国民所得、雇用レベル、人口規模、投資レベルなどであることに注意してください。

変数はミクロの観点からは変化しているが、マクロの観点からは静止している可能性が非常に高いことに言及する価値があります。 したがって、個々の商品の価格は変化している可能性があり、その一部は上昇し、一部は下落する可能性がありますが、一般的な価格レベルは時間とともに一定のままである可​​能性があります。 同様に、ある国の国民所得は一定であるかもしれませんが、さまざまな産業によって生み出される収入は変化しているかもしれません。

一方、経済全体が変化している一方で、特定の変数は固定的である可能性があります。 たとえば、経済への純投資のレベルが固定的であっても、経済全体が固定的でない場合があります。 年間一定の正の正の投資がある場合、資本ストックへの追加が発生するため、経済は成長(変化)します。

定常現象と経済的静力学、および変化する現象と力学の間には必要な関係がないことに注意してください。 経済ダイナミクスは本質的に変化する現象のみに関連していますが、変化する現象を説明するために静的分析が広く適用されています。

静力学と力学の違いは、2つの異なる種類の現象ではなく、2つの異なる分析手法の違いです。 ティンバーゲン教授は、「静力学と力学の区別は、2種類の現象の区別ではなく、2種類の理論の区別、つまり2種類の考え方の区別です。 現象は定常的または変化している可能性があり、理論(分析)は静的または動的である可能性があります」

静的分析と機能的関係

経済理論のテストは、経済変数のシステム間の機能的関係を説明することです。 これらの関係は、2つの異なる方法で調べることができます。 同じ時点または同じ期間に値が関連する2つの変数間で機能的な関係が確立されている場合、分析は静的であると言われます。 言い換えれば、静的分析または静的理論は、関連する変数間の静的関係の研究です。

経済変数の値が同じ時点または同じ期間に関連する場合、変数間の機能的関係は静的であると言われます。 経済変数とそれに基づく理論または法律との間の静的な関係の多数の例を挙げることができます。 したがって、経済学では、一度に財に要求される量は、一般に同時に財の価格に関連すると考えられています。

したがって、需要の法則は、特定の瞬間における財の需要量とその価格の間の機能的関係を確立するために策定されました。 この法律は、他のことは同じままで、需要量は特定の時点で価格に反比例して変化すると述べています。 同様に、供給された数量と商品の価格の間に静的な関係が確立されており、両方の変数は同じ時点に関連しています。 したがって、この価格と供給の関係の分析も静的です。

マイクロスタティックとマクロスタティック

一般的に、経済学者は、与えられた変数を互いに調整した結果として得られる変数の均衡値に興味を持っています。 それが経済理論が平衡分析と呼ばれることもある理由です。 最近まで、需要、供給、価格などのさまざまな変数の値が関連しているとみなされていたため、異なる市場カテゴリの製品と要因の均衡価格の決定を説明する全体価格理論は主に静的分析でした同じポイントまたは期間に。

したがって、このミクロ静的理論によれば、完全な競争の下での特定の時点での均衡は、特定の需要関数と供給関数(同じ時点での変数の値を関連付ける)の共通部分によって決定されます。 したがって、需要曲線DDおよび供給関数SSとして需要関数が与えられた図4.1では、均衡価格OPが決定されます。

そのように決定された供給と需要の平衡量はOMです。 これは価格決定の静的分析です。供給量、需要量、価格などのすべての変数が同じポイントまたは期間を参照します。 さらに、それらの相互作用によって決定される均衡価格と量も、決定変数と同じ時間に関係します。

静的分析の例は、マクロ経済理論からも得られます。 国民所得のレベルを決定するケインズマクロモデルも、主に静的です。 このモデルによれば、図4.2に示すように、国民所得は総需要曲線と総供給曲線(45°線)の交点によって決定され、縦軸は消費需要と投資需要(C + l)および総供給を測定します。 X軸は国民所得のレベルを測定します。 総需要はポイントEでの総供給に等しく、収入OYが決定されます。

これは、システム内のさまざまな変数の相互調整を考慮する際に、総需要(消費と投資)と総生産供給が同じ時点と時間要素を参照するため、静的分析です。 言い換えれば、この分析は、関連する変数の瞬間的または不朽の調整と国民所得の均衡レベルの決定を指します。

