協同組合の特徴

協同組合の特徴について知る必要があるすべて。 組織の協同組合形態は、産業革命の結果として出現し、産業活動の拡散をもたらしました。

これはまた、社会に2つの異なる階級、産業主義者と労働者の出現をもたらしました。 労働者やその他の社会の弱い部分を利用していた産業家。

社会の弱い部分の利益を保護するために、「すべてのために、そしてすべてのために」と「相互扶助を通じた自助」をモットーとする協力の概念が生まれました。

この協力により、事業活動を含むさまざまな活動のために、一般に協同組合として知られる協同組合の形態が出現しました。

協同組合の特徴のいくつかは次のとおりです。

1.自主的な協会2.同等の投票権3.別の法人4.サービスの動機5.余剰の分配6.国家管理7.仲買人の排除8.現金取引9.監査

10.自己および相互援助の原則11.民主的管理12.永続的存在13.オープンメンバーシップ14.ワンマンワン投票15.永続的存在16.協力精神17.資本調達18.登録19.総務の管理協同組合

20.余剰からの配当21.サービスモット22.余剰の処分23.固定資本利益率24.共通の利益25.投票の平等26.分配的正義27.資本の制限29.道徳と倫理。


協同組合の特徴と特徴:ボランティア協会、オープンメンバーシップ、サービスモットー、その他

協同組合の特徴 – 12 協同組合の重要な特徴

1.自主協会-協同組合の会員は任意です。 共通の関心を持つ人は誰でも自由に協同組合に参加できます。 メンバーは、適切な通知を行った後、いつでも社会を離れることができます。

2.平等な投票権-協同組合社会は「一人一票」の原則に基づいています。 メンバーは、保有する株式数に関係なく、1票しか投票できません。 したがって、協同組合社会は民主主義の原則に基づいています。

3.独立した法人-協同組合は、協同組合法に基づいて登録する必要があります。 登録により、別の法人となります。 その存在は、そのメンバーとはまったく異なります。

メンバーの死亡、破産、または狂気は、その存在に影響しません。 独自の名前で訴えられ、訴えられることがあります。 独自の名前で不動産を売買するだけでなく、契約を結ぶこともできます。

4.奉仕の動機-協同組合の社会は、その会員の奉仕の動機に基づいています。 その主な目的は、会員にサービスを提供することであり、利益を最大化することではありません。 利益を上げることは、他の形態のビジネス組織の最も重要な目的です。 協同組合の場合はそうではありません。

5.剰余金の分配-協同組合社会の利益のうち、配当金とボーナスが支払われます。 ボーナスは、協同組合と各メンバーが取引した取引量に応じて付与されます。

たとえば、消費者協同組合の社会では、ボーナスはメンバーが1年間に行った購入に比例して支払われます。 生産者の協同組合では、販売のために配達される商品の価値がボーナスを分配する基礎となります。

6.国家管理-協同組合は政府による規制と管理の対象となります。 インドでは、協同組合は1912年の協同組合法または州協同組合法に基づいて登録できます。

7.仲介者の排除-協同組合の主な目的は、仲介者を排除し、会員と顧客との直接的な接触を確立することです。 これにより、公正な価格で商品を入手できるようになり、不健全な競争が最小限に抑えられます。

8.現金取引-一般的に、協同組合は現金ベースで商品を売買します。 現金取引には、不良債権や債権回収費用は含まれません。 したがって、社会が良好な運転資金を持ち、短期の支払能力を維持するのに役立ちます。

9.監査-協同組合の会計は、協同組合の登録機関の監督と管理の下で、政府によって任命された監査人によって監査されます。

10.自助および相互扶助の原則-協同組合社会は、自助および相互扶助を通じて会員の共通の利益を促進します。

11.民主的管理-協同組合の年次総会(AGM)が毎年開催され、管理委員会が選出され、協同組合の事務を管理します。

12.永続的な存在-存在する協同組合は、そのメンバーの死亡または破産の影響を受けません。 したがって、永続的な存在です。


協同組合の特徴協同組合の 10の主要な特徴:自発的協会、オープンメンバーシップ、奉仕動機、国家管理、その他

協同組合の主な特徴は次のとおりです。

1.ボランティア協会:

協同組合とは、集団行動を通じて地域の経済的地位を高めようとする自発的な団体です。 協同組合のメンバーシップは、共通の関心を持つ人々には無料です。 彼らは、適切な通知を行った後、彼らの意思で社会を去ることができます。 メンバーは自分の資本を引き出すことができますが、株式を他の人に譲渡することはできません。

