4経済発展の主要な指標

以下のポイントは、経済発展の4つの重要な指標を強調しています。 主な指標は次のとおりです。1.一人当たりの収入2.貧困3.社会と健康の指標4.運用パターン。

主な指標#1.一人当たりの収入:

経済的低開発の最も重要な指標は、一人当たり所得が低いことです。 通常、LDCは、米国、カナダ、オーストラリア、西ヨーロッパと比較すると、一人当たりの実質所得が低いものと定義されています。 統計的研究によれば、低所得国は米国のような先進国よりもはるかに貧弱です。

実際、1人あたりの測定所得は、先進国の20%を超えています。 しかし、サミュエルソン教授は、生活水準を比較するための公式為替レートの使用により、標準比較は歪められていると述べています。

「購買力平価」や所得が実際に購入するものに注目する新しい手法は、貧しい国の所得がおそらくかなり存在することを示唆しています。 。

しかし、一部のエコノミストは、一人当たりの所得がアメリカやスイスと同程度だからといって、その国を先進国として扱うことはできないという見解を(そして当然そう)表明しています。 ジョーン・ロビンソンがコメントしたように、「アラブ諸国のいくつかでは、一人当たりのGNPが突然、最も裕福な西部州のレベルを超えるレベルに跳ね上がりました。 しかし、これらの国々では、世界で最も貧しく、最も開発されていないコミュニティがいくつか見つかりました。」

同様に、イタリアは現在の基準では先進国です。 しかし、国の一部の地域では、国の開発レベルや未開発の状態が、一人当たりの収入や平均的な生活水準に必ずしも反映されない場合があります。

主な指標# 2.貧困:

経済的低開発の2番目の重要な指標は貧困です。 一人当たりの所得が低いだけでなく、所得の分配にも不平等があります。 LDCの多くの人々は、最低限のカロリー摂取に必要な最低限の収入を得られず、貧困線以下で生活していると言われています。 インドでは現在25%です。

貧困を測定するよりも、貧困を説明する方が簡単です。 通常、貧困は絶対的な意味で定義されます。収入が特定のレベルを下回ると、家族は貧しくなります。 世界銀行は、貧困の基準として、一人当たりGNPが480ドル未満を使用しています。

貧困も相対的な概念です。 国や地域の他の収入に関連する家族の収入は、家族が貧しいと感じるかどうかを判断する上で重要です。

基本的な人間のニーズ:

さまざまな国の一人当たりの収入の数値は貧困の大まかな指標であるため、一部のエコノミストは、人間の基本的なニーズがどのように満たされているかの指標を提案しています。 基本的な人間のニーズの正確な定義についてはほとんど合意がありませんが、一般的な考え方は、カロリー摂取量、ヘルスケア、衣類、およびシェルターの最小レベルを設定することです。

PQLI:

一人当たりの収入に代わるものは、生活水準を評価するための物理的な生活の質指数です。 最も一般的なアプローチでは、平均寿命、乳児死亡率、識字率を指標として使用します。 この文脈において、ボーイズとメルビンは、「国民一人当たりのGNPと生活の質の指標が国の経済発展のレベルを決定するために使用される唯一の手段ではない、経済学者は経済の進歩を評価するためにいくつかの指標を使用する」とコメントしています

主な指標# 3.社会と健康の指標:

経済的後進性の特定の社会的および健康指標もあります。 これらは、貧困国における貧困の影響を示しています。 出生時の平均余命は短いが、乳児死亡率は高い。 総人口に占める読み書きのできない人々の割合は高いです。 人的資本への低レベルの投資を反映して、ほとんどの人々による教育の達成は控えめです。

キーインジケーター# 4.運用パターン:

経済的後退のもう1つの重要な指標は、職業パターンです。 国民生産または国民所得のほとんどが一次部門(農業、林業、畜産、鉱業など)に由来する国は未発達であると広く信じられています。

言い換えれば、農業の貢献が大きければ大きいほど、国は経済的に後方にあるはずです。 LDCのほとんどの人々は農村部に住んでおり、農場で働いています。 たとえば、インドでは、総人口の70%が農業に直接または間接的に依存しています。

先進国では、ほとんどの人が工場で働いているか、貿易や職業に従事しています。 同様に、農業および関連活動の純国民生産への貢献は非常に高い。 インドでは、現在約40%です。 先進国では、割合は8〜10です。

ミスラとプリが述べたように、「貧しい国のほとんどは本質的に農業であり、これらの国にいくつかの産業が設立されたとしても、その影響は人々の社会経済的生活にまだ感じられていない」。

ただし、このコンテキストでは関連する点にも注意してください。 発展途上国の間には収入と生活水準に大きな多様性があります。 一部の人々は厳しい苦境にあり、飢starの危機にonしています(バングラデシュやエチオピアなど)。

20〜30年前にこのカテゴリに属していた他の企業は、ある程度の進歩を遂げ、中所得国(エジプト、フィリピン、メキシコなど)にランクインしました。 最も成功した国は、新たに工業化した国(例、香港、韓国、台湾)と呼ばれます。

 

コメントを残します