雇用と失業の関係

雇用と失業の関係について学びます。

マクロ経済の2つの主要な現代問題は、インフレと失業です。 1930年代初頭にケインズ経済学者を生んだのは、失業問題でした。

ケインズは、非自発的失業の概念を導入した最初の経済学者でした。 古典的な失業は実質賃金の失業ですが、ケインズの失業は需要不足の失業です。 ケインズによると、資本主義経済における失業の根本原因は、低需要または購買力です。

需要が減少すれば生産量は減少し、生産量が減少すれば生産要素(人的資源を含む)の需要は減少します。 したがって、生産が低下すると、一部の労働者が失業し、一部の生産能力がアイドルのままになります。

1945年以来、政策の主要な目的としての完全雇用の追求が西側政府によって具体的に採用され、彼らはそれを達成するためにケインズの需要管理政策を採用しました。

これらの政策はかなりの成功を収め、世界のほぼすべての資本主義国で1950年代および1960年代を通じて失業率は非常に低いレベルにとどまりました。 その結果、マクロ経済政策の目的に関する限り、重点のシフトがありました。

インフレの制御がより重要と見なされるようになりました。 ほとんどの人は、大量失業はもはや大きな問題ではないと考え始めました。 代わりに、過去のものでした。

しかし、1980年代初頭までに、世界の主要工業国(特に米国と英国)は、1930年代よりも深刻な失業問題に直面し、再び完全雇用の達成が最も重要なマクロ経済目標になりました。

通常、「雇用」という用語は何らかの形の有給労働者を指すのに使用され、「失業」という用語は積極的に仕事を探しているが雇用できない人々を指すのに使用されます。

要するに、失業率には、雇用交換所で収入を登録した人だけが含まれます。 ある国で雇用されている人の割合は、労働力率と呼ばれるものを示しています。

自然失業率

1960年代半ばに、エドモンドフェルプスとミルトンフリードマンは、自然失業率と呼ばれる新しい概念を開発しました。これは、物価水準の統計を達成するために最低雇用社会が許容しなければならないものです。

 

コメントを残します