国際収支調整の現代理論

国の国際収支調整に関する現代の理論の一部を以下に示します。

(i)ケインズのアプローチ:

BOP調整における所得の変化が果たす役割は、アプローチと方法においてケインズ派ですが、ケインズ自身はその策定や開発に直接関与しませんでした。

ケインズの1956年の雇用、利子、およびお金の一般理論の登場によって特徴付けられた所得決定理論への新しいアプローチにより、ジョアン・ロビンソン夫人、RFハロッド、フリッツマックラップなどによる調整プロセスへの新しいアプローチの定式化が可能になりました。

この新しいアプローチは、BOPの不均衡には、価格の変化や赤字の資金調達方法に関係なく、収入、雇用、産出の調整が含まれることを示しました。 それは、BOPと国民所得の間の相互作用を示したものであり、これは二重のものでした。「調整プロセス」。これにより、BOPは母国およびその他の世界の所得レベルの変化によって調整されます。 「送信プロセス」は、1つの国の国民所得の変動が国際収支を通じて他の国の国民所得の変動を引き起こす可能性があることを示しています。

さらに、国民所得乗数など、所得分析の特定の強力な分析ツールを調整プロセスに適用できるようにしました。 このように、所得アプローチがBOP調整に近づくにつれて、国際貿易の理論と予想されるビジネスサイクル理論との間に結婚が生じました。 調整プロセスだけでなく、送信プロセスも説明します。

赤字は国民所得の相対的な動きによって調整できるため、赤字国の所得の減少と黒字国の所得の増加によって調整されるため、赤字の修正は静的な生産性の条件の下で必然的に国民所得の減少を伴うことを示しています。 ある国の完全な均衡状態は、現在、外部からの総収入が完全雇用時の外部からの支払総額に等しいという条件として再定義されなければなりませんでした。

国の対外均衡と所得水準および雇用の新しいアプローチとのこの連携により、戦後の150P政策をより明確かつ最も現実的な視点で捉えることができました。

(ii)吸収アプローチ

シドニーS.アレクサンダーは、IMF Staff Papers、vol。に掲載された彼の記事「貿易収支に対する切り下げの影響」で、BOP調整への吸収の発展を開拓しました。 2、いいえ。 2、1952年。吸収アプローチの新規性は、BOPを国の借方と国際収支の関係としてではなく、経済の総収入と支出の関係の要素として見ることにあります。

「実質支出と実質所得の関係、およびこれら両方と価格水準の関係に焦点を当てています。 アレクサンダーにとって、対外収支Bは、財とサービスの総生産量(Y)と、これらの洪水とサービスの家庭経済による総吸収量(A)の差です。 ここでいう吸収とは、国内需要の総計(C + I d + G)に与えられた名前であり、これは国内で市場から奪われる商品とサービスの量です。

したがって、B = Y – A

ここで、Bは国際収支(純額)、YとAはそれぞれ国内総生産と支出を表します。 総生産量が総支出よりも大きい場合、その国のBOPは黒字になり、総支出が総生産量よりも大きい場合、国は赤字になり、生産量が支出に等しい場合、BOPは均衡状態になります。 国が赤字を抱えている場合、原則として、2つの方法のいずれかで赤字を埋めることができます。 支出を削減するか、生産量を増やします。

特に国がすでに完全雇用をしている場合は、短期的に生産を増やすことはしばしば困難です。 したがって、通常、赤字を削減するための主要な手段は支出削減政策です。 赤字を修正できる主な方法には、支出削減または支出切り替えポリシーの2つがあると言われることがあります。

支出削減ポリシー

支出削減ポリシーは、大きく2つのカテゴリに分類できます。

金融政策と財政政策。

(i)金利の変化と公開市場操作は、金融政策にとって最も重要な手段です。 金融政策とは、特定の目的を達成するためのお金の量の拡大と縮小の管理を指します。

金利の上昇の主な影響は投資です。 お金を借りるのがより高価になり、クレジットの利用可能性がより少なくなるにつれて、生産者はより少ない借り入れと投資をします。 投資に対する金融引き締め策の効果は、一般的な経済状況に大きく依存します。