シュンペーター教授は、静的分析の意味を次のように説明しています。「静的分析とは、同じ時間添え字を持つ商品の価格と量-経済システムの要素間の関係を確立しようとする経済現象を扱う方法を意味します。つまり、同じ時点を参照することです。 すべての教科書で教示されている個々の商品の市場における需要と供給の通常の理論は、この事例を説明するものです。それは、需要、供給、価格がいつでも観察されるはずであるように関係しています。

静的 解析の 仮定

静的分析について言及する価値がある点は、特定の決定条件と要因が、関連する経済変数と相互調整の結果との関係が説明されている時点で一定のままであると仮定されることです。 したがって、上記の完全競争下での価格決定の分析では、特定の商品の需要に影響を与える人々の収入、嗜好、嗜好、関連商品の価格などの要因は一定であると想定されます。

同様に、生産コストとそれによる供給機能に影響を与える生産資源と生産技術の価格は一定のままであると想定されます。 これらの要因または変数は時間とともに変化し、それらの変化は需要と供給の機能に変化をもたらし、したがって価格に影響を与えます。

しかし、静的分析では、特定の変数と特定の時点での相互の調整との関係の確立に関心があるため、他の決定要因および条件の変更は除外されます。 経済学では、一般的に、条件データまたはその他の決定要因の値にデータという用語を使用します。 したがって、静的分析では、データは一定であると想定され、指定された変数の相互調整の最終的な結果を見つけます。

データが一定であると仮定することは、ある時点でデータを考慮すること、つまり、データを変更できない非常に短い期間を許可することと非常に同じことです。 さらに、静的解析に関する重要な点は、与えられた条件またはデータは、機能的関係が研究されている与えられたシステム内の変数またはユニットの動作とは無関係であると想定されていることです。

したがって、上記の静的価格分析では、システム内の変数、つまり、商品の価格、供給量、需要量は、人々の収入、嗜好、嗜好の決定条件やデータに影響を与えないと想定されています。関連商品の価格など。したがって、特定のシステムにおけるデータと経済変数の挙動との関係は、一方向の関係であると想定されます。 データは与えられたシステムの変数に影響を与え、その逆ではありません。

それどころか、動的分析では、決定要因データまたは決定条件が一定であると仮定されないことを以下で確認します。 動的分析では、データ内の特定の要素は、特定のシステム内の変数の動作から独立していません。 実際、完全に動的なシステムでは、データと変数を区別することは困難です。動的システムでは、「今日の決定要因データは昨日の変数であり、今日の変数は明日のデータになるからです。 連続した状況は、チェーンのリンクのように相互接続されています。」

静的解析では、特定の時間におけるシステムの動作を調査します。つまり、経済的静力学では、システムの経時的な動作を調査しません。 したがって、システムが以前の均衡の位置から検討中の位置にどのように進んだかは、経済統計学では研究されていません。 スタンレー・ボバー教授は正しく述べています。

「静的分析は、いつでも平衡位置を決定するものの理解に関係しています。 経済調整の結果に注目し、総体的な経済であろうと特定の商品市場であろうと、システムが以前の均衡状態から検討中のものへと進んだ経路には関係ありません。」

静的解析の関連性

さて、決定条件または要因が決して一定ではないという事実を考慮すると、非現実的であると思われる静的分析の手法が使用される理由に関して疑問が生じます。 静的な手法が使用されるのは、そうでなければ複雑な現象を単純で扱いやすくするためです。 特定の変数間の重要な因果関係を確立するために、他の力と因子を不変であると仮定すると、それらが不活性であると仮定する方が簡単になります。

ロバート・ドーフマンによると、「静的はダイナミクスよりもはるかに重要です。これは、ほとんどの人事で重要な最終目的地であるため、また、最終平衡はそれに到達するまでにかかる時間経路に強く影響しますが、はるかに弱い」。

