国際収支の初心者向けガイド

国際収支の初心者ガイド!

この記事を読んで、国際収支の内外のバランスの構造、方法、問題について学びます。

前書き:

ここでは、国際貿易の金銭的側面に本質的に興味があります。 国際貿易の金銭的側面の分析の主なツールは、国際収支の声明です。

国際収支または単に国の国際収支は、一定期間におけるその国のすべての国際貿易、経済および金融取引の体系的な記録です。

言い換えると、国際収支は、ある国の居住者と世界の他の国々(他の国の居住者)の間の一定の期間(通常は1年)に表示および非表示のすべての経済取引を記録するステートメントです。

世界の残りの部門は社会会計の重要な部門であるため、国際収支は国の国民所得または社会会計の一部を形成します。 この重要な「世界部門の残り」での取引は、国の国際収支から知られています。

それは、国家によって外国に送られたものと、見返りにそれらから受け取ったものを示しています。 ピーターソンによると、「ある国の国際経済収支には、ある特定の期間にある国の居住者が世界の他の国の居住者と入力するすべての国際経済取引が含まれます」国際収支は政府当局に国際経済を示します彼らが金融および財政政策、外国貿易、外国為替および国際支払いの決定に到達できるようにする国の立場。

国の国際収支会計は、世界の他の国々との記録勘定(クレジットおよびデビット)の二重入力システムに基づいて行われます。 国際収支勘定の各取引では、領収書(クレジット)エントリと支払(デビット)エントリが発生します。

国(インドなど)への支払いをもたらすすべての国際取引は、その国(インド)の領収書であり、インドの外貨の在庫または外貨に対する債権を増加させ、インドの国際収支にプラスまたはクレジットエントリとして記録されます。

一方、インドによるすべての支払い(外国人への受領)は、インドの外貨の在庫または請求を使い果たし、インドの国際収支勘定にマイナスまたは借方記入として記録される場合があります。 借方は、Bが国際収支、Rƒ–外国人からの受領、およびPf-が外国人に支払われる場合、国際収支が均衡するように、つまりB = Rƒ– P jになるようにクレジットと等しくなければなりません。 明らかに、Bがゼロ( Rƒ– Pƒ = 0)の場合、国際収支は均衡しています。

国際収支が均衡している国は、多くの場合、対外収支の国と呼ばれます。 国の残りの世界からの合計領収書(R)が世界の残りの地域への合計支払額(P)を超える場合、国際収支(B)は有利であると言われます。 つまり、Bが正の場合(つまり、 Rƒ– Pƒ > 0またはR f > Pfの場合)、有利な国際収支と呼ばれます。 一方、Bが負の場合(つまり、 Rƒ– Pƒ <0または < Pƒの場合 )は、不利なまたは不利な国際収支と呼ばれます。 前者の場合、Bが正の場合、国は余剰国と呼ばれます。 後者の場合、Bが負の場合、国は赤字国と呼ばれます。

国際収支の構造

国際収支は貿易収支と区別されるべきです。 国際収支または口座残高は、より包括的な用語です。 これは貿易収支よりも広い概念であり、その構造に貿易収支の概念が含まれています。

貿易収支とは、商品や商品、または目に見える品目のみの輸入と輸出の価値の差を指します。 したがって、貿易収支は、目に見えるものと目に見えないものすべてのアイテムの借方と貸方の合計をカバーする国際収支の一部にすぎません。

目に見えないアイテムには、配送、銀行、保険、利子、贈答品、ロイヤリティ、補助金、軍人および民間人などへのサービスが含まれます。輸出の価値が輸入の価値を超える場合、または輸入は輸出の価値を超えています。 どちらの場合も、表示されるアイテムのみの違いが考慮されます。

同様に、国際収支は、RがPより大きいか、RがPより小さいかによって、有利または不利になる場合があります。勘定残高は、経常勘定と資本勘定の2つの部分で構成されます。 これらの部分は、取引を実際と金融に分類することに基づいています。 実際の取引とは、ある国から別の国への商品やサービスの実際の移転であり、Y、O、Eに影響を与えます。