お金の供給を規制し、クレジットの利用可能性に影響を与える標準的な手段は、公開市場操作です。 公開市場操作では、中央銀行は債券と証券を売買します。 クレジットの可用性の低下は、割引の増加とともに、投資にマイナスの影響を与える可能性があります。 生産者は、現在、お金を借りることが不可能だと感じるかもしれません。 そうであれば、投資は明らかに削減されます。

金融政策はまた、戦後、BOPの赤字を是正するための強力な手段であることが証明されました。 投資を削減することを目的とした手段は、おそらく最も効率的です。 金利の上昇とクレジットの利用可能性の低下が投資に影響を与えることはほとんどありません。 投資の減少は、乗数効果により、収入の減少と輸入の減少につながります。 同様に、消費を抑える政策も輸入の減少につながります。

したがって、より厳しい金融政策は、支出削減の政策を実施する一つの方法です。 「中立」金融政策は、赤字を抑えるために自動的に機能します。赤字は、国の居住者による支払いが居住者による領収書よりも大きいことを意味するためです。 これは、居住者が現金残高を使い果たしていることを意味します。

赤字が続く場合、現金残高は最終的に使い果たされ、支払いは領収書と一致します。 赤字は自己修正されます。 ただし、これは、中央銀行からの「中立性」、つまり、現金残高が枯渇しているにもかかわらず、マネーサプライの増加を拒否することを前提としています。

居住者は、外貨準備と交換することによってのみ現金を使い果たすことができ、中央銀行が待機して自己修正メカニズム自体を機能させるのに十分な外貨準備があるかどうかは疑わしい。 繰り返しますが、現金の保有が少なくなると、金利が上昇し、赤字の解消にも役立ちます。

中央銀行が金利の上昇を容認したくない場合、マネーサプライを増やす必要があり、赤字はもはや自己修正されません。

(ii)財政政策は、支出を削減するためにも使用できます。 財政政策とは、政府が支出プログラム、歳入プログラム、債務プログラムを使用して、望ましい効果を生み出し、収入、産出、雇用、BOPに望ましくない影響を与えない政策を指します。 財政政策の手段は、政府予算の収入側にあるのか、支出側にあるのかに応じて、2つの大まかなグループに分けることができます。

所得側で最も重要な手段は、課税の変更です。 直接税の増加は、家計の収入を減らします。 この収入の減少の一部は貯蓄の削減につながる可能性がありますが、その一部はほとんど確実に消費の削減と輸入の減少につながります。

たとえば、売上税などの間接税の増加は、ほぼ同じ効果をもたらします。 多くの国でも投資に対して税金を使用しています。 投資の減少は、通常の乗数効果を通じて、国民所得の減少と輸入の減少につながります。

支出削減政策の別の形態は、政府支出を削減することです。 移転支払いの恩恵を受けるグループは、消費する傾向が高い低所得グループ全体であるため、移転支払いの減少は通常、消費に即座に影響します。 公共投資の減少は、民間投資の減少と同様に国民所得に大きな影響をもたらし、国民所得と輸入の減少につながります。

したがって、財政政策は、支出削減政策を実施する効率的な手段と見なすことができます。 特定の例では、金融政策の効率性を疑う余地があります。 財政政策の効率性についてはほとんど疑いの余地はありません。 予算のバランスは、時々の有効性の尺度として取られます

財政政策。 政府が予算の赤字を許容する場合、拡張政策を追求し、余剰がある場合、その政策はデフレです。

要約すると、金融政策と財政政策が支出削減政策を実施する主要な手段であることがわかります。 国がBOPに赤字を抱えている場合、より緊密な金融および財政政策を追求することができます。 これは、国民所得にデフレ効果をもたらし、輸入の減少につながるか、最終的には輸入の増加に対するブレーキとして作用します。 また、輸出および輸入の競合産業にもポジションの影響があります。

