国際貿易の理論に関するエッセイ

このエッセイでは、国際貿易について議論します。 このエッセイを読んだ後、あなたは以下について学びます:1.国際貿易の理論の紹介2.国際貿易の重商主義の理論3.絶対優位の理論4.比較優位の理論5.因子寄付理論6.国の類似性理論7.新しい貿易理論8.国際製品ライフサイクル理論およびその他の詳細。

内容:

  1. 国際貿易論入門エッセイ
  2. 国際貿易の重商主義の理論に関するエッセイ
  3. 国際貿易の絶対的優位の理論に関するエッセイ
  4. 国際貿易の比較優位の理論に関するエッセイ
  5. 国際貿易の要素賦存理論に関するエッセイ
  6. 国際貿易の国類似性理論に関するエッセイ
  7. 国際貿易の新貿易理論に関するエッセイ
  8. 国際貿易の国際製品ライフサイクル理論に関するエッセイ
  9. 国際貿易の競争優位の理論に関するエッセイ
  10. 国際貿易理論の含意に関するエッセイ

エッセイ#1. 国際貿易理論の紹介:

国境を越えた商品の交換は、国際貿易と呼ばれます。 各国は、取引される製品とサービスの点で大きく異なります。 国が他の国の貿易構造に従うことはめったにありません。 むしろ、独自の製品ポートフォリオと輸出入の取引パターンを進化させます。 その上、国は外因性要因の激変に対する脆弱性に顕著な違いを持っ​​ています。

貿易は、シンガポールや香港(現在は中国の省)などの資源が限られている国や、カリブ海や西アジア地域にあるような資源が歪んでいる国の存続にとって非常に重要です。 ただし、インド、米国、中国、英国など、リソースが多様化した国では、貿易への関与には論理的な基盤が必要です。

国の貿易パターンは静的な現象ではありません。 むしろ、これらは本質的に動的です。 さらに、ある国の製品プロファイルと貿易パートナーは、一定期間にわたって変化します。 最近まで、ダイヤモンド研磨と貿易の分野で議論の余地のないベルギーのアントワープの都市は、展示物2.1にあるように、インドや他のアジア諸国へのダイヤモンド事業のシフトを目の当たりにしていました。

また、国際的なビジネスマネージャーが、なぜ国同士が取引を行うのかなど、いくつかの基本的な問題に対する答えを見つけることが不可欠です。

ゼロサムゲームまたは相互に有益なアクティビティを取引していますか?

なぜ国間の貿易パターンに大きなばらつきがあるのですか?

政府の政策は貿易に影響を及ぼしますか?

国際貿易の理論は、これらのクエリのほとんどに存在理由を提供します。

貿易理論は、潜在的な製品ポートフォリオと貿易パターンについての記述的および規範的な洞察も提供します。 また、特定の製品の供給拠点または市場として国が発展した背景にある基本的な理由の理解を促進します。

中央政府および国際機関の規制の枠組みの原則も、これらの基本的な経済理論によってさまざまな程度に影響を受けます。


エッセイ#2.国際貿易の重商主義の理論:

重商主義の理論は、国の富をその蓄積された宝の大きさによって属性づけ、測定します。 過去の金と銀は国際貿易の通貨と見なされていたため、蓄積された富は伝統的に金の観点から測定されます。 各国は、輸出を奨励し、輸入を阻止することにより、金の形で金融資産を蓄積すべきです。

重商主義の理論は、貿易黒字を創出することを目的としており、それが国の富の蓄積に貢献しています。 16世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパの植民地勢力は国際貿易を積極的に追求し、財の宝庫を増やしました。そして、財は強力な軍隊とインフラストラクチャを構築するために投資されました。

植民地支配国は主に、それぞれの母国の利益のために国際貿易に従事し、母国はその植民地を利用可能な資源として扱いました。 東インド会社の最初の船は1608年にスラト港に到着し、インドとの貿易を行い、スパイス、綿、最高級のモスリン布などの豊富な資源を活用しました。

ドイツ、フランス、ポルトガル、スペイン、イタリアなどの他のヨーロッパ諸国と日本の東アジア諸国も、自然資源と人的資源を活用するために積極的に植民地を設立しました。

重商主義は、貿易黒字の維持と植民地化の拡大に焦点を当てた積極的な政府の介入によって実施されました。 各国政府は、関税と割当を通じて輸入に制限を課し、生産を補助することにより輸出を促進した。

植民地は、綿花、穀物、香辛料、ハーブ、薬用植物、茶、コーヒー、果物などの一次産品の安価な原料として、また消費用として、また産業の原料としても役立ちました。 このように、重商主義の政策は、富を蓄積する上で植民地の大国を大いに助け、利益をもたらしました。

