収入と支出の循環フロー

2セクター経済における所得と支出の循環フローについて学びましょう。

国の国民所得と国民生産勘定は、国の経済的パフォーマンスまたは生産パフォーマンスを説明します。

国民の収入と製品にはさまざまな指標があります。

経済のパフォーマンスの最も頻繁に引用される要約尺度は、国民総生産(GNP)または国内総生産(GDP)です。 ただし、GNPとGDPは密接に連動しているため、GNPとGDPには微妙な違いがあります。 とにかく、2つの違いはやがて提示されます。

国内生産物は、国で生産される最終財とサービスの価値です。 生み出された価値はすべて、価値に対する主張という形で誰かのものでなければならないので、国民の生産物は国民所得に等しい。 経済における各取引には、買い手と売り手が含まれます。 世帯は、生産された商品やサービスの購入にお金を費やします。

したがって、買い手の側からお金の需要の流れが来ます。 つまり、支出側のトランザクションがあります。 売り手の側では、お金の支払いは家賃や賃金などの形で要因の所有者に送られます。企業はインプットサービスの購入にお金を使います。 したがって、売り手側からの収入側取引があります。 これら2つは同じコインの表と裏です。 これは、収入と支出の循環フローと呼ばれます。

グラフィカルに、収入の循環フローを提示できます。

私たちは、2人の意思決定者がいる市場指向経済または資本主義経済に住んでいると想定しています。

企業と世帯。

企業は生産を決定します。 世帯は、企業で生産された生産物を吸収する消費単位です。 繰り返しになりますが、企業は、世帯が所有するさまざまな要素単位を調整して採用しています。

図8.1では、企業によるこれらの商品やサービスに対する金銭の支払いと引き換えに、商品市場を経由して商品やサービスが企業から家計に流れています。

矢印は、そのような商品の流れと企業と家計の間のお金の流れを示しています。 バイヤーによる商品およびサービスに対する金銭の支払いの流れは、企業が生産し、世帯に販売するすべての商品およびサービスの金銭的価値と同一でなければならないことは明らかです。

しかし、家計はどこからお金を得ますか? 図はこの質問に答えます。 世帯は、ファクターマーケットを介して企業にファクターインプットを供給します。 その見返りに、家計は企業から家賃、賃金などの形でお金を受け取ります。これらの収入は、雇用サービスでの家計への支払いが会社の収入と同一でなければなりません。

これは、政府の活動がなく、経済が閉鎖されている2セクター経済における所得の循環フローの本質です。

これらを追加すると、次のようになります。

Y = C + I

ここで、Yは国民所得、Cは個人消費支出、Iは個人投資支出を表します。

3セクター(閉鎖)経済では、政府が介入します。 それは一般の人々と企業の利益のためだけでなく、彼らの支出のために税金を課します。 政府の活動(税金、T、および発生する支出Gの徴収)を追加すると、

Y = C + I + G

世帯、企業、政府の関係は、図8.2で循環的に示されています。

4セクター経済は、国が商品を輸出することでお金を得るという意味で輸出経済(X)、外国製の商品やサービスを購入することでお金を使うという意味で、開放経済と呼ばれます(M)。

言い換えれば、開放経済では、国家間に貿易関係が生じます。 4セクターのオープンエコノミーにおける循環フローモデルを図8.3に示しました。 上記の式に(X – M)を追加すると、次のようになります。

Y = C + I + G +(X – M)

閉ざされた経済と開かれた経済の間の所得の循環の流れの唯一の違いは、4セクターの経済では、家計が外国製の商品やサービス(つまり、輸入)を購入することです。 同様に、他の国の人々は、国内で生産されていない商品やサービス(つまり輸出)を購入します。

輸入は循環流からの漏れを構成し、輸出は循環流への注入を構成します。 簡単にするために、企業や政府も輸出品を販売し、輸入品を購入することを図に示していません。

(I + G + X)は所得の循環フローへの注入を構成し、(S + T + M)は所得の循環フローからの引き出しまたは漏れを構成することに注意してください。 注射は国民所得を増加させ、漏出は国民所得を減少させます。

国民生産物または国民所得は、国民の全体的な経済的パフォーマンスを測定します。 国内製品を測定するために、1年に1つの国で生産されたすべての最終的な商品とサービスの価値を合計します。 したがって、私たちは生産の支払いを受ける会社または売り手に焦点を合わせます。 これは国民所得の計算方法です。

 

コメントを残します