(iii)支出切り替え政策:切り下げ、弾力性アプローチ:

支出切り替えポリシーは、主に相対価格を変更することで機能します。 このようなポリシーの主な形式は、為替レートの変更、つまり国内通貨の切り下げまたは再評価です。 直接制御もこの見出しの下に分類でき、通常、インポートを制限するために適用されます。 その後、消費者は輸入品ではなく国内品を購入しようとするため、直接制御はスイッチングデバイスと見なすことができます。 切り下げは減価償却と同じ意味で使用されることが多く、再評価は感謝と同義と見なされることがよくあります。

切り下げの直接的な影響は、相対価格の変化です。 国がたとえば20%切り下げられた場合、輸入価格は住宅価格で20%増加します。 輸入価格の上昇は、輸入需要の低下につながります。 同時に、輸入競合産業はより競争の激しい状況になります。 輸出者は、獲得する外貨の単位ごとに自国通貨でさらに20%受け取ることになります。

したがって、彼らは外貨でカウントされる価格を引き下げることができ、より競争力のあるものになります。 彼らがどの程度海外で販売を拡大できるかは、主に彼らの商品に対する外需の弾力性に依存します。

貿易収支に対する切り下げの効果に対する従来のアプローチは、弾力性の観点から実行されます。 伝統的な見解の中核は、いわゆるマーシャル・ラーナー条件に含まれており、国の輸出に対する需要と輸入に対する需要の弾力性の合計は、切り下げがプラスの効果を持つためには、1よりも大きくなければならないと述べている国の貿易収支。 これらの弾力性の合計が統一よりも小さい場合、国は代わりに再評価によって貿易収支を改善することができます。

先ほど、切り下げは輸入品の価格の上昇につながると述べました。 この価格上昇の影響は、輸入需要の弾力性に依存します。 大きいほど、輸入量の減少が大きくなります。 輸入の需要弾力性の価値は、当然ながら、切り下げ国が輸入する商品の種類によって異なります。

輸出業者は、切り下げのために、獲得する外貨の単位ごとに多くを受け取ると、外貨建ての価格を引き下げることができます。 彼らが価格を下げるとき、彼らはもっと売れるはずです。 輸出量がどれだけ増加したかは、国の輸出業者が直面する需要の弾力性に依存します。 切り下げは疑いの目で見られており、一部のエコノミストは、最後の手段としてのみ使用されるべきだと考えているようです。 切り下げにはいくつかの副作用があります。

切り下げは、経済にインフレ影響を与える可能性があります。 価格レベルへの影響は、主に切り下げに伴う経済政策に依存します。 切り下げとともに金融と財政の厳しい政策が追求される場合、インフレの影響は限定的です。

考慮すべきもう1つの考慮事項は、所得分配に対する切り下げの影響です。 切り下げにより実質賃金が低下し、労働者階級から非労働者階級への所得の再分配が行われるとしばしば言われます。 再び切り下げを行うと、非貿易財を生産するセクターから離れて、輸出および輸入の競合セクターに資源が再配分されることになります。 一般的に、輸出および輸入の競合セクターで採用されている生産要素は、切り下げの恩恵を受けると言えます。

Marshall-Lerner条件は、いくつかの抜本的な単純化に基づいています。 おおまかに、供給の弾力性が大きく(無限に近づく)、切り下げが行われたときに貿易収支が均衡していると仮定します。 これらの2つの仮定はいずれも、マーシャルラーナー条件の精神を無効にするものではありません。つまり、それぞれの需要弾力性が大きければ大きいほど、貿易収支に対する切り下げの影響はより好ましいということです。 マクロ用語で定式化された切り下げの効果に対する代替アプローチは、最初にシドニー・アレキサンダーが開発したいわゆる吸収アプローチです。

