賃金のトップ6理論(批判あり)

以下のポイントは、賃金の上位6つの理論を強調しています。 理論は以下のとおりです

理論#1. 賃金の自給理論:

この理論は、重農主義者によって策定されました。 彼らによると、賃金は生活にちょうど十分な金額に等しいだろう。 ドイツの経済学者ラサールはこの理論を開発しました。 この理論によれば、賃金は労働または生計レベルの生産コストによって決定されます。 そのように決定された賃金は固定されたままです。

実際の賃金が生活水準よりも高い場合、人口は増加し、労働供給の増加と賃金の低下につながります。 一方、実際の賃金が生活水準を下回った場合、人口が減少し、労働供給が減少し、賃金が上昇します。 賃金は生活水準に固定されたままになる傾向があるため、賃金の鉄則または賃金の真zen法と呼ばれます。

この理論は、次の2つの仮定に基づいています。

1.食料生産は、収益を減少させる法則の対象となります。つまり、食料生産の拡大には制限があります。

2.人口は増加率で増加します。

批判:

1.賃金の自給理論は、供給側からの賃金を説明し、需要側を無視します。

2.すべての労働者が必要最低限​​の生活必需品を取得しなければならない場合、全員が平等な賃金を取得しなければなりません。 しかし、賃金には多くの違いがあります。 したがって、この理論は賃金の違いを無視します。

3.この理論は、賃金は生計レベルで固定されていると断言します。 したがって、労働組合は賃金を引き上げるのに無力であると想定している。 これは間違った概念です。

4.この理論は、人口のマルサス理論に基づいており、それによれば、生活水準を超える賃金の上昇は、人口の急速な増加につながる。 しかし、経験によれば、賃金の上昇は生活水準の向上につながり、人口の増加にはつながりません。

5.この理論は悲観的です。なぜなら、効率の向上または一般的な経済の進歩による労働条件の改善の可能性をすべて排除しているからです。

理論#2. 生活理論の標準:

この理論は、生存理論の改良された洗練されたバージョンです。 この理論によると、賃金は労働者の生活水準によって決まります。 生活水準とは、労働者が慣れている生活、教育、レクリエーションの最低限の必需品を指します。

メリット:

この理論には2つのメリットがあります。

1.この理論は、労働者の効率と生産性を重要視しています。

2.労働者が相当な期間高い賃金を支払われると、労働者は高い生活水準に慣れ、同じ高い生活水準を維持しようとします。

批判:

そのメリットにもかかわらず、この理論は多くの批判を受けています。

1.個人には一定の生活水準がありません。 批評家は、労働者が慣れている生活水準のようなものは存在しないと指摘します。

2.賃金が生活水準に依存する場合、後者は変わらないはずです。 しかし、労働者の生活水準は時々固定されますが、賃金は頻繁に変わります。

3.間違いなく、賃金は生活水準によって決定されます。 また、生活水準は賃金によって決まることも事実です。

理論#3. 賃金基金理論:

この理論はJSMillによって開発されました。 彼によると、雇用主は労働者に賃金を支払うために一定の資本を分けている。 これは固定されており、一定です。 これは賃金基金と呼ばれます。 賃金は、賃金基金の額と労働者の総数によって決まります。

JSMillによると、「賃金は労働の需要と供給に依存するか、しばしば人口と資本の比率として表されます。 ここで人口とは、労働者階級の数だけではなく、むしろ雇用のために、資本によって、循環資本だけで…………..「。

賃金率=賃金基金/労働者数

賃金率の上昇は、賃金基金の増加または労働者数の減少によってのみ可能です。 したがって、賃金率と賃金基金の間には直接的な関係があり、賃金率と労働者数の間には反比例の関係があります。 また、この理論は、労働組合は一般的な賃金率を上げることにおいて無力であると述べています。

批判:

1.賃金基金の理論では、賃金基金を労働者数で割ることにより賃金率が求められると述べています。 しかし、それは賃金基金の源とそれを推定する方法については教えてくれません。

2.賃金基金理論は、最初に賃金基金を決定し、次に賃金を決定するため、非科学的で非論理的です。 しかし、実際には、賃金を最初に見つけて、そこから賃金基金を計算する必要があります。 この理論は、賃金率の決定における労働者の質と効率を無視しています。 これは、理論の基本的な弱点と考えられています。

3.この理論は、賃金率を決定する際の労働者の質と効率を無視しています。 これは、理論の基本的な弱点と考えられています。

4.この理論は、賃金は利益を犠牲にしてのみ増加できると仮定しています。 これは正しくありません。 収益の増加の法則の運用は、総生産の大幅な増加につながり、これは賃金と利益の両方を上げるのに十分かもしれません。