要約すると、静的分析では、時間の経過を無視し、一定の一定の要素としていくつかの決定要因を想定して、同じ時点に関連する特定の変数間の因果関係を確立しようとします。 経済の静力学と力学の方法の区別を明確にすることに多大な貢献をしたサミュエルソンを引用すると、「統計は、相互に依存する関係による経済変数の同時および瞬間的または時代を超えた決定に関係している。

歴史的に変化する世界でさえ、静的に扱われるかもしれません。その変化する位置のそれぞれは、静的平衡の連続状態として扱われます。」と彼は言います、「静的は、システムの挙動を決定する仮定法の形と構造を指します。 一対の曲線の交点として定義される平衡は静的です。 通常、プロセスの期間については何も指定されていないという点で「タイムレス」ですが、長期にわたる保持として非常に適切に定義される場合があります。」

比較静力学

私たちは、平衡位置の静的および動的分析を上記で研究しました。 繰り返しになりますが、静的分析では、特定のデータセットで平衡値を決定することを説明し、動的分析では、データの変化に応じてシステムが平衡位置から次第に大きくなる様子を説明します。 静的解析と動的解析の中間に、比較静的解析があります。

比較静的分析は、データが変更され、システムが最終的に別の平衡位置に到達したときに、ある平衡位置を別の平衡位置と比較します。 データが変化したときに、ある平衡位置から別の平衡位置へとシステムがどのように成長するかについて、パス全体を分析しません。 システムがデータの変化に適応した後に到達した最終平衡位置と初期平衡位置を説明し、比較するだけです。 したがって、比較静的分析では、異なるデータセットに対応する平衡位置が比較されます。

サミュエルソン教授はこう書いている:

「さまざまなデータ(パラメーター)が指定された仮定条件(関数関係)の下で、与えられた変数(不明)の平衡値の決定を示すことは、比較静力学のタスクです。 したがって、単一の商品の部分均衡市場の最も単純なケースでは、需要と供給の2つの独立した関係は、それぞれ他の価格と制度データを使用して作成され、相互作用によって未知の価格と数量の均衡量を決定します売れました。

これしか言えないなら、エコノミストはオウムだけであり、「需給」と言うように教えられていることに本当に脆弱です。 単に平衡を決定する有効な「法」があることを知るだけでは、これらの法の性質については何もわかりません。 分析が有用であるためには、パラメーターの変化の結果として平衡量がどのように変化するかに関する情報を提供する必要があります。

変化するシステムをよりよく理解するために、比較統計学は、データを構成する多くまたはすべての変数の変化の影響ではなく、一度に1つのデータのみの変化の平衡位置への影響を研究することに注意する必要があります。 一度に1つのデータムを変更した結果として平衡位置の調整にとどまることにより、分析をシンプルで管理しやすく、同時に有用で、有益であり、重要な側面を十分に理解できるようにします。変化する現象。

エーリッヒ・シュナイダーを引用するには:

データのセットは時間の経過とともに変化し、新しいデータの各セットには、それに対応する新しい平衡位置があります。 したがって、異なるデータセットに対応する異なる平衡位置を比較することは非常に興味深いことです。 データセットの変化が対応する平衡位置に与える影響を理解するには、一度に1つのデータのみを変更する必要があります。 この方法でのみ、個々のデータの変更の影響を完全に理解することができます。

まず、データのセットIとそれに対応する平衡位置について質問し、次にデータのセットIIに対応する次の平衡位置を調べます。セットIIは、単一のデータの変更のみがセットIと異なります。 。 このようにして、2つの平衡位置に対応するシステムの平衡値を互いに比較します。 2つの平衡位置のこの種の比較分析は、単一のデータムの変化に対応する平衡位置の変化を研究するため、比較静的分析として説明できます。

ミクロ経済理論からの静的比較分析の例をいくつか挙げましょう。 一方では消費者の嗜好、収入、他の商品の価格、技術条件、機械と材料のコスト、および労働賃金に関するデータを考慮して、相互作用によって価格を決定する需要および供給機能を与えたことを知っています良い。

ここで、他のものが一定のままで、消費者の収入が増加すると仮定します。 収入の増加に伴い、需要関数は上方にシフトします。 収入の変化の結果としての需要の変化により、供給はそれ自体で調整され、最終的な新しい均衡位置が決定されます。 新しい均衡価格の決定とそれが最初の均衡価格とどのように異なるかを説明することは、比較統計学の​​仕事です。