(iv)切り下げ:吸収アプローチ

吸収アプローチはマクロ用語で実行されます。 その出発点は、貿易収支が国民所得と総支出の差として、またはすでに述べたように見ることができるという事実にあります。

B – YA…………(1)

ここで、総吸収には、あらゆる目的で作成された需要が含まれます。つまり、消費と投資の両方の需要が含まれます。

単純な国民所得のアイデンティティを使用して、我々はそれを言います

A = C + 1 + G……(2)

切り下げは、実質国民所得Yに影響を与えるか、総吸収に影響を与えることにより、貿易収支に影響します。 A; 貿易収支の変化を次のように書くことができます。

dB = dK-dA…。(3)

全吸収は2つの部分に分解できます。 まず、実質所得の変化は吸収の変化を引き起こすと言います。 吸収がどの程度大きく変化するかは、吸収傾向(Cと呼びます)に依存します。第二に、切り下げは、特に切り下げが行われる実質所得のレベルに応じて、吸収に直接影響を与えると言えます。 この効果は、吸収に対する直接的な効果と呼びます。

dA = C. dY + dD…。(4)

方程式3と4を組み合わせると、

dB =(1 -C)dY – dD…(5)

式5は、切り下げの結果に重要な3つの基本的な要因に注意を向けるので便利です。 貿易収支に対する切り下げの影響は、まず切り下げが実質所得にどのように影響するか(Y)、2番目に吸収する傾向(C)、3番目に直接吸収への影響(D)に依存すると述べています。 切り下げの影響に対処するには、2つの主なケースを区別する必要があります。1つは遊休リソースと失業、もう1つは完全雇用です。

(i)国が切り下げたときに失業者がいる場合、生産は短期的に拡大する可能性があります。 拡張プロセスは、輸出の増加から始まり、乗数プロセスによる国民所得の増加をもたらすと予想されます。 彼らは、拡大のために、切り下げ国の輸出価格が上昇するかどうか、そして切り下げ国からの輸出を吸収する世界の残りの能力(および意欲)に大きく依存します。

貿易収支に対する収入の増加の正味の効果は、生産の増加の総量を含むのではなく、これと総吸収の誘発された増加との差です。 実際の生産の増加と実際の吸収のこの違いは、実質買いだめと呼ばれます。 貿易収支への影響は、その後、経済で起こる実際の買いだめの量に等しくなります。

直接吸収への影響は別として、同じコインの反対側である吸収する傾向、または貯蓄する傾向は、貿易収支に対する評価減の影響のこの場合のすべての重要な要因であることがわかります。

Cが1未満である限り、いくらかの買いだめが発生するため、貿易収支にプラスの影響があります。 Cが1より大きい場合、吸収に対する誘導効果は生産に対する元の効果よりも大きくなるため、切り下げは貿易収支にマイナスの影響を及ぼします。 吸収する傾向が統一よりも小さい場合、切り下げは国民所得にプラスの効果をもたらし、貿易収支を改善するため、不況の国にとって非常に魅力的な政策です。

切り下げは貿易条件の悪化につながるとしばしば主張されます。 実質的な収入が低下した場合、貿易の不利な条件により吸収され、これは貿易収支にプラスの影響を及ぼします。 tが貿易条件の悪化による実質所得の減少を表すと仮定します。 その後、吸収の低下はctに等しくなります。 ただし、貿易の不利な条件はtによる貿易収支の初期悪化を意味するため、これは貿易収支の純改善を構成しない。 したがって、貿易収支に対する正味の効果はt-ctまたは(1 – c)tです。 したがって、貿易条件の悪化は通常、貿易収支の悪化も伴います。Cが1よりも大きい場合、貿易条件の悪化は、当社が取り扱った貿易収支にプラスの効果をもたらします。

