マネーサプライ:重要性、概念、決定要因、その他すべて

重要性、概念、測定、測定、決定要因、決定要因、予算赤字との関係、およびマネーサプライの開放経済の効果について、詳細な研究を行ってみましょう。

マネーサプライの重要性:

マネーサプライの成長は、経済発展のプロセスの加速だけでなく、経済の価格安定の達成にとっても重要な要素です。

安定した開発の目的を達成するためには、マネーサプライの管理された拡大が必要です。 経済の健全な成長には、インフレもデフレもないことが必要です。 インフレは発展途上経済の最大の頭痛の種です。

赤字による資金調達から生じる穏やかなインフレは、利益期待を高め、強制貯蓄を引き出すことで投資を刺激する可能性があります。 しかし、暴走インフレは経済成長にとって非常に有害です。 開発途上諸国は、開発の初期段階で資源が不足するという問題に直面しなければならず、赤字資金によりこの不足を補うことができます。 ただし、安全な範囲内に厳密に保管する必要があります。

したがって、マネーサプライの増加は、経済成長率に重大な影響を及ぼします。 実際、現在では経済成長の合法的な手段と見なされています。 適切な制限内に維持すると、経済成長を加速させることができますが、制限を超えるとそれを遅らせます。 したがって、安定した経済成長のためには、マネーサプライの管理が不可欠です。

マネーサプライの概念とその測定

マネーサプライとは、国の経済活動に関連して使用するために社会が利用できる交換の金融媒体の総在庫を意味します。

マネーサプライの標準的な概念によれば、次の2つの要素で構成されています。

1.国民との通貨、

2.国民への預金の請求。

マネーサプライのこれら2つの要素を説明する前に、経済におけるマネーサプライに関して2つの点に注意する必要があります。 第一に、マネーサプライとは、ある時点で経済で一般に利用可能なお金の合計を指します。 つまり、マネーサプライは、国民所得とはまったく対照的なストック概念であり、国民所得とは、単位時間あたりに生産される商品およびサービスの価値を表すフローであり、通常は1年とみなされます。

第二に、マネーサプライは常に一般の人々が保有する金額を指します。 公衆には、銀行および政府以外の世帯、企業および機関が含まれます。 国民が保有するマネーサプライを検討する根拠は、お金の生産者と、お金を使ってさまざまな種類のお金の需要を満たす人とを分けることです。

政府と銀行は、国民が使用するためのお金を生産または作成するため、彼らが保有するお金(現金準備金)は、取引および投機目的には使用されず、標準的なマネーサプライの測定から除外されます。 お金の生産者とお金の使用者とのこの分離は、金融理論と政策の両方の観点から重要です。

マネーサプライの2つの要素をある程度説明します。

一般の通貨:

インドの一般の人々と合計通貨に到達するために、次のアイテムを追加します。

1.インド準備銀行が発行した流通通貨紙幣。

2.流通しているルピー紙幣と硬貨の数。

3.流通している小さなコイン。

銀行との現金準備は、一般の通貨に到達するために、上記の3つの通貨の価値から差し引かなければならないことに注意してください。 これは、銀行の現金準備が銀行に残っている必要があるため、商品の支払いや商業銀行の取引に使用できないためです。

さらに、インド準備銀行(RBI)が発行した最近の紙幣は、金と銀の準備金によって完全に支えられておらず、そうする必要があるとは考えられていないことにも注意してください。 過去に金本位または銀本位の通貨システムが存在した場合、金の埋蔵量による紙幣の完全な裏付けが優勢でした。

現代の経済思想によれば、発行される通貨の大きさは、利用可能な金と銀の埋蔵量ではなく、経済の金銭的ニーズによって決定されるべきです。 他の先進国では、1957年以降、インド準備銀行が発行通貨の最小準備制度を採用しています。

このシステムでは、Rsの最低埋蔵量。 200クロルの金と他の承認された有価証券(ドル、ポンドなど)を保持する必要があり、これに対して、経済の金銭的要件に応じて、任意の金額の通貨を発行できます。

RBIは、紙幣を金または銀の等しい価値に変換する義務はありません。 現在、通貨は交換できません。 メモに書かれた言葉、たとえば100ルピーのメモと、RBIの知事によって署名された「私は無記名者に100ルピーの合計を支払うことを約束します」は過去の遺産に過ぎず、金または銀への交換可能性を意味するものではありません。

注意すべきもう1つの重要な点は、紙幣または硬貨は不換紙幣であるということです。つまり、紙幣と金属の硬貨は、政府の不換紙幣(注文)に基づいてお金として機能します。 言い換えれば、政府の権限では、行われた取引に対する支払いを受け入れることを拒否することはできません。 それが彼らが法定通貨と呼ばれる理由です。

国民との定期預金

マネーサプライのもう1つの重要な要素は、銀行への一般の要求払預金です。 国民が保有するこれらの要求払預金は、銀行マネーまたは預金マネーとも呼ばれます。 銀行への預金は、大きく2つのタイプに分けられます:要求払い預金と定期預金です。 銀行の定期預金とは、小切手を引くことで引き出すことができる預金です。

小切手を介して、これらの預金は、商品やサービスの購入者からの支払いのために他の人に送金できます。 したがって、小切手はこれらの要求払預金を交換の媒体として作成し、したがってそれらを金銭として機能させます。 要求払預金は適切な受託金であることに注意してください。

受託金とは、政府の権限ではなく、支払いを行う人の信頼に基づいてお金として機能するものです。 このように、それらを操作するデマンドデポジットと小切手は法定通貨ではないという事実にもかかわらず、それらは小切手を引く人々によって命じられた信頼に基づいてお金として機能します。 彼らは一般的に支払いの媒体として受け入れられるため、お金です。

