マネーサプライ–マネーサプライの意味と対策

マネーサプライ–マネーサプライの意味と対策!

(a)マネーサプライの意味(D2010):

お金の供給とは、特定の時点で一般の人々が保有する、流通しているお金の総在庫(紙幣、硬貨、銀行の要求払預金)を意味します。

手短に言えば、マネーサプライとは、特定の日に流通しているお金のストックです。 したがって、マネーサプライの2つの要素は

(i)通貨(紙のメモと硬貨)

(ii)商業銀行の定期預金。

繰り返しますが、(在庫と商品の供給との違いのように)お金の総在庫はお金の総供給とは異なることに注意する必要があります。

お金の供給は、特定の時点で国民が保有するお金の総在庫の一部にすぎません。 言い換えれば、ある時点でユーザー(生産者ではなく)が支出可能な形で保有しているお金は、マネーサプライと呼ばれます。

政府と銀行システムが保有するお金の在庫は、彼らがお金の供給者または生産者であり、彼らが保有する現金残高が実際に流通していないため、含まれていません。 要するに、マネーサプライには、銀行の公的および純需要預金によって保持される通貨が含まれます。

マネーサプライのソース:

(i)政府(1ルピー紙幣およびその他すべてのコインを発行)

(ii)RBI(紙幣を発行)

(iii)商業銀行(要求払預金に基づいてクレジットを作成します)。

(b)マネーサプライの代替措置(マネーストック):

インドでは、インド準備銀行は、M 1 、M 2 、M 3 、M 4と呼ばれるマネーサプライの4つの代替手段を使用しています。 これらの指標の中で、M 1はその構成要素がほとんどの流動資産とみなされるため、マネーサプライの最も一般的に使用される指標です。 各対策について以下に簡単に説明します。

(i)M 1 = C + DD + OD。 ここで、Cは一般が保有​​する通貨(紙幣と硬貨)を示し、DDは銀行の要求払預金を表し、ODはRBIの他の預金を表します。 要求払預金は、口座名義人がいつでも引き出す​​ことができる預金です。 当座預金は要求払預金に含まれています。

ただし、DDには普通預金口座の預金は含まれません。これは、引き出し金額と引き出し回数に一定の条件が課せられるためです。 ODは、公的金融機関の要求払預金、外国中央銀行の要求払預金、IMF、世界銀行などの国際金融機関を含む、RBIの他の預金を表します。

(ii)M 2 = M 1 (上記で詳細)+郵便局貯蓄銀行による預金の貯蓄

(ii)M 3 = M 1 +銀行の正味預金

(iii)M 4 = M 3 +郵便局貯蓄機関への預金総額(NSCを除く)

実際、何がマネーサプライを構成するかについては、まだ多くの議論が続いています。 郵便局の貯金は、小切手がないため交換の媒体として機能しないため、マネーサプライの一部ではありません。 同様に、商業銀行の定期預金はお金としてカウントされません。 したがって、M 1とM 2は狭いお金の尺度として扱われ、M 3とM 4は広いお金の尺度として扱われます。

実際には、M 1は社会の総金融資源とも呼ばれるマネーサプライの尺度として広く使用されています。 上記の4つの測定値はすべて、さまざまな程度の流動性を表します。M4が最も液体で、M4が最も液体が低くなります。 流動性とは、価値を失うことなく、資産を迅速に金銭に変換する能力を意味することに注意してください。

 

コメントを残します