重商主義の理論の限界は次のとおりです。

私。 この理論では、富の蓄積は別の取引相手の費用で発生します。 したがって、国際貿易は勝ち負けゲームとして扱われ、結果として世界の富への貢献は事実上ありません。 したがって、国際貿易はゼロサムゲームになります。

ii。 良好な貿易収支は短期的にのみ可能であり、長期的には自動的に排除されると、デービッド・ヒュームの価格-種-流れの原則に従っています。 国による輸入よりも輸出による金の流入は、国内価格を上昇させ、輸出価格の上昇につながります。

次に、郡は価格の面で競争力を失います。 一方、輸入国による金の損失は、国内価格水準の低下につながり、輸出を押し上げるでしょう。

iii。 現在、金は外貨準備のごく一部にすぎません。 政府はこれらの準備金を使用して、外国為替市場に介入し、為替レートに影響を与えます。

iv。 重商主義理論は、天然資源、人材、スキルレベル、資本など、国の富の他の要因を見落としています。

v。すべての国が、輸出を促進し、輸入を制限し、その過程でいくつかの貿易障壁を作成する制限政策に従う場合、最終的には国際貿易にとって非常に制限的な環境になります。

vi。 重商主義政策は、植民地の権力が搾取の手段として使用したものであり、それによって最終工業製品に対して植民地市場から高い価格を請求し、植民地からはるかに低いコストで原材料を購入しました。 植民地の力は、彼らの植民地での開発活動を、彼ら自身の利益のために国際貿易を支援する最小限のインフラ基盤に制限しました。 したがって、コロニーは貧弱なままでした。

多くの中央政府はいまだに重商主義理論に固執しているようであり、輸入ではなく輸出が積極的に促進されています。 これはまた、経済自由化の前に多くの国で採用された「輸入代替戦略」の背後にある存在理由を説明しています。

この戦略は、効率を犠牲にして生産コストを高めても、輸入品を封じ込めて国内生産を促進するという熱意に導かれました。 その結果、同国からの輸出を促進する多数の輸出促進組織が設立されました。 しかし、輸入促進機関はほとんどの国で一般的ではありません。

現在、この貿易理論で使用されている用語は新重商主義であり、これは有利な貿易収支の創出を目指しており、貿易黒字を生み出すために多くの国で採用されています。 日本は、政治力を経済力と、経済力を貿易黒字と同一視しようとした国の好例です。


エッセイ#3. 国際貿易の絶対的な利点の理論:

経済学者のアダム・スミスは、1776年に最初に出版された彼の独創的な著書 『国家の自然と原因への探究』で重商主義貿易政策を批判的に評価した。スミスは、その国庫ですが、国民の本当の富は、国民一人当たりの収入に反映されるように、国民の生活の質の向上のレベルによって測定されます。

スミスは生産性を強調し、自由貿易を世界的な効率を高める手段として提唱しました。 彼の定式化によれば、国の生活水準は、自国で生産されていない商品を輸入するか、専門化を通じて大量の商品を生産し、余剰を輸出することにより、他国との国際貿易によって強化することができます。

絶対的な利点とは、ある国が他のどの国よりも効率的かつ費用対効果の高い方法で生産する能力を指します。

スミスは、「絶対的な利点」の概念を解明し、次のように日常のイラストを活用して専門化から利益を得ました。

それは家族のすべての賢明なマスターの格言であり、購入するよりも彼が作るのにかかる費用を自宅で決して作ることはありません。 テイラーは自分の靴を作ろうとせず、靴屋から購入します。 靴屋は自分の服を作ろうとせず、テイラーを雇います。

農夫はどちらか一方を作ろうとはしませんが、それらの異なる職人を採用します。 彼らは皆、彼らの利益のために、彼らの産業全体を彼らの隣人よりもいくらか有利な方法で使うことを見つけます。

すべての私的な家族の行動における慎重さは、偉大な王国のそれにおいて愚かであることがほとんどありえない。 外国が私たちが自分で作るよりも安い商品を私たちに供給できるなら、私たち自身の産業の農産物の一部でそれらをよりよく買う。 したがって、各国は、すべての製品を生産する代わりに、より効率的に生産できる製品の生産に特化する必要があります。

このような効率は次の方法で得られます。

私。 製品の反復生産。これにより、労働力のスキルが向上します。

ii。 労働時間を節約するために、生産を別の生産に切り替える。

iii。 長期にわたる製品の実行は、一定の期間にわたってより効果的な作業方法を開発するためのインセンティブを提供します。

したがって、国は、生産を増やして輸出し、輸入によってより多くの商品を取得する必要があります。これにより、国民の生活水準が向上します。 国の利点は、自然なものであるか、獲得されたものです。