銀行預金は、人々が通貨を預金するときに作成されます。 しかし、はるかに重要なのは、ビジネスマンや他の人に進歩をもたらすときに銀行自身が預金を作成することです。 通貨の小さな現金準備に基づいて、彼らは、後で詳細に説明される部分準備システムと呼ばれるシステムを通して、はるかに多くの要求払預金を作成することができます。

米国や英国などの先進国では、預金金額が総マネーサプライの80%以上を占めており、通貨はその比較的小さな部分を占めています。 これは、銀行システムが大きく発展し、人々が銀行の習慣を発達させたためです。

一方、発展途上国では、銀行業は十分に発展しておらず、人々は銀行業の習慣を身につけておらず、通貨での取引を好んでいます。 しかし、インドでは50年の独立と経済発展の後、マネーサプライの銀行預金の割合が約50%に増加しました。

マネーサプライの4つの手段

マネーサプライのいくつかの定義が与えられており、したがって、それらに基づいたマネーサプライのさまざまな尺度が推定されています。 まず、マネーサプライのさまざまなコンポーネントは、マネーが実行するさまざまな機能に基づいて区別されています。 たとえば、デマンドデポジット、クレジットカード、通貨は、主に商品やサービスの購入やその他の取引を行うための交換媒体として人々によって使用されます。

明らかに、それらは交換の媒体として使用され、一般にM 1と呼ばれるため、お金です。 マネーサプライのもう1つの尺度はM 3であり、これには銀行の国民が保有するM 1と定期預金の両方が含まれます。 定期預金は、人々が価値のあるストアとして保有するお金です。

マネーサプライがその機能に基づいてさまざまな指標に分類される主な理由は、マネーサプライのさまざまな要素の変化が経済に及ぼす可能性のある効果について効果的な予測ができるからです。 たとえば、M 1が最初に増加している場合、人々が多数のトランザクションを行うことを計画していることが合理的に予想されます。

一方、価値の貯蔵庫として機能するマネーサプライメジャーM 3の預託金構成要素が急速に増加している場合、人々は貯蓄を増やして消費を抑えることを計画していると結論付けることができます。

したがって、通貨分析と政策立案にとって、マネーサプライの単一の尺度は不十分であるだけでなく、誤解を招く可能性もあると考えられています。 したがって、通貨分析と政策立案のニーズを満たすために、マネーサプライのさまざまな手段が用意されています。

最近、インドといくつかの先進国では、マネーサプライの4つの概念が区別されています。 上記のマネーサプライの定義は、マネーサプライの狭い尺度を表しており、一般にM 1と記述されています。

1977年4月から、インド準備銀行は、マネーサプライの量と変動の分析において、マネーサプライの4つの概念を採用しています。 マネーサプライの測定に関するこれらの4つの概念を以下に説明します。

マネーサプライM1またはナローマネー:

これはマネーサプライの狭い尺度であり、次の項目で構成されています。

Ml = C + DD + OD

ここで、C =一般通貨

DD =商業銀行および協同組合銀行の国民への要求払預金。

OD =インド準備銀行の一般が保有​​するその他の預金。

マネーサプライは、マネーサプライの最も流動的な尺度です。マネーサプライは、交換の媒体として、つまり、取引の支払いを行う手段として簡単に使用できるためです。

上記のマネーサプライメジャーの一般通貨(C)は、次のもので構成されます。

(i)流通中のメモ。

(ii)ルピーコインと小コインの流通

(iii)すべての銀行の手持ち現金準備。

銀行の一般預金(DD)を使用した要求払預金の測定では、銀行間預金、つまり他の銀行の銀行が保有する預金はこの測定から除外されることに注意してください。

インド準備銀行のその他の預金(OD)では、中央政府と州政府が保有する預金、およびRBI従業員年金や積立基金などの他のいくつかの預金は除外されます。

ただし、インド準備銀行のこれらの他の預金には次の項目が含まれます。

(i)UTI、IDBI、IFCI、NABARDなどの機関の預金

(ii)外国の中央銀行および外国政府の要求払預金。

(iii)IMFおよび世界銀行の定期預金。

インド準備銀行の他の預金の割合は非常に小さい(1%未満)ことに注意してください。

マネーサプライM2:

M2は、M1よりもインドのマネーサプライの幅広い概念です。 M1の3つの項目に加えて、マネーサプライM 2の概念には、郵便局の貯蓄銀行への貯蓄預金が含まれます。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

M2 = M1 +郵便局の貯蓄銀行への貯蓄預金。

マネーサプライM2がM1と区別されている理由は、郵便局の貯蓄銀行の預金預金は、流動性のある口座ではないため、商業銀行や協同組合銀行の預金預金ほど流動的ではないためです。 ただし、郵便局での預金の貯蓄は、銀行での定期預金より流動的です。

Money Supply M3またはBroad Money:

M3はマネーサプライの広い概念です。 メジャーM1に含まれるマネーサプライの項目に加えて、マネーサプライM3には銀行への定期預金も含まれます。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

M3 = M1 +銀行への定期預金。

定期預金は価値の貯蔵庫として機能し、人々の貯蓄を表すものであり、彼らの小切手を引いても引き出せないため流動的ではないと一般に考えられています。 ただし、銀行からのローンはこれらの定期預金に対して簡単に取得できるため、この方法で取引目的に必要であると判断された場合に使用できます。 さらに、獲得した利息を放棄することにより、いつでも撤回することができます。

