エンジニアリングコスト:短期および長期のエンジニアリングコスト

エンジニアリングコストは、エンジニアリング生産機能から導出されます。

各生産方法は、特定の商品の生産のさまざまな物理技術的段階に対応するサブアクティビティに分割されます。

各フェーズについて、生産要素の量が推定され、最終的に各要素のコストが一般的な要素価格に基づいて計算されます。

特定の生産方法の総コストは、さまざまなフェーズのコストの合計です。

このような計算は、利用可能なすべてのプラントサイズに対して実行されます。 その後、生産等量が推定され、それらから、因子価格が与えられると、短期および長期のコスト関数が導き出されます。 エンジニアリング生産機能とそれらから派生したコスト関数は通常、生産コストを指し、特定のプラントの運用の管理コストは含まれないことに注意してください。

エンジニアリング生産機能は、限られた数の生産方法によって特徴付けられます。 生産等量はねじれています。これは、因子の代替可能性が連続的ではなく、制限されているという事実を反映しています。 因子の置換は、1つの生産手法が別の生産手法に置き換えられる等量のキンクで直接発生します(図4.25)。 生産等量の直線部分では、隣接する生産方法の組み合わせが採用されています。 isoquantsのセグメントに沿った生産機能のエンジニアリングで行われるのは、プロセスの置換を介した因子の間接的な置換です。

各プロセスは固定された特性比の係数を使用するため、技術プロセス全体が使用されるレベルを変更することを除いて、係数を相互に置き換えることはできません。 エンジニアリング生産機能は、線形計画法の基礎です。 このアプローチでは、プロセス置換は、従来の分析における因子置換の役割に類似した役割を果たします。

労働と資本を固定比率で使用する2つの生産方法P 1とP 2があり 、2つのプロセスを表す光線の勾配で示されると仮定します(図4.26)。 因子価格がwとrであると仮定して、P 1が最初に選択され、出力X 1が生成され、abの資本は失業します。 会社は、2つの方法を組み合わせて使用​​することで、より良い結果を得られます。

したがって、ポイントe(Kはより高い等量X 2と交差する)ですべてのKが使用されます。 P 1およびP 2はそれぞれレベル0Aおよび0Bで使用され、これらのレベルはP 1およびP 2からeまでの平行線を引くことによって決定されます。 因子の置換が間接的に可能になりました(K / Lは0eの勾配で定義されます)が、Kが与えられており、利用可能な技術ではテクニックの変更を除いてKとLの置換が許可されていません。

eで起こることは、P 1またはP 2を単独で使用してX 2を生成するのではなく、プロセスの置換です。PxとP 2の組み合わせを使用して同じ結果(X 2 )を達成します。 実際、Kが与えられ、価格比w / rが与えられると、出力X 2はP 1のみを使用して生産することは技術的に不可能ですが、X 2はP 2 (w / rが与えられます) P 2が使用される場合、KはX 2の生成を効果的に制限しないため、このプロセスはレベルX 2が技術的に可能です。 ここで、使用できるプロセスが数個しかない場合の総費用曲線と単位費用曲線の形状に目を向けます。 仮定は、因子の価格が与えられ、テクノロジーがねじれた等量を生じさせることです。

A.短期的なエンジニアリングコスト:

最小限の出費を必要とする一定の生産要素があり、工場にいくらかの予備能力があると想定されています。 これらの仮定の下での総費用曲線は、図4.27のようになります。

範囲0X 1の場合 、TCは線形セグメントから形成され、各セグメントの勾配は一定ですが、連続するセグメントでは増加します。 線形セグメントの終端は、1つのプロセスが別のプロセスで置き換えられる出力に対応します。

(a)各線形セグメントに沿った勾配はMCです。 最初のセグメント(AB)に沿って、MC = A VC。 連続する各セクション(つまり、BCとCDのセクション)について、MC> A VC。 限界費用は段階的に増加し、AVCは減少率でスムーズに増加します。

(b)ACは範囲ABCDを超えて連続的に低下します。 ACは、原点からTC曲線上の任意の点までの光線の傾きであると言いました。 このような光線の傾きは、AからB、C、Dの順に減少します(図4.27)。

予備容量の範囲全体で、総コストの勾配は一定です。 さらに、TCのこのセグメントは、TVCだけが出力に比例して変化するという事実を反映して、固定の支出が既にプラントの設置時に支払われているという事実を反映して、原点を通る線上にあります。 プラントに組み込まれた予備能力により、企業は生産に比例して変動コストのみを増加させることにより事業を行うことができます。 したがって、予備容量セグメントでは、AVC、MC、ATCは等しく、一定のままです(図4.28のX 1とX 2の間)。

すべての予備能力が使い果たされると、プラントの酷使と時間外労働の支払いによって生産量を増やすことができます。 総費用曲線は線形セグメントで構成され、各セグメントは前のセグメントよりも急勾配になります。 各線形セグメントに沿って、限界費用は一定ですが、限界費用のレベルは段階的に増加します。 AVCは連続的に増加しますが、MCよりも低くなります。 平均総コストは継続的に増加し、MCを下回りますが、AVCを上回ります。 短期のエンジニアリング費用曲線を図4.28に示します。

B.長期的なエンジニアリングコスト:

通常、エンジニアリングコストには生産の技術コストのみが含まれると述べました。 したがって、管理コストに関連する大規模な不経済は、ここでは発生しません。 生産プロセスごとに最小の最適サイズのプラントがあります。 TC、AC、およびMCを図4.29および4.30に示します。 非常に多くのプロセスがあると仮定すると、合計コストと単位コストの曲線は連続的(滑らか)になりますが、短期的には最小限の固定費とある程度の予備容量がある限り、上記の形状をほぼ維持します(図4.31および4.32)。 長期的には、生産コストのみを考慮している場合、LACは上向きになりません。 しかし、管理コストを追加し、強い経営上の不経済がある場合、LACは非常に大規模なアウトプットで上昇します(図4.33および4.34)。

 

コメントを残します