これらは収入を生み出す取引です。 金融取引とは、金銭または通貨の請求(外貨)の金銭への移転または投資の所有権のみを伴う取引です。 金融取引はしばしば資本取引と見なされ、これらは関係国の所得水準に直接影響しません。 実際の(または収入を生み出す)取引は、経常収支の一部または国際収支のセクションに入力され、金融または資本取引は、資本勘定の一部または国際収支のセクションに入力されます。

国の貿易がY、O、およびEにどのように影響するかを知りたい場合は、経常収支のみを調べる必要がありますが、国の富と負債の位置を知りたい場合は、資本勘定を調べる必要があります。 ' IMFは、目に見えない取引として扱われ、国際収支の当座勘定に含まれるべきいくつかの項目に言及しています。

これらは、ビジネス、教育、健康、喜び、国際会議のための旅費、保険料、利子、家賃、配当、利益などを含む投資収入です。広告、手数料、映画レンタル、年金、特許などのその他のサービス項目手数料、ロイヤリティ、定期購読料、会費-寄付、遺産-商業クレジットの返済-ギフトなどの一方的送金など。次のページの表は、国の想像上の国際収支口座を示しています。

表の項目1と8は、国の目に見える輸出と輸入を示しています。 アイテム2と9は、目に見えない取引のアイテムを指します。 項目3および10は、投資収益に関連しています。 アイテム4と11は、贈答品や寄付(プライベートおよび公式)などの一方的な転送を示しています。 項目5と6、12と13は資本移動を示しています。

アイテム7と14は、金の流出と金の流入を示しています。 アイテム1〜7は領収書(R)を示し、アイテム8〜14は支払い(P)を示します。 貸方と借方の両方の合計額は同じです(Rs。1, 000クロール)。 さらに、1から4および8から11のすべての項目は当座勘定であり、フローディメンション(当年度中)を表します。 項目5から7および12から14は資本勘定を表し、期間中の株価の大きさの変化を示しています。

国の国際収支-アカウント

貿易収支は、国の繁栄や貧困とは関係ありません。 良好な貿易収支は国の経済的繁栄の指標ではなく、不利な貿易収支は国の経済的後退とは関係ありません。

たとえば、第二次世界大戦前のインドは常に良好な貿易収支を持っていましたが、貧弱で後退していましたが、英国は常に不利な貿易収支を持っていましたが、豊かで強力でした。 国の経済的地位へのより良いガイドとして役立つのは、国際収支です。 経済の繁栄と豊かさを意味するため、有利な国際収支は常に望ましいものです。

一方、不利な国際収支は経済の弱さを示しており、金の輸出を促進する可能性があります。 インドには不利な国際収支があり、イギリスには有利な国際収支がありました。 原則として、国際収支は等しくなければなりません。 一時的な不均衡があるかもしれませんが、国は長期にわたって不利な国際収支を持つ余裕はありません。 「輸出は輸入に対価を支払わなければならない」、つまり、目に見えるアイテムと目に見えないアイテムの両方が等しくなければならない 各国との国際収支を等しくする必要はありませんが、長期的には全体のバランスは等しく、有利でなければなりません。

不利な国際収支の修正方法

輸入の価値(可視および不可視)が輸出の価値(可視および不可視)を超えると、国際収支は不利になります。 国際経済政策の基本的な問題の1つは、通常の国際経済または貿易関係、特に赤字にとってはどちらも悪いため、収支の黒字または赤字が持続する場合にバランスを回復することです。

貿易の不利なバランスを修正するために採用できる金融措置と非通貨措置があります。 デフレ、減価、切り下げ、為替管理などの金融対策は、輸出を促進するだけでなく、輸入を削減します。 関税などの非金銭的措置-輸入関税、輸入割当、輸出促進政策およびプログラムは直接効果的です。

不利な国際収支を修正または均衡化できるさまざまな方法は次のとおりです。

1.輸入の奨励と輸出の奨励:

関税、関税を課し、輸入割当を修正することにより、輸入を削減する努力がなされるべきである。 同時に、政府は、輸出関税の削減、輸出奨励金と補助金の使用、品質管理など、輸出を促進するために設計された政策に従う場合があります。国際収支。

2.デフレ:

国内の価格を引き下げるために、通貨の量を減らす必要があります。 中央銀行は、銀行の金利を引き上げること、公開市場で証券を販売すること、および他の方法によって、信用の量と輸入の需要を減らすことができます。 これはデフレの方法と呼ばれます。これは、国内のコストと価格の下落をもたらした親愛なるお金と信用政策による自国通貨の収縮を意味し、輸出を刺激し、輸入を落胆させます。 また、収入の減少を通じて家庭の消費を制限します。 その結果、輸入傾向も低下します。

したがって、輸入がチェックされ、輸出が刺激され、不均衡が修正されます。 しかし、デフレは、悪影響と雇用減少の傾向があるため、不利な国際収支を修正するための非常に望ましい方法ではありません。 ただし、その効率性は、互いの国の輸出入に対する需要の弾力性の程度に依存します。 それはお金の収入を減らし、失業を増やすので嫌われています。

3.減価償却:

通貨の減価とは、ある通貨の別の通貨に関する為替レートの低下を意味します。 輸入はより多くの支払いを必要とするため、コストがかかるため、輸入は少なくなります。 一方、当社の輸出は安くなり、輸出の需要が増加します。 したがって、輸入がチェックされ、輸出が刺激され、バランスが有利になる可能性があります。 この方法は、国が柔軟な為替レート政策を採用していることを前提としています。 Re。 1 = 30セント(米国)。

インドが米国に対して不利な国際収支を持っている場合、アメリカの通貨に対するインドの需要(ドル、セント)が上昇するため、ルピーはアメリカの通貨と引き換えに減価します。 Reから変更される場合があります。 1 = Reに30セント。 1 = 20セント。 ルピーの外部価値のこのような変化は、為替減価償却と呼ばれます。

効果は同じです。つまり、輸入は費用がかかり、落胆し、輸出は増加します。 しかし、すべての国が通貨の減価償却を同時に開始すると、1930年代の減価償却戦争で起こったように、技術が機能しなくなる可能性があります。 さらに、それはまた、不利な貿易条件をもたらし、インフレを引き起こす可能性があります。 さらに、固定為替レートでは機能しません。

4.切り下げ:

それは、他の通貨に関して通貨の価値をarbitrary意的に下げることを意味します。 切り下げと減価償却の違いは、切り下げが政府による通貨の価値の減少であるのに対して、減価は市場の力による通貨の価値の自動減少を意味することです。 しかし、両方とも同じことを意味します。つまり、外貨に関しては現地通貨の価値が低くなります。 効果は減価償却と切り下げの両方でも同様です。 輸入がチェックされ、輸出が促進され、有利な国際収支に向かう傾向が生まれます。

国は、この極端な通貨切り下げの手段に頼って、国際収支の慢性的かつ根本的な不均衡を是正します。 ただし、その機能の成功は、輸出入に対するかなり弾力的な需要、輸出入の構造、国内物価の安定、国際協力、他の措置との調整などのような特定の要因に依存します。適切なタイミングで調整されるまで何でも確認してください。

5.為替管理:

これは、為替レートを規制し、国際支払い手段の使用を制限する政府の行動と定義できます。 国の中央銀行によって実施されているこの為替管理システムの下では、現地通貨は自由に外貨に変換できません。 個人および企業は、輸入のライセンスを取得します。

輸出業者などは、稼いだ外国為替を中央銀行に引き渡し、見返りに現地通貨を受け取ります。 国際収支の不均衡を正しく設定することは、より信頼できる方法です。 為替管理は赤字のみを扱い、その原因は扱いません。 完全な故障を防ぐことはできますが、不均衡の状態を完全に排除することはできません。

6.関税:

対策は、保護義務を課すことが最も重要なさまざまなタイプの制限を課すことにより輸入をチェックすることにあります。 高い関税を課すと輸入が減り、国際収支が国に有利になります。

7.クォータの制限:

国は、海外からの商品に重い義務を課す代わりに、またはそれに加えて、一定の期間に輸入が許可される商品の数量または「クォータ」を修正することができます。 これにより、インポートが自動的に目的のレベルに制限されます。 したがって、輸入を規制し、輸入を規制し、不利な国際収支を修正するために、輸入が制限され、割り当てが修正され、ライセンスが発行されます。