最近、M3がマネーサプライの一般的な尺度になったことに注意することができます。 故スハモイ・チャクラヴァルティ教授の議長の下での金融改革に関するワーキンググループは、経済の金融計画とM3の観点からのマネーサプライの成長目標の設定にその使用を推奨しました。

したがって、最近、マネーサプライの成長と経済への影響の分析におけるRBIは、マネーサプライのM3メジャーの使用に移行しました。 1977年4月までインド準備銀行によって採用されていたマネーサプライの用語では、このM3はAggregate Monetary Resources(AMR)と呼ばれていました。

マネーサプライM4:

マネーサプライの測定M4には、上記のM3のすべての項目だけでなく、郵便局の貯蓄組織への合計預金も含まれます。 ただし、これは国民による国民貯蓄証明書への寄付を除外しています。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

M4 = M3 +郵便局貯蓄組織の合計預金。

インド準備銀行が使用するマネーサプライの4つの概念を、次の表形式で要約します。

マネーサプライの決定要因

経済におけるマネーサプライの決定要因を説明するために、M、マネーサプライの最も基本的な概念であるマネーサプライの概念を使用します。 M 1ではなく単にMで示します。 マネーサプライのこの概念は、国民が保有する通貨(C p )と銀行への要求払預金(D)で構成されています。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

M = C p + D…(1)

ここで、M =国民への総マネーサプライ

C p =一般の通貨

D =国民が保有する要求払預金

方程式(1)に記述されているマネーサプライの2つの重要な決定要因は、(a)インド準備銀行によって準備金とも呼ばれる高額のマネーの量と(b)マネー乗数のサイズです。

以下に、経済におけるマネーサプライの決定におけるこれら2つの要因の役割について説明します。

1.ハイパワードマネー(H):

私たちがHで表す高力のお金は、政府とインド準備銀行が発行した通貨(紙幣と硬貨)で構成されています。 発行された通貨の一部はC pとして指定された一般の人々によって保持され、一部はRとして指定された準備金として銀行によって保持されます。

銀行のこれらの外貨準備の一部は銀行が保有する現金保管庫に保管され、一部はインド準備銀行の銀行がRBIで保有する準備口座に預けられます。 したがって、ハイパワーマネーは、国民が保有する通貨と準備金として銀行が保有する部分の合計として取得できます。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

H = C p + R…(2)

ここで、H =強力なお金の量

C p =国民が保有する通貨

R =銀行との通貨の現金準備。

インド準備銀行と政府は強力なお金の生産者であり、商業銀行はこの強力なお金を生産する役割を持たないことに注意する価値があります(H)。 しかし、商業銀行は、通貨のようなお金としても使用される要求払預金の生産者です。

しかし、要求払預金またはクレジットを生成するために、銀行は上記の式(2)でRで示された通貨の現金準備を維持しなければなりません。 銀行とのこれらの現金準備は、経済における総マネーサプライの重要な部分を構成する要求払預金の複数の作成の基礎として機能するため、準備銀行と政府が発行する通貨に強力な力を提供します。

上記の式(1)および(2)を見ると、2つの式の違いは、1つは総マネーサプライを表し、もう1つは高力のマネーを表しますが、前者では需要預金(D)が追加されていることがわかります国民が保有する通貨に対して、後者では、国民が保有する通貨に追加されるのは銀行の現金準備金(R)です。

実際、これらの現金準備(R)に反して、銀行は、経済におけるマネーサプライの大幅な拡大により、クレジットまたは要求預金の複数の拡大を作成することができます。 マネーサプライの決定の理論は、ハイパワーマネーの供給と需要に基づいています。

したがって、一部の経済学者はそれを「マネーサプライのH理論」と呼んでいます。 しかし、マネーサプライの特定の倍数としてのマネーサプライの決定を説明しているため、「マネーサプライのマネーマルチプライヤ理論」と呼ばれています。 ハイパワードマネー(H)が総マネーサプライにどのように関連するかを図16.1にグラフで示します。

この図のベースは、高力のマネー(H)の供給を示し、図の上部は、マネーサプライの総在庫を示しています。 マネーサプライの合計在庫(つまり、トップ)は、高力のお金(H)の倍数によって決定されることがわかります。 さらに、国民が保有する通貨(C p )は同量の強力なお金を使用します。つまり、国民が保有する通貨とマネーサプライの間には1対1の関係があります。

これとは対照的に、銀行預金(D)は、高力のお金の供給の一部である銀行の現金準備(R)の倍数です。 つまり、銀行の準備金として保持されている1ルピーのハイパワーマネーは、はるかに多くの要求払預金を生み出します。 したがって、マネーサプライとハイパワーマネーとの関係は、マネー乗数によって決定されます。

mで示す乗数は、総供給量(M)と高力マネーのストックの比率、つまりm = M / Hです。 貨幣乗数の大きさは、預金に対する通貨の保有に対する一般の好み(つまり、Kで表す通貨と預金の比率)と、rと呼ぶ預金に対する銀行の希望現金準備率に依存します。 以下に、ハイパワードマネーとマネーサプライの総在庫との正確な乗数関係を説明します。

上記の結果から、需要預金が変わらないまま高力のお金の一部である国民の保有通貨が増加すると、経済のマネーサプライが直接増加することになります。マネーサプライ。

代わりに、銀行が保有する外貨準備が増加した場合、これはマネーサプライを即座に変更せず、銀行の国民の要求払預金の複数の作成のプロセスを開始します。 銀行は、ハイパワーマネーの一部を構成する公衆が保有するこれらの通貨準備金を使用して、ビジネスマンにより多くのローンを提供し、したがって要求払い預金を作成しますが、通貨の量やハイパワーマネーの構成には影響しません。 強力なお金の量は、過去の行動によってRBIによって固定されています。 したがって、ハイパワーマネーの変化は、インド準備銀行またはそれを所有し管理する政府の決定の結果です。