ナチュラル

国の地理的および農業気候条件、鉱物またはその他の天然資源、または専門の人材などの自然要因は、特定の製品における国の自然な優位性に貢献します。 たとえば、インドの農業気候条件は、スパイス、綿、茶、マンゴーなどの農産物のかなりの輸出にとって重要な要因です。

比較的安価な労働力の利用可能性は、労働集約的な製品の輸出においてインドの優位に貢献しています。 米国の小麦とトウモロコシの生産、サウジアラビアの石油、イスラエルの柑橘類、カナダの木材、ジャマイカのアルミニウム鉱石はすべて、自然の利点を示しています。

獲得したアドバンテージ

今日、国際貿易は、特にインドのような発展途上国において、伝統的な農産物から工業製品およびサービスに移行しています。 製品またはそのプロセス技術のいずれかで獲得された利点は、そのような変化を生み出す上で重要な役割を果たします。

異なる製品を差別化または生産する能力は製品技術の利点と呼ばれ、均質な製品をより効率的に生産する能力はプロセス技術の利点と呼ばれます。

日本での家電や自動車、インドでのソフトウェア、スイスでの時計、韓国での造船の生産は、獲得された優位性に起因する可能性があります。 インドのジャイプール、スラト、ナバサリ、およびムンバイの宝石および半貴石の輸出センターの一部は、原料資源ではなく、輸入された原石の処理で開発されたスキルのために登場しました。

絶対的な優位性の概念を説明するために、英国とインドなどの2つの国の例を取り上げます。 両方の国が同じ量、たとえば土地、労働力、資本などの100単位を持ち、茶または米の生産に使用できると仮定しましょう。

ただし、1トンのお茶を生産するために英国では10ユニットの資源が必要であるのに対し、インドでは5ユニットの資源しか必要ないため、生産効率は国によって異なると想定されています。 一方、1トンの米を生産するために、英国は4ユニットの資源しか必要としないのに対し、インドは10ユニットの資源を必要とします(表2.1)。

インドはお茶の生産に英国と比較して必要な資源が少ないため、お茶の生産は比較的効率的です。 一方、英国は米の生産に必要な資源がインドに比べて少ないため、米の生産は比較的効率的です。

各国は同等のリソースを保有していると想定されていますが、各国の生産の可能性は、生産効率と利用可能なリソースの利用状況によって異なります。

国の限られたリソースで生産できる2つの製品の可能な組み合わせはすべて、生産可能性曲線(図2.1)でグラフィカルに描くことができます。

曲線の勾配は、「ある製品を他の製品よりも生産するトレードオフ」を反映しており、機会費用を表しています。 代替使用のために廃止された生産要素の価値は、機会費用と呼ばれます。

たとえば、英国が1トンの紅茶の生産を希望する場合、2.5トンの米の生産を控えなければなりません。 一方、1単位の米を生産するには、わずか0.40トンのお茶の生産を放棄する必要があります。

両国間で外国貿易が行われず、それぞれが茶と米の生産にその資源を平等に(すなわち、50:50)使用すると仮定します。 図2.1に示すように、英国はポイントBで5トンのお茶と12.5トンの米を生産し、インドはポイントAで10トンのお茶と5トンの米を生産します。

これにより、総生産量は15トンの茶と17.5トンの米になります(表2.2)。 インドと英国の両方がそれぞれ茶と米のみの生産にリソースを使用し、それぞれが絶対的な利点がある場合、図2.1に示すように、茶の総生産量は15トンから20トンに増加します( C)米は17.5トンから25トンに増加します(ポイントD)。

したがって、専門化の結果として総生産量が増加するため(表2.2)、両国は相互に取引から利益を得ることができます。

絶対的な優位性の理論は、アダム・スミスの自由放任主義の原則に基づいています。 特に国際貿易に適用される場合、「企業の自由」および「商業の自由」を指します。

したがって、政府は、非経済的な関税やその他の貿易規制の形で、国家の経済生活や国家間の貿易関係に介入すべきではありません。

政府の介入なしに、市場はそれ自体で効率的な終わりに達するでしょう。 重商主義理論が示唆するのとは異なり、取引は絶対優位の理論の下でゼロサムゲームではなく、取引相手が負けた場合にのみ国家は利益を得ることができます。 代わりに、自由貿易に関与する国々は、資源の効率的な配分の結果として相互に利益を得るでしょう。


エッセイ#4. 国際貿易の比較優位の理論:

政治経済と課税の原則で、David Ricardo(1817)は、比較優位の理論を公布しました。そこでは、ある国は、2つの商品の生産において他の国より効率が悪くても国際貿易から利益を得ます。

