独占市場:独占市場について知っておくべき5つのこと

独占市場#1.独占の意味:

「モノ」は1つ、「ポリ」は売り手を意味します。 したがって、独占とは、特定の製品の売り手が1人しかいない市場状況を指します。

ここでは、会社自体が業界であり、会社の製品には密接な代替品がありません。 独占者は競合企業の反応を気にしません。 独占者の需要曲線は、業界の需要曲線です。 (純粋な競争では2つの需要曲線があることを思い出してください)。

実際の商業世界では完全な独占がありますか? 一部のエコノミストは、企業が特定の業界で製品の単一の売り手として働くことができる参入への障壁を維持することによって感じる。 他の人々は、すべての製品が消費者の限られた予算のために競争していると感じています。 したがって、特定の製品の唯一の販売者であっても、他の製品の販売者との競争から自由になる企業はありません。 したがって、完全な独占は現実には存在しません。

独占市場# 2.独占下の利益最大化アウトプット

利益最大化の2つのルールを開発しました。 最初のルールであるシャットダウンルールは、独占にすぐに適用されます。 しかし、2番目のルール、つまりMR-MCルールは、MRがPに等しくないため、独占の場合にはわずかに変更する必要があります。

独占者の限界収益

完全競争下にある企業は、増加する価格で好きなだけ販売できるため、MR = Pです。対照的に、独占者は商品の唯一のサプライヤーであるため、そうすることはできません。 独占者が直面する需要(平均収益)曲線は、業界の市場需要曲線と同じだからです。

市場需要曲線は常に下向きに傾斜しています。 含意は、独占者が1つの余分なユニットを売るために価格を下げなければならないということです。 最後のユニットの価格だけでなく、販売されたすべてのユニットの価格を下げる必要があるため、1つの余分なユニットを販売して得られる限界(範囲)収益は、すべてのユニットが販売される価格よりも低くなります。

簡単な例を考えてみましょう。

独占者が1日あたり3ユニットの商品をRsの価格で販売しているとします。 60.彼の総収入はルピーです。 180.次に、彼が4番目のユニットを販売したいとします。 これは、価格をRsに引き下げると可能になります。 50.その後、彼の総収入はRsになります。 50 x 4 = Rs。 200.したがって、限界収益はRsです。 200 – Rs。 180 = Rs。 20.これは、彼が自分の製品に請求する新しい価格、つまりRsよりも低い。 50。

実際、MRは2つの理由でP未満です。 第一に、独占者が1つの追加ユニットを販売すると(4番目のユニットが例)、彼の総収益はRs増加します。 50(最後のユニットの価格)。 第二に、最初の3ユニットに低価格が課せられたため、TRが低下しています(つまり、Rs。60の代わりにRs。50)。 したがって、TRの低下は(Rs。60 – Rs。50)x 3 = Rsです。 30。

したがって、MRは次のように計算できます。

Rsでの1ユニットからのTRの増加。 50 = Rs。 50

Rsで3ユニットからTRに落ちます。 10少ない= – Rs。 30

TRの純変化= Rs。 20

次の表は、独占者の仮想的な収入スケジュールを示しています。

MRとARを5つの異なる価格で示し、異なる量の製品を販売しています。 独占者がより多く売るためには価格を引き下げなければならないことは明らかです。 その結果、MRとARの両方が低下します。

しかし、MRはARよりも速く低下します。 したがって、MR曲線とAR曲線の両方をプロットすると、下向きに傾斜しますが、MR曲線はAR曲線より下になります。 したがって、重要な点は、需要曲線が下向きに傾斜しているときは常にMRがARよりも小さいことです。

表11.1:独占者の収入スケジュール

2つの曲線間のギャップは、独占の度合いを測定します。 表11.1から、最初のユニットを除いて、MRは常にAR(= P)より小さいことがわかります。TRは、ゼロ生産と1生産単位の間の収益の増加と同じです。

対照的に、独占者は特定の製品の唯一の売り手です。 したがって、独占者が長期的に過剰な利益を享受する場合、参入への一定の障壁を築かなければなりません。 このような障壁は、競合企業(競合する生産者)が業界に参入することを妨げる力を指します。

独占者を他の企業の侵略から保護するこのような障壁は、自然のものでも人工のものでもよい。 そのようなタイプのバリアはさまざまな形をとることができます。 ここで、いくつかの重要な障壁を簡単に確認することができます。

(a)自然バリア

自然の障壁には3つの原因があります。

これらは次のとおりです。

(i) コスト上の利点:

産業の生産が規模へのリターンの増加またはコストの削減の対象となる場合、長期平均コストは企業の規模の増加とともに低下する傾向があります。 したがって、会社の規模を大きくすることが望ましい。 この文脈では、自然独占の概念を参照する場合があります。 自然な独占は、最小の効率的な規模で製品に範囲がある場合に存在します。

RG LipseyとC. Harburyが正しくコメントしているように:

「このような業界では、企業間の競争は市場全体にサービスを提供する1つの大企業の出現につながります。最大の企業は常にコストが低く、したがって小さな競争を圧倒できるからです。」

(ii) 基本的な素材に対する唯一の管理:

コスト優位性の主な原因は、重要な原材料の所有であると思われます。 これは、参入に対するもう1つの自然な障壁です。 たとえば、セメント製造会社は、基本原料である石灰岩に単独でアクセスできるため、業界で独占的な地位を享受できます。 同様に、会社は、その下に石油が見つかる小さな土地を所有している場合があります。

(iii) 場所の利点:

他の場所よりも特別な利点を提供する場所もあります。 この事実は、特定の企業を支持し、他の企業を差別します。 これにより、潜在的に新規参入者が既存の企業と対等な条件で競争することができなくなります。

たとえば、バスのジャンクションに隣接するレストランは、遠隔地にあるレストランよりも多くの売り上げを期待できます。 デリーのダリアガンジ地区にある本屋は、デリー空港の近くにある別の店よりも多くの売り上げを期待できます。 そのような場所の利点は、コストの利点ももたらします。

例えば:

カルカッタのキダーポア地域に近いヒンドゥスタンレバーの石鹸工場は、フーリー川のほとりにあります。 この川への近接は、他の企業と比較して、HLの廃棄物処理コストを引き下げます。

(b)人工バリア

人工バリアは、自然ではなく人間によって作成されたものです。 これらの一部は個人および企業によって作成され、その他は政府によって作成されます。

このような障壁には、次の広範なカテゴリがあります。

(i) 製品の差別化:

これは独占の重要な特徴であり、密接な代替が存在しないことを意味します。 製品の差別化により、企業は業界の新規企業の参入を阻止できます。 これは多くの場合、広告と販売促進を通じて達成されます。 たとえば、Reckitt and Colman of India Ltd.は、主力製品であるDettolに関する限り、実質的な独占的地位を享受しています。 ICI Ltd.によるSavlonの導入にもかかわらず、Dettolは国内で最も人気のある消毒殺菌剤であり続けています。

(ii) 法的障壁:

生産プロセスに関する特許(コカコーラの場合)および出版物の著作権(ロンドンのGeorge WeidenfeldおよびNicolson Ltd.によるLipseyのポジティブエコノミーの場合)を使用することにより、業界。 このような法的デバイスは、多くの場合、業界への新規企業の参入を防ぐために使用されます。

(iii) 政府が作成した障壁:

政府はまた、特定の製品を生産したり特定のサービスを提供したりする法的権利を企業に与えることにより、独占を創出することができます。 たとえば、議会法は、石炭インド株式会社やLICなどのインドの国有産業を、少なくとも部分的には民間企業の競争から保護しています。 州政府は、カルカッタのソルトレイク地区にあるロイズワインショップ、空港で唯一の免税店、または特定の地域で唯一のサービスステーションなどの民間企業にも独占権を付与しています。

また、独占者が彼の販売を4から5ユニットに増やすと、MRがマイナスになることに気付くかもしれません。 ここでは、高出力(5単位)および低価格(Rs。30)でのTRは、低出力(4単位)および高価格(Rs。50)でのTRよりも低いことが明らかです。

これは、製品に対する需要の非弾力性のためです。 ここで、e pの数値は1未満です。 対照的に、純粋な競争では、e→∞であるため、MRは常に価格に等しくなります。 価格がゼロになることは決してないので(検討中の商品を空気や水のような無料の商品にするため)、MRは常にプラスです。

したがって、独占では、TRが特定の販売レベルを超えるとMRはマイナスになります。 これは需要の非弾力性によるものです。 独占者の製品の需要がユニタリエラスティックである場合、価格変更はTRに影響を与えず、MRはゼロになることを示すこともできます。 (これは完全な競争では不可能です)。 したがって、理論的には、独占者は絶対に稼働すべきではない、またはその需要曲線の非弾性部分であるということになります。 この点を図11.1に示します。

