製品:意味、定義、コンセプト、タイプ、製品構成、および決定

マーケティングの製品について知る必要があるすべて。 製品は、市場で販売するために製造されたものです。

顧客のニーズは、製品の使用によって満たされます。 製品はマーケティングの主要コンポーネントの1つです。すべてのマーケティング活動は製品を中心に展開します。 製品は有形または無形である可能性があります。 有形の製品は商品と呼ばれ、無形の製品はサービスと呼ばれます。

製品という用語は、狭い意味でも広い意味でも理解できます。 狭い意味で、それは、識別可能で容易に認識可能な形式で組み立てられた、具体的な物理的および化学的属性のセットです。

この記事では、マーケティングの製品について説明します。 -1.製品の意味2.製品の定義3.コンセプト4.機能5.特性6.製品ミックス7.新製品のタイプ8.製品階層9.レベル10.デザイン11.決定12 。生産決定の要素およびその他の詳細。

マーケティングの製品:意味、定義、コンセプト、タイプ、製品構成、決定


内容:

  1. 製品の意味
  2. 製品の定義
  3. 製品のコンセプト
  4. 製品の特徴
  5. 製品の特徴
  6. 製品ミックス
  7. 新製品の種類
  8. 製品階層
  9. 製品のレベル
  10. 製品デザイン
  11. 製品の決定
  12. 生産決定の要素
  13. 製品開発
  14. 製品ミックスの決定要因
  15. 製品の重要性

この記事は、次の回答を得るのにも役立ちます。

  1. 製品の定義
  2. 製品コンセプト
  3. 製品ミックス
  4. 製品の決定

製品–製品の意味

製品は、市場で販売するために製造されたものです。 顧客のニーズは、製品の使用によって満たされます。 製品はマーケティングの主要コンポーネントの1つです。すべてのマーケティング活動は製品を中心に展開します。 製品は有形または無形である可能性があります。 有形の製品は商品と呼ばれ、無形の製品はサービスと呼ばれます。

製品という用語は、狭い意味でも広い意味でも理解できます。 狭い意味で、それは、識別可能で容易に認識可能な形式で組み立てられた、具体的な物理的および化学的属性のセットです。

より広い意味では、各ブランドを個別の製品として認識します。 製品は、「プロセスの最終結果であり、ニーズを満たす、または満足したい、良いアイデア、方法、情報、オブジェクト、またはサービス」と定義できます。 通常、販売者が購入のために購入者に提供するのは、有形および無形の属性(利点、機能、機能、用途)の束です。」

通常、製品または商品とは、特定の形状、品質、または量で認識できる商品、たとえば車、本、時計、衣服などを意味する言葉です。実際、この商品の意味は狭い意味です。 「製品」という言葉は、マーケティングにおいてより広い視野で使用されます。 ここでは、すべてのブランドは別個の製品、つまりラックスとライフブイと見なされます。どちらも石鹸ですが、別個の製品として扱われます。 狭い意味では、これらは単なる石鹸と見なされます。

すべての企業は、製品販売の機能を引き受けますが、目に見える場合も見えない場合もあります。 ランドリー会社が洗濯サービスを提供しています。 この機能は、小売業者が行う製品販売に似ています。 企業は、製品を販売しながら、製品に関連するサービスも販売しています。 消費者が製品を購入するのは、その製品から心理的および身体的満足を得ているからです。

したがって、売り手は自分の製品を販売するだけでなく、そのような心理的および身体的満足のマーケティングを開始します。 たとえば、製品を購入している人は、その製品を製造するためのインプットを気にしません。 彼は、その製品を使用することでどのような有用性または満足度が得られるかという事実にかなり興味を持っています。 これに関連して、ジョージフィスクのアイデアは説明する価値があります。 彼によると、「製品は心理的満足のクラスターです。」


製品– マーケティングの定義

製品は、売り手が販売しなければならないものであり、買い手がそれを購入しなければならないものは、顧客のニーズを満たします。 顧客は、購入者に何らかの利点を実現できるため、製品を購入します。 マーケティング担当者は、お金と引き換えに「何かを提供する」ことで、顧客のニーズと要望を満たすことができます。 そして、この「提供」は基本的に製品です。 この製品は、マーケティングミックスの4Pの重要な要素の1つです。 これは、消費者を満足させる有形および無形の属性の束で構成されています。

製品は、マーケティングミックスの重要なコンポーネントです。 マーケティングミックスの他の要素、すなわち価格、プロモーション、場所はそれを補完します。 製品は、組織のマーケティング業務の中心です。 ほとんどの場合、製品は品質が悪いためではなく、顧客の期待に応えられないために失敗します。

それは単なる物理的属性の束ではなく、消費者のニーズを満たす認識された利益の束です。 したがって、製品の決定を処理するために最大限の注意を払う必要があります。 悪い製品は、会社の悪い名前を生成するだけでなく、製品に設定された価格に悪影響を及ぼし、チャネルメンバーを思いとどまらせ、プロモーション手段の信頼性を低下させます。

狭義には、「製品とは、識別可能な形式の有形の物理的属性のセットです」(WJスタントン)。 しかし、マーケティングでは、製品はより広い形式で使用されます。

W.アルダーソンによると、「製品とは、さまざまな製品機能と付随するサービスで構成されるユーティリティのバンドルです」。

フィリップ・コトラーによると、「製品とは、ニーズや欲求を満たす可能性のある、注目、買収の使用または消費のために市場に提供できる有形または無形のものです」。

Cravens、Hills、およびWoodruffによると、「製品とは、対象物、サービス、組織、場所の人々、アイデアなど、提供する利益または満足度に対してターゲット市場で評価される可能性のあるものです」。

上記の定義から、製品には、顧客が製品を購入するように駆り立てる満足のいく属性が含まれていることが明らかです。 それは問題解決デバイスのパッケージに過ぎず、物理的な製品以上のものです。 これは、製品が多くの社会的および心理的属性と、消費者に満足をもたらすその他の無形の要素を含むためです。

製品は何でもかまいません。 物理的な製品(例:ファン、サイクルなど)、サービス(例:ヘアカット、不動産取引など)、場所(例:アグラ、デリーなど)、人(例:後期MFフセインなど)、組織(例:Helpage India) 、ラジブガンジー財団など)とアイデア(家族計画、安全運転など)。