そのため、多くの諸国が戦争中および戦後の期間にこの方法を採用しました。 輸入割当は輸入関税よりも効果的です。なぜなら輸入割当は輸入を制限する即時の効果があり、割当限度に達すると輸入の限界傾向がゼロになるからです。 繰り返しになりますが、国際収支に対する輸入関税の影響は明確ではありません。

内部および外部バランスの問題

これまでに、どのような意味で国際収支が不均衡になる可能性があり、どのような意味で常に均衡になるのかを見てきました。 また、輸出、輸入、国民所得の相互関係(外国貿易乗数)を研究しました。 また、どのようにして国が国際収支の赤字を治すことができるかを見てきました。

しかし、多くの国の基本的な経済問題の1つは、完全雇用と内部バランスを同時に維持しながら、外部バランスを均衡に保つ方法です。 言い換えれば、問題は、どのようにして国が共同して同時に外部と内部のバランスを達成できるかということです。

すべての価格が柔軟で、為替レートも柔軟なワルラス型の一般的な均衡モデルでは、そのようなモデルでは市場が自動的にクリアされ、需要は供給と等しくなります。 したがって、常に完全雇用と外部均衡が存在し、2つの目標は、システムが均衡位置に達するとすぐに自動的に達成されます。

国際経済政策の観点から見ると、経済政策は不必要なので、そのような世界はすべての可能な世界の中で最高です。 しかし、通常のケインズのモデルでは、例えば、完全雇用は対外均衡を意味しません。 ここで、2つの目的を達成するには2つのポリシー手段が必要です。 完全雇用を達成するために財政政策が使用され、外部均衡を達成するために商業政策(為替レートの変更)が使用される場合があります。

柔軟な収入と価格の外部および内部均衡

多くの国では、完全な雇用と国際収支の均衡(内外の均衡)をどのように達成するかが最も重要な問題です。 柔軟な収入と価格で、外部および内部の均衡状態を分析する試みが行われます。 まず、輸入が国民所得と相対価格の関数であるモデルから始めます。

国民所得のレベルは、デフレ政策またはインフレ政策を使用することで変更できます(所得水準の操作には金融政策と財政政策の両方が使用されます)。また、国には固定為替レートのシステムがあります。 ただし、国は、一定の間隔で切り下げと再評価を使用して、国際収支の赤字を修正できます。 当分の間、資本移動はありません。

以下の図は、状況に置かれた国の政策問題を示しています。

国民所得は垂直に表示され、輸入は水平に表示されます。 国民所得の一定のレベルでは、李、完全雇用、つまり内部均衡があります。 垂直線mm 'は、国際収支の均衡を保つために必要な輸入額(om)を示しています。

垂直線mm 'は、短期的には外部均衡をもたらす輸入量を示しています。 経済の2つの目的(内部および外部のバランス)は、図51.1の2つの線が交差するポイントPで共同で同時に満たされます。 これらの2つの目的に対応するのは、2つの政策措置です。一方では金融政策と財政政策、他方では為替レートの変動です。

図には4つのゾーンがあります。 2つの目的を達成するには、各ゾーンに対して特定のポリシーまたはポリシーミックスを適用する必要があります。 Dはデフレ、Iはインフレ、Eは切り下げ、Rは再評価を表します。 2つのゾーンでは、両方の目的(内部および外部のバランス)を達成するために、1つのポリシー手段または手段のみが必要です。

経済がゾーンIIにある場合、完全雇用が過剰になり、国際収支が赤字になります。 こうした状況では、デフレ政策が必要です。 言い換えれば、制限的な金融政策と財政政策だけが、外部と内部の不均衡の両方を処理します。

このような政策は、マネー収入に下向きの圧力をかけ、インフレを抑制します。 国民所得が減少するにつれて、輸入も減少し、輸出の範囲が広がり、国際収支が改善します。 ゾーンIIで下向きの矢印は、経済がそのゾーンにある場合、デフレが経済にとって正しい政策であることを示しています。 一方、ゾーンIVでは、失業と国際収支の黒字の両方があります。 こうした状況では、インフレが正しい政策です。