限界収益と需要の価格弾力性

TR、MR、ARの関係を図11.1に示します。 需要の弾力性は、直線の需要曲線に沿って連続的に変化することを知っています。

図11.1から、独占者のMR曲線の2つの重要な特徴を発見します。

(a)MR曲線は常にAR曲線の下にあります(販売された最初の出力単位を除く)。

(b)独占者の製品に対する需要が非弾性の場合(e p <1の場合)、MRは負です。 理由は簡単にわかります。 価格の低下は、TRの低下につながります(前述のとおり)。

図11.1から、需要がユニタリエラスティックの場合、TRは一定で、MRはゼロであることがわかります。 したがって、e p = 1の場合、pの変更は独占者のTRに影響しません。

MR、AR、e pの間の関係は、現在正式に示されています。

証明:

MR = p(1 – 1 / e p

商品のq単位を価格pで販売し、q +Δq単位を価格p –Δpで販売できるとします。ここで、ΔqとΔpは非常に少量です。 次に限界収益

短期間の独占者の均衡

競争力のある売り手のような独占者の目的は、利益の最大化です。 これは、図11.2に示すように、MRとMCを同等にすることで実現されます。

図11.2では、ARは独占企業の製品の需要曲線または平均収益曲線であり、MCは限界費用曲線です。 ACは平均コストを示します。 独占下ではMRは常に価格よりも低いため、各出力レベルのMRはAR曲線の下にある下向きの傾斜線で示されます。 MRを限界収益を示す曲線とします。 MRとMCはEで交差します。

したがって、出力がOQの場合、限界費用と限界収益は等しくなります。 平均収益曲線は、出力がOQの場合、価格がOPまたはQBであることを示しています。 独占者は、OQユニットを生産するときに最大の純収入を確保します。 独占価格はQBです。

純独占収入:

=総収益–総コスト

= OQ x QB-OQ x QC

= OQBP – OQCG = PBCG。

図11.2では、限界費用の上昇を前提とした独占均衡が示されています。

一定の 限界費用の もとでの独占均衡

図11.3では、ARとMRはそれぞれ平均収益と限界収益です。 この場合、平均コストと限界コストは等しいため、コスト曲線は水平です。 Eは、MCとMRが等しいポイントを示します。 したがって、均衡出力はOQです。 価格はQBまたはOPです。 独占利益はPBECです。

限界費用の減少下での独占均衡​​:

図11.4では、ARとMRはそれぞれ平均収益曲線と限界収益曲線です。 コストが下がると、平均コストと限界コストは右下がりになります。 それらはQCおよびMCによって表示されます。

限界費用曲線は平均費用曲線より下でなければならないことが証明されています。 図から、EでMRとMCが同じであることがわかります。 したがって、均衡出力はOQです。 独占価格はBQまたはOPです。 独占利益はPBCGです。

このような状況では、MC曲線とMR曲線は両方とも右下がりになります。 平衡は、2つの曲線の相対位置が図11.4に示されている場合にのみ発生します。 言い換えれば、MC曲線がMR曲線を上から切断すると平衡状態になります。

固定価格の独占者が考慮した要因

特定の価格で販売できる商品の量は市場の需要スケジュールに依存するため、独占者は価格を直接制御できません。 独占者は、広告とセールスマンシップを通じてある程度まで需要に影響を与えることができますが、全体として、需要は独占者がほとんど制御できない消費者の好みに依存します。

したがって、独占者は供給を(彼が完全に制御できる量を超えて)調整して、純収入を最大化します。 独占者がとる最初のステップは、通常、価格を固定することです。 試行錯誤のプロセスによって、彼は最終的に生産量を修正します。

独占者が価格を固定する際に考慮しなければならない2つの最も重要な要因は次のとおりです。

(i)需要の弾力性と

(ii)コスト条件。

1. 独占価格と需要の弾力性

需要に弾力性がある場合、価格を引き上げると需要が大幅に減少します。 しかし、需要に弾力性がない場合、需要を大幅に減らすことなく価格を大幅に引き上げることができます。 弾力性のない需要のある商品の場合、独占者はより多くの収入を得るために供給の一部を破壊することさえあります。

2. 独占価格とコスト条件

独占者は自分の費用条件を考慮に入れなければなりません。 商品の収益が減少する場合、生産量の削減により限界費用が削減され、独占収益が増加する可能性があります。 収益の増加の下では、生産量の拡大により限界費用が削減され、収益が増加する可能性があります。 後者の場合、独占価格は競争価格よりも低い場合があります。 ただし、これはほとんどあり得ません。