アルダーソンは、「製品とは、さまざまな製品機能と付随するサービスで構成されるユーティリティのバンドルです」と定義しています。

スタントンは、「製品は包装、色、価格、メーカーおよび小売業者のサービスを含む有形および無形の属性のセットであり、買い手は満足または欲求またはニーズを提供するものとして受け入れることができる」と定義しています。

フィリップ・コトラーによると、「製品は、欲求やニーズを満たす可能性のある、注意、獲得、使用、消費のために市場に提供できるものです。 物理的なオブジェクト、サービス、人、場所、組織、およびアイデアが含まれます。」


製品– コンセプト

製品とは、顧客のニーズと要望を満たす商品またはサービスを指します。 顧客の要件を満たすことで収益を上げるために、組織によって市場で提供されます。 製品は組織の資産であり、マーケティングミックスのバックボーンと呼ばれます。

ピーター・ドラッカーによると、「サプライヤーと特にメーカーは、顧客が持っていない、または持てない製品またはサービスに関する情報を持っているため、市場力を持っています。 これは、ブランドの収益性を説明しています。」

組織が顧客のニーズを理解することは非常に重要です。 たとえば、一部の顧客は話をするために携帯電話を使用します。 一方、電話会議などのビジネス目的だけでなく通話にも携帯電話を使用する人もいます。 顧客のニーズは購買力に依存します。

たとえば、基本的なニーズがインターネットでのサーフィンである顧客は、単純なコンピューターを選択できます。 一方、ソフトウェアエンジニアは、高度な構成のコンピューターを必要とする場合があります。 したがって、ニーズのレベルが上がると、製品のレベルも上がります。


製品–製品の 機能

私。 タンジビリティ:

製品は本質的に有形であり、顧客は製品に触れたり、見たり、感じたりすることができます。 たとえば、車、本、コンピューターなど。

ii。 無形の属性:

サービス製品は本質的に無形であり、コンサルタント、銀行、保険などのサービスです。製品はレストラン、交通機関などの有形および無形の属性の組み合わせである場合があります。コンピューターの場合は有形の製品ですが、ディーラーが提供する無料サービスでは、製品は有形のアイテムであるだけでなく、無形のアイテムでもあります。

iii。 関連する属性:

製品に関連する属性は、ブランド、パッケージ、保証、保証、アフターサービスなどです。

iv。 交換価値:

製品が有形であろうと無形であろうと、相互に合意した価格で買い手と売り手の間で交換できる必要があるという事実に関係なく。

v。顧客満足度:

製品は顧客のニーズと顧客の欲求を満たします。製品の価値は、購入後に製品が与える満足度によっても決まります。


製品–製品の 特性

1.単一の商品またはサービスになります。 商品のグループまたはサービスのグループ。 製品サービスの組み合わせ、または複数の製品とサービスの組み合わせです。

2.その意味は、消費者のニーズと欲求によって決まります。 製品の目的は、消費者の一部のニーズを満たすことです。 購入者は、コンピューターシステムを購入するときに問題解決と創造性のための時間を購入します。

3.一定の期間にわたって満足の流れを提供すると予想されるものなど、耐久性がある場合があります。

4.製品は、車、高級コロニーの設備の整ったバンガロー、パン、牛乳、砂糖などの身体と魂を一緒に保つために必要な必需品など、名声と地位の象徴として必要な贅沢品です。など

5.農業、鉱物、森林、または半製品または製造製品の可能性があります。


製品ミックス

製品ミックスは、同じ組織によって製造または販売された製品の組み合わせです。 一般に、企業は、市場での存在感を高め収益性を高めるために、単一の製品に焦点を当てるのではなく、関連製品または非関連製品の品揃えを市場に提供します。

中小企業は通常、相互に関連する製品を提供しますが、大企業は大規模な多様化に役立ちます。

たとえば、比較的小さな企業であるAyur Herbalsは基本的に化粧品や美容製品を扱っていますが、RelianceグループやTata産業などの大手企業は、通信、加工食品、消費財などのさまざまな分野に存在しています。顧客ベースを拡大し、さまざまなサービスにリスクを分散します。 製品ミックスには、製品ラインと製品アイテムの両方が含まれます。

(i)製品ライン:

製品ラインは、ニーズのクラスを満たすか、一緒に使用されるか、同じ顧客グループに販売されるか、同じタイプのアウトレットを介して販売されるか、特定の価格範囲内にあるか、またはマーケティング、技術、または最終用途の考慮事項のため、ユニットと見なされます。 たとえば、サンシルクのシャンプーとコンディショナーは、製品ラインを構成しています。

(ii)製品アイテム:

色、サイズ、価格、またはその他の属性に基づいて、製品ライン内の別のユニットとは別個のユニットです。 たとえば、Sunsilk Thick and Longシャンプーは、製品範囲の他のアイテムと区別できる製品単位です。

製品ミックスの構造

1.幅:

製品ミックスの幅とは、社内で見つかったさまざまな製品ラインの数を意味します。 したがって、幅は搭載されている製品ラインの数によって測定されます。 たとえば、Bajajグループには、電球、蛍光灯、ミキサー、グラインダー、トースター、オートバイ、圧力鍋、その他の製品を製造する子会社が多数あります。

2.深さ:

製品ミックスの深さとは、各製品ライン内で会社が提供するアイテムの平均数を指します。 各製品ラインで提供されるサイズ、色、モデル、価格、品質の品揃えによって測定されます。 たとえば、Hindustan Unileverは、Lux Fresh Splash、Strawberry and Cream、Peach and Cream、Sandal and Creamなどの製品ラインアップLux Soapsのような多くのバリエーションを提供しています。

3.一貫性:

製品ミックスの一貫性は、消費者の行動、生産要件、流通経路などの面で、さまざまな製品ラインがどれだけ密接に関連しているかを示しています。 たとえば、ゼネラルエレクトリックカンパニーが生産する製品は、ほとんどの製品が何らかの形で電気を使用しているという点で、全体的に一貫しています。

Kotlerによると、製品ミックスの3つの側面すべてに市場原理があります。 製品ミックスの幅を広げることで、同社は現在の市場での評判とスキルを最大限に活用したいと考えています。

製品ミックスの深さを増やすことにより、同社は、さまざまな趣味やニーズのバイヤーの後援を呼びかけたいと考えています。 製品ミックスの一貫性を高めることにより、同社は特定の分野で比類のない評判を獲得したいと考えています。