5.賃金基金の理論は、交渉によって賃金を引き上げることはできないという前提で労働組合から批判されてきました。

6.賃金基金理論は、賃金率の違いを説明できていない。

7.この理論は、賃金は循環資本から支払われると考えています。 しかし、生産プロセスが短い場合、賃金は現在の生産から支払われます。 生産プロセスが長い場合、賃金は資本から支払われます。

理論#4. 残留請求者理論:

この理論はウォーカーによって提唱されました。 この理論によれば、家賃と利子は契約上の支払いです。 総製品から家賃と利子を差し引いた後、雇用主は利益を差し引きます。 家賃、利子、利益を差し引いた後に残るのは賃金です。 労働者の効率を改善することにより総生産を増やすことにより、賃金を上げることが可能です。

この理論にはいくつかの欠陥があります。

1.この理論は、家主、資本家、起業家の割合が固定されており、絶対に間違っていると仮定しています。

2.残留請求者であるのは労働者ではなく、起業家です。

3.賃金決定における労働組合の影響については説明していません。

4.労働供給の側面は理論によって完全に無視されました。

理論#5. 限界生産性理論:

賃金の限界生産性理論は、分配の限界生産性理論の拡張です。 この理論によれば、労働の賃金は、完全な競争の条件の下での限界生産物の価値と等しくなければなりません。 限界生産物は、1労働単位の雇用によって生産物全体に加えられるものです。 労働の限界生産物の価値は、限界生産物を販売できる価格に等しい。

完全な競争の条件下では、雇用主は、限界製品の価値が限界要因費用(MFC)に等しくなるまで、ますます多くの労働者を雇用し続けます。 限界要因費用は、追加の労働者を雇用する費用です。 労働の限界生産性を調べるために、他の要因の量を一定に保ちながら、もう1つの労働単位を採用する必要があります。

総生産量の違いは、限界生産性です。 追加の労働単位を雇用すると、生産量とコストが増加します。 MPPがMFCよりも大きい限り、雇用主は追加の労働単位を採用します。 しかし、MPP = MCの場合、彼は追加の労働単位の使用を停止します。

仮定:

この理論は、次の仮定に基づいています。

1.ファクター市場と製品市場には完全な競争があります。

2.労働は同質です。

3.収益の減少の法則は生産において機能します。

4.企業の自由な出入りがあります。

5.市場の状況について完璧な知識があります。

6.すべての生産要素を相互に置き換えることができます。

7.生産要素の自由な移動があります。

8.生産の要因は割り切れる。

批判:

この理論は不十分であることがわかり、この理論に対してさまざまな批判が平準化されました。

1.理論は需要側のみを扱います。 供給側は完全に無視されます。

2.賃金は限界生産性によって決定されるため、この理論は不当です。 しかし、正義は労働者が平均的な生産性に基づいて支払われるべきであることを要求します。

3.さらに、要因が小さな単位に分割できないため、労働者の限界生産性は計算できません。

4.生産の要因は、モバイルでも完全な代替品でもありません。 彼らの知識も不完全です。

5.この理論は、製品市場での完全な競争を前提としています。 しかし、商品の市場は不完全な競争によって特徴付けられます。

6.労働の限界生産物は、その支援だけでなく、他の要因の供給にも依存します。 他の要因が多く、労働力が不足している場合、労働の限界生産物は高くなり、逆もまた同様です。

7.この理論では、賃金の違いを説明できません。

限界生産性理論を拒否し、マーシャルは次のように述べています。「この理論は賃金の理論として提唱されてきました。 しかし、そのようなふりをする有効な根拠はありません…需要と供給は賃金に等しく重要な影響を及ぼします。 どちらも優位性を主張していません。 はさみの刃、またはアーチの桟橋のいずれかを備えている以上...教義は、賃金を支配する原因の1つである明確な光に投げ込まれます。」

理論#6. 割引限界生産性理論:

Taussigは、賃金の限界生産性理論の修正版を提供しました。 この理論によれば、労働の賃金はその限界生産物ではなく、割引された限界生産物によって決定される。 生産は長い間引き出されたプロセスであるため、労働者は限界製品の全量を手に入れることができません。

同様に、販売にも時間がかかります。 労働者は貧しく、製品が販売されるまで待つことができないため、雇用主の支援を受けなければなりません。 雇用主は労働の限界生産物の全額を支払わない。 労働者への昇給に伴うリスクを補償するために、雇用主は最終生産物から一定の割合を差し引きます。 この控除は、現在の利率で行われます。 労働者の賃金を決定するのは、割引された限界商品です。

批判:

1.この理論は抽象的です。 それは「現実の問題から遠く離れた薄暗い抽象的なもの」です。

2.割引された労働の限界生産物を決定することは非常に困難です。

3.この理論は、賃金率を決定する他の要因を考慮に入れていない。

4.この理論は、賃金率の違いを説明できていません。

タウシングの理論は、賃金の残余請求者理論の別のバージョンです。 したがって、残留請求者理論に対して提起されたすべての批判の対象となります。

 

コメントを残します