2.お金の乗数:

マネー乗数とは、強力なマネーの増加の結果としてマネーサプライが拡大される度合いです。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

m = M / H

並べ替え、M = Hm…(3)

したがって、マネーサプライは、マネー乗数のサイズ(m)とハイパワーマネーの量(H)によって決定されます。 お金の乗数の価値がわかれば、強力なお金の量に変化があったときにどのくらいのお金が変わるかを予測できます。

ハイパワーマネーの変化はインド準備銀行によって決定および管理されています。マネー乗数は、ハイパワーマネーの変化に関するRBIの決定が経済の総マネーサプライに変化をもたらす程度を決定します。

お金の乗数のサイズ:

さて、重要な質問はお金の乗数のサイズを決定するものです。 お金の乗数のサイズを決定するのは、銀行の現金または外貨準備率r(預金の乗数を決定する)と一般の通貨預金比率(kで表す)です。 乗数のサイズの式は次のとおりです。

上記の式(1)から、総マネーサプライ(M)は、一般の通貨(C p )と銀行の要求払預金で構成されていることがわかります。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

上記から、経済におけるマネーサプライは以下によって決定されることになります。

1. H、つまり予備金とも呼ばれる強力なお金の量

2. r、つまり、銀行の現金準備率(すなわち、銀行の預金に対する外貨準備の比率)

この銀行の現金準備率は、預金乗数の大きさを決定します。

3. k、つまり、国民の通貨預金比率。

マネーサプライの決定要因を表す式(4)から、マネーサプライは増加します。

1.強力なお金(すなわち、準備金)Hの供給が増加したとき。

2.国民の通貨預金比率(k) 'が減少する場合。 そして

3.銀行の現金または外貨準備預金比率が低下した場合(r)。

銀行の現金準備率と預金乗数:

銀行との現金準備のわずかな増加により、部分準備制度を利用して、彼らは、マネーサプライの重要な部分である総需要預金の複数の増加を作成することができます。 準備金の変化に対する預金総額の変化の比率は、預金準備率と呼ばれる預金乗数と呼ばれます。

預金乗数の値は、現金準備率の逆数(d m = 1 / r)です。ここで、d mは預金乗数を表します。 現金準備率が預金の10%である場合、d m = 1 / 0.10 = 10です。したがって、預金乗数10は、すべてのRsについて示しています。 銀行との現金準備の100の増加、Rsによる銀行の要求預金の拡大があります。 1000銀行による預金拡大の過程で、一般への現金の漏洩は発生しないと仮定しています。

公倍数とマネー乗数の通貨預金比率:

しかし、現実の世界では、銀行の準備金の増加に伴い、要求払預金とマネーサプライは預金乗数の上限まで増加しません。 これには2つの理由があります。 第一に、国民はすべてのお金の残高を銀行への要求払預金の形で保持していない。

現金準備の増加の結果として、銀行が要求払預金の増加を開始するとき、人々はお金のバランスとして彼らとより多くの通貨を持ちたいかもしれません。 これは、銀行が要求払預金を作成する過程で、一部の通貨が銀行から人々に流出することを意味します。

現実世界の人々へのこの通貨の流出は、要求払預金の拡大の大きさを減少させ、したがって、お金の乗数の大きさを減少させます。 現金準備率が10%で、現金または通貨がRsであるとします。 100は銀行Aに預けられます。銀行AはRsを貸し出します。 90したがって、Rsの要求払預金を作成します。 90したがって、借り手がこれらの預金を使用して、他の銀行Bに預金する他の人への小切手を介して支払いを行うため、プロセスは継続します。

ただし、銀行Aの借り手がRsを撤回した場合。 銀行からの現金で10、残りの借用金額の小切手を発行します。 80、銀行BにはRのみが含まれます。 Rsの代わりに新しい預金として80。 Rsの現金なら90になります。 10は借り手によって引き出されませんでした。 ルピーのこれらの新しい預金で。 80、銀行BはRの要求払預金を作成します。 72、つまり、Rsを貸し出します。 72とRsを保持します。 予備として8(80x 10/100 = 8)。

通貨の流出は、銀行システムの預金拡大の後続のすべての段階で発生する場合があります。 通貨の漏れが大きいほど、お金の乗数は低くなります。 このように、kで表す通貨預金比率は、貨幣乗数の実際の価値の重要な決定要因であることがわかります。

預金乗数は、銀行の現金準備が増加するとプラスに、銀行の現金準備が減少するとマイナスに作用することに注意することが重要です。 つまり、銀行との外貨準備が減少すると、銀行との要求払預金が複数収縮することになります。

超過準備金:

要求払預金または預金乗数の拡大の説明では、銀行は必要な現金準備率を超えて通貨準備金を維持しないと仮定しました。 預金乗数の比率rは、インド準備銀行によって固定された必要な現金準備率です。

ただし、銀行は、一部の過剰準備金を維持したい場合があります。その量は、流動性の程度(すなわち、現金の利用可能性)と投資の収益性と企業への貸付金の利率に依存します。 したがって、必要な準備率は法定の最低必要準備率よりも大きくなります。 明らかに、銀行による過剰準備金の保有も預金乗数の価値を低下させます。

結論

マネーサプライの決定の理論は、与えられたハイパワーマネー(マネタリーベースまたはリザーブマネーとも呼ばれます)の供給が、マネーマルチプライヤの働きを通してマネーサプライの複数の拡大にどのようにつながるかを説明します。 上記のように、銀行の外貨準備のわずかな増加が、預金乗数のプロセスを通じて銀行による要求預金の複数の拡大をもたらし、したがって、経済におけるマネーサプライの成長を引き起こすことがわかりました。