製品– 新製品の種類

事業会社は常に、革新と研究によって新しい市場を見つけようとし、変化する顧客の需要を満たすために新製品を生み出しています。 特に電子およびコンピューターの分野で新製品を見ることができます。

ブーズ、アレン、ハミルトンは、6つのカテゴリーの新製品を特定しました。

(i) 新製品:

新製品は、浄水器のようなまったく新しい市場を創造する革新的な製品です。

(ii) 新製品ライン:

会社が液晶テレビのような確立された市場に参入できるようにする新製品。

(iii)既存の製品ラインへの追加:

男性向けの「フェア」や「ラブリー」など、会社で確立されている製品ラインを補完する新製品。

(iv) 既存製品の改善および改訂:

改善されたパフォーマンスまたはより高い認識価値を提供し、既存の製品に置き換わる新製品。例は本とソフトウェアです。

(v)再配置

新しい市場または市場セグメントを対象とする既存の製品は、市場の拡大に役立ちます。

(vi) 価格の差別化:

市場での競争の激化により、メーカーは同じ機能を同じ価格で提供する必要があります。


製品階層

a。 必要な家族:

製品ファミリの存在の根底にあるのは中核的なニーズです。 これらの製品は、人々のグループまたは個人の中核的なニーズを満たします。 彼らは「必要な家族」からの製品と呼ばれます。 例えば。 飢ungは、食物によって満たされる中核的なニーズです。

b。 製品ファミリ:

これらは、合理的な有効性でコアのニーズを満たすことができるすべての製品クラスで構成されています。 このグループ内のさまざまな製品で構成されており、同じニーズを満たすために互いに競合しています。 これらは「同じニーズを満たす製品ファミリ」です。 例えば。 ファーストフード、スナック、野菜。 ターリーなど

c。 製品クラス:

これは、特定の機能的一貫性があると認識されている製品ファミリ内の製品のグループです。 この製品ファミリ内の類似の特性を持つ製品グループは、製品クラスまたは製品カテゴリとしてラベル付けされます。 例えば。 ファーストフード。

d。 生産ライン:

製品クラス内の製品のグループであり、類似の機能を実行する、同じ顧客グループに販売される、同じアウトレットまたはチャネルで販売される、または特定の価格範囲内にあるため、互いに密接に関連しています。 製品ラインは、異なるブランド、単一のファミリーブランド、またはラインが拡張された個々のブランドで構成されます。 例えば。 ハンバーガー、ピザなど

e。 製品型:

製品のいくつかの可能な形式の1つを含む製品ライン内のアイテムのグループです。 例えば。 チキンバーガー。

f。 品目(在庫保管単位または製品バリアント):

ブランドまたは製品ライン内の個別のユニットであり、サイズ、形状、価格、外観、またはその他の属性によって区別されます。 例えば。 バーガーキングのジャンボチキンバーガー。


製品–製品の レベル

顧客のニーズは、経済状況や社会的状況によって異なります。 顧客が経済的に成長するにつれて、現在のニーズを満たすことができる拡張製品が必要になります。 組織は、同じ製品を異なるレベルで生産することにより、顧客のさまざまなニーズに対応しています。 各レベルは、製品にいくつかの貴重な機能を追加します。 たとえば、携帯電話には、顧客のさまざまなニーズを満たすためのさまざまな機能が備わっています。

顧客が通信目的にのみ携帯電話を使用したい場合、非常にシンプルな携帯電話を購入できます。 ただし、通信、ビジネス、エンターテイメントの目的で携帯電話を使用したい場合は、追加機能付きの携帯電話を購入できます。

次に、製品のさまざまなレベルについて簡単に説明します。

私。 コアとなる製品:

製品の主要な機能が含まれています。 他の製品提供レベルの基礎を形成します。 たとえば、自動車の重要な特徴は、ある場所から別の場所へ移動することです。 したがって、追加機能のないシンプルで小型の車がコア製品です。

ii。 基本製品:

製品の基本機能に加えて、いくつかの追加の利点が含まれています。 たとえば、清潔で広々とした車は基本的な製品です。

iii。 期待される製品:

顧客が望む製品を指します。 これは、社会階級などの他の要因に応じて個人ごとに異なります。 たとえば、車を購入する顧客は、エアコンと音楽システムを期待しています。

iv。 拡張製品:

競合他社が提供する製品と比較して、製品の追加属性が含まれます。 追加の利点は、価値の面で合理的な顧客をより満足させます。 たとえば、車には液晶テレビや冷蔵庫などの特別な組み込み機能があります。

v。潜在的な製品:

将来の製品から得られる利点を現在の製品と比較します。 顧客の期待を超える価値を生み出します。 たとえば、優れた雰囲気と快適さを備えたハイテクガジェット車は、潜在的な製品です。


プロダクトデザイン

設計の変更は、主に、付随するコストを超えて、より大きな売上の見通しを改善するかどうかによって決まります。 設計の変更も文化的な圧力を受けます。 食品などの文化に縛られた製品ほど、より多くの適応が必要です。 ほとんどの製品は、「標準化」から「適応」の両極端の範囲に収まります。

製品が置かれているアプリケーションも設計に影響します。 英国では、鉄道エンジンは最初から洗練された設計になっていますが、競争の度合いが高いため、米国ではそうではありませんでした。 豊富な木材を燃やし、草原の残骸を移動させるために、大きな煙突とカウキャッチャーが必要でした。

農業用具では、機械化された耕運機は英国の庭の便利なアイテムかもしれませんが、インドとアフリカでは不可欠な機器かもしれません。 製品の利点の「認識」も設計に影響する場合があります。 アフリカの冷蔵庫は非常に必要かつ機能的なアイテムであり、キッチンやバーに保管されています。 メキシコでは、同じアイテムがステータスシンボルであるため、リビングルームに保管されます。

標準化を促進する要因は次のとおりです。

(i)生産とマーケティングの規模の経済

(ii)消費者の移動性–消費者の移動が多いほど需要が増えます

(iii)テクノロジー

(iv)イメージ、たとえば「Japanese」、「made in」。

後者は、グローバルなマーケティング開発を支援または妨害する要因となります。 長島(1977)は、「メイド・イン・アメリカ」のイメージが「メイド・イン・ジャパン」のイメージに負けていることを発見しました。 場合によっては、「外国製」は国産品よりも有利です。 ジンバブエでは、「輸入品」の広告が多く見られます。これにより、製品が国産品よりも有利であると認識されます。