図4.3では、最初に需要関数と供給関数がDDとSSであり、それらの相互作用価格OP 1が決定されます。 需要関数が消費者の収入の変化の結果としてD'D 'に変化すると、E 2で与えられた供給関数と交差し、新しい均衡価格OP 2が決定されます。

比較静的解析では、新しい平衡E 2位置をE 1と比較するだけで、システムがE 2から次第に大きくなるにつれて移動した経路全体ではありません。 価格理論の部分で研究するように、比較静的分析は、完全な競争下での価格設定の時間分析でアルフレッドマーシャルによって広く使用されました。

比較統計の重要性

間違いなく、現実世界の変化する現象のより現実的で完全かつ真の分析は、動的分析であろうが、比較静力学は、分析を複雑にすることなく、変化する現象とその重要な側面を説明する非常に有用な手法です。

シュナイダーをもう一度引用します。 「データの変化の影響に関するこの種の動的分析は、2つの異なるデータセットとそれらに対応する平衡位置の単なる静的分析よりもはるかに包括的で有益です。 それでも、比較静的処理は、為替経済のメカニズムに関する重要な洞察を提供します。

同様に、Stonier教授とHague教授は次のように書いています。「現実の世界で発生するような需要と供給の条件のより継続的な変化が分析される、真に動的な経済理論の構築は、ほとんどの経済理論の最終目標です…。 ただし、価格と生産量の決定に関する限り、単純な比較静的分析…。 必要なだけ強力な分析手法です」。

経済ダイナミクス

次に、現代経済学で非常に一般的になった経済力学の方法に目を向けます。 経済ダイナミクスは、時間の経過とともに経済または特定の経済変数の挙動を分析するより現実的な方法です。 経済力学の定義は議論の余地のある問題であり、さまざまな方法で解釈されてきました。 経済力学の標準的な定義を説明しようとします。

経済変数のシステムの完全な時間は、2つの方法で説明できます。 1つは、上記の経済統計の方法です。この方法では、特定のシステム内の関連する変数間の関係は、同じポイントまたは期間を参照します。 一方、分析が値が異なる時点に属する関連変数間の関係を考慮する場合、それは動的分析または経済ダイナミクスとして知られています。

値が異なるポイントまたは異なる期間を参照する特定の変数間の関係は、動的関係と呼ばれます。 したがって、JA Schumpeter氏は次のように述べています。「異なる時点を参照する経済量を結び付ける場合、関係を動的と呼びます。 したがって、ある時点(t)で提供される商品の数量がその時点(tl)で勝った価格に依存していると見なされる場合、これは動的な関係です。 一言で言えば、経済ダイナミクスは、動的な関係の分析です。

したがって、経済力学では、与えられた変数を互いに調整する際に時間の要素を正しく認識し、それに応じて異なる時点に関係する与えられた変数間の関係を分析することがわかります。

経済学における動的分析の技術の使用における先駆者の一人であるラグナ・フリッシュは、経済力学を次のように定義しています。

「時間の経過に伴う動作が、異なる時点の変数が本質的な方法で関与する関数方程式によって決定される場合、システムは動的です。 動的解析では、「特定の時点での大きさのセットを考慮し、それらの相互関係を研究するだけでなく、異なる時点での特定の変数の大きさを考慮し、特定の方程式を導入します。同時に、異なる瞬間に属するそれらの大きさのいくつかを受け入れます。 これは、動的理論の本質的な特性です。 このタイプの理論によってのみ、1つの状況が前述の状況からどのように成長するかを説明できます。

ミクロとマクロ経済の両方の分野からの動的な関係の多くの例を挙げることができます。 与えられた時間(t)における市場での商品の供給(S)が、前の期間に広がる価格(つまりt – 1)に依存すると仮定すると、供給と価格の関係は動的である。

この動的な機能的関係は次のように記述できます。

S t = f(P t-1

ここで、S tは特定の期間fで提供される商品の供給を表し、P t-1は前の期間の価格を表します。 同様に、期間Msの財の需要量(D 1 )が次の期間の期待価格(t +1)の関数であることを認めると、需要と価格の関係は動的であり、このような関係の分析は、動的理論または経済力学と呼ばれます。