簡単な金融政策と拡大財政政策は国民所得の拡大につながり、それが輸入の増加につながります(国はBOPに余剰があるので、心配はありません)。 したがって、インフレだけでは、この場合の両方の目的の達成につながる可能性があります。 ゾーンIVで上向きの矢印は、主にインフレが正しい政策であることを示しています。

ゾーンIでは、ポイントはインフレと国際収支の黒字を伴う状況を表します。 インフレと完全雇用をなくすためには、デフレ政策が必要であり、その結果、BOPの黒字が増加します。 外部均衡の目標を達成するには、為替レートの再評価または評価が不可欠です。 これにより、輸入が増加し、輸出が減少して均衡が回復します

ポイントPに正確に到達するには、2つのポリシー手段が必要になる場合があることに注意してください。 ゾーンIVでは、間違いなくインフレが正しい政策ですが、国が対外均衡に達する前に完全雇用に達する可能性があります。 したがって、ゾーンIIおよびIVでも、ポイントPに正確に到達するために、2つのポリシー手段の組み合わせが必要になる場合があります。

BOPで。 しかし、国が陥りやすい最も困難な状況は、ゾーンIIIに示されています。 ここで、国は失業とBOPの赤字を同時に抱えています。これは、通常、国が短期間しか受け入れられない状況です。 完全雇用に戻るには、インフレ政策が必要ですが、BOPの赤字をさらに悪化させます。

外部均衡の目標を達成するには、切り下げ(E)が必要です。これは、輸入を減らし、輸出を増やすことでBOPを改善する可能性があります。 ゾーンIIIの状況では、支出増加政策(完全雇用を獲得するため)と支出切り替え政策(外部均衡を達成するため)の組み合わせが必要です。 ただし、切り下げなどの支出切り替えポリシーは、ここでは支出増加ポリシーと組み合わされているため、あまり成功しない場合があります。 それでは、どのように機能しますか? 失業がかなり深く、持続的な切り下げだけでは、インフレ政策と組み合わされない限り、内部均衡はもたらされません。

したがって、タイミングが非常に重要になります。 秘Theは、切り下げをスイッチングデバイスとして使用し、世界の総需要の大きな割合が国の輸出に向けられ、輸出が増加するにつれて、外国貿易の乗数が機能し、国民の所得と雇用が増加するという事実に依存することにあります拡大すると同時に、国のBOPが向上します。

通貨および財政政策と組み合わせた慎重かつ適切な時期に切り下げを使用することにより、国は内外のバランスを達成できるはずです。 このように、通貨収入と為替レートの変化を相対価格水準を調整する主要な手段として制御するための主要な手段として金融政策と財政政策を用いて、BOPにおける完全雇用と均衡という2つの目標を達成する方法を見てきました。 。 適切なツール、それらの賢明な使用、適切なタイミングを考えると、国は、内部および外部のバランスの両方の目的を共同で同時に達成できるはずです。

成長する経済の需要側だけを強調することは、能力を見失い、アダム・スミスの「富の国家」から現在までの古典理論が教えた外国貿易の側面を作り出すことです。 供給サイドだけに重点を置くことは、ケインズ理論が示しているときに、貿易の収入を生み出す側面を無視することです(そして、供給がそれ自身の需要を生み出すと仮定する古典的なエラーを繰り返すことになります)。

したがって、完全な雇用(労働と資本の両方)の均衡成長を維持するが、内部インフレと外部の不均衡がないという認識は、有効需要の成長率と生産能力の成長率がそれぞれと同等になることを必要としますその他。

ただし、国内の成長と国際収支の均衡を選択する必要がある場合、ほとんどの発展途上国は、外部のバランスのために内部成長を犠牲にできないため、明らかな理由で前者を後者よりも好むでしょう。

発展途上国では、所得の増加が起こると、輸入、貯蓄、投資の傾向が一定に保たれないため、外部バランスの問題がより深刻になります。 このような経済では、MPSが高くない限り、特に開発の初期段階で輸入傾向が高まると、深刻な国際収支の赤字が生じます。 しかし、貧しい経済圏では投資の輸入要素が高いため、そのような経済圏では輸入傾向が非常に高い。 さらに、収入の増加は消費財の輸入増加を意味します。

