国民所得の計算方法

国民所得は、特定の期間に国が生産した商品とサービスの合計金額です。

この期間の期間は通常1年です。 国民所得は、生産の観点、収入の観点、支出の観点の3つの観点から定義できます。

これらの観点に基づいて、国民所得を推定する3つの異なる方法があります。図-1に示します。

国民所得を計算するために、経済は次の3つの異なる角度から見られます。

1.経済の生産単位は、一次、二次、三次セクターに分類されます。 この分類に基づいて、付加価値法は国民所得を測定するために使用されます。

2.経済は、生産のさまざまな要因に起因する個人と世帯の組み合わせとも見なされます。 この組み合わせに基づいて、所得法は国民所得の推定に使用されます。

3.経済は、消費、節約、および投資に使用されるユニットの集合と見なされます。 この収集に基づいて、国民所得の計算に最終支出方法が使用されます。

国民所得を測定するさまざまな方法について説明します(図1を参照)。

1.付加価値方法

純生産法とも呼ばれる付加価値法は、GDPmpへの経済の生産単位の貢献度を測定するために使用されます。 つまり、付加価値法は、経済における各産業によって付加価値を測定します。 付加価値法による国民所得の計算には、まず、市場価格での総付加価値(GVAmp)、市場価格での純付加価値(NVAmp)、および要素コストでの純付加価値(NVAfc)を計算する必要があります。

これらは次のように計算できます。

(i)GVAmp:

市場価格から中間消費を差し引いた出力の値を指します。 出力の値は、特定の期間に生産ユニットによって生産された出力の量にユニットあたりの価格を掛けることによって計算できます。 たとえば、1年に生産単位で生産された出力が価格Rsで10000単位である場合。 ユニットごとに10の場合、出力の合計値は100000になります。

出力の値も次のように計算されます。

出力の値=総売上+最終在庫-期首在庫

どこ

在庫の純変動=期末在庫-期首在庫

光沢のある在庫には、前年の売れ残りの値が含まれ、今年度の期首在庫を形成します。 したがって、期首在庫から期首在庫を差し引くことにより、今年度の売れ残りを計算することができます。

一方、中間消費とは、特定の期間に生産ユニットが別の生産ユニットから購入した非耐久財およびサービスの価値を指します。 これらの商品やサービスは、その特定の期間に使い果たされたり再販されたりします。

したがって、GVAmpは次の式を使用して計算できます。

GVAmp =出力中間消費の値

GVAmpのグロスという言葉は、減価償却が含まれることを示しています。

(ii)NVAmp:

GVAmpから減価償却を除外します。 つまり、NVAmpはGVAmpから減価償却を差し引いたものです。

(iii)NVAfc:

付加価値の別の測定値を指します。

次のように計算されます。

NVAfc = NVAmp間接​​税+補助金

または

NVAfc = GVAmp減価償却間接税+補助金

現在、付加価値法を使用して、国民所得(NNPfc)を計算することを目指しています。

付加価値法を使用して国民所得を計算する手順は次のとおりです。

1.生産単位を一次、二次、三次セクターに分類します。

2.各セクターの正味付加価値(NVAfc)の推定。

3.経済のすべての産業部門のNVAfcの合計を取る。 これはNDPfcを提供します。

ΣNVAfc= NDPfc

4. NFIAを見積もり、それをNDPfcに追加すると、NNPfc(国民所得)が得られます。

NDPfc + NFIA =国民所得(NNPfc)

以下は、付加価値法を使用して国民所得を計算する際に考慮すべき注意事項です。

私。 国民所得の過大評価につながるので、出力の二重カウントを避ける。 たとえば、ある農家は5キログラムの小麦に相当するルピーを生産しています。 10000。彼はこの小麦をパン作りに使用するパン屋に販売しています。 パン屋は、これらのパンをRsの食料品店でさらに販売しています。 20000。最後に、食料品店はこれらのパンをルピーの消費者に販売します。 25000。

したがって、農家、パン屋、食料品店の合計生産高はRsになります。 55000。ただし、これは実際の物理的出力の値と見なすことはできません。 これは、膨疹の値が3回、パンの値が2回含まれているためです。 二重カウントは、2つの方法で回避できます。 1つは、合計出力を取得する代わりに、合計値を取得することです。