長期的な独占価格:

短期的にも長期的にも、独占者は利益を最大化するアウトプットを生み出します。 独占者は、MCをMRと同等にすることで最大の利益を得ることができます。

長期的には、MR-MCルールは、出力が正である限り、MRとMCの平等に対応する出力レベルを生成することで最大の利益が得られるという意味で適用されます。

ただし、利益最大化の最初のルール(つまり、P> AVQを少し修正して適用する必要がある場合はQ>O。短期的には、TR = TVCの場合、企業は正の数量を生成します。つまり、すべてのコストがカバーされている場合、つまりTR = TCの場合にのみ、何でも生成されます。ここでTCには、固定されたものと短期的には変動するものが含まれます。過剰な利益は、参入障壁のために長期的には消えません。

短期的には、独占者は短期間のMCカーブで動作します。 長い目で見れば、独占者は彼のMC曲線を操作します。 長期的には、独占者は生産規模を再編成することができます。 また、製品のAR曲線(需要曲線)の形状と位置には、短期と長期で違いがあります。

つまり、利益最大化公式(MR = MC)は、短期および長期の独占価格の両方に適用できます。 短期と長期の独占価格の違いは、曲線の形状と位置に起因します。

ただし、独占者が短期的に利益を上げて運営する場合、長期的には運営しようとするか、はるかに大規模にしようとします。 新しいプラントをセットアップしたり、エキサイティングなプラントのサイズを大きくしたりします。 実際、複数の植物が存在するため、単一の植物が独占的な方法です。

総収益-総費用アプローチ:

利益最大化企業の行動を分析するには、2つの方法があります。 最初の手法では、平均コストと収益曲線を使用します。 長い間、独占均衡の分析に最初の手法を使用してきました。 長期的には独占状況を分析するために、2番目の手法を使用できます。 代替手法では、図11.5に示すように、総収益と総コストの曲線を使用します。

TRとTCの差をできるだけ大きくすることにより、利益が最大化されます。 図11.5では、2つの曲線間の垂直距離が最大になる出力q 0で発生します。 図の下部では、総(純)利益TPの曲線を描きます。 独占者がq 1未満でq 2単位以上の生産を行う場合、純利益はマイナスになります。 純利益は、出力レベルq 0で最大になります。

独占市場# 3.独占最適に関する5つのポイント:

独占均衡の議論と分析から、5つの重要な結論が浮かび上がります。

(i) 独占者は価格または数量を制御できます:

独占者は価格または数量のいずれかを制御できますが、同時に両方を制御することはできません。 商品の唯一の供給者である独占者は、好きな価格を請求できることが明らかになっています。 本当じゃない。 これは、独占者が消費者の需要を制御できるとしても、ほとんど制御できないためです(ただし、彼は商品の供給を完全に制御します)。 独占者の需要曲線は製品の市場需要曲線でもあるため、常に下方に傾斜しています。 その意味は明らかです。

独占者は2つのオプションに直面しています。

(i)より多く販売することが目的の場合、値下げは不可欠です。

(ii)目的が価格の引き上げである場合、産出制限(または人為的不足の創出)が不可欠です。

しかし、独占者は決して価格を引き上げることはできず、買い手にこの価格でより多く購入させることはできません。 RG LipseyとC. Harburyが正しくコメントしているように、「彼(独占者)が価格を設定することを選択した場合、販売できる数量は需要曲線によって決まります。 彼が出力を設定することを選択した場合、その出力を破棄できる価格も需要曲線によって固定されます。 独占者は価格と生産の両方を設定することはできません」。

(ii) 独占者は、需要曲線の非弾性部分で動作することはありません。

独占者の製品に対する需要が弾力的でない場合(e p <1)、MRはマイナスになることに注意してください。 MCは常に正であるため、このような状況ではMR-MCの平等は達成されません。 したがって、利益の最小化の可能性は除外されます。

(iii) 独占者が常に超常利益を獲得するとは限りません。

独占者は、新しい企業の参入に対する人為的な障壁を作成することにより、常に超常的な利益を獲得しているように見えるかもしれません。 しかし、これは完全な真実ではありません。 過剰な利益を得るためには、独占者は効率的でなければなりません。つまり、低コストで商品を生産しなければなりません。 図11.6では、利益最大化出力q 0でATC = AR = Pであるため、独占者は通常の利益を得ることができることがわかります