同様に、マクロフィールドから動的な関係の例を示すことができます。 特定の期間における経済の消費が前の期間(t – 1)の収入に依存すると仮定される場合、動的な関係を考えます。

これは次のように記述できます。

C t = f(Y t-1

マクロ経済理論(収入、雇用、成長の理論)が動的に扱われるとき、つまりマクロ経済の動的関係が分析されるとき、この理論は「マクロ力学」として知られています。 サミュエルソン、カレツキ、ハロッドのようなポストケインズ派、ヒックスはケインズのマクロ経済理論を大いに活気づけました。

内因性の変化と動的分析

動的システムの変化または動きは内生的であることに注意する必要があります。つまり、動的システムの外部の変化とは無関係に進行します。 1つの変更が他の変更から成長します。 最初の外部ショックまたは変化がありますが、その最初の外部変化に応じて、動的システムは新鮮な外部変化とは無関係に動き続け、連続的な変化は以前の状況から成長します。

言い換えれば、動的プロセスの開発は自己生成的です。 したがって、Paul Samuelsonによれば、各動的システムは、一連の「初期条件」に対する自律的な応答として、または変化する外部条件に対する応答として、時間の経過とともに独自の動作を生成することに注意することが重要です。 長期にわたる自己生成型開発のこの機能は、すべての動的プロセスの核心です。 同様に、JK Mehta教授は次のように述べています。

「簡単な言葉で言えば、経済は、産出、需要、価格などのさまざまな変数がいつか他の時間の値に依存して値を持っているとき、そのシステムは動的システムにあると言えます。 ある時点でそれらの値を知っていれば、その後の時点でそれらの値を知ることができるはずです。 因果的な動的システムでの商品の価格は、外部の外力に依存しません。 動的システムは自己完結型であり、自立型です」。

したがって、動的分析の特徴は、動的プロセスまたはシステムがどのように自己生成されるか、その状況が以前の状況からどのように成長するか、または外部状況の変化とは無関係に状況がどのように動くかを示すことであることは明らかです。 ドイツのエコノミストであるシュナイダーは、適切かつ正確に述べています。「ダイナミックな理論は、時間の経過とともに、経済システムの状態が以前の状態からどのように成長したかを示します。 短期的プロセスであろうと長期的プロセスであろうと、経済発展のプロセスの研究にとって中心的な重要性を持つのは、この分析形式です。

動的解析の図が示されている場合があります。 国民所得のレベルは、特定の総需要曲線と総供給曲線の間の均衡によって決まります。 さて、投資の増加により総需要が増加すると、総需要曲線は上方にシフトし、その結果、新しい均衡点に達し、国民所得のレベルが上昇します。

静的分析では、新しい均衡は瞬時に(タイムレスに)発生することになっており、総需要の増加が生じたときに、所得の新しい均衡位置が元の状態からどのように成長したかに注意が払われません。

つまり、動的解析は、システムが時間の経過とともに新しい平衡位置に到達するまでの全経路を追跡します。 図4.5に、所得決定の一般的なマクロモデルを示します。 総需要C + 1が与えられると、国民所得のレベルOY 0は時間tでyに決定されます。 期間tの投資の増加により、総需要曲線が上方にシフトするとします。

期間tで投資が増加すると、期間t + 1で投資額だけ収入が増加します。 今、この収入の増加は消費需要を押し上げるでしょう。 この消費の増加に対応するために、出力は増加し、その結果、期間t + 2で収入がさらに増加し​​ます。この追加の収入の増加は、消費のさらなる増加を引き起こし、需要と期間t + 3の収入はさらに増加し​​ます。

このようにして、収入は増え続けます。 所得のレベルOY nが決定される期間t + nで最終平衡点Hに達するまで、別の所得をもたらす所得の増加。 時間とともに収入が増加する経路は、図に点線の矢印線で示されています。 このマクロダイナミクスの図は、動的分析が、ある期間の変数の大きさ(この図では収入と消費)が前の期間の変数の大きさに依存することを明らかにしています。