(ii)次に、切り下げが行われたときにすでに完全雇用が行われている場合に対処します。 経済がすでに完全に使用されているか、吸収する限界傾向が1よりも大きい状況では、切り下げの主な好ましい効果は(貿易収支は吸収への直接的な効果によるものです。吸収への直接的な効果は、実質国民所得の変化。

これは、特定の実質所得からの吸収が価格レベルの変化に応じて変化する可能性があるという事実に依存します。

直接吸収効果(D)は、

(i)キャッシュバランス効果

(ii)所得の再分配効果

(iii)お金の錯覚効果、および

(iv)その他の直接吸収効果。

(I)現金残高の効果はよく知られています。 マネーサプライが固定されており、個人が一定の実質現金残高を保持したい場合、価格が上昇するにつれて現金残高を増やす必要があります。

これは彼らの支出を犠牲にしてのみ行うことができます。 1人の個人にとっては、資産を売却することで残高を補充することは可能かもしれませんが、経済全体としては、マネーサプライが固定されていればこれは不可能です。 (海外で資産を売却することも可能かもしれません。しかし、外国保有資本の本国送還はアレキサンダーによって排除されています)。 したがって、現金残高効果からの吸収に直接的な影響があります。

また、資産の売却によって価格が下がった、つまり金利が上昇したという間接的な影響もあります。 このような金利の上昇は、国内投資および場合によっては政府支出を削減することにより、(直接的な効果と同じ方向に)吸収に間接的な影響を与える可能性があります。 注目すべきキャッシュバランス効果の特徴の1つは、吸収の減少が消費の減少という形をとる限り、雇用を減少させる可能性があることです。

Cが1未満の場合、この不利な収入の影響は、外国為替バランスの悪化につながり、吸収効果に起因する改善をある程度相殺します。

(ii)切り下げにより所得の再分配が行われる場合があります。 価格は切り下げに伴って上昇し、賃金は所得の稼ぎ手への収入のシフトを与える慣習的な遅れに追随します。 債券グループ、賃借人、その他は敗者であり、プログレッシブラックスシステムでは、州が収入の大きな割合を占めます。 吸収傾向の高い人々に有利に収入が再分配されると、外国のバランスが悪化します。 傾向の低い人に有利な場合は、切り下げによって改善されます。

吸収する傾向は消費と投資の両方に影響されるため、利益への移行の実際の効果がどうなるかを先験的に言うのは困難です。 一方で、消費を減らす可能性があります。 他方では、投資を促進する可能性があります。 いずれにしても、正味の効果が吸収を減らすことである限り、外国のバランスは利益を得るでしょう。

(iii)お金の錯覚が吸収に及ぼす影響は非常に問題が多いため、正味の効果が何であるかを推測する価値はほとんどありません。 すでに現金残高の効果は、価格の上昇とともに、習慣的な現金残高を維持するために吸収からお金を引き出しています。 これに加えて、より高い価格で人々がより少なく消費するならば、外国のバランスへの影響は好ましいでしょう。 同様に、物価の上昇は、お金の収入が上昇しても、それを保存する傾向、すなわち消費を刺激する傾向を損なうことは間違いありません。 戦後の経験的な消費削減パターンは、この見方をあまり支持していません。

(iv)他の直接吸収効果のうち、一部は有利な外貨収支に向けて働き、一部は不利な外国収支に向けて働く可能性がある。 例えば、さらなる価格上昇の短期的な期待は、切り下げに続き、消費者支出を引き起こし、したがって、バランスに対する有害な短期的な影響を伴う一時的な吸収を引き起こす可能性があります。 また、投資商品が主に海外から来て、切り下げに伴って価格が上昇する場合、吸収は低下し、対外収支に有益な影響を及ぼします。

Iのネット、直接吸収効果、これらすべてのさまざまな要因の評価を行うことは困難です。 さらに、時間要素を考慮すると、これらの影響の一部はその影響が非常に一時的である可能性が高く、所得の再分配から生じるものなど、一部は実質的に遅れ、徐々に影響が及ぶことが明らかです。