預金乗数は、現金または通貨、銀行からの現金流出がない場合に必要な現金準備率(r)に応じた銀行への準備金の増加の結果として、要求預金(またはマネーサプライ)がどれだけ増加するかを測定しますシステム。 しかし、現実の世界では通貨の流出が起こり、銀行への現金準備の増加に続くマネーサプライの拡大の程度が減少します。

したがって、預金乗数は、銀行の現金準備の所定の増加によるマネーサプライの実際の増加を誇張します。 対照的に、マネーマルチプライヤーは、銀行システムからのこれらの通貨の漏れを考慮し、したがって、銀行の現金準備が増加したときのマネーサプライの実際の増加を測定します。

マネー乗数は、現金準備金(または高力のマネー)のルピーの増加ごとのマネーサプライの増加として定義でき、通貨の流出が考慮されます。 したがって、お金の乗数は預金の乗数よりも小さくなります。

インドのマネーサプライの急速な成長は、ハイパワーマネーH、またはリザーブマネー(インドの最後の準備銀行、マネー乗数はほぼ一定のままです)の増加によるものであることに注意する価値があります。

国のマネーサプライは、インド準備銀行が公開市場での業務を行い、必要な最低外貨準備預金比率を変更し、銀行レートを変更することで変更できます。 インドのマネーサプライの成長の主な原因は、政府の予算赤字を賄うためのRBIによる信用の創出であり、したがって、強力なマネーを生み出しています。

さらに、必要な銀行の外貨準備預金比率はRBIによって簡単に変えることができますが、実際の外貨準備預金比率は、銀行が維持する準備金が最低限必要な現金準備率だけでなく、その意思にも依存するため、それほど簡単に変えることはできません過剰な準備金を保持する。

最後に、重要な注目すべき点は、マネーマルチプライヤーは長期的には大きな変動を示しませんが、短期的には大幅に変化してマネーサプライに大きな変動をもたらす可能性があるということです。 経済のマネーサプライに影響を与える短期的なマネーマルチプライヤーのこの予測不可能な変動は、国の中央銀行が経済のマネーサプライを正確かつ正確に制御することを妨げます。

マネーサプライを決定する要因:RBPS分析

インドのマネーサプライとその変動源を決定する要因の分析において、インド準備銀行は、上記で説明したマネー乗数理論などの明示的なマネーサプライ理論に従っていません。 これは、マネーサプライの変動およびこれらの変動の原因となる要因またはソースの純粋な会計分析または事後分析のみを提供します。

準備銀行はその分析で強力なお金の数値を提供していますが、事実上、強力なお金を普通のお金とクラブで結び、国内の総マネーサプライを計算します。経済におけるマネーサプライの変動を引き起こす重要な要因。

さらに、準備銀行は、マネーサプライの決定要因として、2つの行動比率、すなわち、公共の望ましい通貨預金比率(k)と銀行の望ましい現金準備率(r)に重点を置いていませんが、 -これらの比率のポストまたは実現された数値。 次に、マネーサプライの変動の原因に関する準備銀行の分析について説明します。

インド準備銀行は、マネーサプライを決定する要因を次のカテゴリに分類します。

(a)銀行システムからの政府借入。

(b)銀行システムからの民間または商業部門の借り入れ。

(c)国際収支の変化に起因するインド準備銀行が保有する純外国資産の変化。 そして

(d)政府の国民に対する通貨負債。

(a)政府に対する銀行信用:

政府の支出が政府の歳入を上回り、政府の予算が不足すると、インド準備銀行からの借入に頼り、その目的のために新しい通貨紙幣が作成されます。 中央政府予算の赤字に融資するためのこの新しい通貨の作成は、赤字の収益化として知られています。

以前は赤字資金調達と呼ばれていました。 赤字の収益化は、経済におけるマネーサプライの重要な変化の原因です。 1995年以降、予算の赤字の大部分は、政府証券を銀行に売却することにより、RBIによる公開市場操作を通じて賄われていることに注意してください。

これは、大規模な資本流入によって引き起こされたRBIによる外国為替純資産の大量蓄積の金銭的影響を中和するために行われます。 そのため、過去約10年間に政府に対するRBIの信用が低下しました。

政府はまた、通常の商業銀行からも借りています。 銀行が政府にお金を貸すとき、彼らは信用を作成します。 たとえば、インドの食品公社による穀物の購入では、銀行は政府に多額の融資を行っています。 銀行が政府のためにクレジットを作成する際に銀行が預金を作成すると、経済のマネーサプライが増加します。

(b)商業または民間部門への銀行信用:

また、民間部門は、自身のリソースが総支出より少ない場合、銀行システムから借り入れます。 これは、銀行が融資するときに信用を生み出すため、一般の人々へのマネーサプライにも追加されます。 これは、政府が銀行システムから借り入れているのと同じ方法で、マネーサプライにも影響します。

ただし、重要な違いがあります。 Whereas Government can borrow more or less compulsorily from Reserve Bank of India, the private sector cannot do so from the commercial banks.

(c) Changes in Net Foreign Exchange Assets:

Changes in the foreign exchange assets held by the Reserve Bank can also bring about a change in the money supply. The change in the net foreign assets may be caused by balance of payment situation. Suppose the balance of payments is adverse or unfavourable and therefore available foreign exchange is less than the country needs to pay for its imports, both visible and invisible.

In order to meet this adverse balance of trade the country will have to dispose of some of its foreign exchange assets. If there is a net adverse balance of payments, rupees would flow into the Reserve Bank which pays out foreign exchange. This would have the effect of reducing the Reserve Money (ie the high-powered money) in India and the contraction of the money supply with the public. Opposite result would follow when there is a net surplus in the balance of payments of a country.

