igo占:poly占の定義と分類

igo占:igo占の定義と分類!

「O占」という用語は、「少数」を意味する「オリゴイ」と「売る」を意味する「ポライン」の2つのギリシャ語から造語されています。

同一の製品または差別化された製品を生産する少数の企業で業界が構成されている場合に発生します。

簡単な言葉で言えば、「O占は売り手が非常に少ない状況であり、彼らはそれぞれが自分が市場に出す供給価格の結果を意識している」-売り手の数は1人より多いが、市場価格に対する影響を無視できるほど大きくはありません。

定義

oligo占の概念は次のように定義できます。

「O占とは、企業が市場政策の一部を、いくつかの緊密なライバルの予想される行動に基づいている状況です。」– J.スティギア

「oligo占は少数の売り手の市場であり、同種または差別化された製品を提供しています。 売り手が非常に少ないので、相互依存を認識しています。」– PC。 ドゥーリー

「O占は、少数の企業と多くの相互依存によって特徴付けられる市場構造です。」-マンスフィールド

「oligo占とは、少数の相互依存する競合する生産者の影響のそれぞれが市場を支配しない市場状況です。」–グリノール

「O占は、業界の企業数が非常に少ない市場の状況であり、各企業は価格政策を策定する際にライバルの反応を考慮する必要があります。」– McConnel

Ol占の分類

Ol占の状況はさまざまなベースで分類できます。

1.製品の差別化の基礎:

製品の差別化に基づいて、oligo占は純粋または完全Ol占と不完全または差別化poly占に分類される場合があります。 純粋なoligo占の場合、業界の異なる企業の製品は同一または同種であり、差別化されたoligo占の場合、異なる企業の製品は同一ではなく、差別化された製品です。 したがって、競合企業が完全な代替品ではなく密接な代替品である製品を生産する場合、差別化されたoligo占が存在します。

純粋なoligo占と差別化されたoligo占の区別は、分析において重要な役割を果たしません。 実際の状況では、ほとんどのoligo占産業の企業は差別化された製品を生産しています。 しかし、理論的には、両方の種類のoligo占において価格と生産高を決定する可能性があります。

2.企業の参入の基礎:

新規企業が業界に参入する可能性に基づいて、oligo占はオープンOl占とクローズドOl占に分類されます。 オープンoligo占は、新しい企業が業界に参入するための完全な自由を提供します。 公開oligo占の状況では、希望する企業が市場に参入するためのいかなる種類の制限もありません。 一方、閉鎖oligo占とは、市場全体を支配しているのはごく少数の企業のみであり、新規企業が業界に参入することを許可されていない市場の状況を指します。

3.価格リーダーシップの基礎:

価格リーダーシップの有無に基づいて、oligo占は部分Ol占と完全Ol占に分類される場合があります。 部分的oligo占とは、業界が1つの大企業(リーダーとして知られている)によって支配されており、業界の他の企業(フォロワーとして知られている)がリーダーによって決定された価格政策に従う市場状況を指します。 一方、完全oligo占とは、リーダーもフォロワーもいない市場状況を指します。

4.契約の根拠:

合意に基づいて、oligo占は、Collusive OligopolyとNon-collusive Oligopolyに分類されます。 共謀的なoligo占とは、業界の企業が価格設定の共通方針に従う市場状況を指します。 言い換えれば、それらは一緒に組み合わさって、業界の価格と生産量に関する競争を避けています。 非共占いoligo占とは、市場全体の価格と生産量に関して企業間で合意がない市場状況を指します。 言い換えれば、非共占いoligo占下の企業は独立して行動します。

 

コメントを残します