独占者は高コストの生産者のようです。 純粋な競争では、この損益分岐点は、参入と退出の自由のために、長期的には常に企業によって到達されます。 独占では、これは単なる偶然です。 ほとんどの場合、発生しません。 ここで、ARカーブはBのATCカーブに正接しています。ATCカーブがARカーブの上に均一にある場合、企業は短期的には損失を被ることさえあります。 変動費がカバーされる場合、短期的にはビジネスにとどまります。 これが長期的に発生した場合、企業は業界を去り、商品は生産されません。

(iv)独占者は必ずしも利益を最大化する必要はありません:

独占者はしばしば非常に普通の利益を上げます。 しかし、これは常にそうではありません。 独占企業が超正常な利益を上げることができない場合、それは非正常な利益を生むと仮定することも間違っています。

図11.2では、独占者がGCBPの過剰な利益を上げていることがわかります。 しかし、独占者がq 0以外の異なるレベルの出力を生成し、TR> TCである限り、長期的にはビジネスを続けることはかなり可能です。

利益の最大化は、独占が直面しているコストと需要の曲線を考えると、独占ができることをしていることを意味します。 利益が得られていることを意味するものではありません。 独占者はDの需要曲線に直面しています。ここでは、3つの代替コスト曲線を示します。 曲線ATC 3では、独占者が損失を避けることができる正の出力はありません。

曲線ATC 2を使用すると、独占者は出力q 2ですべてのコストをカバーできます。ATC2曲線は平均収益(需要)曲線に正接しています。 曲線ATC 1では、q 2とq 3の間の任意の出力で生成することにより、過剰な利益を得ることができます(利益最大化出力はq 2とq 3の間にあり、MR = MCです。これは図には示されていません。 )

(v)独占者のMC曲線は供給曲線ではありません:

企業が下方に傾斜した需要曲線に直面すると、請求する価格と販売する量の間に一意の関係はありません。

特定の価格とその価格で販売される数量との1対1の関係を見つけることはできません。 したがって、供給曲線上の点を見つけることはできません。 したがって、供給曲線を描くことはできません。

独占市場# 4.独占者の製品に対する需要の増加の影響

独占商品の製品に対する需要の増加は、消費者が同じ量の商品に対して以前よりも多く支払うことをいとわないことを意味します。 需要曲線は上方にシフトしています。 当然、MR曲線も上方に移動し、より高いポイントでMC曲線と交差します。

独占者はMCがMRに等しいポイントで動作するため、新しい出力は以前より大きくなります。 価格も一般に高くなりますが、価格が低くなる場合が考えられます。 これらを図11.8に示します。

図11.8では、SCは限界費用曲線です。 DAとDRは、需要が増加する前の需要曲線と限界収益曲線であり、D 1 A 1とD 1 R 1は、需要が増加した後の需要曲線と限界収益曲線です。

図11.8(a)は、収益の減少の下で独占が行われていることを示しています。 この場合、需要曲線がDAからD 1 A 1に上昇すると、出力はOQからOQ 1に上昇し、価格はQPからQ 1 P 1に上昇します。

図11.8(b)は、関連する出力で限界費用が減少する状況を表しています。 この場合、需要曲線がDAからD 1 A 1に上昇すると、総生産量はOQからOQ 2に増加しますが、価格はPQからP 2 Q 2に低下します。

どちらの場合も、生産量と価格の変化の程度は、コスト曲線とMR曲線の傾きに依存します。

需要の減少の影響は、D 1 R 1を MR曲線の元の位置として、DRを後の位置として考慮することにより、同じ方法で分析できます。

独占市場# 5.価格差別

定義と分類:

価格差別とは、同じ商品またはサービスの異なる購入者から異なる価格を請求する行為を指します。 これは完全な競争の下で行うことはできませんが、独占の下で行うことができます。

価格差別の3つの可能なタイプ:

1.個人の差別:

独占者は、欲求の強さが大きい、または支払う能力が大きいバイヤーからより高い価格を請求することができます。

2.地元の差別:

異なる地域から異なる価格が請求される場合があります。

3.貿易または使用の差別:

用途が異なると、価格が異なる場合があります。 このように、電力は工場で国内消費よりもはるかに低い割合で販売されています。

価格差別はいつ可能ですか?