ヒックスの経済ダイナミクスの定義

経済力学の方法の意味に関する上記の説明に照らして、JRヒックスの著書「価値と資本」で与えられた力学の定義を検討する立場にあります。 ヒックスは次のように述べています。 エコノミックダイナミクスは、すべての数量の日付を記入する必要がある部分です。

これは、ダイナミクスを定義する非常に簡単な方法です。 変数の大きさが時間とともに変化しない場合、変数の量の年代測定は必要ありません。 システムを決定する経済変数に変化がない場合、現在に適用される均衡の位置は、将来にも等しく適用されます。

しかし、私たちの見解では、これは経済力学の満足できる定義ではありません。 システムは静的な場合もありますが、一部の日付が変数に関連付けられている場合、ヒックスの定義に従って動的な場合もあります。 したがって、いくつかの日付を変数に割り当てるだけで、静的システムをヒックス力学に変換できます。 But this is not true meaning of economic dynamics, as is now generally conceived. Mere dating of variables is not enough.

As has been made clear by Ragnar Frisch, variables in the system must relate to different dates or different points of time, if it is to be a truly dynamic system. Secondly, as has been contended by Paul Samuelson, this “Hicksian definition is too general and insufficiently precise. According to Paul Samuelson, Hicksian definition of dynamics would cover a historical static system of variables. An historically moving static system certainly requires dating of the variables but it would not thereby become dynamic.

A system of variables to be called dynamic must involve functional relationships between the variables, that is, the variables at one point of time must be shown to be dependent upon the variables at other points of time. Thus, according to Samuelson, ” a system is dynamical if its behaviour over time is determined by functional equations in which variables at different points of time are involved in an essential way.

Thus, Samuelson's emphasis is on functional relationships as well as on different points of time. We therefore conclude that a dynamical system involves functional relationships between variables at different points of time. A historically moving system does not necessarily involve the functional relationships between the variables at different historical times.

The historical movement of a system may not be dynamical. For instance, as has been pointed out by Samuelson, if one year crop is high because of good monsoons, the next year low because the monsoons fail, and so forth, the system will be statical even though not stationary.

The concept or technique of economic dynamics which we have explained above was first of all clarified by Ragnar Frisch in 1929. According to his view, like static analysis, economic dynamics is a particular method of explanation of economic phenomenon economic phenomena themselves may be stationary or changing. Although technique of dynamic analysis has great scope in a changing and a growing system but it may also be applied even to stationary phenomena.

A system or phenomenon may be stationary in the sense that the values of relevant economic variables in it may remain constant through time, but if the values of the variables at a time are dependent upon the values at another time, then dynamic analysis can be applied. But, as stated above, the greater scope of economic dynamics lies in the field of changing and growing phenomena. Schneider aptly brings out the distinction between statics and dynamics on the one hand and stationary and changing phenomena on the other when he writes.

It is essential to understand that in modern theory 'statics' and 'dynamics' refer to a particular mode of treatment or type of analysis of the phenomena observed, while the adjectives 'stationary' and 'changing' describe the actual economic phenomena. A static or dynamic theory is a particular kind of explanation of economic phenomena, and, indeed, stationary and changing phenomena can be submitted either to a static or to a dynamic analysis.

Expectations and Dynamics :

We have described abovethat economic dynamics is concerned with explaining dynamic relationships, that is, the relationships among variables relating to different points of time. The variables at the present moment may depend upon the variables at other times, past and future. Thus, when the relationship between the economic variables belonging to different points of time is considered, or when rates of change of certain variables in a growing economy are under discussion, the question of future creeps into the theoretical picture.

The economic units (such as consumers, producers and entrepreneurs) have to take decisions about their behaviour in the present period. The consumers have to decide what goods they should buy and what quantities of them. Similarly, producers have to decide what goods they should produce, what factors they should use and what techniques they should adopt.

These economic units decide about their present course of action on the basis of their expected values of the economic variables in the future. When their expectations are realised, they continue behaving in the same way and the dynamic system is in equilibrium. In other words, when the expectations of the economic units are fulfilled, they repeat the present pattern of behaviour and there exists what has been called dynamic equilibrium, unless some external shock or force disturbs the dynamic system.

