Kin占のねじれ需要曲線モデル(図付き)

この記事では、以下について説明します。-1. キンクされた需要曲線モデルの前提2. なぜ需要曲線にキンクがあるのか​​? 3. キンクされた需要曲線モデルの分析。

ねじれた需要曲線モデルの仮定

このモデルは、Paul M. Sweezy教授とProfsによって独立して開発されました。 一方、RCホールとCJヒッチ。

このモデルの前提は次のとおりです。

(i)oligo占市場には数社しかない。

(ii)企業は、代替品を生産しています。

(iii)製品の品質は一定のままであり、企業は広告に投資しません。

(iv)製品の価格のセットはすでに決定されており、これらの価格は現在市場で優勢です。

(v)各企業は、製品の価格を引き下げるとライバル企業は追随するが、価格を上げるとライバルはそれに追随せず、単に価格を変更しないと信じている。 ライバルのこの非対称的な反応パターンのために、各企業の需要曲線はその製品の実勢価格でキンクを持っていることを現在見ていきます。

なぜ需要曲線にキンクがあるのか​​?

図14.18では、2つの負に傾斜した直線需要曲線、つまりdd 'とDD'を描きました。 これら2つの曲線のうち、dd 'はDD'よりも平坦です。 現在、業界の特定の企業が製品の価格を変更すると、他のすべての企業は価格を一定に保ち、企業の需要曲線はdd 'のように比較的平坦になります。つまり、製品の需要の変化の大きさはその価格の変化は比較的大きくなります。

これは、企業がその製品の価格を下げたり上げたりすると、他の企業の製品の価格は一定のままであるため、企業の製品はそれぞれ他の企業の製品よりも相対的に安くまたは高くなるからです。

一方、業界の特定の企業が製品の価格を変更し、これに続いて、他のすべての企業も価格を同じ方向に変更し、簡単にするために同じ割合で変更すると、会社の需要曲線はDD 'のように比較的急です。

これは、この場合、企業が価格を下げたり上げたりしても、その製品が比較的安くも高くもならないためです。 したがって、その需要曲線はdd 'よりも弾力性が低くなるか、または急になります。つまり、需要曲線はDD'のようになります。

最初に企業の製品の価格がp 1またはOp 1であり、製品の需要がq 1またはOq 1であるとします。企業が価格をp 1から引き上げた場合、ライバル企業は価格を変更しません。このモデルの仮定(v)に従って。

この場合、企業の需要は比較的弾力的な需要曲線dd 'のセグメントRdに沿って減少します。 一方、価格をp 1から引き下げると、そのライバルも仮定(v)に従って価格を引き下げます。 この場合、企業の製品の需要量は、比較的急な需要曲線DD 'のセグメントRD'に沿って増加します。

したがって、価格p 1では、企業の需要曲線はdRD 'になります。 明らかに、仮定(v)により、この需要曲線のセグメントdRは、セグメントRD 'よりも平坦またはより弾性になります(セグメントRD'は、セグメントdRよりも急または弾性に劣ります)。

その結果、実勢価格p 1でキンクが発生するか、企業の需要曲線d RD 'のR点でキンクが発生します。つまり、このモデルの需要曲線はねじれた需要曲線になります。

ねじれた需要曲線モデルの分析

議論中のoligo占モデルでは、ねじれた需要曲線の特性とその重要性が特に議論されています。 そもそも、企業の需要曲線または平均収益(AR)曲線にはねじれがあるため、そのMR曲線を連続曲線として取得することはできません。 したがって、図14.19を使用して、ねじれた需要曲線のMR曲線の特性から始めることができます。

この図の企業のねじれた需要曲線はdRD 'です。 曲線は比較的平坦な曲線dd 'のセグメントdRと、比較的急な曲線DD'の別のセグメントRD 'で構成されているため、この曲線上の点R(p 1 、q 1 )にはキンクがあります。

したがって、キンク需要曲線dRD 'の場合、q = q 1までの企業のMR曲線は、キンク需要曲線のdRセグメントに関連付けられたMR曲線dMで構成され、q> q 1の場合、 MR曲線は、需要曲線のセグメントRD 'に関連付けられたセグメントNBになります。

キンクされた需要曲線に対する企業のMR曲線は、2つの部分、つまりセグメントdMとNBで構成され、q = q 1でポイントMとNの間に垂直ギャップが存在することを上記で取得しました。

これは、企業の生産量がq 1まで増加すると、そのMRはセグメントdMに沿って量Mq 1まで減少し、企業の生産量がq = q 1でわずかに増加しても増加することを意味します。 MRはNq 1まで低下し、その後、qが増加すると、MRはセグメントNBに沿って減少します。

言い換えれば、Mq 1とNq 1の間にMR値はありません。つまり、点線のセグメントMNは、企業のMR曲線の不連続性です。 また、キンクされた需要曲線のdRセグメント上の点Rでは、企業のMRはMq 1であり、需要曲線のRD 'セグメント上の点Rでは、MRはNq 1であると言えます。

需要曲線セグメントdRのポイントRでの需要の弾性係数(e 1 )は、需要曲線セグメントRD 'のポイントRでの係数(e 2 )とは異なり、 e 1とe 2の差が大きいほど、出力q 1でのMR曲線の不連続性の長さが大きくなります。

知っているように、図14.19の企業の需要曲線上の任意の点R(p 1 、q 1 )で、需要の価格弾力性の数値係数(e)は

つまり、需要曲線dRD 'のキンク点Rで、またはq = q 1で 、eの2つの異なる値(e 1およびe 2 )があるため、q = q 1で 、 MRの2つの異なる値(MR!およびMR 2 )とMR曲線の2つの異なる部分を取得します。 q = q 1でのMR曲線の2つの部分間の垂直ギャップは、Mq 1 – Nq 1 = MNです。