It follows from above that a deficit in the balance of payments on current account decreases the supply of rupee currency (that is, high-powered or reserve money) in the economy and thereby causes contraction in money supply with the public. On the contrary, a surplus in the balance of payments will increase the foreign exchange assets and thereby will lead to the expansion in reserve money and money supply in the economy.

It may also be noted that apart from balance of payments on current account foreign exchange reserves or assets may also come through either foreign aid or deposits in Indian banks by NRI or foreign direct investment made by foreign companies in India. For example, in recent years there has been a large-scale inflow of foreign exchange through investment made by foreign companies and NRI deposits in India.

As a result, our foreign exchange reserves have substantially gone up, which have resulted in the issue and expansion of rupee currency in circulation. In August 2004 foreign exchange reserves has risen to US $ 119 billion. But RBI has neutralized its monetary impact by mopping up liquidity of the banks through open market operations by selling them Government securities. This is called sterilization of inflows of foreign exchange.

Further, to deal with the problem of excess liquidity of the Indian banks caused by the rise in foreign exchange reserves, and with a view to check rise in inflation rate Reserve Bank of India has in April 2004 entered into an agreement with the Central Government to sterilize the monetary impact of these reserves.

With this agreement, Market Stabilisation Scheme (MSS) has been started. Under this scheme the Central Government has issued Market Stabilisation Bonds. These bonds were sold by RBI to commercial banks to mop up excess liquidity of Rs. 60, 000 crore in 2004-05. But these Rs. 60, 000 crore were kept apart in special deposits with RBI and were not meant to be used by the Government.

It should be noted that if the foreign exchange reserves are used to import goods in short supply, it will help in lowering inflation rate for two reasons. First, this will reduce rupee currency in circulation which will cause reduction in money supply in the economy.

Contraction in money supply will help in controlling inflation through reducing aggregate demand. Secondly, the imports of goods will increase aggregate supply of goods in the economy which will tend to lower prices.

(d) Government's Currency Liabilities to the Public:

Changes in money supply in the economy are also brought about by Government's currency liabilities to the public. Coins and one-rupee notes represent Government's currency liabilities to the public. On 31st March 2004-05, there were outstanding balances of Government currency liabilities of Rs. 7291 crores as compared to Rs. 7071 crores on March 31, 2003. If Government's currency liabilities increase, the money supply also increases.

Budget Deficit and Money Supply :

A budget deficit is also an important source of expansion of money supply in the economy. There are two possible links between budget deficit and growth in money supply. First, when following an expansionary fiscal policy the government raises its expenditure without financed by extra taxation and thereby causing a budget deficit, it will tend to raise interest rate. This happens when budget deficit is financed through borrowing from the market.

As a result, demand for money or loanable funds increases which, given the supply of money, causes interest rate to rise. Rise in interest rate tends to reduce or crowd out private investment. If the Central Bank is following the policy of a fixed interest rate target, when the government resorts to borrowing to finance the budget deficit, then to prevent the rise in interest rate the Central Bank will take steps to increase the money supply in the economy.

The second link between budget deficit and expansion in money supply is direct. This occurs when the Central Bank itself purchases government securities when the government resorts to borrowing. The Central Bank is said to monetize budget deficit when it purchases government securities as it prints new notes for the purpose and gives it to the government for meeting public expenditure.

In some countries such as the US, Federal Reserve (which is the Central Bank of the USA) enjoys a good deal of independence from the Treasury (ie, the Government) and voluntarily decides when and how much to purchase government securities to finance its budget deficit.

Central Bank 's Dilemma:

The Central Bank of a country faces a dilemma in deciding whether or not to monetize budget deficit. If the Central Bank does not monetize budget deficit to meet its increased expenditure, the government will borrow from the market and in the absence of any accommodating monetary policy this will tend to raise interest rate and thereby reduce or crowd out private investment.

Referring to the policy of Federal Reserve of the United States, Dornbusch, Fischer and Startz write, “There is accordingly a temptation for the Federal Reserve to prevent crowding out by buying government securities thereby increasing the money supply and hence allows an expansion in income without a rise in interest rates”. But the policy of monetization of budget deficit by the Central Bank involves a risk. If the economy is working near-full employment level, that is, at near-full production capacity, monetisation of budget deficit will cause inflation in the economy.

However, if the economy is in the grip of a severe depression, the risk of causing inflation through monetisation of budget deficit and consequent growth in money supply is not much there. It follows from above that in any particular case the Central Bank, if it enjoys freedom from the Government, has to judge whether it should adopt accommodatory monetary policy to achieve its goal of interest-targeting or allow fiscal expansion through monetisation of budget deficit accompanied by the tight monetary policy to check inflation. It is the latter course of action that was adopted by Reserve Bank of India before 1995 when government's fiscal deficit was high and a good part of it was monetised by it.

Money Supply and the Open Economy :

The transactions of an open economy also affect the growth of money supply in it. In the open economy there is free flow of goods and services through trade with foreign countries. Besides, in the open economy there are flows of capital between countries. The impact of transactions of an open economy on the money supply can be better understood from national income identity of an open economy.

National income of the open economy is written as:

Y = C + I + G + NX…(1)

or, NX = Y – (C + I + G) …(2)

where NX stands for net exports or trade balance. In the trade balance if we also include exports and imports of services (ie, invisibles), then NX can be taken as current account balance.

The current account balance (NX) can be either positive or negative. If in equation (2) above aggregate expenditure (C + I + G) exceeds national output (Y), current account balance or NX will be negative, that is, imports will be greater than exports.