上記の例では、農家によって追加された値はnilであり、パン屋によって追加された値はRsです。 10000、そして食料品店ではRsです。 15000。したがって、付加価値の合計はRsです。 25000。2つ目は、最終製品の価値のみを取ることです。 最終製品は、消費と投資のために購入される製品です。 上記の例では、最終製品はRsの消費者に販売されるパンです。 25000。したがって、最終出力はRsです。 25000。

ii。 総生産量に自己消費のために生産ユニットによって生産された生産量を含む。 uが市場で販売されているかどうかにかかわらず、すべての生産物を含める必要があります。 さらに、政府および非営利団体によって提供される無料サービスの価値も考慮に入れる必要があります。 これらを含まないと、国民所得が過小評価されることになります。

iii。 中古品の販売を含めることを避けます。 これは、これらの商品が初めて販売されたときにすでにカウントされているためです。 新たに生産された商品のみの生産高が総生産高に含まれます。 ただし、中古品の販売においてエージェントが提供するサービスの価値は新鮮な生産物であり、総生産物に含める必要があります。

2.収入方法

所得所得法は、要素所得法とも呼ばれ、国産品の生産に使用される生産の基本要素に発生するすべての所得を計算するために使用されます。 伝統的に、生産には4つの要素、すなわち土地、労働力、資本、組織があります。 したがって、4つの要素の支払い、すなわち家賃、従業員の報酬、利子、および利益があります。 複合所得と呼ばれる別のカテゴリーの要素支払いがあります。

これらの要素の支払いは次のように説明されます。

(a)家賃:

土地を使用するために家主が現金または現物で支払う金額を指します。 国民所得会計では、賃料の期間は土地に限定され、機械などの他の商品には限定されません。

賃貸料に加えて、ロイヤルティも国民所得に含まれます。これは、石炭や天然ガスなどの土地から抽出できる資産のリース権を付与するために家主に支払う金額として定義されます。

(b)従業員の報酬:

商品やサービスを生産するために従業員が提供するサービスと引き換えに従業員に支払われる報酬を参照してください。

従業員の報酬は、次の2つの部分に分かれています。

(i)賃金および給与:

毎日、毎週、または毎月、従業員に現金の形で与えられる報酬を含めます。 これには、輸送手当、ボーナス、手数料、家賃無料の宿泊施設、低金利でのローン、医療費および教育費などの手当が含まれます。

(ii)社会保障貢献:

保険、年金、積立基金などの社会保障制度の形で雇用者に提供される報酬が含まれます。

(c)関心:

借入金を使用するために生産ユニットが支払う金額を指します。 一般的に、生産ユニットは投資のために借り、家計は消費支出を満たすために借ります。

国民所得会計では、利息は生産単位による支払に制限されます。 生産ユニットが独自の貯蓄を使用する場合、利子は帰属利子の形でそれらに支払われます。

(d)利益:

生産ユニットの所有者が起業能力のために獲得した金額を指します。 利益は、生産ユニットによって3つのヘッドの下で分配されます。 1つは、法人税と呼ばれる所得税を支払うことです。

2つ目は、株主に配当を支払うことです。 第三は、未分配利益と呼ばれる留保です。 したがって、利益は、法人利益税、配当、および留保利益の合計です。

(e)混合収入:

農業企業、個人事業主、および医療や法的慣行などの他の職業からの収入を指します。 これらの職業では、所有者自身が起業家、投資家、労働者、家主の役割を引き受けます。 混合所得は、自分の財産の賃料や自分のお金の利子など、さまざまな源泉から得た個人の収入も考慮に入れています。

したがって、

国民所得賃料+賃金+利息+利益+混合所得

次に、所得法を使用して国民所得を推定する手順を説明します。

これらの手順は次のとおりです。

1.生産単位を一次、二次、三次セクターに分類します。

2.各セクターの正味付加価値(NVAfc)の推定。 ファクター支払いの合計はNVAfcに等しくなります。

3.経済のすべての産業部門のNVAfcの合計を取る。 これはNDPfcを提供します。

ΣNVAfc= NDPfc

4. NFIAを見積もり、それをNDPfcに追加すると、NNPfc(国民所得)が得られます。

NDPfc + NFIA =国民所得(NNPfc)

以下は、所得方法を使用して国民所得を計算する際に考慮すべき注意事項です。

a。 生産ユニットの所有者自身によって提供されるファクターサービスの帰属価値を含む。 たとえば、生産ユニットが生産のために独自の貯蓄を使用する場合、利子は帰属利子の形で支払われます。 この帰属利益は、国民所得の計算に追加されるべきです。

b。 贈答品、寄付、税金などの振替支払いを含めないようにします。

c。 中古品の販売から生じる利益を除く。 これらのゲインは、キャピタルゲインと呼ばれます。

d。 株式や社債などの金融資産の売却から生じる収入を除く。 これは、商品やサービスの生産とは関係ありません。 ただし、国民所得には、これらの金融資産の販売においてエージェントが提供するサービスの価値が含まれます。