富裕層は、所得が分配されるため、輸入が増加します。なぜなら、消費が目立つために高級品を輸入する傾向が強いからです。 開発のために農村部から都市部に人口が移動すると、消費財や生産財の輸入が増加する傾向があります。

したがって、貧しい経済における計画的な経済発展の正味の効果は、ほぼ確実に外部バランスを乱すことです。 「貧しい国」は、「したがって、国内の開発を加速することと外部のバランスを維持することとの間の対立に直面しています。」

これは、外部均衡のために経済発展のコストを制限すべきかどうかという非常に重要な問題を提起します。 この問題は、支払いのバランスの問題を引き起こすことなく維持できる最大投資の限界率を決定することにより、ある程度解決できます。 開放経済では、ハロッドによって与えられた成長の基本方程式を次のように書き換える必要があります。GC – S -bおよびG w C r = S – bここで、bは外国バランスを表します。

慢性的な失業に苦しんでいる国-G w > G n 、bの正の値(すなわち、有利な国際収支)は、デフレギャップを縮小します。 一方、ある国がインフレを抱えている場合、bの正の値はインフレの可能性をさらに強調します。 したがって、G w > G nの国は、有利な国際収支を達成しようとするべきであり、G w <G nの国は、不利なバランスを目指すべきです。

資本移動を伴う外部および内部均衡

ただし、(1976年まで)普及していた国際通貨制度では、為替レートは多かれ少なかれIMFによって固定されていました(これは一般的にブレトンウッズシステムと呼ばれる固定為替レートのシステムでした)。

この場合、国は基金の制裁なしに為替レートを最大10パーセントまで変更することができ、為替レートの大幅な変更は基金によって制裁されなければなりませんでした。 最も重要な切り下げは、1949年に英国、インド、1958年に西ヨーロッパ諸国で行われ、フランスでは1966年に、1967年には英国で行われました。

一部のエコノミストは、為替レートの変動はまれにしか発生せず、切り下げの意味合いが多いため、短期的な問題を解決するために除外される可能性があると主張しています。 まだ解決されていない問題は、国際通貨収支の赤字を修正するために切り下げを効果的に使用できなくなった場合、外部の不均衡を解消するために他の手段を使用する必要があるということです。

一部の人々は、直接管理が可能な代替案であると考えていますが、貿易政策の傾向はそれらに反しています。 第二次世界大戦後の世界経済は、共通市場の出現を見ました。 これらの市場は、会員間の自由貿易の原則と非会員に対する共通の関税に基づいています。 ただし、外部の不均衡を修正するために、直接的な制御やその他の差別的な手段を使用することはほとんどできません。 完全雇用を提供する政策が対外均衡にもつながるという保証はありません。 では、代替手段は何ですか?

答えは、国際収支を2つの主要な部分、つまり経常収支と資本収支に分けることです。 経常収支に赤字があったとしても、国は資本収支の相殺黒字、つまり資本の流入を持っているかもしれません。

言い換えれば、所得の循環フローに関連する赤字は資本の流入によってカバーされます。つまり、株式の変化があります(経常収支はフローの側面に関連していることがわかっています)国の経済)。

経常収支の赤字が資本勘定の黒字でカバーされている場合、国の資本ストックの所有権の一部が海外に移転されることを意味します。 ここに示した図50.2は、資本移動を伴う固定為替レートの下で内外のバランスを達成する方法を示しています。

この図は、国民所得と貿易収支の間、および金利と資本輸入の間の相互依存関係を示しています(資本流入を促進したい国は、資本を引き付けるために高い金利を持たなければならないことは明らかです)。 金利が高ければ高いほど、国への資本移動はより励みになります。

図のゾーンIは、有名なHicks- Hansen ISおよびLM曲線を示しています(閉じた経済で)。 その交差点は、一方では国民所得を、他方では利子率をもたらします。 この関係を、より一般的なものにするために、開放経済における貿易収支および資本の動きと関連付けます。 この図では、国民所得は右の横軸と下の縦軸の両方に示されています。 したがって、収入はOY 1によって水平方向と垂直方向(下部)に表示されます。