In other words, there will be deficit in current account of the balance of payments. On the other hand, if aggregate expenditure is less than national income [ (C + I + G) < Y], there will be surplus in the current account balance of payments. This implies that our exports will be greater than imports.

Now, if in a year there is deficit in current account, that is, NX is negative, it means our demand for foreign exchange, say, the US dollars, for imports of goods and services will exceed the supply of foreign exchange. This situation is depicted in Fig. 16.2 where the curve DD represents demand curve for foreign exchange (US $) and SS is the supply curve of foreign exchange (US $) at exchange rate (Rs. per US dollar) and OR and LK represent deficit in current account.

If the economy is under flexible exchange rate regime and the Central Bank of the country does not intervene at all, the exchange rate will change to OR' and as a result deficit in current account balance will be eliminated and equilibrium restored at the new exchange rate. If there is such a situation, there is no impact on the money supply.

However, if the Central Bank wants to maintain the exchange rate at OR, then current account deficit equal to LK has to be met. If there are no capital inflows, then to maintain the exchange rate at OR, the Central Bank of the country has to supply foreign exchange equal to LK out of the reserves held by it.

But when the Central Bank (RBI in case of India) pays out foreign exchange from its reserves, it will receive money (ie, rupees in India) from importers of goods and services in return for foreign exchange paid to them to meet the deficit. Thus some money (say Indian rupees) will flow into the Central Bank and thus withdrawn from circulation.

As a result of Central Bank intervention to meet the current account deficit and to maintain the exchange rate money supply in the economy decreases. It is important to note that the Central Bank of the country cannot go on supplying foreign exchange reserves, year after year, for a long time because foreign exchange assets with the Central Bank are available in limited amount.

The above analysis of contraction in money supply as a result of use of foreign exchange reserves to meet the current account deficit is based on two assumptions. First, it is assumed that there are no capital flows to meet the deficit in current account balance. Second, it is assumed the exchange rate is not allowed to change as a result of in balance between demand and supply of foreign exchange due to current account deficit.

Capital Inflows:

However, if there are sufficient net capital inflows accruing from the capital account of the balance of payments, then deficit in current account (ie, negative NX) can be met by these capital inflows. In this case there will be no impact of deficit in current account balance of payments on money supply in the economy.

Now take the opposite case of surplus in current account balance (ie, when NX is positive). This implies that the supply of foreign exchange exceeds demand for it. In the absence of capital out-flows this excess supply of foreign exchange will have to by purchased by the Central Bank if exchange rate is to be maintained.

The Central Bank (RBI) will print new notes to pay for the purchase of foreign exchange. This will lead to the increase in money supply in the economy. However, if exchange rate is allowed to change, as is the case under flexible exchange rate system, the exchange rate will adjust to bring supply and demand for foreign exchange in equilibrium.

Overall Balance of Payments and Capital Inflows :

When in an open economy with flexible exchange rate regime there is deficit in overall balance of payments (ie, on both current and capital accounts), it means that capital inflows are insufficient to bridge the gap in the balance of payments, then, in case of India, this has to be met with use of foreign exchange reserves by the Reserve Bank of India.

When Reserve Bank of India pays foreign exchange (eg US $) to finance the deficit in overall balance of payments, it gets rupees in return. Thus rupee currency flows into the RBI. As a result, money supply (rupee currency) in the economy will decline.

However, under flexible rate system, if RBI does not intervene, the deficit in overall balance of payments will cause rupee to depreciate.

Now suppose there is surplus in overall balance of payment as capital inflows exceed the deficit in current account. The large capital inflows can occur due to heavy foreign direct investment (FDI) and portfolio investment by foreign institutional investors (FII) as it happened in some years in India, especially in 2006-07, 2007-08 and 2010-11.

In the absence of intervention by RBI under the flexible exchange rate system, these large capital inflows will cause appreciation of Indian Rupee. In fact, though RBI has been intervening in foreign exchange market from time to time, its intervention has been only limited. As a result, between Oct. 2006 and Oct 2007, rupee appreciated by 15 per cent.

By making our exports relatively expensive the appreciation of rupee adversely affects our exports and therefore growth in GNP and employment. Besides, appreciation of rupee makes imports relatively cheaper and leads to large imports of goods and materials and thereby harms our domestic manufacturing industries.

To prevent the high appreciation of the Indian Rupee RBI purchases US dollars from the foreign exchange market from time to time. When RBI purchases dollars from the foreign exchange market, it pays rupees to the sellers of foreign exchange. To do so more rupee currency is printed by RBI to pay for US dollars purchased by it.

In this way more rupee currency (ie, high-powered money) comes into existence in the economy. Thus intervention by RBI to prevent appreciation of rupee results in increase in money supply in the economy.

The effect of large capital inflows and its effect on appreciation of currency and money supply in the Indian economy is illustrated in Fig. 16.3 where exchange rate of rupee for US dollars (Rs. per US $) is measured on the Y-axis and number of US dollars are measured on the X-axis.

Initially the equilibrium between demand for and supply of dollars in the Indian foreign exchange market determines equilibrium exchange rate equal to Rs. 48 per US $. As a result of large capital inflows supply curve of US dollars shifts to the right to S'S'. With this, at the existing exchange rate of Rs. 48 per US dollar, EH is the increase in capital inflows.

Now, under a variable exchange rate regime as it exists today, if exchange rate is allowed to adjust freely, rupee will rise to Rs. 45 per US dollar. If Reserve Bank wants to manage it and tries to maintain it at Rs. 48 per US dollar, it will have to buy US dollars equal to EH from the market.