比較優位とは、ある国が他の国よりも効率的に財を生産できないが、その財を他の財と比較してより効率的に生産する能力として定義される場合があります。

したがって、国は両方の商品に関して絶対的な不利な状況にあるかもしれませんが、絶対的な不利な状況は、ある商品では他の商品よりも低くなっています。

したがって、国は、絶対的な不利益が他の商品よりも少ない商品の生産と輸出に特化する必要があります。言い換えれば、生産効率の面で国が比較優位を獲得しています。

概念を説明するために、英国が茶1トンを生産するのに10ユニットのリソースと米1トンに5ユニットを必要とし、インドが茶1トンを生産するのに5ユニットのリソースと1米に4ユニットを必要とする状況を想定しましょう米のトン(表2.3)。 この場合、インドは茶と米の両方の生産においてより効率的です。 したがって、インドは両方の製品の生産において絶対的な利点があります。

英国はこれらの商品のいずれにも絶対的な優位性はありませんが、米をより効率的に生産できるため、米の生産には比較優位があります。 各国はまた、比較的効率の良い財の生産に資源を利用することで貿易から利益を得ています。

各国で合計100ユニットのリソースの可用性を想定すると、図2.2は、英国とインドで生産できる2つの製品のすべての可能な組み合わせを示しています。

インドと英国の間に外国貿易がなく(表2.4)、両国が各商品の生産に同等(50:50)の資源を使用すると想定される場合、英国は5トンの茶と10トンの米を生産します。図2.2のポイントBでインドが10トンのお茶と12.5トンの米を生産するのに対して、ポイントAで示されています。

英国が他よりも効率的な米の生産にすべての資源を使用する場合、インドは75単位の資源を使用することで同じ量の茶、つまり15トン(ポイントC)を生産できます。 残りの25ユニットの追加資源を6.25ユニットの米の生産に利用できます。これにより、総米生産量は貿易なしの22.5トンから貿易後の26.25トンに増加します(表2.4)。

あるいは、英国は全資源(100ユニット)を使用して20トンの米を生産でき、インドは10ユニットの資源を使用して2.5トンの米を生産できるため、同量の米、つまり22.5トン。

残りの90単位の資源はインドで茶の生産に使用される可能性があり、その結果、茶生産は貿易なしの15トンから貿易ありの18トンにポイントEで示されるように増加します。世界の総生産量が増加するにつれて、その国の製品のいずれにも絶対的な優位性がなくても、貿易から利益を得ます。

比較優位の測定

バラッサ指数は、特定の商品における個々の国の相対的な取引実績を測定する明らかにされた比較優位(RCA)を測定するための有用なツールとしてしばしば使用されます。

貿易の商品パターンは、国外の相対的なコストの違いと価格以外の要因を反映しているという仮定に基づいて、貿易国の比較優位を「明らかにする」ことが想定されています。 国のRCAの変化に寄与する要因には、経済的要因、構造的変化、世界需要の改善、貿易の専門化が含まれます。

RCAは、商品の世界輸出における国のシェアを、総輸出におけるシェアで割ったものとして定義されます。 国iの商品jのインデックスは次のように計算されます。

RCA ij =(X ij / X wj )/(X i / X w

どこ、

X ij = i番目の国の商品jの輸出

X wj =商品jの世界輸出

X i =国iの総輸出

X w =総世界輸出

明らかにされた比較優位の指標の値(RCA ij )が1(つまり1)よりも大きい場合、国はその商品にRCAを持っています。 RCAインデックスは、特定の輸出商品の本質的な利点を考慮しており、経済の相対的な要因の寄付と生産性の変化と一致しています。 しかし、それは要因の賦与の改善と国の貿易政策の影響を区別できません。

表2.5に示すように、中国は、さまざまな技術カテゴリー(低、中、高)に属する衣料品、電子機器、情報技術(IT)および家庭用電化製品、皮革製品、繊維、その他の製造業などでRCAを保有しています)が、リソースベースの製造ではありません。

一方、インドは生鮮食品、皮革製品、鉱物、織物、基礎製造、化学品、衣類などの資源ベースの低技術産業でRCAを持っています。

また、米国、日本、および英国は、IT、家電、電子機器、製造などの高および中技術カテゴリでRCAを持っているのに対し、メキシコ、香港、タイには、低、中、高の技術分野でRCAがあります。

これは、ミディアムからハイテクノロジー製品に特化した国がインドとの二国間貿易を拡大する機会を模索する可能性があり、資源ベースの産業にいる国は中国でのそのような製品の需要の増加により実質的に利益を得る可能性があることを意味する

たとえば、ラテンアメリカ諸国は主にさまざまな商品を生産および輸出しています。 ラテンアメリカの主要生産国は銅、石油、大豆、コーヒーです。この地域は世界の大豆作物の約47%、銅の40%、および油の9.3%を生産しているためです。