多くの場合、「輸入された手段の品質」イメージを強化するために価格プレミアムが請求されます。 外国の情報源が事実上否定的である場合、包装やラベル表示などを通じて事実を偽装または隠そうとします。 メキシコ人はブラジルからの製品を好まない。 製品が「ブラジル製」であっても、製品が他の場所で製造されていれば、製品に「他の場所で作られた」ラベルを貼ることでこれを克服できます。

適応を促進する要因は次のとおりです。

(i)異なる使用条件:

これらは、気候、スキル、リテラシーのレベル、文化、または身体的条件に起因する可能性があります。 たとえば、トウモロコシは、アフリカのように圧延および製粉されたヨーロッパでは決して販売されません。 穂軸の上でも外でも丸ごと食べられます。 ジンバブエでは、カペンタ魚は風味として使用できますが、先進国では常に食事の「スターター」として食べられます。

(ii) 一般的な市場要因:

収入、好みなど。缶詰のアスパラガスは、先進国では非常に手頃な価格ですが、発展途上国ではうまく売れない場合があります。

(iii)政府:

課税、輸入割当、非関税障壁、表示、健康要件。 非関税障壁は、公平性が想定されているにもかかわらず、競争を制限または排除しようとする試みです。 この良い例がフロリダのトマト生産者であり、米国農務省に、米国で販売されているトマトの最小サイズを確立する規則を発行することに成功しました。

これの効果は、指定された最小サイズを下回るトマトを栽培したメキシコのトマト産業を排除することでした。 一部の非関税障壁は、消費者を保護する合法的な試みである可能性があります。たとえば、園芸農産物の殺虫剤と農薬の使用に対するこれまでより厳しい制限は、アフリカの生産者に頭痛を引き起こす可能性がありますが、それらは公共の利益のためと見なされます。

(iv)履歴:

植民地主義の結果として、生産施設が海外に設立されることもあります。 東部および南部アフリカには例が散らばっています。 ケニアでは、ジンバブエの砂糖産業とマラウイのコーヒー産業がそうであるように、茶産業は植民地時代の遺産です。 これらの施設は、現地の状況に長い間適応されてきました。

(v)財務上の考慮事項:

売上または利益を最大化するために、組織は製品を現地の条件に適合させる以外に選択肢がない場合があります。

(vi)圧力:

場合によっては、EUの場合のように、サプライヤーが市場に参入したい場合、サプライヤーに課せられた規則や規制に順応することを余儀なくされます。


製品の決定

製品、価格、プロモーション、流通チャネルに関する決定は、「マーケティングミックス」の要素に関する決定です。 製品はマーケティング計画のまさに縮図であるため、製品の決定がおそらく最も重要であると主張することができます。 製品の決定における誤りは膨大です。

これらには適用できないグローバル標準製品の賦​​課が含まれる場合があります。例えば、大型馬力トラクターは小規模農業が存在し、収入が低い地域にはまったく不適切な場合があります。 品質を低下させる可能性のある加盟国への決定の委譲。 文化的適応の必要性を認識せずに製品を国に販売する試み。

グローバルに標準化された製品または適応された製品を販売するかどうかの決定は、今日の市場では単純すぎます。 多くの製品の決定は、これらの両極端の間にあります。 認知は、国際的なライフサイクルの段階、組織自身の製品ポートフォリオ、その長所と短所、およびそのグローバルな目標についても考慮される必要があります。

残念ながら、ほとんどの発展途上国は、多くの製造された付加価値製品と世界の舞台で競争する立場にありません。 多くの場合、品質または品質の欠如が大きな失望です。 ほとんどの発展途上国は、今後しばらくの間、原材料または基本的で価値の高い農産物を輸出するでしょう。


製品– 生産決定の要素

国際市場での製品およびサービスの生産または提供に関する決定において、製品またはサービスの生産は、会社の他の機能分野、特にマーケティングの両方において、十分に計画および調整されることが不可欠です。

たとえば、園芸では、サプライヤまたは彼の「アウトグローワー」(下請け業者)が彼ができると言うものを供給できることが不可欠です。 これは、供給契約の締結時に特に重要です。供給に失敗すると大きなペナルティが発生する可能性があるためです。 考慮すべき主な要素は、生産プロセス自体、仕様、文化、物理的な製品、包装、ラベル、ブランド、保証、およびサービスです。

生産工程:

重要な質問は、供給の継続性を確保できるかどうかです。 製造された製品では、これには製造プロセスのタイプ(職人技、仕事、バッチ、動線、またはグループ技術)の決定が含まれる場合があります。 しかし、季節性、腐敗性、需要と供給のような多くの農産物の要因を考慮する必要があります。

園芸作物の量と質は、多くの事柄の影響を受けます。 これらには、投入物資(またはそれらの不足)、金融および信用の可用性、多様性(選択)、播種日、製品範囲および投資アドバイスが含まれます。 これらのアイテムの多くは、供給契約で提供されます。

仕様:

農産物では仕様が非常に重要です。 一部の市場では、仕様内にない限り、農産物を取りません。 多くの場合、仕様は顧客によって設定されますが、エージェント、標準機関(EUやITCジュネーブなど)、および業界団体は有用な情報源になる可能性があります。

品質要件はしばしば大きく異なります。 中東では、緑のリンゴよりも赤いリンゴが好まれます。 一例では、箱入りのフレンチレッドリンゴは1箱あたり55ディナールで販売されていますが、魅力的なイランの緑は1箱あたり28ディナールで販売されています。 輸出では、品質基準は輸入業者によって設定されます。 アフリカでは、Maritim(1991)は、一般に、製品の品質と等級について一貫した基準がなく、地域で国際貿易を行うことを困難にしていることを発見しました。

文化:

製品の包装、ラベリング、物理的特性、マーケティングは、必要に応じて文化的要件に適応する必要があります。 宗教、価値観、美学、言語、物質文化はすべて生産の決定に影響します。

物理的な製品:

物理的な製品は、さまざまな要素で構成されています。 これらの要素には、物理​​的な製品と製品の主観的なイメージが含まれます。 消費者は利益を求めており、これらは製品パッケージ全体で伝える必要があります。

物理的特性には、範囲、形状、サイズ、色、品質、数量、互換性が含まれます。 主観的な属性は、広告、自己イメージ、ラベリング、パッケージングによって決定されます。 農産物の製造または販売では、コストと国の法的要件を認識しなければなりません。