ゾーンIIIは、国民所得と貿易収支OTの関係を示しています(左側に水平に表示)。 貿易収支は国民所得の関数、つまりT(Y)です。 言い換えれば、収入が高いほど貿易収支は低くなります。 国民所得が増加すると、貿易収支の黒字は減少します。 その理由は、貨幣単位での国民所得の増加が輸入の増加をもたらすからです。

ゾーンIVは、金利と国際資本移動の関係を示しています。 これらの資本の動きは左軸に水平に表示され、金利は上部に垂直に表示されます。

資本移動は、国の関心レベルの関数であると想定されています。 利子が高いほど、資本の輸入が多く、利子が低いほど、資本の輸出は高くなります。 金利がOr 1の場合、資本移動または輸出はOC 1になります。 金利が2より大きい場合、資本移動または資本輸出はOC 2になります。 その国の関心レベルが十分に高い場合、その国は代わりに資本を輸入します。

投資行動がIS 1曲線で示され、マネーサプライ曲線LM 2と交差するゾーンIから開始します。 これにより、完全な雇用所得である国民所得OY 1が得られます。 この収入はOTの貿易収支に関連しています。 これにより、金利Or 1が得られます。 この金利では、OC 1に相当する資本の流出があります。 したがって、C 1 T(OC 1 – OT)の範囲で国際収支に赤字があります。

これらの状況下では、IS 1曲線とマネーサプライ曲線LM 2および金利Or 1が与えられ、経済または国は完全な雇用均衡を達成します。 しかし、この状況での資本輸出は貿易収支の黒字(OT)よりも大きく(OC 1 )、国は国際収支に赤字(C 1 T)を持ちます。は、内部平衡であるが、他ではない、すなわち、外部平衡である。

To attain external equilibrium a change in monetary policy is required but this alone may not be enough, because a change in monetary policy will also influence the level of employment. Therefore, an offsetting change in fiscal policy is needed to keep the national income at the full employment level. In other words, a new mix of monetary and fiscal policy will be required to obtain the second objective of external balance, that is, there will be a change in the IS and LM curves.

The supply of money has to be decreased and we shift from LM 2 to LM 1 curve. This will raise the rate of interest to Or 2 . This, in turn, will have a depressive effect on national income, and as such the investment will have to be stimulated through fiscal policy. Such encouragement of investment through fiscal policy may take the form of lower taxes and increased government spending.

This will shift the IS curve from IS 1 to IS 2 . The surplus in the trade balance will continue to be equal to OT (because the level of national income continues to be OY 1 ). But at the higher interest rate Or 2 capital exports will decrease to OC 2 . Hence, the deficit has been wiped off and there will also be equilibrium in the balance of payments or external balance is also attained.

The model shows how monetary and fiscal policy together or a mix of both can be used to attain internal and external equilibrium with fixed exchange rates. It also brings to the fore the fact that capital movements are, at times (or become) very important for a smooth functioning of the world economy.

A policy that consciously tries to take advantage of capital movements to attain jointly external and internal equilibrium is very significant and has an important role to play. But such a policy has its own implications and limitations and does not mean that the necessary adjustment in the balance of payments be postponed indefinitely.

The policy mix provides the economy only a breathing time, allowing the economy to develop in such a fashion that equilibrium in the balance of current account will be reached without any immediate adjustment. For example, when a country has a deficit in its trade balance and covers it with capital imports, it depends upon the fact that the country's price level is out of control, that its wages and prices rise faster than its competitors. If the country continues to cover its deficits with capital imports, the domestic price level will become more and more out of tune as compared to the competing countries.

The interest rate will have to increase more and more in order to attract foreign capital, and finally the country will fall into an unattainable position. The policy mix of the type discussed above can be said to be of limited importance, it implies only a postponement of the necessary adjustment awaiting favourable conditions.

Again, the monetary and fiscal policy mix will be successful if both the monetary authorities who take monetary measures and fiscal authorities who take fiscal measures co-operate closely, or that one authority may handle both policy measures.

If one authority handles one measure (if the central bank controls monetary policy and is responsible for external balance), while the other authority handles the other measure (the government or the Ministry of Finance controls fiscal policy and is responsible for internal balance), it may be impossible to attain both the aims of internal and external balance jointly. In other words, for the policy mix to be successful there must be proper synchronization of both the policies under one authority as far as possible.

 

コメントを残します