中国や他の国々での商品に対する需要の高まりは、これらの国々に生産を拡大し、外国為替収入を増やす機会を与えています。 同様に、インドと中国の経済活動の急速な成長は、石油輸出国に機会をもたらします。 したがって、明らかになった比較優位は、国際貿易のパターンを説明するための有用なツールとして採用することができます。

専門理論の制限:

専門化の理論の最も重要な制限のいくつかは次のとおりです。

私。 絶対的および比較優位の理論は、生産と消費の最大化の衝動によってのみ国が動かされるという仮定の下、専門化に重点を置いています。 しかし、専門分野での経済効率の達成が国の唯一の目標ではないかもしれません。 たとえば、中東諸国は莫大な資源を費やし、農業および園芸部門の発展に持続的な戦略を追求してきました。これらの諸国では、自立するために絶対的および比較的な不利が非常に高くなっています。

ii。 1つの商品または製品に特化しても、必ずしも効率が向上するとは限りません。 複数の製品の生産と輸出は、多くの場合、全体的な効率レベルの向上に相乗効果をもたらします。

iii。 これらの理論は、生産が完全雇用条件の下で行われ、労働が生産プロセスで使用される唯一のリソースであると仮定していますが、これは有効な仮定ではありません。

iv。 多くの場合、利益の分配は取引パートナー間で不平等であり、これにより、相対的な損失を防ぐために絶対利益を放棄する可能性のある、より低い利益を知覚または取得するパートナーが疎外される場合があります。

v。元の理論は、2つの国の2つの商品の状況に基づいて提案されています。 ただし、理論が複数の商品および複数の国の状況で実験した場合でも、同じロジックが適用されます。

vi。 物流コストはこれらの理論では見落とされており、提案されている国際貿易の利点に反する可能性があります。

vi。 経済および生産の規模は考慮されていません。


エッセイ#5.国際貿易の要素賦与理論:

絶対的および比較優位の初期の理論は、国が優位を持つことができる製品の洞察をほとんど提供しませんでした。 Heckscher(1919)とBertil Ohhn(1933)は、相対的な商品価格の違いと2国間の競争優位性の理由を説明する理論を開発しました。

この理論によれば、国は、その生産が国の比較的豊富で安価な要因の集中的な使用を必要とする商品を輸出し、生産が国の希少で高価な要因の集中的な使用を必要とする商品を輸入します。

したがって、安価な労働力が豊富な国は、労働集約型の製品を輸出し、資本集約型の製品を輸入し、その逆も同様です。 貿易のパターンは、生産性ではなく要素の賦与によって決定されることを示唆しています。

この理論では、3種類の関係を提案しています。

(i)土地と労働の関係

国は、労働力が土地のコスト(すなわち、比較的高価)に比べて豊富(すなわち、比較的安価)である場合、労働集約的な製品の生産を専門とするでしょう。 これは主に、労働力がほとんどないために高価な国と比較して、労働力に富んだ国がより費用効率の高いものを生産できるためです。

(ii)労働資本関係

資本が豊富にあり、労働力が比較的少ない(したがって最も費用がかかる)国では、大きな資本投資を必要とする商品の生産において競争力を達成する傾向があります。

(iii)技術的な複雑さ

さまざまな生産方法や生産技術を採用することで同じ製品を生産できるため、そのコスト競争力には大きなばらつきがあります。 生産コストを最小化し、コスト競争力を達成するためには、技術力と国の制約を考慮して最適な生産方法を検討する必要があります。

レオンチェフのパラドックス

ファクター基金理論によれば、労働コストが比較的安い国は労働集約型の製品を輸出し、労働力が少なく資本が比較的豊富な国は資本集約型の製品を輸出します。

ワシリー・レオンティーフは1951年にヘッシャー・オーリン・モデルの実証試験を実施し、豊富な資本資源を持ち、資本集約的な財を輸出し、労働集約的な財を輸入する米国かどうかを調べました。 彼は、米国がより労働集約的な商品を輸出し、より資本集約的な製品を輸入していることを発見しました。これは、Heckcher-Ohlin Model of factor endowmentの結果に反していました。


エッセイ#6. 国際貿易の国類似性理論:

因子賦与のヘクシャー・オーリン理論によると、貿易は、その因子賦与に大きな違いがある国の間で行われるべきです。 したがって、製品を製造している先進国と一次製品を生産している開発途上国は、自然貿易相手国であるべきです。

スウェーデンのエコノミスト、Staffan B. Underは、2つの異なるカテゴリー、つまり一次産品(天然資源製品)と製造業における国際貿易のパターンを研究しました。

天然資源ベースの産業では、生産と要素賦与の相対コストが取引を決定することがわかった。 ただし、製造品の場合、コストは、相対的な生産コストや要素賦与ではなく、国全体の製品需要の類似性によって決定されました。