繰り返しますが、これらの特性の多くは顧客またはエージェントによって管理されています。 たとえば、EUに販売されている牛肉製品では、遵守すべき非常に厳しい品質要件があります。 魚製品では、日本人は、たとえば英国で販売されるよりも「エキゾチック」なタイプを要求します。

カリバ湖でザンビア人によって生産され、ルサカ市場に販売されている干物は、国際的に販売された場合、衛生法を通過することはありません。 種子のような洗練された市場では、多様性と範囲が非常に大きいため、競争力を維持するために新しい株や品種を常に監視する必要があります。

包装:

パッケージングには多くの目的があります。 取り扱いや輸送で発生する可能性のある損傷から製品を保護し、プロモーションの側面も備えています。 非常に高価になる可能性があります。 パッケージングでは、サイズ、ユニットタイプ、重量、体積が非常に重要です。 航空機貨物の場合、パッケージは軽量である必要がありますが、強力である必要があります。海上貨物コンテナの場合は、多くの場合最良の形態です。

顧客は最適な梱包形態を決定することもできます。 園芸農産物では、先進国はしばしば、マンゲットアウト、豆、イチゴなどのブリスターパックを要求しますが、パイナップルなどの製品では海の容器で十分です。 パッケージングのコストは、それによって得られる利点と常に比較検討する必要があります。

環境面がますます重要になってきています。 例えば、非分解性プラスチックの包装はあまり需要がありません。 生分解性、リサイクル可能、再利用可能な包装が今では日常的になっています。 これは、多くの発展途上国にとって高価であり、要求が厳しい場合があります。

ラベリング:

ラベリングは、製品の内容を表すだけでなく、販促用の場合もあります(たとえば、キャッシェルバレージンバブエ、HJハインツ、タンザニアのアフリカフェ)。 EUは現在、園芸農産物に使用されている農薬や殺虫剤をリストする必要がある程度まで、ラベル付けに関して非常に厳しい規制を施行しています。

これは、生産技術、特に小規模で生産技術が標準化されていない生産者にとって非常に厳しいものになる可能性があります。 政府のラベル表示規制は国によって異なります。 バーコードはアフリカでは普及していませんが、在庫管理には役立ちます。

特に製品が世界的なブランドである場合、ラベルは多言語にする必要があります。 翻訳は、多くの単語の翻訳が困難な問題になる可能性があります。 再びラベル付けは高価であり、プロモーション用語では、非標準ラベルは標準ラベルよりも高価です。 国際輸送のためのクレートのラベル付けなどの要件は、後で文書化されます。


製品開発

製品開発プロセス全体は、その実施を複雑にする多くの要因によって特徴付けられます。 1つ目は、企業のすべての機能ユニットがさまざまなポイントに関与しており、それらの多くがプロセス全体を通じて関与していることです。 彼らは慎重に動員されなければならず、協力行動に対する彼らの自然な抵抗は克服されます。

第二に、多くの異なるタイプのアクティビティを同時に実行する必要があります。 事実上、これらはすべて後のアクティビティに必要な前提条件です。 したがって、タイミングの深刻な問題があり、目標日を設定し、進捗を判断するためのフォローアップが必要です。

かなりの量の技術研究開発作業を必要とする製品の場合、アイデアの元の概念から商品化までの期間は通常5〜10年です。

第三に、プロジェクトがそのすべての側面で考慮され、決定に到達するいくつかのチェックポイントが必要ですか?それは放棄されるか、棚に置かれるべきか、所定の作業率で継続されるべきかどうかです?

そのようなポイントの魔法の数はありませんが、最も明白なのは次の場所です。

1.新製品のアイデアの予備審査。

2.かなりの額の支出が研究開発に許可される時間。

3.プロトタイプの製造および販売または使用テストの承認。

4.本格的な製造およびマーケティングに関する決定。

The process of reviewing the project in its manifold technical and economic aspects at each of these check points becomes increasingly more detailed and thorough as larger and larger amounts of company resources must be committed by decisions to continue it.

Fourth, new products that are quite similar to the present line in production and selling characteristics will not require a process of development so elaborate or as long as those that are more alien to the established knowledge and know-how of the company organization.

The nature of these complicating factors indicates the desirability of systematizing the search for new products. While the appropriate elements of a product development system would vary from one firm to another, certain activities are basic to the process itself.

These include at least the following phases:

1. Generating new-product ideas.

2. Preliminary appraisal of new product ideas and selection of projects.

3. Product and market research.

4. Process research.

5. Prototype testing in production and marketing.

6. Commercialization.

With the exception of the second step, the appraisals that are likely to be made near the end of one phase and the beginning of the next have been omitted.

1. Generating New-Product Ideas:

It is almost a truism that new product ideas should match the capabilities of the enterprise and be generated in sufficient number to present a real choice of opportunities. Both internal and external sources should be consulted.

a。 Internal Sources:

Stimulating a flow of ideas internally is largely a matter of gaining and holding the interest of groups in the organization. One means of doing this is to provide adequate machinery for prompt acknowledgement, review, and decision regarding new-product ideas submitted by insiders.

Delay in acting on such ideas is apt to be interpreted as lack of interest on the part of management and can dampen creative effort. Financial rewards can also be effective in generating ideas, particularly if they are offered promptly.

Some of the more obvious internal sources of new-product ideas are:

私。 Research and Development Departments:

For companies large enough to support them, R&D departments are usually fruitful sources of new-product ideas. As a rule, research personnel are very imaginative and accustomed to working with new concepts.

Although they are not always fully aware of the commercial requirements of new products, this limitation can be met in part through the efforts of the research director to create in his staff an understanding of cost and profit problems.

An important characteristic of research personnel as a source is that they are typically thinking ahead to future technology and are not likely to be influenced by current industrial practices.

In addition to ideas that may spring from an R & D department, an active program of research inevitably produces many “spin-off” products not included in the primary research objectives.

When research directed to a certain end turns up new-product ideas not contemplated in its original purpose, they are usually shelved for reexamination at a future time. Too often, they are forgotten.