アレクサンダー自身の見解は、「小康状態のもとでは、有利な直接吸収効果は弱い可能性が高い」と思われ、「金融および信用政策を通じて直接吸収に取り組むことがより効果的である」と思われる。

しかし、アレキサンダーの論文の真の貢献は、論文が導く結論ではありません。 筆者が最初に言うように、これらは独創的ではなく、需要と供給の分析を使用する従来の方法で到達できた可能性があります。 重要なのはむしろ、方法の変更であり、この論文は政策立案者に指示するだけでなく、外国のバランスの改善、特に改善に焦点を当てている

所得の吸収関係に注意を集中するために切り下げによってIIが、それはまた検査のための主な要因を配列します。 対外収支問題の全体的なアプローチは、国民所得の国内吸収の構成要素に作用する措置を中心とした政策指向になります。

(v)支払いアプローチ

吸収アプローチの有用な開発と国際収支政策に基づいて行われた作業の統合は、ハリー・ジョンソンによって行われました。

ジョンソンは、基本的な国際収支の式を再開することから始めます

BR f -P f

残高(B)は、外国人からの居住者による領収書(R f )と居住者による外国人への支払い(P f )の差に等しい。 これは、基本的な方程式に国内の居住者間の領収書と支払いを含めることで修正できます。 居住者から居住者へのすべての支払いは、同時に居住者から居住者からの領収書です。 したがって(R r )–(P r )。 これで、国際収支の方程式を書くことができます

B = R f + R r -P f -P r -RP

方程式は、方程式(1)がしなかったこと、つまり、収支は居住者による総収入と支払いの差、Rに対するPの過剰および是正措置としてのRの増加を意味する赤字であり、余剰。 この国際収支赤字の性質の修正は、赤字の2つの重要な側面、すなわち金銭的重要性と経済活動レベルとの関係に注意を向けるジョンソンが「支払いアプローチ」と呼ぶものの出発点です。

まず、Rに対するPの過剰の影響を見てみましょう。1つ目は、居住者が支払いとして現金残高を減らしていることです。 国内のお金で、海外に転送されます。 これには終わりがあります。なぜなら、現金残高はすぐに、コミュニティが保有する準備ができている最小限にまで削減されるからです。 これにより、不均衡は利子率の上昇、より厳しい金銭条件、したがって総支出の削減を通じて自然に治ります。

このプロセスのどこで金融当局が問題を解決する準備ができるかは、その国の通貨準備の規模に依存します。 恐らくこれらは、国内の貨幣供給のごくわずかな部分を形成しているため、撤退の是正力が作業を完了するずっと前に使い果たされることになるでしょう。

当局は、恐らく、需要を減らして赤字を終わらせるための直接的な政策によって、効果の蓄積を早期に強化するでしょう。 準備金が国内のマネーサプライに関連して大きいほど、「現金から商品または証券に移動する個人の決定を最大化する利益または効用が、通貨当局が国際収支危機。」

しかし、このプロセスに代わるものがあります。 居住者の現金残高は過剰な外貨の支払いによって使い果たされるため、金融当局による公開市場操作によって更新されます。 そのような公開市場操作は、金利を固定するための意図的な政策の手段であるか、または為替レートをサポートするために外貨の販売から得られた自国通貨の余剰を自国市場に貸し付ける外国為替当局から生じる可能性があります。

いずれにせよ、上記の現金残高の減少の修正効果はすぐに現れず、このキャストの赤字は外貨準備が続く限り修正されません。 赤字は、マネーサプライを枯渇させることによって最終的に自己修正するという議論の結果は、国の国際収支の赤字が長引くと、それを維持するために国内の信用創造が必要になるということです。