AC Pigouによると、価格差別は2つの条件が満たされた場合にのみ可能です。

1.需要は、高価格市場から低価格市場に移転できてはなりません。 裕福な人々が豪華版を購入せずに安価な版を待つ場合、本の個人的な差別は不可能です。

2.低価格の商品の購入者は、高価格の商品を販売することはできません。 安価な電力の工業用バイヤーが直接消費のために再販することを許可された場合、電気の価格が2つになることはありません。

価格差別はいつ利益を生むのですか?

通常、独占者は、彼がそうすることが有益でない限り、価格差別を行いません。

価格差別は、次の条件が満たされている場合にのみ有益です。

(1)独占製品の需要は、さまざまな市場に分割できます。

(2)異なる市場における需要の弾力性は異なります。

(3)さまざまな市場を分離するコストは、需要の弾力性の違いに比べて大きくありません。

2番目の条件は重要です。 異なる市場の需要弾力性が等しい場合、価格差別の余地はありません。 しかし、それらが異なる場合、独占者は異なる市場で異なる価格を請求することで利益を得ます。

各市場の独占者によって得られる価格は、そこで提供されるアウトプットと市場の平均収益曲線の形状に依存します。 均衡状態(最大の利益が得られるとき)では、関係するさまざまな変数間で特定の関係が成り立つ必要があります。 これらについて以下に説明します。

差別的独占下の均衡条件

差別的な独占者は、次の問題を決定する必要があります。

(i)彼が生産する総生産量

(ii)異なる市場間のアウトプットの分布、および

(iii)各市場で請求される価格。

独占者が利用できる市場Aと市場Bの2つの市場があるとします。

市場Aでは、限界収益(出力q 1 )が限界費用Kに等しいときに、純収益が最大になります。 同様に、市場Bでは、(収益q 2での )限界収益がKに等しいときに彼の純収益が最大になります。したがって、均衡では、各市場の限界収益は同じでなければなりません(両方とも限界コストK全体の出力を生成する)。

いずれかの市場の限界収益がKを超える場合、独占者はその市場でより多く販売することにより、総収益を増加させます。 いずれかの市場の限界収益がK未満の場合、独占者は負けており、その市場での売り上げを減らす必要があります。

したがって、平衡状態では、次の条件を満たす必要があります。

I.すべての市場での限界収益は等しくなければなりません。

II。 各市場の限界収益は、生産物全体を生産する限界費用と等しくなければなりません。

限界収益と価格の関係は、式mr = p(1 – 1 / e)で与えられます。

前に示した記号を使用すると、次の方程式が得られます。

市場Aの限界収益= p 1 {1- 1 / r 1 }

市場Bでの限界収益= p 2 {1- 1 / r 2 }

独占者が最大の純収入を得ているとき、2つの市場の限界収入は等しくなければならないことが示されています。

したがって、平衡状態で:

p 1 {1- 1 / r 1 } = p 2 {1- 1 / r 2 }

この方程式では、e 1 = e 2の場合、p 1 = p 2です。 したがって、需要弾力性が(異なる市場で、関連する出力レベルで)等しい場合、独占者は異なる市場で同じ価格を請求することになります。 需要の弾力性が異なる場合、価格差別は有益であり、したがって可能です。

2つの市場の価格間の関係(p 1 :p 2 )は、上記の式から計算できます。 一般に、価格は需要の弾力性が低い市場で高くなります。

上記の価格差別の分析は、3つ以上の市場のケースに簡単に拡張できます。

差別的な独占の下での価格と生産の均衡の条件を以下に示します。

図11.10(a)では、D 1は市場Iの平均収益を示し、MR Xは限界収益を市場Iに示します。図11. 10(b)では、D 2は平均収益を示し、MR 2は市場IIの限界収益を示します。 これらの市場では、価格ごとに需要の弾力性が異なります。 図11.10(c); 2つの市場から得られた限界収益の合計を示しています。 曲線MRは、曲線MR1およびMR2を水平に加算すること、すなわち、MR1 + MR2 = MRによって得られる。

MCは、独占者の全出力の限界費用曲線を示しています。 利益を最大化する出力は、MCとMRの交差によって示されます。

均衡では、出力はOQであり、限界収益はMRです。 したがって、OK = MR。 行CMは、限界収益と限界費用も示しています。 市場Iでは、限界収益はOK 1で 、価格はP 1 Q 1です。 同様に、市場IIでは、限界収益は問題なく、価格はP 2 Q 2です。 この図は、すべての市場でMRが同じでなければならず、MRもMCと等しくなければならないことを示しています。 また、MR 1 = MR 2 = MCであることも示されています。

 

コメントを残します