These by-products of research frequently represent promising opportunities, either for development by the company or for sale or license to other firms. One chemical company found it very worthwhile to review the new-product projects it had placed on the shelf (because they did not fit company needs closely enough), and through license arrangements or sale, to exploit these properties and derive some income from them.

ii。 Technical Service Staffs:

Technical service personnel are usually a good source of product ideas due to their close contact with the problems of applying company products to customer needs. Service personnel frequently specialize by customer industry and thus have an intimate knowledge of their changing needs. Dealing with complaints about the technical characteristics or performance of products often suggests new- product ideas.

Without proper encouragement, though, technical service men are likely to be interested only in improvements to present products rather than in new products. While the former are important, it is the latter which offers the greatest new business potential.

iii。 Company Salesmen:

A salesman often displays the same tendency to relate ideas primarily to present products as do technical service personnel. However, a salesman is in a particularly good position to discover opportunities for new products because of his day-to-day contact with customers and his familiarity with competitive products.

If he is alert and has the right kind of contacts with influential managers inside the customer firm, he may be able to identify the direction of customer research and development. This provides important clues to the types of materials and equipment they are likely to need in the future.

The value of the industrial sales force as a source of new-product ideas depends in part on the marketing channels used by the company. If sales flow mainly through distributor channels, these provide a sort of insulation between user and company with regard to detailed knowledge of the user's needs and desires.

Even in this case, however, an alert sales force will maintain close contact with the most important customers of distributors and will attempt to keep in close touch with distributors and their salesmen about the problems and conditions of product use.

iv。 Executive Personnel:

Executives in sales, production, research, and general management have an intimate view of the needs and probable future course of the company. They represent a source of ideas that should be consistent with company capabilities and potential.

Some of them are likely to possess an intuitive sense of profit opportunities and of the proper timing for maximum exploitation of them. In addition, they are apt to have access to the high-level trade grapevines that often carry surprisingly accurate news about the product planning and development activities of customers and competitors.

v. Company Sales Records:

Analyses of company sales results by product lines and by items is useful in indicating the need for redesign of some products and the approaching obsolescence of others, as well as the types of products that have won strong buyer acceptance.

vi。 Company Patent Departments:

Personnel staffing patent departments should not be overlooked as sources of new-product ideas. They are trained to think in terms of new products. For the alert, motivated employee, patent searches as well as the writing of patent descriptions can generate new-product ideas.

b。 外部ソース:

A variety of sources of new-product ideas may be found outside the company. The most common are probably competitors, free-lance inventors, and trade literature.

私。 Competitors:

Successful competitors can often be a source of valuable clues concerning the number of items or models which should be included in the product line. The concept of a full line is somewhat difficult to define. While it is often desirable to sell more than a single product or a single product line, the point of diminishing returns is difficult to identify.

The number of product lines and the breadth of these lines that competitors are selling successfully may serve as a crude yardstick in determining the product mix that is best for one's own company. If new products are called for, the general nature of these products is already outlined by competitors.

ii。 Free-Lance Inventors:

Although not the important source of new- product opportunities they once were, free-lance inventors are still credited with some important product innovations. Business men will not soon forget CF Carlson's copying machine or Edwin Land's camera. Both men were turned down by blue-chip companies and forced to form their own enterprises—Xerox and Polaroid.

iii。 Trade Literature:

Literature searches, both in United States publications and those of foreign countries, have proved fruitful for some companies. In a number of instances, equipment developed in foreign countries has later appeared in the United States through import channels.

The practice of following foreign technical literature enabled one domestic company to develop similar equipment and have it on sale in this country before imports appeared.

iv。 Other Outside Sources:

These include professional society meetings, trade shows, exhibits, government research programs, university research programs, and consulting organizations. The problem in using such sources is how to tap them without an excessive expenditure of time and energy.

2. Preliminary Appraisal:

This phase has two major purposes. The first is to eliminate ideas that are clearly unworthy of further consideration. The second is to select from among the remainder those with enough promise to warrant exploratory work by technical research.

Great reliance is usually placed on the experience and judgment of executives in conducting the screening process. Because of the multiplicity of issues which affect the desirability of pursuing any specific new-product idea, it is often useful to develop a checklist of questions to be answered.

Checklists are no substitute for analysis, but they have the merit of preventing the omission of vital questions in the heat of pursuing what initially appears to be an exciting idea. If the company product mix is fairly homogeneous, one such list may serve the purpose; if not, it may be necessary to have more than one.

Although it is essential that the entire range of conditions influencing the success of an idea be considered, it is not necessary that detailed information about each be available at this time. The emphasis, rather, is on detecting negative issues that might suggest abandonment of the idea.

Major considerations in the appraisal of a new-product idea usually include expected profit potential, the competitive situation, the general adaptability of the company to the new product, and the scale of investment that would be necessary in relation to the funds the company has available.

Marketing considerations include the approximate size of the market, the trends operating within it, marketing methods that would be necessary for successful sale, price structures, and so forth.

Many new-product ideas involve problems of technical design. Thus, it becomes necessary to judge the technical feasibility of the idea and estimate the likelihood of success in solving technical problems.

Production considerations also enter in the form of the nature of production facilities required, approximate costs of production, availability of materials, and continuity of their supply. At times, legal considerations also enter, both as to the patent situation and as to hazards that may accompany customer use of the product.

Several firms have attempted to develop formulas to use as tools in making new-product decisions. A critical total score was worked out by applying the formula in retrospect to a number of products the company had introduced and comparing scores with actual performance.

Such a formula assures that all the factors generally significant in a new-product decision are considered in a systematic, uniform manner. But its use has dangers. When men have a formula, they tend to quit thinking. Any new-product idea may have one feature that outweighs all others and that is not general in the sense that few other ideas, or none, have it.

A formula is apt to be disastrous if used by a committee or staff group composed entirely of conformists. It may work well for a group that contains one or more highly vocal people who always look for the unusual in every situation.

3. Product and Market Research:

This phase includes the technical, economic, and market research carried on after an idea has been selected as a project after the preliminary appraisal. The amount of technical research necessary will vary greatly, depending on the difficulties involved in achieving a satisfactory product. The more similar the new product is to those currently being manufactured, the less likely is the need for significant amounts of technical work.

During this phase, the physical properties of the new product are determined, small quantities are prepared in the laboratory, research on possible uses is initiated, preliminary work on patents starts, and preliminary estimates of production costs are made.

Some industrial products, especially materials and supplies, lend themselves to limited field distribution of sample quantities, and thus permit preliminary evaluation of their suitability to the needs of selected customers.