さらに、国際収支の不均衡は金融現象であり、次の2つの原因から生じているようです。

(i)マネーサプライに関連する国際準備金のレベルが低すぎるため、当局は、赤字によって引き起こされる自己修正通貨力を待つことができず、頼ることができない。 または

(ii)金融当局が信用創出により赤字を維持するための政策。

ジョンソンは、BOPを金銭的な問題として提示することで、赤字が金銭的な原因からのみ生じることを示唆していません。 赤字は、貿易収支の変化などの実際の要因に起因する場合があり、通常はそうであり、金銭的側面は受動的である場合があります。

BOP問題を金銭的に見ることができるというこの結論は、赤字を修正する方法に新しい光を投げかけます。 さらに、国際収支理論を金融理論および経済の金融管理と統合します。

ジョンソンは、支払いアプローチの2番目の側面に目を向けます。 経済活動レベルとの関係。 ここでは、収支の赤字につながる2種類の決定(全体として居住者による)を区別しています。「ストック」決定は、商品間で分割される限り、コミュニティ資産の構成を変更する決定です。 、債券および国内通貨; そして、「フロー」決定。これには、現在受け取っているよりも多くを費やすという決定が含まれます。

資産の切り替えまたは支出超過の決定には商品または債券の購入が含まれる場合があるため、いずれかのタイプの決定に起因する国際収支の赤字は、経常収支または資本勘定のいずれかに現れます。 国際収支におけるストックとフローの赤字の主な違いは、ストックの赤字が一時的であり、国の基本的な経済的地位の悪化を意味しないという事実にありますが、フローの赤字はより長い期間である可能性があり、国の経済的地位。 たとえば、前者の場合、お金から商品の在庫に移動するという在庫決定は、追加の商品が輸入されると現在は赤字になり、商品の在庫が引き下げられると余剰になることを意味します。 それは「資本資産の特定の集合体の構成における一度限りの変化」です。

フローの赤字は、海外での持続的な過剰支出を反映している可能性があり、サティニーアクションが取られるまで続く可能性があります。 国の外貨準備が少ない場合にのみ、在庫不足の場合に是正措置を講じる必要があります。 ただし、フローの赤字はほぼ確実に改善策を必要とします。

ジョンソンは、フローの赤字に対処することに関連する政策上の問題を分析する際に、赤字が経常収支にあると想定しています。 これは、国際収支は国の国民所得とその国内総支出の価値の差として表現できることを意味し、B = Y – Aであり、赤字は実質所得を上回る実質支出で構成されます。

この定式化は、アレキサンダーが使用したのと同じ用語で外部バランスの問題を引き起こします。

経常収支の赤字を修正するための2つのタイプのポリシーに注意を集中します。

(i)収入の増加および

(ii)支出の削減を目的とするもの。 区別は、ポリシーの「効果」に基づいています。 ジョンソンは、この区別が最初のポリシーステップのみに適用されることをすぐに指摘します。 収入と支出は相互依存しているため、一方を変更する決定は後の段階で他方に影響を与えます。

ジョンソンは、効果を達成するための「方法」を中心とした方針を好みます。 を生成する支出のレベルを変更することによってのみ出力を変更できるため、特定の支出レベルでの出力の変更には、外国の出力から国内の出力への支出の切り替えが必要です。 したがって、方法を参照することにより、支出切り替えポリシーと支出削減ポリシーを区別できます。

支出削減ポリシーはよく知られています。 金融および財政政策と直接管理は、すべてこの目的に使用されています。 In general, the altitude towards such policies will depend on the current state of the economy with regard to employment. If the country is in a state of full-employment and incipient inflation, expenditure reducing policies will have the additional advantage of being counter inflationary.

If the country is underemployed or if the impact of expenditure reduction falls mainly on home produced goods, the deflationary effects of expenditure reducing policy may be intolerable. Finally, any expenditure reducing policy, if carried to great lengths, may be its deflationary effects reduce domestic prices within the country and, according to demand and supply elasticities, induce expenditure switching effects.

