独占と完璧な競争| 差

独占競争と完全競争の区別は、程度の違いであり、種類の違いではありません。

差:

以下の点は、両方の競技の間に明確な違いをもたらします。

1.出力と価格:

完全競争下では、価格は均衡生産での限界費用に等しい。 独占中、価格は平均コストよりも高くなります。

2.均衡:

完全な競争下では、MR = MCであり、MCがMR曲線を下からカットする場合にのみ平衡が可能です。 しかし、単純な独占の下では、限界費用が上昇するか、一定であるか、低下するかにかかわらず、均衡を実現できます。

3.エントリー:

完全な競争の下では、企業の産業への参入または撤退に制限はありません。 単純な独占の下では、企業の参入と退出には大きな障壁があります。

4.差別:

単純な独占の下では、独占者はバイヤーのさまざまなグループからさまざまな価格を請求できます。 しかし、完全に競争の激しい市場では、定義上不在です。

5.利益:

独占下での価格と限界費用の差は、独占者に対する超正常利益をもたらします。 完全競争下では、長期的に見れば企業は通常の利益しか得られません。

6.企業の供給曲線:

完璧な競争の下で、供給曲線を知ることができます。 これは、すべての企業が希望する数量を実勢価格で販売できるためです。 さらに、価格差別はありません。 独占下では、供給曲線を知ることはできません。 MC曲線は、独占者の供給曲線ではありません。

7.需要曲線の勾配:

完全な競争の下では、需要曲線は完全に弾力的です。 これは、多数の企業が存在するためです。 製品の価格は業界によって決定され、各企業はその価格を受け入れる必要があります。 一方、独占下では、平均収益曲線は下向きに傾斜します。 AR曲線とMR曲線は互いに独立しています。 価格は独占者によって決定されます。 図10に示されています。

8.企業の目標:

完全な競争と独占の下で、同社は利益を最大化することを目指しています。 利益を最大化することを目的とする企業は、合理的な企業として知られています。

9.価格の比較:

独占価格は完全な競争価格よりも高いです。 長期的には、完全な競争の下では、価格は平均コストに等しくなります。 独占では、図11に示すように価格が高くなります。完全な競争価格はOP 1ですが、独占価格はOPです。 均衡状態では、独占はOP出力でON出力を販売しますが、完全に競争力のある企業は、より低い価格OP 1でより高い出力ON 1を販売します。

10.出力の比較:

完全な競争の出力は、独占価格よりも高くなっています。 完全競争下では、企業はポイントM 1で平衡状態にあります(図11(a)に示すように)、AR = MR = AC = MCは等しくなります。 平衡出力はON 1です。 一方、独占企業は、MC = MRであるポイントMで平衡状態にあります。 平衡出力はオンです。 独占生産は、完全に競合する企業生産よりも低い。

比較の要約:

独占と簡単な理解のための完全な競争の一般的な比較は、以下のように描かれています。

 

コメントを残します