It is usually advisable to prepare a study of the economic possibilities of the new product at this time which would seek answers to such questions as:

a。 What is the precise market or segment of the market in which the new product promises the greatest benefit to users?

b。 How much effort will be needed to generate an acceptable revenue, and how much will it cost?

c。 How much new investment must customers make in order to use the new product?

d。 How much change must customer firms make in their present production techniques and routines to use it?

e。 Have customers got the technical and application skills needed to use the new product?

f。 How many people in the typical customer firm must be convinced before a sale can be made and how hard are they to reach?

g。 How solid are relations between the typical customer and his present supplier?

h。 What buying motivation can we offer the customer, such as reduction in cost, an increase in attractiveness and volume of the end product, or possible increase in its price?

私。 What risks will the user of the new product incur?

j。 How fast will any information we may supply permeate the typical customer firm?

k。 Are there any built-in customer roadblocks to trying or adopting the new product?

4. Process Research:

In point of time, this phase may overlap the preceding one as the technical group begins to investigate the most feasible way of producing the new product and developing information needed for patent application.

The best way to test various manufacturing techniques may be to build a pilot plant and produce the product in small quantities. Quality control problems are also investigated during this phase.

5. Prototype Testing:

With modest amounts of the product available, market development personnel can begin field testing with a selected group of customers who agree to cooperate, often in return for assurances of preferential treatment if the product proves satisfactory.

All information gathered from field evaluations is relayed back to the technical group who review it for clues to possible flaws in product design.

During this phase there is often a review by an appropriate executive committee which makes recommendations concerning the future disposition of the project. These are based on the results of research completed together with relevant marketing and economic data.

Further research might be recommended if information seems inadequate, further technical work might be authorized if serious product defects have been discovered, or the project might be abandoned.

If continuance of the project is recommended, larger field tests would be undertaken that would more nearly approximate conditions of actual marketing. The regular sales organization would begin familiarizing its members with the product, and promotional strategy would be worked out along with decisions concerning selling methods. It also would be necessary about this time to choose a brand name for the product and determine package design.

The makers of certain kinds of industrial materials and equipment face legal hurdles in introducing new products. For example, before the producer of a chemical used in medicines can market it, he must gain approval of the Food and Drug Administration by supplying evidence that it will do what he says it will do, and will have no more than allowable toxic side effects. In order to gain clearance, he must submit the results of approved independent clinical tests to satisfy the Administration.

This requirement has both good and bad effects on the manufacturer's marketing activities:

私。 It delays the introduction of the product. Not only does it take a long time to complete clinical tests, but after they are submitted the manufacturer must await completion of any supplementary tests the Administration decides to make and the slow unwinding of its bureaucratic red tape, which is further delayed by chronic undermanning due to the niggardly policy of Congress in dealing with its budget.

ii。 The conduct of such clinical tests and presentation of their results in a form that suits the needs of the Administration is an art in itself.

iii。 The timing of the Administration's release may bear no relation to the ebb and flow of demand. Many diseases are seasonal, and the release of a product at the end of the season may lose the maker a whole year in its introduction to the market.

Nor can the time of release be forecast with any accuracy. So marketing plans must be prepared in detail and then held in abeyance, often to become outdated before they can be put into effect.

iv。 On the other hand, once the Administration issues a release, this in itself goes far to assure users that the product will do what is claimed for it, and thus materially eases the marketing task.

The maker of a food additive must have a release from the Administration, showing that its use will have no dangerous toxic effects on the people who consume the end products containing it.

The manufacturer of a plant protective material, or one designed to cure or prevent diseases of animals or fowl, or to stimulate the growth of animals, poultry, or plants must obtain such a release, assuring that no toxic residue remains in the meat, milk, eggs, fruits, or vegetables when prepared for human consumption.

This requirement adds all the handicaps in connection with medicinal materials, but does not establish that the product will do what it is designed to do. It constitutes merely a manufacturer's hunting license to try to capture sales, and affords no particular help in doing so.

Aside from the benefits of the Administration's work in protecting the public health, most manufacturers of such materials welcome these restrictions because they tend to preclude irresponsible producers from plaguing them with a type of competition very difficult to combat.

The makers of many kinds of building materials and equipment must see to it that the safety and fire-resisting properties of their products meet the requirements of the Board of Fire Underwriters and the local building codes. Since the codes differ from city to city, meeting their standards may be very cumbersome, time-consuming, and expensive.

A considerable amount of information is available regarding the new product as a result of prototype testing. Firm estimates of full-scale production costs, probable product uses, buyer reaction to prices, market potential, and other results of market evaluation tests are at hand. With this data one can predict the time required to recover development costs and the rate of return the product can be expected to earn on the funds invested in it.

If the results look impressive when compared to alternative investment opportunities, a recommendation for approval will probably be forwarded to top management for final action. This is the point at which large sums of money are committed to the manufacturing and marketing of the product.

6. Commercialization :

New products approved for commercialization enter the final phase of the development process. During the period required to get into full- scale production various activities, such as package design, promotional literature, and advertising copy can be completed.

Depending on the similarity of the new product to present products and its estimated market potential, it might be assigned to an existing division, to a new division specifically established for it, or to a new enterprise owned wholly or partially by the developing company.


Product – Determinants of the Product Mix

Conditions which appear to exert a major influence on the product- mix decision are:

1. Technology :

Comparatively little industrial research is basic in the sense that it is directed to the discovery of new principles or knowledge. By far the greatest industrial use of research and development is in the application of existing knowledge to the development of new products and processes or the improvement of existing ones.

The rate of technological change is accelerating, and technical research is unquestionably the most basic force affecting the product mix of the individual company.

2. Competition :

A second important determinant of a firm's product mix is changes in competitors' product offerings. Closely related is the introduction of competitive products by companies not now considered to be competitors.

This has happened increasingly in recent years, with the growing tendency of industrial firms to enlarge their product mixes to include product lines in fields and markets not previously served.

Changes in competitive products represent a direct challenge to a company, and if the change is a truly significant improvement, it may prove disastrous unless it can be matched or surpassed within a reasonable length of time.

This matter of the time element explains why firms seemingly in a solid product position spend large sums on research to discover new products that render their present ones obsolete. When asked why his firm was doing this, one chief executive replied, 'If we don't, someone else will.”