Expenditure switching policies are of two types general and selective. Devaluation is the prime example of the former. If aims at switching demand, both home and foreign, away from foreign goods and on to domestic output.

Direct controls on trade are the latter. Such controls are usually imposed on imports and are aimed at switching domestic demand from foreign goods to domestic output the ability of the economy to supply the additional output becomes crucial. Clearly only if the economy is underemployed can the switch be made without inflationary effects.

Suppose the economy is in a state of underemployment, then the additional output generated by the switch can be obtained by bringing formerly unemployed factors into employment.

This means that the switching policies achieve three desirable results at a stroke:

(i) They improve the foreign balance,

(ii) They increase income, and

(iii) They increase employment.

Theoretically, up to the point at which the economy reaches full employment, the supply of goods should be elastic. In practice, however, immobility of factors and inflexibilities in production will reduce this elasticity before the point of full-employment is reached.

If the economy is already fully employed, then expenditure twitching policy must be accompanied by the expenditure reducing policy. Hence, expenditure switching policies are inappropriate to a country in a condition of full-employment. The success of expenditure twitching policy depends not only in switching the demand on the right direction but also on the capacity of the economy to make available additional output to meet increased demand.

Johnson's analysis carries the absorption approach of Alexander to higher level of sophistication and wider range of applicability. His distinction between “stock” and “flow” deficits, springing from different causes and each calling for different policy treatments, gives demonstration of the extensions possible to the original absorption approach. But the greatest merit of the analysis is its restatement of the problem of trade balance deficit in terms which enable it to be discussed in monetary and macro-economic terms.

By this, the whole problem of the foreign balance becomes integrated with national income analysis and divorced from the old elasticies approach, which was surely being stretched, in its application to such subjects as I If valuation, to and beyond the limits of its usefulness.

批判:

The criticisms against original absorption approach centre around centre aspects the analysis:

(i) The first difficulty lay in finding and assigning quantities to supplement the guidelines which were supplied for BOP policy. The main quantitative problem was to estimate values for the marginal propensity to absorb, which was the sum of the marginal propensities to consume and investment or the same problem could be approached in another way by estimating the marginal propensity to hoard (that is, not to absorb).

These were important quantities for it was necessary to link changes in output caused by devaluation with changes in absorption. The estimation required to bring the absorption approach up to “operational” level were just as formidable as those involved in the old elasticities approach. In the case of the absorption approach the relevant propensities had to be known before it was possible to say whether a devaluation would be beneficial to the trade balance.

(ii) A second criticism of the absorption approach came from Machlup. He argued that certain elasticity considerations in the model had been ignored. One of the acknowledged uses of absorption analysis was to explore the trade balance effects of devaluation in both fully employed and underemployed situation. Alexander had seen these situations in terms of different supply and demand conditions for commodities, which necessarily involved elasticities.

Elasticities also appeared in Alexander's analysis of the impact of devaluation upon the level of absorption out of a given level of income. All this, it might be argued, gave the absorption approach a more hybrid appearance than Alexander who had played down the role of elasticity in his model, might care to admit. He had been too anxious, perhaps, to make a clean break with the past.

(iii) Finally, it was necessary to embody within the model the fact that an improvement in the balance of trade of a devaluing country involved opposite changes in the trade balance of the rest of the world; or in absorption terms, that the increase in domestic hoarding which an improvement of home trade balance involved, implied an equal decrease in hoarding abroad. Mow was this to be achieved? Alexander has assumed that the rest of the world was passive to the devaluation and to the trade balance change in the adjusting country.

The result of these criticisms of the original absorption approach was a reformulation which included elasticity effects and was more nearly a synthesis of the elasticity and the income approaches. In an article published in 1959, Alexander presented a new version of the approach which examined the sequential reactions of the home country and foreign countries to a devaluation, taking account of both price and income changes.

 

コメントを残します