3.最終的な支出方法

最終製品法とも呼ばれる最終支出法は、特定の期間に経済領域内で最終財およびサービスを生産するために生産ユニットが被る最終支出を測定するために使用されます。

これらの支出は、消費と投資に対して発生します。 このメソッドは、付加価値メソッドの反対です。 これは、付加価値法では販売側から国民所得を推定するのに対し、支出法では購入側から国民所得を計算するためです。

経済の最終的な支出は、消費支出と投資支出に分けられます。これらの支出は次のように説明されます。

(a)消費支出:

次のものが含まれます。

(i)民間最終消費支出(PFCE):

世帯が負担する支出と、世帯にサービスを提供する民間の非営利団体が負担する支出(PNPISH)が含まれます。 したがって、PFCEは2つの部分、すなわち世帯の最終消費支出(HFCE)とPNPISH最終消費支出(PNPISH-FCE)に分割されます。

HFCEは、国の世帯が自分の欲求を満たすために最終財とサービスにかける実際の支出と帰属支出の両方として定義されています。 HFCEには、実際のお金の出費に加えて、お金の出費を伴わずに受け取った商品やサービスの帰属価値、たとえば、自己消費量や現物で受け取った贈答品が含まれます。

国の非居住者による支出はHFCEに含まれていません。 ただし、外国の国民が負担した費用はHFCEに含まれています。 したがって、輸入はHFCEの一部です。 さらに、HFCEは中古品、廃棄物、スクラップの販売から領収書を除外します。

HFCEは、次の式を使用して計算できます。

HFCE =居住者による消費に対する支出+居住者が現物で受け取った消費財およびサービスの帰属額–中古品、廃棄物、スクラップの販売

一方、PNPISHには、無料またはトークン価格で消費者に提供される商品やサービスを生産する民間の慈善団体、労働組合、宗教団体が被った支出が含まれます。

PNPISH-FCE =生産された商品およびサービスの帰属額商品および非商品販売

商品販売は、コストをカバーする価格での販売を意味し、非商品販売は、コストをカバーしない価格での販売を意味します。

(ii)政府の最終消費支出(GFCE):

市民に無料の商品やサービスを提供するために政府が負担する支出が含まれます。 GFCEは、出力の値から売上を引いた値に等しくなります(GFCE =出力の値-売上)。

出力の値は次のように計算されます。

政府が生み出す産出額=公務員の報酬+商品およびサービスの購入+固定資本の消費

政府による販売=商品販売+非商品販売

(b)投資支出:

資本形成にかかる支出が含まれます。 この支出は、国内総資本形成(GDCF)として知られています。

GDCFには次の3つのコンポーネントがあります。

(i)固定資産の取得:

建物や機械などの購入資産を意味します。

(ii)在庫の変化:

原材料、半製品、および完成品の在庫への追加が含まれます。

(iii)貴重品の純取得:

貴重品の取得から貴重品の廃棄を差し引いたものが含まれます。 これらの貴重品には、宝石、金属、宝飾品が含まれます。

GDCFは、減価償却により減少すると純額になります。

純GDCF = GDCF –減価償却

GDCFは、国内総固定資本形成(GDFCF)と在庫変動に細分されます。

次に、最終的な支出方法を使用して国民所得を推定する手順を説明します。

これらの手順は次のとおりです。

1.生産単位を一次、二次、三次セクターに分類します。

2.産業部門による商品およびサービスの最終支出の推定。 これらの支出は、PFCE、GFCE、およびGDCFです。 支出には純輸出も含まれます。純輸出は、輸出から輸入を差し引いたものです。

3. GDPmpを与える最終支出の合計を取る。

GDPmp = PFCE + GFCE + GDCF +純輸出

4. NDPfcを計算するための固定資本および正味間接税の消費の推定。

NDPfc = GDPmp –固定資本の消費-間接税

5.国民所得を得るためのNFIAの追加(NNPfc)

NDPfc + NFIA = NNPfc

以下は、最終支出方法を使用して国民所得を計算する際に考慮すべき注意事項です。

a。 既に最終支出の一部である中間支出を除外

b。 自家消費のための商品の生産に要する帰属支出を含む

c。 振込で発生した支出を除く

d。 株式や社債などの金融資産で発生した支出を除く

e。 中古品にかかる支出を除く

表-1は、3つの方法による国民所得の要約計算を示しています。

 

コメントを残します