2.オープンメンバーシップ:

メンバーは選択により協同組合に参加します。 協同組合の形成には、最低10人の会員が必要です。 1912年の協同組合法は、協同組合のメンバーシップに制限を設けていません。 ただし、協同組合の設立後、メンバーは満場一致でメンバーの最大数を指定することを決定する場合があります。

3.サービスの動機:

他の形態の企業とは異なり、協同組合は利益を得るために機能しません。 協同組合の主な目的は、国民に奉仕することです。 それは利益のために小さなマージンを保持することにより、より安い料金で質の高い商品をメンバーに販売します。 利益は一般準備金に振り込まれ、会員の福利のために使用されます。

4.状態管理:

協同組合は任意の事業者団体です。 ただし、他の形態の事業体と同様に、政府が定めた法律や規制を遵守する必要があります。 政府は、アカウントを確認することにより、これらの社会を随時管理しています。 この義務を果たすために、協同組合は、検査のために口座帳簿をレジストラに送付する必要があります。

5.民主的管理:

管理作業を実行するために、メンバーは民主的な方法で名誉所持者を選出します。 社会の管理委員会は、総会の「一人一票」に基づいて選出されます。 したがって、株式の保有状況や数に関係なく、すべてのメンバーは1票を投じる権利があります。

6.別の法人:

協同組合法に基づいて登録された後、協同組合は独自のアイデンティティを持つ別個の法人になります。 そのメンバーは有限責任を負っています。 メンバーの死、狂気または破産は、その存在に影響を与えません。 不動産を購入し、独自の名前で契約を結ぶことができます。

7.余剰の分配:

組合員へのサービスの提供とは別に、協同組合は利益を獲得しますが、これは事業活動の副産物です。 ただし、利益は会員の福祉を犠牲にしては得られません。 利益は、保有資本に基づいてではなく、社会の機能への各メンバーの参加に比例してメンバー間で分配されます。 ただし、利益全体はメンバーに分配されません。

余剰は4つの方法で使用されます。

(i)法律により、利益の4分の1は一般準備金に振り替えられます。

(ii)利益の一部(10%を超えない)は、株式資本に対する配当の支払いに使用されます。

(iii)10%を超えない範囲の余剰金の一部は、事業が活動している地域の利益のために使用できます。

(iv)残りの余剰金は、ボーナスとしてメンバー間で分配できます。

8.現金取引:

協同組合は、現金ベースで事業活動を行っています。 現金取引は、不良債権や債権回収費用を回避するために協同組合を節約します。 また、資本の継続的な流れを確保し、短期的な破産から保護します。 ただし、これらの社会は、信用で商品を販売することを法的に禁止されていません。 一部のメンバーの場合、例外が発生します。

9.ワンマンワン投票:

協同組合は、メンバーの財務力やメンバーが保有する株式数に基づいてメンバーを区別しません。 したがって、各メンバーは、所有する株式数に関係なく、1票の投票が許可され、経営陣の発言権は同等です。

10.永続的な存在:

協同組合は生涯存在しています。 一度登録されると、法律だけで解散することはできません。


協同組合の特徴–協同組合の精神、自発的な協会、資金調達、登録、協同組合の問題の管理、その他

1.協力の精神:

「自分より前のサービス」、「サービス」が最も重要であり、「自己利益」が二次的に重要です。 「すべてのために、そしてすべてのために」は、協同組合のマントラです。 すべてのメンバーは協同組合の利益のために働いています。

2.ボランティア協会:

共通の目的を追求するために、個人が自発的に集まり、協会を形成します。 メンバーシップは、カースト、言語、宗教、性別、収入に関係なくすべての人に開放されています。 会員になることを望む個人に対しては、何の障壁もありません。 さらに、個人がメンバーになることを強いられることはありません。

3.資本調達:

協同組合が必要とする資本は、組合員が出資する株式資本によって調達されます。 株式資本は限られています。 したがって、協同組合は、政府からの融資、助成金、および支援により資金を調達することができます。

4.登録:

登録された協同組合は、独立した地位を取得し、その資産を所有し、契約を締結することができ、訴訟を起こすことができます。 登録手順は簡単で時間がかかりません。

5.協同組合の事務の管理:

協同組合の業務の管理は、年次総会で株主によって選出された取締役に委任され、組合員に対して責任と説明責任を負います。 各株主は、保有する株式の数に関係なく、1票のみです。