貿易の大部分は、同様の特性を持つ国間で発生することが観察されています。 ほとんどの先進国の主要な貿易相手国は、他の先進工業国です。

国の類似性理論は、次の原則に基づいています。

私。 2つの国の需要パターンが似ている場合、消費者は同じ程度の品質と洗練度の同じ商品を要求します。 この現象は、嗜好類似性とも呼ばれます。 このような類似性は、2つの先進国間の貿易の強化につながります。

ii。 一人当たりの所得レベルが高い国の需要パターンは、同様の収入レベルを持つ他の国の需要パターンと類似しています。居住者はより洗練された高品質の「高級」消費財を要求する一方、一人当たりの所得が低い国の需要パターン収入は、その「必要性」の一部として低品質で安価な消費財を必要とします。

先進国は、複雑で技術集約型の高級品の製造に比較優位があるため、他の高所得国の輸出市場を見つけるでしょう。

iii。 ほとんどの製品は自国市場の需要パターンに基づいて開発されているため、文化的または経済的な類似性により同様の需要パターンを持つ他の国は自然貿易相手国になります。

iv。 地理的に近い場所にある国も、遠くにある国に比べて貿易が大きいでしょう。 これは、交通費のほかに、文化的、経済的など、さまざまなタイプの類似性によっても説明できます。 国の類似性理論は、コスト比較を超えています。 したがって、国際マーケティングでも使用されます。


エッセイ#7. 新しい国際貿易理論:

各国は必ずしもその違いから利益を得るためだけに取引を行うわけではありませんが、リターンを増加させるために取引を行います。 国際貿易により、企業はより大きな市場を提供することにより、その専門性により生産性を高めることができ、その結果、効率が向上します。

この理論は、市場が完全に競争的でない場合、または特定の製品の生産によって規模の経済が達成される場合の貿易パターンの説明に役立ちます。 大規模生産から生じる製品の単価の減少は、規模の経済と呼ばれます。

固定費は生産量の増加に分配されるため、規模の経済により、企業は単位当たりの平均生産コストを削減し、価格競争力を高めることができます。

(i)内部規模の経済:

生産単位あたりのコストが規模に依存する場合、企業は規模の経済によって恩恵を受けます。 サイズが大きいほど、規模の経済は高くなります。 規模の内部経済を強化する企業は、価格を下げ、業界を独占し、不完全な市場競争を生み出す可能性があります。 これにより、不完全な市場競争により市場価格が低下します。

規模の内部経済により、企業は規模の経済から費用便益を達成するために必要な量を生産するために狭い製品ラインに特化する可能性があります。

R&Dへの巨額の投資を必要とし、Microsoftのブランドソフトウェア、IntelまたはAMDのマイクロプロセッサー、BoeingまたはAirbusの航空機などの製造施設の作成を必要とする業界は、規模の内部経済を達成し、効果的に競争するためにグローバルな市場基盤を持っている必要があります。

(ii)外部規模の経済

出力単位あたりのコストが、個々の企業の規模ではなく、業界の規模に依存する場合、外部の規模の経済と呼ばれます。 This enables the industry in a country to produce at a lower rate when the industry size is large compared to the same industry in another country with a relatively smaller industry size.

The dominance of a particular country in the world market in a specific products sector with higher external economies of scale is attributed to the large size of a country's industry that has several small firms, which interact to create a large, competitive critical mass rather than a large-sized individual firm.

However, external economies of scale do not necessarily lead to imperfect markets but may enable the country's industry to achieve global competitiveness. Although no single firm needs to be large, a number of small firms in a country may create a competitive industry that other countries may find difficult to compete with.

The automotive component industry o India and the semiconductor industry in Malaysia are illustrations of external economies of scale. The development of sector-specific industrial clusters, such as brassware in Moradabad, hosiery in Tirupur, carpets in Bhadoi, semi-precious stones in jaipur, and diamond polishing in Surat, may also be attributed to external economies

The new trade theory brings in the concept of economies of scale to explicate the Leontief paradox. Such economies of scale may not be necessarily linked to the differences in factor endowment between the trading partners. The higher economies of scale lead to increase in returns, enabling countries to specialize in the production of such goods and trade with countries with similar consumption patterns.

Besides intra-industry trade, the theory also explains intra-firm trade between the MNEs and their subsidiaries, with a motive to take advantage of the scale economies and increase their returns.


Essay # 8. International Product Life-Cycle Theory of International Trade:

International markets tend to follow a cyclical pattern due to a variety of factors over a period of time, which explains the shifting of markets as well as the location of production. The level of innovation and technology, resources, size of market, and competitive structure influence trade patterns.

In addition, the gap in technology and preference and the ability of the customers in international markets also determine the stage of international product life cycle (IPLC).