上記の議論から、eとe 2の差が大きいほど、つまりセグメントdRがセグメントRD 'より平坦になる、つまりキンクがポイントRでより顕著になることが大きくなることがわかります。は、MR 2の値よりもMR 1の値になり、q = q 1でのMR曲線の不連続性は大きくなります。

第二に、議論中のモデルでは、製品の価格が最初に与えられ、これらの価格の関係はすでに確立されています。 モデルは、これらの価格がどのように決定されたかを説明しません。

しかし、企業の製品の価格が利益最大化の目標と一致する可能性は十分にあります。 たとえば、図14.20では、企業の需要曲線はdRD 'であり、関連するMR曲線はMR 1です。MR1曲線の2つの部分間の不連続性または垂直ギャップはMNです。

ここで、企業の限界費用(MC 1 )曲線がMNのこのギャップを通過する場合、企業の価格と出力の組み合わせR(p 1 、q 1 )は利益の最大化と一致しますが、ここではq = q 1で 、 MR(= Mq 1 )> MC(= Lq 1 )があり、MR = MCではありません。

ここでは、q <q 1 MR> MCで、企業が生産量を増やして利益最大化ポイントに到達することがわかります。 ここで、qが増加してq 1に等しくなると、MR> MCになります。 しかし、企業がqをq 1を超えて増加させると、MRはMC未満になります(MR <MC)。つまり、生産の限界単位の生産と販売から、企業は損失を被ります。

したがって、q = q 1ではMR = MCではなくMR> MCであるにもかかわらず、q = q 1で最大の利益が得られ、q = q 1で利益が最大になります。

第三に、ライバル企業の反応パターンに関するモデルの仮定(v)は、企業の需要曲線のねじれを説明するかもしれないが、企業の製品の価格、またはその点については、ライバルの製品が決定されます。

しかし、仮定(v)で示されるライバルの反応パターンは、価格が決定されると、なぜ価格が変化しない傾向があるのか​​、つまりなぜ価格が粘着するのかを説明できます。

たとえば、図14.20で、企業の販売数量がq 1からq 2に増加した場合、ライバルの反応に関する概念については、ライバルの反応パターンに関する仮定を変更する傾向はありません。決して販売量に依存しません。

したがって、需要曲線の右方向へのシフトに起因する販売量の増加、または製品の需要の増加を考慮します。需要曲線はdRD 'からdR'に右にシフトしたと考えられます。 D」。

ここで、需要曲線は右にシフトしているものの、製品の価格は変わらないため、必ずしも利益最大化目標が達成されないことに注意してください。

図14.20では、2つの曲線、つまりdRD 'とdR'D”は等弾性(2.8.2g)であり、MC 1曲線は不連続性(M 1 N 1 )も通過すると仮定しました。需要曲線dR'D”の限界曲線であるMR 2曲線の。 したがって、ここでは、企業は同じ価格p 1 = R'q 2 = Rq 1で利益を最大化できます。

第4に、議論中のモデルでは、生産コストが上昇した場合でも、会社は製品の価格を変更する必要がない場合があります。 たとえば、最初に企業のARおよびMR曲線がdRD 'およびMR 1であり、MC、curveが企業のMC曲線であると仮定します。

この場合、p 1の価格でq 1のアウトプットを販売すれば、企業の利益は最大化されます。 ここで、企業のコストポジションが変化してMCカーブがMC 1からMC 2に上方にシフトし、MC 2カーブもMC 1のようにMRカーブの不連続性(MN)を通過する場合、企業は最大の利益を得るために製品の価格を変更する必要はありません。

前のケースのように、p 1の価格で生産物を売れば、利益を最大化できます。

需要曲線の変化に伴って生産コストが上昇する場合、利益の最大化では、企業が製品の価格を変更する必要がない場合もあります。 たとえば、図14.20で、会社のAR、MR、およびMC曲線がそれぞれdRD '、MR 1 、およびMC 1であると仮定します。この場合、会社の利益最大化価格と出力の組み合わせはR( p 1 q 1 )。

ここで、企業のMC曲線がMC2に上昇し、需要曲線がdR'D”に右シフトする場合、MC2曲線が両方を通過する場合、企業は製品の価格を変更する必要はありません。 dRD 'およびdR'D”曲線の不連続性、MNおよびM 1 N 1

価格piで最大の利益を得ることができます。 しかし、現在、生産および販売される生産量はq 2です。 つまり、企業の価格と出力の組み合わせは、ポイントR '(p 1 、q 2 )で取得されます。

上記の議論に基づいて、oligo占のねじれた需要曲線モデルでは、反応パターンに関する仮定(v)により、企業はその製品の実勢価格を変更することは有益または合理的であるとは考えないと結論付けることができるそのライバルの。

[この仮定は、特定の企業がその製品の価格を上げても、そのライバルは価格を上げないが、価格を下げればすぐに価格を下げると述べている。]これらの反応のために、各oligo占企業の需要曲線はねじれ、この需要曲線のMR曲線には2つの別個のセグメントがあり、それらの間に垂直ギャップがあります。

ただし、この垂直ギャップが存在するために、企業の利益最大化という目標を達成できないことはありません。 企業の需要が増加した場合、つまり需要曲線が右に移動した場合、および/またはMC曲線が上方に移動した場合でも、実勢価格で利益最大化を達成することは不可能ではありません。

したがって、ねじれた需要曲線モデルでは価格決定のプロセスを説明することはできませんが、market占市場で価格がなぜ粘着的であるかを十分に説明できます。

 

コメントを残します