6.剰余金からの配当分配:

協同組合では、メンバーへの資本投資利益率は、取引負債を満たした後の剰余金からの配当の形で与えられます。

7.別の法人:

協同組合は、永続的な寿命を持ち、メンバーの出入りの影響を受けないため、メンバーとは別の独立した法人を持っています。 それは財産を所有し、自分の名前で処分し、自分の名前でビジネス契約を結び、自分の名前で訴え、訴えられます。

8.州の規制:

州の協同組合は、1960年のマハラシュトラ州協同組合法など、それぞれの州によって制定された特別法によって規制および管理されています。

9.民主的な機能:

運営委員会は、メンバーが保有する株式数に関係なく、メンバー1人1票に基づいてメンバーによって選出されます。 協同組合の管理は民主的な方法で行われます。


協同組合の特徴– 7つの特徴:自主的な協会、財政、管理と管理、サービスのモットー、余剰とその他の少数の処分

組織の形態として、協同組合は次の特徴的な特性によって特徴付けられます。

特徴#1.自主的な協会:

「協同組合は、資本ではなく人の自発的な協会です。」どんな人でも、彼のカーストや信条に関係なく、自由意志の協同組合に参加することができ、いつでも通知を出してから離れることができます。社会に。 彼が去る間、彼は社会から彼の首都を撤回できます。 ただし、彼は自分のシェアを他の人に譲渡することはできません。

協同組合の自発的な性格には、2つの大きな意味があります。(a)会員になる権利と機会を否定される者はいません。(b)協同組合は誰も会員になることを強要しません。 もちろん、社会的利益とは職業上の関心が異なる人々、例えば、消費者協同組合と競合する個人トレーダーの場合には、例外を設けなければなりません。

特徴# 2.ファイナンス:

協同組合社会の資本は、株式資本によって会員から調達されます。 協同組合は社会の比較的弱い部分によって組織されているため、一般的に株式資本は限られています。 ただし、協同組合を支援および奨励することは政府の方針の一部であるため、協同組合社会は通常、州および中央協同組合銀行からの融資によってその資源を増やすことができます。

特徴# 3.制御と管理:

民主主義は、協同組合社会の管理のキーノートです。 これらの社会のほとんどは地域規模で運営されているため、会員の会議には一般的に出席者が多い。 これらの会議で、メンバーは管理委員会を選出し、共通の利益を促進するために従うべきポリシーを定めます。

各メンバーは、社会における彼の利害関係に関係なく、1つの投票権を持つため、社会の管理に参加する平等な権利を有します。 メンバーはプロキシで投票できません。 それに加えて、協同組合の組織と管理は、その定款が登録後にメンバーによって承認される限り、完全に民主的である傾向があります。

これだけでなく、協同組合社会の日々の仕事でさえ、異なる能力で働くメンバーによって行われ、部外者は、社会が大きくなりすぎた場合にのみ雇用される可能性があります。

特徴# 4.サービスのモットー:

協同組合は、特定の分野の会員に最大限のサービスを提供するという目的で主に組織されています。 基本的に会員に特定の重要な施設を提供するために形成されているため、会員の費用で利益を得ることを目的としていません。 これは、協同組合が利益のために決して働かないという意味ではありません。 社会が非会員にサービスを拡大することで利益を得るのはごく普通のことです。

特徴# 5.余剰の処分:

商業上の懸念から、所有者の間で資本拠出の割合または合意された割合で利益を分配するのが普通です。 この点で、協同組合は商社とは異なります。

所有権と組織の協同組合形式では、1年の労働から生じる余剰は、各自が保有する株式への配当として直接ではなく、メンバーに比例する必要のないボーナスの形でメンバーに与えられます。それぞれの資本貢献。

ボーナスは、消費者の協同組合店の場合はその年に行われた購入に比例して、または生産者の協同組合店の場合は社会に販売される商品に比例してメンバーに支払われます。

実際、原価と市場価格の差から生じる利益は会員間で分配されない場合がありますが、会員にアメニティや施設を拡張したり、会員の利益のために特定の社会活動を行ったりするために利用できます。

法律では、すべての協同組合が利益の少なくとも4分の1を一般準備金に振り替える必要があることに注意してください。同様に、利益の10%を超えない部分を、社会が機能している地域の一般的な福祉。

特徴# 6.固定資本利益率:

ロッチデールやオーウェンのような協同組合運動の先駆者によって定められた協同組合組織の基本原則の1つは、社会に加入している資本に対する固定または限定的なリターンは、メンバーに余剰から支払わなければならないということでした。 「払込資本に対する固定金利の支払いを間違いなく取引余剰に対する最初の請求とすることは、社会に参加した人々に貯金を預け入れたままにする確実な理由を与えました。」

特性# 7.状態管理と企業ステータス:

協同組合は基本的な性格で自発的ではあるが、かなりの国家管理と監督の対象となっている。 インドでは、協同組合は1912年の協同組合法、または場合によっては関連する州の協同組合法に基づいて登録されています。

登録を希望する協同組合は、次の広範な基本的な要件を満たす必要があります。

(i)協同組合は、年齢が過半数に達した(すなわち、18歳以上である)少なくとも10人のメンバーを持たなければなりません。

(ii)メンバーは共通の絆で結ばれている必要があります。たとえば、同じ村や地域、部族、職業などに属している場合があります。

(iii)会員は、協同組合協会の登録機関に、会員、株式資本、オブジェクトなどの重要な事項を提供する共同申請書を提出する必要があります。

(iv)付属定款および組織のスキームのコピーをレジストラに提出する必要があります。

登録すると、協同組合は企業の地位(会社の地位)を獲得し、特定の特権を獲得する権利を獲得します。 また、国家による管理と監督の対象となります。 実際、協同部門は社会の活動を監視し、必要に応じてそれを規制しようとします。

すべての協同組合は、協同組合部門の監査人によって監査されたアカウントを取得する必要があり、協同組合のレジストラにメンバーシップと年次報告書とアカウントを返却する必要があります。 マディヤ・プラデシュ州のようないくつかの州では、協同組合協会の登録官は管理職の任命を承認し、雇用条件を定めています。

上記の協同組合組織の特徴は、協同組合運動が最初に基づいていた基本原則でした。 時間の経過とともに、それらのいくつかは、特定のタイプの社会の固有のニーズと困難を考慮して修正されました。

協同組合社会は基本的に、継続的にメンバーとコミュニティに何らかのサービスを組織し提供するために設立されたビジネスユニットですが、協同組合は単なるビジネスまたは経済組織の形態ではありません。 これは、民間企業による搾取の終わりと、自発的に社会のさまざまな部門の間での自助の発展を目指す運動です。

これは、集団行動を通じて社会の弱い部分を組織し、高めるという理想に触発された社会経済運動です。 著名なインドの協力者である故VLメフタの言葉によれば、「協同組合運動は、それが平和的な方法で基本的性質の社会的変化をもたらし、非秩序な社会秩序をもたらす主要な手段となりうるという主張である」 -搾取的、平等主義的、寛容、個人の尊厳をコミュニティの幸福と調和させる。


協同組合の特徴– 14協同組合の主な特徴

機能#1.自発的な組織:

協同組合は、共同の努力を通じて経済状況を改善しようとしている個人の自発的な団体です。 個人が会員になるためのいかなるコーナーからの法的拘束力または強制もありません。 また、メンバーはいつでも組織を辞めることができます。

機能# 2.共通の関心:

メンバーシップが出生または家族との結婚によって行われる共同ヒンドゥー教の家族とは異な​​り、共通の利益は協同組合のメンバーを結びつけます。 協同組合の主な目的は、この共通の利益になります。

機能# 3.オープンメンバーシップ:

組織のメンバーシップはすべての人に開かれています。 メンバーとして登録するための制限や時間制限はありません。 会員は、少額の会費を支払うか、協同組合の資本を共有することにより、いつでも参加できます。 ただし、協同組合を開始するには、最低10人のメンバーが必要です。

機能# 4.民主主義:

協同組合は民主的な線で運営されています。 会員は、理事会を選出します。理事会は、会員に代わって社会の問題を管理し、社会の会員に対して責任を負います。 したがって、協同組合は真に民主的な組織です。

特徴# 5.投票の平等:

メンバーの意見を必要とするすべての事項において、投票が行われます。 各メンバーは、社会における彼の地位または彼が保有する株式数に関係なく、1票のみの資格があります。 プロキシによる投票の規定はありません。 これにより、社会のすべてのメンバーの意見に均等な重みが与えられます。

特徴# 6.資本の限定的収益:

協同組合のユニークな特徴は、その目的が利益ではなく会員の健康を確保することであることです。 したがって、資本拠出は、他の形態のビジネスの場合ほど重要ではありません。 しかし、資本は小さな利子で報われました。 利益分配は資本拠出に基づいていません。

機能# 7.分配的正義:

社会が獲得した利益は、会員が社会と取引するビジネスの範囲に応じて、会員に分配されます。 利益の特定の部分は法定準備金に振り替えられ、その後、メンバーが加入した資本に対して公正な利率が支払われます。 残りの利益は、会員の社会との取引に基づいて分配されます。

機能# 8.資本の制限:

協同組合は、主に経済的手段が限られた人々によって形成されています。 さらに、限られた収益しか得られず、利益の分配も考慮されていないため、より多くの資本を提供するインセンティブはありません。 したがって、社会との資本の量は非常に少ないです。 資金の大部分は、融資と助成金の形で調達されます。

機能# 9.現金取引:

協同組合の特徴は、ほとんどすべての取引が現金であることです。 資金の流動性と安全性が非常に重要であるため、クレジット取引はありません。 少額の資本基盤を保護するために、不良債権のリスクが排除されます。

機能# 10.法的ステータス:

協同組合は、1912年の協同組合法、またはそれぞれの州の協同法に基づいて登録する必要があります。 登録時に、それはそれ自身の独立したエンティティになり、そのメンバーからそれを遠ざけます。 それ自体で契約を結ぶことができます。 また、法廷で他の人々や組織を訴えることもできます。

機能# 11.特権:

登録された協同組合は、中央政府および州政府によって付与された特定の特権と免除を享受しています。 所得税、印紙税、登録料などの支払いは免除されます。協同組合社会は、他の債権者と比較して、債務者の財産に対する事前請求権を持っています。

機能# 12.状態制御:

協同組合は関連する法律の規定に準拠しており、州の監督と管理の対象となります。 その理由の1つは、社会が政府から受け取った助成金の額です。

特徴# 13.道徳と倫理:

協同組合の目的は、利益ではなく、相互信頼に基づく相互利益です。 社会は主に会員を対象としています。 社会の取引はボード上です。 「その目的における道徳的要素は、素材と同じくらい重要です。」

機能# 14.株式の譲渡:

社会の首都で社会の構成員が保有する株式の売却または譲渡の規定はありません。 ただし、資本の撤退の可能性があります。 会員は、社会を辞め、十分な通知を行った後、資本拠出を取り戻すことができます。


協同組合の特徴–協同組合法、1912年およびHCCalvertによる定義付き

組織の協同組合形態は、産業革命の結果として出現し、産業活動の拡散をもたらしました。 これはまた、社会に2つの異なる階級、産業主義者と労働者の出現をもたらしました。 労働者やその他の社会の弱い部分を利用していた産業家。

社会の弱い部分の利益を保護するために、「すべてのために、そしてすべてのために」と「相互扶助を通じた自助」をモットーとする協力の概念が生まれました。 この協力により、事業活動を含むさまざまな活動のために、一般に協同組合として知られる協同組合の形態が出現しました。

協同組合は次のように定義されています。

協同組合は、人々が共通の利益を促進するために平等に自発的に結びつく組織の形態です。

たとえば、消費者は、協同組合を形成して生産者から直接商品を購入し、中間業者の利益を削減し、協同組合のメンバーに安価な価格で商品を供給することができます。

協同組合組織は、協同組合の原則に従って会員の経済的利益を促進することを目的とする社会です。 -協同組合法、1912

協同社会は、人々が自らの経済的利益を促進するために平等に基づいて自発的に人間として結びつく組織の形態です。 -HCカルバート

協同組合の主な特徴/特徴は次のとおりです。

1.ボランティア会員:

協同組合の会員は任意です。 社会を形成している同じグループに属する人は、社会に参加してもしなくてもよい。 さらに、社会のメンバーは、この行動の適切な通知を提供することにより、社会を去るオプションを持っています。 社会の会員は、カースト、宗教、性別、政治的所属に関係なく、すべての関係者に開放されています。

2.別の法人:

協同組合は、そのメンバーとは別個の独立した法人です。 関連法の下での社会の登録が必要であり、それにより、社会に明確なアイデンティティのステータスが与えられます。 したがって、プロパティを保持し、独自の名前でアクティビティを実行できます。 他人を訴えたり、他の人が自分の名前で訴えたりすることができます。 新しいメンバーの参加や既存のメンバーの退職は、社会の継続性に影響を与えません。

3.限定責任:

協同組合のメンバーの責任は、彼らが出資した資本の範囲に限定されます。 したがって、メンバーの最大リスクはこの程度に制限されます。

4.サービスの動機:

協同組合社会を形成する基本的な動機は、これらの活動から利益を得るのではなく、その活動を通じて会員にサービスを提供することです。 社会が利益を得た場合、社会の付属定款に従って配当として会員に分配されます。

5.管理と制御:

協同組合社会の究極のコントロールは、そのメンバーにあります。 メンバーは「一人、一票」の原則に基づいて決定を下します。 日々の業務を管理するために、メンバーは代表者を取締役会および/または管理委員会のメンバーとして選択します。


協同組合の特徴–協同組合によって例示された憲法の2つの特徴

協力という言葉は、共通の目的のために一緒に、そして他の人と働くことを意味します。

協同組合は、メンバーの福祉の動機と一緒に参加する人の自発的な協会です。

私。 協同組合を存在させるためには、1912年の協同組合法に基づいて登録が義務付けられています。

ii。 協同組合を登録するには、最低10人の成人会員で構成される必要があります。

iii。 協同組合のメンバーは、その株式の購入に資本を寄付します。

iv。 協同組合は、登録後に別の法人と見なされます。

創業以来、独立後、インドの協同組合は、主に農業部門で驚異的な成長を遂げてきました。 国内の協同組合のネットワークは、農業マーケティングを支援する地方、地域、州、および国家レベルで運営されています。 取引は主に、穀物、ジュート、綿、砂糖、牛乳、果物、ナッツなどの商品で行われます。

協同組合のさまざまな特徴を以下に説明します。

1.自発的メンバーシップ–協同組合のメンバーシップは本質的に任意です。 自分の宗教、カースト、性別に関係なく、誰でも自分の希望に応じていつでも自由に協同組合に参加したり脱退したりできます。

2.別個の法的地位–協同組合は、登録が義務付けられているため、会員から独立した地区の地位を享受しています。 それは契約を締結し、その名前で財産を保持し、訴え、他人に訴えられることができます。

3.責任制限–協同組合のメンバーの責任は本質的に制限されています。 いかなる状況においても、そのメンバーは、第三者の請求を解決するために、彼らが資本として拠出した金額の範囲を超えて拠出を求めることができます。

4.制御–協同組合の管理と制御は本質的に民主的です。 投票によりメンバーによって設立された選出された管理委員会によって管理されています。

5.奉仕の動機-相互扶助を通じて社会福祉を促進する目的で、協同組合社会が生まれます。 余剰がある場合は、社会の付属定款に従って配当としてメンバー間で分配されます。

協同組合形式の事業組織は、私たちの憲法の2つの明確な特徴を例示しています。1。民主主義と2.以下に説明する世俗主義

1.民主主義:

協同組合は民主化のパターンで見られます。 これは、決定を下す権限が選出された管理委員会の手にあるという事実によるものです。 この委員会のメンバーは、すべてのメンバーによって共同で選択されます。 それは一人一票の原則に基づいています。

2.世俗主義:

協同組合の働きは世俗主義に基づいています。 これは、宗教が経営陣から分離されているという事実によるものです。 社会のメンバーシップは、すべてのカースト、信条、および宗教の人々に開かれています。誰でもそのメンバーになるためにボランティアすることができます。


協同組合の特徴–自発的協会、独立した法人、管理、サービス動機、余剰金の分配

1.ボランティア協会:

協同組合は任意の団体です。 宗教、カースト、色、信条、性別に関係なくすべての人に開かれています。 共通の関心を持っている18歳以上の人は、協同組合に参加でき、辞任することでいつでも脱退できます。 メンバーにとどまる義務はありません。

2.別の法人:

協同組合の登録は必須です。 メンバーとは別の法人があります。 契約を締結し、独自の名前で所有権を所有できます。 独自の名前で訴えられ、訴えられることがあります。 メンバーの死亡、倒産、精神異常は、パートナーシップとは異なり、その存在に影響を与えません。

3.限定責任:

The liability of members of a cooperative society is limited to the extent of the capital contributed by them. Therefore, personal assets of members cannot be used to repay business debts.

4. Control:

There is equality of status between members of a cooperative society. Business is managed by an elected managing committee and acts on the principle of 'one member one vote' and it doesn't matter how many shares are held by the member.

5. Service Motive:

A cooperative society is formed with a service motive and for mutual welfare and not for maximisation of profits. Earning profits is a secondary motive and not the primary motive.

6. Distribution of Surplus:

If there is any surplus as a result of if business operation, it is distributed among members as 'dividend'. In addition, members may also get 'bonus'.


 

コメントを残します