In case the innovating country has a large market size, as in case of the US, India, China, etc., it can support mass production for domestic sales. This mass market also facilitates the producers based in these countries to achieve cost-efficiency, which enables them to become internationally competitive.

However, in case the market size of a country is too small to achieve economies of scale from the domestic market, the companies from these countries can alternatively achieve economies of scale by setting up their marketing and production facilities in other cost-effective countries.

Thus, it is the economies of scope that assists in achieving the economies of scale by expanding into international markets. The theory explains the variations and reasons for change in production and consumption patterns among various markets over a time period, as depicted in Fig. 2.3.

The IPLC has four distinct (Exhibit 2.2) identifiable stages that influence demand structure, production, marketing strategy, and international competition as follows.

(i) Introduction :

Generally, it is in high-income or developed countries that the majority of new product inventions take place, as product inventions require substantial resources to be expended on R&D activities and need speedy recovery of the initial cost incurred by way of market-skimming pricing strategies.

Since, in the initial stages, the price of a new product is relatively higher, buying the product is only within the means and capabilities of customers in high-income countries. Therefore, a firm finds a market for new products in other developed or high income countries in the initial stages.

(ii) Growt h:

The demand in the international markets exhibits an increasing trend and the innovating firm gets better opportunities for exports. Moreover, as the market begins to develop in other developed countries, the innovating firm faces increased international competition in the target market.

In order to defend its position in international markets, the firm establishes its production locations in other developed or high income countries.

(iii) Maturity :

As the technical know-how of the innovative process becomes widely known, the firm begins to establish its operations in middle- and low-income countries in order to take advantage of resources available at competitive prices.

(iv) Decline :

The major thrust of marketing strategy at this stage shifts to price and cost competitiveness, as the technical know-how and skills become widely available. Therefore, the emphasis of the firm is on most cost-effective locations rather than on producing themselves.

Besides other middle-income or developing countries, the production also intensifies in low-income or least-developed countries (LDCs). As a result, it has been observed that the innovating country begins to import such goods from other developing countries rather than manufacturing itself.

The UK, which was once the largest manufacturer and exporter of bicycles, now imports this product in large volumes. The bicycle is at the declining stage of its life cycle in industrialized countries whereas it is still at a growth or maturity stage in a number of developing countries.

The chemical and hazardous industries are also shifting from high-income countries to low-income countries as a part of their increasing concern about environmental issues, exhibiting a cyclical pattern in international markets.

Although the product life cycle explains the emerging pattern of international markets, it has got its own limitations in the present marketing era with the fast proliferation of market information, wherein products are launched more or less simultaneously in various markets.


Essay # 9. Theory of Competitive Advantage of International Trade:

As propounded by Michael Porter in The Competitive Advantage of Nations, the theory of competitive advantage concentrates on a firm's home country environment as the main source of competencies and innovations. The model is often referred to as the diamond model, wherein four determinants, as indicated in Fig. 2.4, interact with each other.

Porter's diamond consists of the following attributes:

(i) Factor (Input) Conditions :

Factor conditions refer to how well-endowed a nation is as far as resources are concerned. These resources may be created or inherited, which include human resources, capital resources, physical infrastructure, administrative infrastructure, information infrastructure, scientific and technological infrastructure, and natural resources.

The efficiency, quality, and specialization of underlying inputs that firms draw while competing in international markets are influenced by a country's factor conditions.

The inherited factors in case of India, such as the abundance of arable land, water resources, large workforce, round-the-year sunlight, biodiversity, and a variety of agro-climatic conditions do not necessarily guarantee a firm's international competitiveness.

Rather the factors created by meticulous planning and implementation, scientific and market knowledge, physical and capital resources and infrastructure, play a greater role in determining a firm's competitiveness.

(ii) Demand Conditions :

The sophistication of demand conditions in the domestic market and the pressure from domestic buyers is a critical determinant for a firm to upgrade its product and services. The major characteristics of domestic demand include the nature of demand, the size and growth patterns of domestic demand, and the way a nation's domestic preferences are transmitted to foreign markets.

As the Indian market has long been a sellers' market, it exerted little pressure on Indian firms to strive for quality up gradation in the home market. However, as a result of India's economic liberalization, there has been a considerable shift in the demand conditions.

(iii) Related and Supporting Industries :

The availability and quality of local suppliers and related industries and the state of development of clusters play an important role in determining the competitiveness of a firm. These determine the cost-efficiency, quality, and speedy delivery of inputs, which in turn influence a firm's competitiveness.

This explains the development of industrial clusters, such as IT industries around Bangalore, textile industries around Tirupur, and metal handicrafts around Moradabad.

(iv) Firm Strategy, Structure, and Rivalry :

It refers to the extent of corporate investment, the type of strategy, and the intensity of local rivalry. Differences in management styles, organizational skills, and strategic perspectives create advantages and disadvantages for firms competing in different types of industries. Besides, the intensity of domestic rivalry also affects a firm's competitiveness.