By buying US dollars equal to EH, RBI will cause the demand curve for US dollars to shift to the right to the new position D'D' and the new equilibrium is established at point H which corresponds to Rs. 48 per US dollar.

But for buying US dollars equal to EH, RBI will have to print new rupee currency to pay for US dollars. Thus more high-power money (ie, rupee currency) would come into circulation in the Indian economy. Thus RBI did not intervene sufficiently to prevent the appreciation of rupee between Oct. 2006 and Oct. 2007.

This is because such intervention leads to the increase in money supply that is likely to cause inflation in the Indian economy. Therefore, RBI intervened only to a small degree and let the rupee appreciate to some extent.

On the other hand, in 2011 the RBI faced the opposite problem when after August 2011, there was net large capital outflow from India due to uncertainty caused by European debt crisis and economic slowdown in the US. The FIIs started selling Indian equity and bonds and converting rupee into US dollars.

This led to the increase in demand for dollars resulting in appreciation of US dollar and depreciation of Indian rupee. The value of rupee which was around Rs. 44 to a US dollar in the first week of September 2011 depreciated to around Rs. 53 in the second week of December 2011. This depreciation of rupee will make our imports costlier which will tend to raise inflation if not matched by fall in international commodity prices.

To prevent sharp depreciation of rupee the RBI intervened in the foreign exchange market by selling dollars in the market. Again its intervention was only limited. In fact, the RBI has no fixed target for maintaining exchange rate of rupee at any level and instead its policy is to allow exchange rate of rupee to fluctuate within a band. In fact, RBI faces a dilemma which we discuss below.

RBI Dilemma: External Balance and Internal Balance:

RBI faces a dilemma because if it does not intervene in the face of large capital inflows rupee will appreciate much which will adversely affect our exports and therefore growth of GNP and employment in our economy. On the other hand, if it intervenes and purchases enough US dollars from the market to prevent any appreciation of rupee, it will cause large increase in money supply that would cause higher rate of inflation.

A major objective of RBI is to control inflation. Therefore, RBI has to strike a balance between the two alternatives. It has been intervening in the foreign exchange market to prevent large appreciation of rupee. But it cannot buy inflows of foreign exchange indiscriminately as it leads to higher inflation.

RBI has also resorted to sterilization of increase in money supply by selling government securities to the banks and thereby getting back the money issued by it. But there is limit to this sterilization operation as it has not unlimited amount of government securities to sell them to the banks. Hence the dilemma faced by it. We explain the sterilization operations by RBI later.

It follows from above that the two objectives of external balance and internal balance clash with each other. External balance occurs when balance of payments is in equilibrium or close to it.

When external balance does not exist the Central Bank will either go on losing foreign exchange reserves which it cannot do so for long or it will be gaining foreign exchange reserves which also poses a problem as it leads to increase in money supply and causes inflationary pressures in the economy.

On the other hand, internal balance exists when the economy is in equilibrium at full employment or full productive capacity level without any inflationary pressures. Thus, to ensure internal balance requires that money supply should not be allowed to increase much. Since the two require different types of policy measure by the Central Bank, they clash with each other. Hence, the dilemma faced by the Central Bank.

Sterilization by the Central Bank:

Sterilization provides a way out of the problem of clash between the goals of external balance and internal balance. Sterilization refers to the action by the Central Bank of a country to offset or cancel the impact of its foreign exchange market intervention on the money supply through open market operations.

The sterilization measures can be used both to offset the reduction in money supply when in case of current account deficit the Central Bank of the country sells foreign exchange in the market and also when the Central Bank offsets the effect of increase in money supply when it buys foreign exchange from the market in case of surplus in balance of payments or when large capital inflows are coming into the economy.

Let us first explain sterilization operation by the Central Bank in case of deficit in current account of the balance of payments. The deficit in current account balance requires the Central Bank to sell foreign exchange from its reserves to prevent the depreciation of domestic currency (that is, to maintain the exchange rate constant).

The sale of foreign exchange in foreign exchange market by the Central Bank causes money supply in the economy to decrease that has deflationary effect on the economy. To avoid this adverse effect, the Central Bank buys government securities (ie, bonds) through open market operations.

When it does so the Central Bank prints domestic currency to pay for the bonds it purchases. In this way money supply in the economy increases which offsets the decrease in money supply brought about by the Central Bank when it sells foreign exchange to prevent the depreciation of the domestic currency.

Thus, provided it has enough foreign exchange assets, with sterilization operations by the Central Bank persistent deficit in balance of payments is possible because it insulates the money supply changes in the domestic economy from the Central Bank intervention in the foreign exchange market.

Sterilization Operations in Case of Surplus in Balance of Payments or Large Capital Inflows:

Now, we take up the opposite case when there is surplus in balance of payments or when large capital inflows are taking place. This situation requires that Central Bank intervenes in the foreign exchange market and buys foreign exchange inflows from the market to maintain the foreign exchange rate or to prevent the appreciation of domestic currency.

In the two years (2006-08) due to large net capital inflows in the Indian economy there was quite a large appreciation of the Indian rupee against US dollar that produced undesirable effects. Therefore, Reserve Bank intervened in the foreign exchange market by buying US dollars to prevent too much appreciation of the Indian rupee.

The purchase of foreign exchange (US dollars) from the foreign exchange market by the Reserve Bank led to the increase in money supply in the Indian economy that caused inflationary pressures. To sterilize the effect of this increase in money supply RBI undertook open market operations by selling government securities to the banks which paid rupees to it.

In this way some rupee currency had been withdrawn from the economy. In this way inflationary pressures created by the original increase in money supply through intervention in foreign exchange market have been offset.

 

コメントを残します