The expectations or anticipations of the future held by the economic units play a vital role in economic dynamics. In a purely static theory expectations about the future have practically no part to play since static theory is mainly concerned with explaining the conditions of equilibrium positions at a point of time as well as under the assumptions of constant tastes, techniques and resources.

Thus, in static analysis expectations about the future play little part since under it no processes-aver time are considered. On the other hand, since dynamic analysis is concerned with dynamic processes over time, that is, changing variables over time and their action and interaction upon each other through time, expectations or anticipations held by the economic units about the future have an important place.

But from the intimate relation between dynamics and expectations it should not be understood that mere introduction of expectations in static analysis would make it dynamic. Whether the analysis is dynamic or not depends upon whether the relationship between variables belonging to different points or periods of time is considered or not, or whether rates of change of certain variables over time are considered or not. German economist Schneider rightly says, “A theory is not to be considered as dynamic simply because it introduces expectations, whether that is the case or not depends simply on whether or not the expected values of the single variables relate to different periods or points of time.”

Moreover, it is important to note that a theory becomes truly dynamic only if in it the expectations are taken as a variable and not as a given data. In other words, in a really dynamic theory, expectations should be considered as changing over time rather than remaining constant. A dynamic theory should tell us what would happen if, the expectations of the economic units are realised and what would happen if they have not come true.

In Harrod's macro-dynamic model of a growing economy that if the entrepreneurs expect the rate of growth of output equal to s/C (whereas S stands for rate of saving and C for capital-output ratio) their expectations would be realised and as a result the relevant variables in the system will move in equilibrium over time and there will be a steady growth in the economy. If their expectations about the rate of growth are smaller or larger than s/C, they will not be realised and as a consequence there will be instability in the economy.

When the expectations of the individuals turn out to be incorrect, they will revise or change their expectations. Because of the changing nature of these expectations they should not be taken as given data or given conditions in a dynamic theory. To take expectations as given data means that they remain constant even if they turn out to be incorrect.

That is to say, even when the individuals are surprised by the actual events because their expectations have not been fulfilled, they will continue to have the same expectations. But that will amount to be assuming irrationality on the part of the individuals. We, therefore, conclude that expectations must be taken as changing in the dynamic system and not as a given condition.

Need and Significance of Economic Dynamics:

The use of dynamic analysis is essential if we want to make our theory realistic. In the real world, various key variables such as prices of goods, the output of goods, the income of the people, the investment and consumption are changing over time. Both Frischian and Harrodian dynamic analyses are required to explain these changing variables and to show how they act and react upon each other and what results flow from their action and interaction.

Many economic variables take time to make adjustment to the changes in other variables. In other words, there is a lag in the response of some variables to the changes in the other variables, which make it necessary that dynamic treatment be given to them. We have seen that changes in income in one period produce influence on consumption in a later period. Many similar examples can be given fpm micro and macro-economics.

Besides, it is known from the real world that the values of certain variables depend upon the rate of growth of other variables. For example, we have seen in Harrod's dynamic model of a growing economy that investment depends upon expected rate of growth in output. Similarly, the demand for a good may depend upon the rate of change of prices.

Similar other examples can be given. In such cases where certain variables depend upon the rate of change in other variables, the application of both the period analysis and the rate of change analysis of dynamic economics become essential if we want to understand their true behaviour.

Until recently, dynamic analysis was mainly concerned with explaining business cycles, fluctuations or oscillations. But, after Harrod's and Domar's path-breaking contributions, the interest in the problems of growth has been revived among economists. It is in the study of growth that dynamic analysis becomes more necessary. Now-a-days economists are engaged in building dynamic models of optimum growth both for developed and developing countries of the world.

Thus, in recent years, the stress on dynamic analysis is more on explaining growth rather than cycles or oscillations. Prof. Hansen is right when he says, “In my own view mere oscillation represents a relatively unimportant part of economic dynamics. Growth, not oscillation, is the primary subject-matter for study in economic dynamics. Growth involves changes in technique and increases in population. Indeed that part of cycle literature (and cycle theories are a highly significant branch of dynamic economics) which is concerned merely with oscillation is rather sterile.

 

コメントを残します