In India, the management system is paternalistic and hierarchical in nature. In the system of mixed economy with protectionist and monopolistic regulations, the intensity of competition was almost missing in major industrial sectors.

It was only after the economic liberalization that the Indian industries were exposed to market competition. The quality of goods and services has remarkably improved as a result of the increased intensity of market competition. Two additional external variables of Porter's model for evaluating national competitive advantage include chance and government, discussed below.

(v) Chance :

The occurrences that are beyond the control of firms, industries, and usually governments have been termed as chance, which plays a critical role in determining competitiveness. It includes wars and their aftermath, major technological breakthroughs, innovations, exchange rates, shifts in factor or input costs (eg, rise in petroleum prices), etc.

Some of the major chance factors in the context of India include disintegration of the erstwhile USSR and the collapse of the communist system in Eastern Europe, opening up of the Chinese market, the Gulf War, etc.

(vi) Government :

The government has an important role to play in influencing the determinants of a nation's competitiveness. The government's role in formulating policies related to trade, foreign exchange, infrastructure, labour, product standards, etc. influences the determinants in the Porter's diamond.

Assessing country competitiveness :

In order to facilitate the quantifiable assessment of competitiveness, the World Economic Forum has developed the Global Competitiveness Index. It presents a quantified framework aimed to measure the set of institutions, policies, and factors that set the sustainable current and medium-term levels of economic prosperity.

The US was ranked as the most competitive economy in the world, followed by Switzerland, Denmark, Sweden, Singapore, Finland, and Germany whereas China and India were ranked at 30th and 50th positions, respectively.

India has made remarkable progress in improving its global competitiveness during the recent years. The rapid rise in the share of the working age population for the last 20 years would add to favourable demographics to India's competitiveness.

However, to benefit from this India will have to find ways to bring its masses of young people into the workforce, by spending on education and improving the quality of its educational institutions so as to enhance the productivity of its young.

Moreover, the country still has to take effective measures (Exhibit 2.3) to deal with its bureaucratic red-tape, illiteracy, and infrastructure bottlenecks, especially road, rail, seaports and airports, and electricity, among others, so as to boost its global competitiveness.


Essay # 10. Implications of International Trade Theories:

The trade theories provide a conceptual base for international trade and shifts in trade patterns. This article brings out the significance of developing a conceptual understanding of the trade theories as it deals with the fundamental issues, such as why international trade takes place, trade partners, shifts in trade patterns, and determinants of competitiveness.

The initial theory of mercantilism was based on accumulating wealth in terms of goods by increasing exports and restricting imports.

Trade was considered to be a zero-sum game under the mercantilism theory wherein one country gains at the cost of the other. However, a new form of mercantilism, known as neo-mercantilism, is followed by a number of countries so as to increase their trade surpluses. In 1776, Adam Smith advocated the concept of free trade as a means of increasing gains in world output from specialization.

The theory of absolute advantage suggests that a country should produce and export those goods that it can produce more efficiently. David Ricardo's theory of comparative advantage was based on the international differences in labour productivity and advocates international trade even if a country does not have an absolute advantage in the production of any of its goods.

Although it is possible for a country not to have an absolute advantage in production of any good, it is not possible for it not to have a comparative advantage in any of the goods it produces. In the later case, the country should specialize in the production and export of those goods that can be produced more efficiently as compared to others.

The factor endowment theory highlights the interplay between proportions in which the factors of production such as land, labour, and capital are available to different countries and the proportions in which they are required for producing particular goods. Trade between countries with similar characteristics such as economic, geographic, cultural, etc. is explained by the country' similarity theory.

The new trade theory explains the specialization by some countries in production and exports of particular products as international trade enables a firm to increase its output due to its specialization by providing much larger market that results into enhancing its efficacy.

The shifting patterns of production location are elucidated by the theory of IPLC that influences demand structure, production, the innovator company's marketing strategy, and international competitiveness. The theory of competitive advantage comprehensively deals with the micro-economic business environment as the determinants of competitive advantage.

Earlier trade theories suggested the shift in comparative advantage in low-skilled production activities from advance economies to developing countries. The product life-cycle theory too heavily relied on such presumptions.

However, in recent years, the rapid shift of high-value activities such as R&D, technology-intensive manufacturing, and white-collar jobs to India and other Asian countries have evoked considerable apprehension among intellectuals in the US and other advanced economies about whether free trade is still beneficial for their countries or not.

This concern has been illustrated through Exhibit 2.4. It is likely to continue as a matter of serious debate and the upcoming economic thought may witness a significant deviation in terms of the support to theories based on free trade and, in him, globalization.


 

コメントを残します