何を生産し、どのように生産し、誰のために生産するか

何をどれだけ生産するかという中心的な問題。 どのように生産し、誰のために生産するかは、無料価格メカニズムによって決定されます。

(i)生産するもの

最初の質問を考えてみましょう:「どの商品をどの量で生産するのですか? 市場でプラスの価格を指図しない商品は生産されません。 したがって、価格がプラスの商品のみが生産され、市場をクリアするような方法で生産されます。

商品の生産量は、需要が供給に等しいレベルに設定されます。 生産される品質が多かれ少なかれ、市場に不均衡が生じ、価格が変動します。 したがって、安定した均衡価格を維持するには、需要と供給を等しくすることが必要になります。 このルールは各商品に適用されます。 このようにして、最初の中心的な問題が解決されます。

(ii)生産方法

これに関連して、「どの技術を採用するか」ということです。 テクノロジーとは、生産のさまざまな要因が採用される正しい割合を意味します。 テクニックには2つのタイプがあります。 労働集約型の手法では、比較的多くの労働力と少ない資本を使用します。 一方、資本集約的な手法は、より多くの資本とより少ない労働力を意味します。

技術の選択は、生産要素の価格に依存します。 つまり、労働力が安く、資本が高価な場合、労働集約的な手法が検討され、逆もまた同様です。 労働と資本の価格は、それぞれ労働と資本の需要と供給によって決定されます。このようにして、2番目の問題は解決されます。

(iii)誰のために

この問題の解決策は、購買力の高い人だけが消費できる非常にシンプルな商品です。 価格メカニズムは労働者の収入を決定します。 購買力。 資本の所有者の購買力も同様に決定されます。 したがって、すべての商品とすべての生産要素の価格が決定されると、3番目の問題が解決されます。

 

コメントを残します