In addition to changes in their product designs, competitors may make changes in their overall product mix and put a rival at a competitive disadvantage. There are important forces favoring a product mix of considerable breadth. Broadening product lines may be a real advantage in distributor relations and in lowering selling costs.

The number of competitors may change. An increase in numbers is likely to result in keener competition and lowered profit margins. Significant increases in numbers of competitors are especially likely in industries where the capital investment necessary for entry is modest.

In such situations, a product that enjoys a rapid increase in sales is likely to attract many new entrants into the field, some of whom will not survive the period of consolidation, or “shakeout, ” as it is sometimes called.

In industries that require large investment, increases in the number of competitors are less dramatic. When they occur, the new competitors tend to reach for volume by cutting price, which reduces both the dollar sales and the gross profit rate of the original innovator.

The result is that as soon as a firm introduces a new product on the market, it starts research to improve it and to find other new products to replace it when competition develops.

3. Operating Capacity :

Another important factor influencing a marketer's product mix is underutilized capacity. Since production facilities are usually composed of complexes of interrelated machines, changes in production capacity can rarely be made in small increments.

When demand outruns existing facilities and a new equipment complex is brought on line, there may be a period in which it is not totally utilized in satisfying existing demand.

In such situations it is very common for management to be under pressure to find new products which the equipment can make. Similarly, when a marketing organization is established to serve a particular territory for a given product line, it often becomes apparent that salesmen could handle other lines as well, and pressure is generated to find other products they can sell profitably.

It is well known that many profitable firms do not pay out all their profits in dividends. Retained earnings become part of the firm's capital structure and must be invested. New products are one of the investment opportunities into which underutilized funds are often channeled.

Many manufacturing processes involve by-products which must either be used internally, marketed, or disposed of as waste. Growing concern with industrial wastes may be expected to stimulate greater efforts than in the past to turn them into products which can either be used internally or marketed. The latter instance, of course, leads to an expansion of the product mix.

4. Market Factors:

Although declines in demand are disturbing to management and may result in an expansion of the product mix in an effort to replace lost business, upward changes are also of significance. Management's responsibility is to capitalize as fully as possible on expanding product fields just as much as it is to meet the challenge of declining markets.

These changes in demand are of various types:

私。 Shifts in Customer's Product Mix:

Goods which enter into customers' products such as parts and components are vulnerable to changes in the product lines manufactured by customers. If the customer is himself an industrial goods producer selling to other industries, his shift may be triggered by changes his customers have found necessary. Depending on the direction of change, pressure for an expansion or contraction of his own product mix is apt to result.

In addition to the product demand shifts brought about by customers' changes in product line design to meet their own customer needs, some regular customers may engage in diversification programs that expand their product mix.

This offers opportunities for the sale of additional quantities or for modification of the seller's product mix to capitalize on additional business available from them. Since diversification programs often grow out of a decline in business or the fear of a future decline, there may well be concurrent drops in normal demand.

ii。 Changes in Availability or Cost:

A material or part used in making an end product may become scarce or its price may go up so as to distort the competitive relationships in either the component or the end product market. This necessitates product modification by the firm supplying the components and by consequence alters its mix of products.

iii。 Changes in Manufacturing Processes:

Manufacturers of special purpose machines are particularly vulnerable to changes in the manufacturing processes of their customers. A change in process can render their machines obsolete, forcing a constriction in the product mix.

iv。 Shifts in Location of Customers:

Transportation costs are important for many types of industrial goods. These costs limit the geographical extent of the market that can be profitably served by an industrial marketer, and any shift of customers out of this market area can result in major declines in sales and the necessity for replacing this lost business with other products.

Sometimes migration of industry into the area economically served by a producer helps offset losses from outward migration. Some manufacturers, however, have been so closely tied to particular industries—for example, textiles—that large-scale migration becomes a death sentence unless the supplier also moves.

v. Changes in Levels of Business Activity:

Nearly every producer faces some type of seasonal pattern of sales, and also is vulnerable in greater or less extent to major shifts in the level of general business. Some companies have extended their product mix by adding lines whose seasonal patterns offset those of their present lines, and thus have obtained a reasonably even rate of total production and sales activity throughout the year. This consideration also applies to distributors who may feel the need for a product mix that evens out seasonal fluctuations.

In somewhat similar fashion, some companies have sought to add product lines less sensitive to business-cycle fluctuations than are their existing ones. Many manufacturers of machinery, particularly in the major equipment groups, are concerned about their sensitivity to cyclical drops in demand and would like to meet this drop through diversification, Cyclical fluctuations are often of the rolling type in that demand does not decline in all industries at the same time.

When this happens, a supplier who diversifies to sell to a number of industries may diminish the sharpness and extent of the decline in his sales volume.

In addition to changes in general business activity, there may be variations in local or regional markets or in individual industries.

vi。 Government Controls:

The last several decades have been a period of war and general tension in international relations. It seems certain that for many years in the future there will be a high level of government spending for national defense, coupled with the possibility of limited scale military action.

Under such conditions, certain materials are of great strategic importance, and the government may take steps to limit their use for civilian purposes in order to manufacture military material or to build stockpiles.

Such government controls have widespread ramifications through industry, and tend to cause major changes in sales volume for particular product lines. When there is no possibility of substituting materials, little product action can be taken.

Frequently, however, such a tight material situation may encourage experimentation and research on substitute materials to perform the function. This leads to changes in product mix.


Product – Importance of Product

1. Central Point for All Marketing Activities:

Product is the foundation of all the marketing activities such as, selling, purchasing, advertisement, distribution, sale promotion, etc. It is the product which is the vehicle of profitability for the business.

2. Starting Point of Planning:

The starting point of any marketing programme is the product. Planning for all marketing activities such as distribution, price, sales promotion, advertising, etc. is made on the basis of the nature, quality and the demand for the product. Product policies decide all other policies.

3. Product is an End:

The main objective of all marketing activities is to satisfy the customers. Various policies and techniques are formulated to provide the customers benefits, utilities and satisfactions through the product. Thus, product is the means for satisfaction of customers. The producer must insist on the quality and functionality of the product so that it may satisfy the customer's needs.

4. Product is Indispensable:

Product is a must for marketing activities. All marketing activities are done for the satisfaction of customer. The producers must know their customers and their needs. They should also know their product and its qualities.

The product must contain the qualities which can satisfy the customers, should make continuous and sincere efforts to know their product through marketing research and planning and to improve it wherever it is lacking.


 

コメントを残します