企業の労働の需要と供給曲線| 完璧な競争

この記事では、完全に競争している企業の労働の需要と供給曲線について説明します。

すべての利益最大化企業は、要因の限界費用が要因によって生み出される限界収益と等しくなるまで、変動要因の単位を雇います。 ファクターマーケットの価格設定者である企業にとって、これは、ファクターの価格が限界収益製品と等しくなるポイントまでファクターを雇用することを意味します。

1つの変動要因である労働と、1つの固定要因である資本のみをもつ単一の会社を考えてみましょう。 労働の平均および限界収益製品が図1に示されているものであると仮定します。会社は、利益を最大化する労働量を雇用したいと考えています。

ファクターの需要曲線は、限界収益積曲線の下方傾斜部分であり、平均収益積曲線を下回っています。 この声明が正しい理由を理解するために、最初にいくつかの質問をしてみましょう。

図3のaやbなど、MRPの下方に傾斜した部分のポイントが需要曲線に属しているのはなぜですか? 賃金率(変動要因の価格)がw 2の場合、利益最大化企業は、w – MRPの時点まで、つまりq 2まで、要因を雇用します。 これがポイントaです。 賃金率がW 1の場合、企業はq 2まで雇用します。 これがポイントbです。 したがって、ポイントaおよびbは、その要因に対する企業の需要曲線上にあります。

会社が支払う最高賃金率はいくらですか? 価格が平均変動費のレベルを下回っている場合、企業が製品を生産することは決して価値がありません。

平均製品が最大の場合、平均変動費は最小です。 w 4など、w 3を超える賃金率の場合、労働単位(ARPで表示)によって生成される平均収益は、その労働単位の変動費(賃金率)よりも低くなります。 そのような賃金率の場合、会社が労働者を雇うことは価値がありません。 言い換えれば、平均収益積が最大であるw 3は、企業が支払うことができ、その変動費用をカバーできる最高の要素価格です。

MRPの上方傾斜ではなく下方傾斜部分が需要曲線であるのはなぜですか? 賃金率w 2を考えます。 ここで、w = q 4 (ポイントc)とq 2 (ポイントa)の両方でのMRP。 ここで、ポイントaは需要曲線上にありますが、ポイントcはどうですか? q 4まで雇用されたすべてのユニット/労働について、MRPは賃金率よりも低くなります。 言い換えれば、各労働単位はコストよりも収益に貢献しているということです。

したがって、利益を最大化する企業は、q 4単位ではなくゼロ単位を採用した方が良いでしょう。 q 4からq 2までのすべての労働単位について、MRPは賃金率を超えています。 したがって、企業がq 4ユニットを雇用している場合、q 4を超える(q 2まで )雇用する価値のある各追加ユニットが見つかります。 ポイントc、MRPが賃金率に等しいときに上昇している場合、最大利益ではなく最小利益のポイント。

ポイントcの企業は、ゼロワーカーを雇用するか、q 2ワーカーを雇用するかのいずれかの方向に進むことにより、収益性を改善します。 (ARPは賃金率よりも大きいため、q 2がゼロよりも優れていることは既にわかっています) 。

MRPの下り勾配:

MRPの下方に傾斜した部分のみが要因の需要曲線に関連していることを示して、MRPが下方に傾斜すると信じる理由があるかどうかを尋ねることができます。 簡単にわかるように、この結果を保証するには、減少するリターンの存在で十分です。

限界収益積は、次の2つのことに依存します。

(1)変動要因の追加単位が可能にする出力の物理的増加

(2)その余分な出力から得られる収益の増加。

これらの最初のものは限界生産物(MP)と呼ばれます。 これらの2番目は限界収益と呼ばれます。

MRP = MP x MR

限界収益が減少するという仮説が導入されました。 この仮説は、MPが出力のある範囲にわたって減少しているセクションを持っていると言います。 限界収益が一定である場合(完全な競合状態にあるため)、MRPはMPと同じ形状を持ち、減少する必要があります。

ただし、限界収益は一定ではない場合があります。 出力が増加するにつれてMRが低下する場合(独占や、企業の需要曲線が低下するその他の状況)、MRPはさらに急激に低下する必要があります。 したがって、限界生産性が低下するという仮説は、MRPの低下と、その要因の下降傾斜需要曲線を意味します。

 

コメントを残します